あわじ花さじき

自然・環境・植物・昆虫・鳥
04 /14 2015
IMG_6212.jpg

兵庫県淡路市にある「あわじ花さじき」へ行って来ました!

ここは、花の島にふさわしい花の名所として平成10年4月に開園した県立公園で、
淡路島北側丘陵にある標高298~235mの海へ向かってなだらかに広がる高原に
一面の花畑が広がっています。面積は約15haで甲子園球場約4倍の敷地!

明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、季節により変わる花々が
夢の世界に誘います。眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる極上の見物席として
『あわじ花さじき』と命名されました。


IMG_6214.jpg DSC_0113.jpg
DSC_0110.jpg DSC_0109_2015041414194266e.jpg

私達が訪れたのは4月上旬の春シーズンで、広大な花畑エリアに広がっていた
大面積の「菜の花」がメッチャ綺麗でした~ 感動モノですねこれは! 
その他にも、ムラサキハナナ・リナリアの花畑が広がっていて黄色と紫色の色彩が
春を彩っています。また、4月下旬には愛らしいアイスランドポピーが満開となります。

7月~8月中旬にかけては、クレオメ・ひまわり・キバナコスモスが夏を彩って、
クレオメの花畑は西日本では珍しく、高原ならではの涼感が味わえる花です。    
また、8月中旬より晩秋までサルビアやブルーサルビアが見頃となります。

10月より11月初旬までは、大面積のコスモス畑が秋を彩ります。
黄色いコスモスやサルビアと合わせて色鮮やかな花畑を楽しめて、
11月中旬から2月までは、ストックの大花壇が「暖」を演出します。

→ 季節ごとの花カレンダーはこちら


DSC_0100.jpg DSC_0098.jpg
DSC_0103.jpg DSC_0101.jpg

あわじ花さじきのメイン花壇である「天空の花園」では、
その年々のテーマに合わせたデザインで草花を使った花絵を描く企画花壇です。
隣接する展望デッキより背景に広がるお花畑とあわせて楽しめます。

もうひとつの花壇エリアである「歓びの庭」では、
一年草から花灌木まで様々な品種が植栽された庭園ゾーンになっています。
一年草のエリアは、『歓びの瞳』を表現した瞳の形をした花壇と、
延長100mのボーダー花壇、花が上からふりそそぐ『花のカスケード』で
構成されています。花灌木のエリアは、カラーリーフなど、
新しく開発された品種の灌木を楽しめるゾーンです。


DSC_0122.jpg DSC_0117.jpg
DSC_0123_20150414142438f8e.jpg DSC_0118.jpg

地上から約10mの高さにあり、360度の展望が楽しめる木製の展望デッキからは、
花畑や花壇が一望できるのはもちろん、遠くは大阪湾までの眺望が広がります。
近くには牛の放牧地があったりして、全体的にのどかな雰囲気ですね。

公園といっても遊び場や遊具類は全くなく、売店やトイレ施設があるだけですが
この綺麗なお花畑と花壇は必見ですね~ ほんま癒されますよ!
入園料も駐車場も無料なので、淡路島観光の際は是非立ち寄ってみましょう!



ここがオススメ!

 広大なお花畑と花壇はほんまに綺麗です! これは必見!

 入園料も駐車場も無料です。淡路島ドライブコースに最適!


ここはイマイチ!

× 草花のみ! 他で特に遊ぶような場所は何もありません…



☆ 兵庫県立あわじ花さじき ☆

アクセス方法・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ あわじ花さじき 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する