京都鉄道博物館

博物館・記念館
09 /04 2016
DSC_0533.jpg

京都市下京区にある京都鉄道博物館へ行って来ました!

ここは、平成28年4月29日に開業した日本最大級の鉄道博物館です。
基本コンセプトは「地域と歩む鉄道文化拠点」で、
「鉄道を基軸とした事業活動を通じた地域の活性化に貢献する」という
基本ミッションを掲げ、地域との共生を目指しています。


DSC_0537.jpg DSC_0616_20160904144639bbc.jpg

平成26年4月に閉館した大阪の交通科学博物館の収蔵物の一部を移転し、
平成27年8月に閉館した梅小路蒸気機関車館を拡張しリニューアルオープン!

日本の近代化を牽引した53両の「蒸気機関車から新幹線まで」を収蔵し
0系新幹線電車の第1号車や、時速300kmでの営業運転を実現した500系新幹線電車、国鉄最大のC62形蒸気機関車など、歴史的に価値のある貴重な車両を数多く展示しています。


DSC_0628.jpg DSC_0543_20160904150642526.jpg
DSC_0540_201609041506410ff.jpg DSC_0538.jpg

【プロムナード】
エントランスホールと本館とをつなぐ全長約100mのプロムナードは、
駅のプラットホームをイメージした屋外スペースに実物車両を編成展示しています。


DSC_0541_20160904144641bb1.jpg DSC_0544_20160904150522b14.jpg

【トワイライトプラザ】
大正時代を代表するトラス構造を持つホームとして、歴史的価値を有する2代目京都駅。その上家を再利用して造る空間に、トワイライトエクスプレスなどの貴重な車両を展示しています。


DSC_0565_2016090415131181a.jpg DSC_0570.jpg
DSC_0557_20160904151310b91.jpg DSC_0566_201609041513094d3.jpg

【本館1階】
広大な吹き抜け構造となる本館1階。
500系新幹線電車、寝台特急でも活躍した581形電車、ボンネット型の489形電車というJR西日本を代表する車両を展示していて、黎明期から現代に至る鉄道の歴史、鉄道のしくみと特長、そして車両の魅力を、実物車両や工夫を凝らした体験型の展示などでわかりやすく紹介しています。


DSC_0559.jpg DSC_0548_20160904151519f15.jpg
DSC_0552.jpg DSC_0551.jpg

懐かしい車両はもちろん、現役で走っている車両も展示してあり、
ドアの開け閉めを体験出来たり、運転シミュレーターでの運転体験も出来ます。


DSC_0546_201609041517167cb.jpg DSC_0554_201609041517161de.jpg
DSC_0578_20160904151715920.jpg DSC_0550_20160904151840f26.jpg

他にも運転指令室や信号機などただ車両展示を見るだけではなく、
いろんな鉄道に関する設備や車両を使って、仕組みを学べたり体験が出来たりと、
子供たちは喜ぶこと間違いなしでしょう。


DSC_0561.jpg DSC_0564_20160904152221b24.jpg
DSC_0555_2016090415232051e.jpg DSC_0568_201609041520412a2.jpg

鉄道のあゆみコーナーでは、昔懐かしいさまざまな資料展示があって
今日まで鉄道が発展してきた歴史を知ることが出来ます。


DSC_0584_201609041547297bd.jpg DSC_0572_20160904154730ef9.jpg

【本館2階】
本館1階の展示車両を見下ろす吹き抜け構造の本館2階は、
体験型の展示はもとよりレストランや休憩所などを配し、長く楽しむことができるフロア構成としています。


DSC_0603.jpg DSC_0604.jpg

実物車両の約1/80スケールの鉄道模型を係員が運転する巨大なジオラマは
幅約30m・奥行約10mもの大きさを誇ります。車両基地などの施設を再現し、
模型の走行を通じて鉄道システム全体を楽しむことができます。(所要時間15分)


DSC_0580_20160904155319146.jpg DSC_0575_20160904155318257.jpg
DSC_0573_20160904155348b85.jpg DSC_0582_201609041553182ff.jpg

こちらの鉄道模型ジオラマでは、鉄道の安全を守る役割を持つ「ATS」や「ATC」といったシステムのしくみを紹介するコーナーで、
模型による運転体験を通して、楽しみながら安全について学ぶことができます。


DSC_0587_2016090416095982d.jpg DSC_0588_20160904160958585.jpg
DSC_0607.jpg DSC_0610.jpg

運転シミュレータでは、運転士が実際に訓練で使用するシミュレータを使って本物の訓練さながらにお仕事体験ができます。
他にも、運転時に携帯するかばんや仕事道具の紹介、制服の着用など色々な角度から運転士のお仕事を学ぶことができます。


DSC_0579_20160904161141c3e.jpg DSC_0593.jpg

その他、本館2階にはキッズパークやレストラン施設も完備されてました。


DSC_0594.jpg DSC_0596_20160904161800632.jpg
DSC_0598_20160904161758324.jpg DSC_0597.jpg

【本館3階・スカイテラス】
本館3階の南側に、花や緑がいっぱいの明るく広々とした屋外展望デッキ「スカイテラス」を設けています。
一日を通じて、JR京都線や東海道新幹線など多くの走行車両を見ることができる鉄道ビューポイントです。


DSC_0613.jpg DSC_0614_20160904162938a88.jpg
DSC_0621.jpg DSC_0623_20160904162937462.jpg

【扇形車庫】
国指定の重要文化財である扇形車庫と、蒸気機関車がダイナミックに回転しながら
向きを変える転車台です。明治から昭和にかけて活躍した代表的な蒸気機関車を展示しています。


DSC_0615_20160904163249f54.jpg

【SLスチーム号】
本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車することができる、
梅小路蒸気機関車館で大人気だった体験展示「SLスチーム号」を引き続き実施。
往復1kmを約10分間で走る間、蒸気機関車での旅気分を味わうことができます。

SLスチーム号 乗車料金
一般・大学生・高校生 300円
中学生・小学生・ 幼児(3歳以上) 100円


IMG_7641_1.jpg

【旧二条駅舎】
明治37年に建設され、現役時代は日本最古級の木造駅舎といわれていました。
平成8年に京都市指定有形文化財に指定された駅舎の中には展示の他、ミュージアムショップを設置しています。


【営業案内】
開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:毎週水曜日
     但し年末年始(12/30~1/1)・祝日および春休み(3/25~4/7)、
     夏休み(7/21~8/31)は開館
入館料金: 一般1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円
     幼児(3歳以上)200円



ここがオススメ!

 日本最大級の鉄道博物館! これは行く価値ありますね!

 見るだけではなくさわったり体験が出来るので親子で楽しめます!

 雨天時のおでかけ先に迷ったら、ここをお勧めします!


ここはイマイチ!

× 最寄駅から徒歩20分と遠く、土日祝は駐車場がほぼ満車です・・・


私たちは雨の日の土曜日に行きましたが、敷地駐車場がずっと満車で、
しかも近隣のコインパーキングも全て満車だらけで探すのに苦労し、
結局徒歩10分くらいのところでようやく駐車場を確保しました。
特に土日祝のおでかけには時間に余裕を持って行きましょうね~


☆ 京都鉄道博物館 ☆

アクセス方法、詳しい営業案内は以下のホームページでご確認ください
→ 京都鉄道博物館 公式ホームページ
→ 京都鉄道博物館 Facebook
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!