須磨離宮公園

フィールドアスレチック
04 /29 2014
DSC_0009.jpg DSC_0097.jpg

神戸市須磨区にある須磨離宮公園へ行って来ました!

ここは、瀬戸内海を望む丘陵に広がる面積82ヘクタールの広大な都市公園で、
西洋式庭園を中心とする本園と植物園からなり、バラやあじさいなど
四季折々の花々が楽しめるほか、アスレチックや遊具広場も充実しており
子連れファミリーでおでかけするにはもってこいの公園となっています。

須磨離宮公園は神戸市立の公園ですが、有料で入園料が必要です。
しかし設備的にも美観的にも価値は十分にあるのでご安心を!

【入園料】15歳以上400円・小中学生200円
【駐車場】1回 500円


DSC_0017.jpg DSC_0014.jpg
DSC_0007.jpg DSC_0019.jpg

噴水広場のある宮殿を模した本園では、レストハウスから芝生広場に向かって、
メインフォールの滝、カスケードの流れ、キャナルのリズミカルな小噴水、
そして天高く噴き上がるダイナミックな大噴水と続き、まるで海へ注ぎ込む
ような水の流れは、離宮公園のテーマの一翼を担っています。
鮮やかな緑の芝生と真っ青な空と海、広場をとりまく濃緑と色とりどりの花々
に加え、夜間の噴水ライトアップ等が季節ごとの表情を作り出します。

【夜間ライトアップ日】4月29日~8月31日の土・日・祝日
【開園時間】9~17時 ※ライトアップ日は9~20時まで


DSC_0013.jpg DSC_0015.jpg

旧離宮の由緒ある歴史にちなみ、整形式庭園には王侯貴族のバラ園があります。
バラ園は噴水を中心軸にして、東西に対称形にほぼ同じ品種が植栽されており、
プリンセス・ミチコ、ダイアナ・プリンセス・オヴ・ウェールズ、プリンセス・
ドゥ・モナコなど、皇族や王族、芸術家などの名を冠した品種コレクションは、
貴人たちの人生に思いを馳せることができます。 春と秋には180種4,000株の
バラが開花し、色鮮やかな花色と豊かな香りを楽しめます!


DSC_0022.jpg DSC_0049.jpg
DSC_0050.jpg DSC_0053.jpg

子供が遊べる場所として、アスレチックと児童遊園があります。
本園内の子供の森エリアにあるのは、本格的なフィールドアスレチック!

この子供の森冒険コースは、緑豊かな中で体力作りをしながら、
森林や自然の雰囲気を肌で体感できるアスレチックです。
国際海洋都市・神戸らしく、海洋冒険物語の「宝島」がテーマで、
須磨海岸が一望できる須磨離宮公園の中心部の小高い森の中に、
距離約500m、木製遊具のポイント28基、所要時間40~50分のコースがあり
料金は別途不要なので、何回でも気の済むまで思い存分楽しめます!


DSC_0072.jpg DSC_0054.jpg
DSC_0067.jpg DSC_0068.jpg

対象は小学生以上ですが、大人でもいい汗をかきながら楽しめる
ポイントが盛りだくさんです。運動靴は必須ですね。


DSC_0063.jpg DSC_0073.jpg
DSC_0078.jpg DSC_0080.jpg

船出をして様々な試練や敵を乗り越えて、でも海賊につかまって、
宝さがしに出発して・・・と、ストーリーにちなんだ各遊具ポイントを
ひとつひとつクリアして行きます。


DSC_0081.jpg DSC_0082.jpg
DSC_0083.jpg DSC_0090.jpg

ついに宝箱を発見!! でも宝箱の中は空っぽ・・・
最後に、残った力を振り絞って、お宝を引っ張り上げてついにゴール!!
ってな感じになっています。
コースレイアウトは、スタートとゴールが近く一巡する形なので、
うちの子は3回もコースを廻ってアスレチックをやってました(笑)


DSC_0029.jpg DSC_0028.jpg

児童遊園では、スリル満点のジャンボ滑り台をはじめ
幼児でも楽しめるような遊具が何種類か設置されていました。

特にこのジャンボ滑り台は、途中が少し平らな2段階式になっていて
上から勢いよく滑り下りてくると、ここでお尻が浮くほど飛びます!
これがメッチャ怖いというか楽しいというか… 子供達は大喜び!


DSC_0026.jpg DSC_0025.jpg
DSC_0023.jpg DSC_0024.jpg

その他には、ブランコや飛行機の形をしたジャングルジムに砂場など、
他の公園でもよく見かけるような定番の遊具となっています。


DSC_0032.jpg DSC_0034.jpg
DSC_0035.jpg DSC_0044.jpg

本園エリアから連絡橋でつながる植物園エリアでは、
300種以上の樹木や草花が植えられていて、花の庭園や和庭園、
ぼたん・梅・あじさい園、もみじ道に鑑賞温室など見どころがあり
こちらも別途料金不要で自由に見学することができます!

約1300m2のこぢんまりした花の庭園は、シンメトリーな空間に
トピアリーを配置させた落ち着きのあるイタリア整形式の洋風庭園で、
バラやいろいろな宿根草・ハーブ・一年草の草花を用い、泉や壁泉、
そして芝生が調和した空間で、プライベートガーデンのようです。


DSC_0046.jpg DSC_0039.jpg
DSC_0040.jpg DSC_0043.jpg

約500m2の観賞温室では、一足早い季節が楽しめる花々を展示しています。
グリーンと生活の関わりを提案したり、和みの空間を演出するなど、
年に4~5回テーマに沿った模様替えをしています。また3月と11月の年2回、
ランの愛好家から約200点の出展をいただき、洋らん展を開催しています。


DSC_0045.jpg DSC_0047.jpg
DSC_0037.jpg DSC_0038.jpg

この植物園内にも、少しだけですが遊具と広場がありました。
その他にもちょっとした滝があったり、和庭園があったりと、
なんかゆっくり散歩していて癒される空間でしたね。
もう少し休憩用のベンチがあれば良かったのにな~と思いました!


DSC_0021.jpg DSC_0092.jpg
DSC_0003.jpg DSC_0002.jpg

広い公園内には、その他にもレストハウスやおべんとう広場、
海を望む潮見台や中門広場などの施設もあり、公園を全て見て廻って
ゆったり半日程度は十分に楽しめます。特にライトアップ実施日は、
美しいイルミネーションも一緒に楽しみましょう!



ここがオススメ!

 大噴水がある欧風庭園に、たくさんの花や緑が美しく癒される!

 子供が楽しく遊べるアスレチックコースや遊具類が充実!


ここはイマイチ!

× 市立の公園ですが入園は有料制です。基本的に17時で閉園します



☆ 神戸市立須磨離宮公園 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸市立須磨離宮公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する