神戸市立青少年科学館

科学館
03 /10 2013
DSCN3597.jpg

神戸市ポートアイランドにある神戸市立青少年科学館へ行って来ました!

ここは、1981年開催の神戸ポートアイランド博覧会で出展された
「神戸館」と「神戸プラネタリウムシアター」を会期終了後に増改築し
展示物を整備して1984年に開館した天文科学館です。

館内は6つの展示室とプラネタリウム・天体観測室から構成されていて
各展示室は「力としくみの科学、物質とエネルギーの科学」「情報の科学」
「環境の科学」「都市の科学」「生命の科学」「創造性の科学」からなり
身近な科学のふしぎを楽しく探って様々な科学の現象を見て触れて
体験できる施設となっています。


DSCN3609.jpg DSCN3605.jpg
DSCN3614.jpg DSCN3657.jpg

それでは各フロアを順番にご紹介していきましょう。

第1展示室の「力としくみの科学」では、モノに働く力の仕組みを、
「物質とエネルギーの科学」では、様々なエネルギーを分かりやすく解説!
身体を使い体験を通して楽しく学べるフロアとなっています。

DSCN3611.jpg DSCN3610.jpg
DSCN3608.jpg DSCN3604.jpg

主な展示内容は、飛行機・自動車・新幹線やロボットの動く仕組みや
空気ロケット、ケミカルワークショップなどがありました。
ボタンやレバー・ハンドルを色々触って体験出来るので子供は喜びますね!


DSCN3622.jpg DSCN3627.jpg

第2展示室の「情報の科学」は、情報について理解出来るフロアで
人気のロボットがお話したり歌を歌いながら似顔絵を描いたりしてくれます。

DSCN3626.jpg DSCN3631.jpg
DSCN3625.jpg DSCN3638.jpg

主な展示内容は、ロボット神ちゃん・パラボラアンテナ・ライントレーサー
光ファイバーや電話の仕組み、視覚聴覚に関したものなどがありました。
こちらも触って体験するものが多く楽しめると思いますよ。


DSCN3655.jpg DSCN3656.jpg
DSCN3652.jpg DSCN3650.jpg

鉄道模型コーナーもありました。プラレールとは違いリアルです!
日本とドイツのパノラマ鉄道は、ボタンで実際に車両を走らせる事が可能!
乗り物好きなうちの子は興味深々で操作していました。


DSCN3645.jpg DSCN3648.jpg
DSCN3640.jpg DSCN3644.jpg

第3展示室は、私達が住む地球について考える「環境の科学」フロアで、
地球の誕生や太陽系の惑星について紹介しています。
主な展示内容は、大地球儀、振り子、気圏・水圏・地圏、自然環境などです。


DSCN3683.jpg DSCN3678.jpg
DSCN3679.jpg DSCN3681.jpg

第4展示室は、都市について色々な角度から見ていく「都市の科学」フロアで
主な展示内容は、神戸のまち、ポートライナー運転体験、自然災害シアター
人力発電、天然ガスなどについてとなっています。

DSCN3674.jpg DSCN3676.jpg

ここでは2つの人気アトラクションがあります。
月面でのジャンプを疑似体験して月と地球の違いを感じることが出来たり、
TVミニスタジオでは、クロマキーという映像技術を使い合成映像を体験出来ます。
バイクに乗っていろんな場所へ旅に出たり、魔法の布を使って姿を消したり、
様々な映像が楽しめます。アトラクションは1日3~4回しかやってないので
事前にタイムスケジュールをチェックしておきましょう!


DSCN3684.jpg DSCN3686.jpg
DSCN3687.jpg DSCN3685.jpg

また展示室ではないですが、通路にはクラシックカメラの展示がありました。
昔の珍しいカメラがたくさんあって好きな人は見応えあると思いますよ!?


DSCN3692.jpg DSCN3693.jpg
DSCN3694.jpg DSCN3696.jpg

第5展示室は、生命のすばらしさを理解する「生命の科学」フロアで
からだの中を通っていく人体トンネルや体力診断テストなどがありました。
人体トンネルは胃や腸の模型の中をくぐって行くのですが、
ちょっと生々しくリアルで少し気持ち悪かったですね(笑)

DSCN3699.jpg DSCN3698.jpg

体力診断テストでは、反復横跳び・垂直跳び・立位体前屈・握力
踏み台昇降運動の5つの種目を測定してくれます。(1日2回開催)
その他にも血圧測定機、電子顕微鏡室やキッズラボなどがありました。


DSCN3664.jpg DSCN3663.jpg
DSCN3669.jpg DSCN3662.jpg

第6展示室は、遊びを通して科学の不思議にふれる「創造性の科学」フロアで
おもちゃ感覚で遊べる様々な展示物がありました。
ハンググライダーに乗って、目の前に広がる迫力満点の映像で空の旅を楽しむ
アトラクションや、おもしろ実験広場も人気です。

DSCN3659.jpg DSCN3668.jpg

なんと幼児向けの遊具コーナー「あそびのひろば」もあります!
ほんとに広くて子供が触って楽しめる展示物が多く、しかも遊具広場もあって
暑い日や寒い日、雨の日のおでかけに迷ったら、この科学館はお勧めです!


DSCN3618.jpg DSCN3619.jpg

最後に、神戸で唯一の大型プラネタリウムは、星空を生解説しており
一般番組、こども番組、特別番組などオリジナル番組で投映しています。
土日祝は最終19時開始と遅くまでやっているので嬉しいですね。
番組内容は時期により変わりますので、詳しくは公式HPで確認下さい。
天体観測室では、日本最大級の25cm屈折望遠鏡で1日2回太陽の黒点と
プロミネンスを観察することが出来ます(雨・曇天時は中止)

私達は京阪神を中心に色々とおでかけをしていて科学館も8ヶ所目ですが、
ここの科学館が一番良かったです! とにかく広くて展示物が多い!
閉館時間は平日こそ16時半までと早いですが、土日祝は19時までなので
夕方の空いた頃からゆっくりと展示を廻ることも可能です。

入館料は、大人600円・小人300円
プラネタリウムセットで、大人1000円・小人500円
(※15時30分以降は割引になり、大人700円・小人350円)

アクセスは、ポートライナーの「南公園(IKEA前)駅」から徒歩約3分、
車の場合は敷地内に専用駐車場が無いので、近隣のコインパーキングに
止めるしかなく、この点はマイナスポイントですかね!?



ここがオススメ!

 触れて体験出来る展示物が多い! 子供はきっと喜びます!

 土日祝は19時まで! ぜひプラネタリウムとセットでどうぞ!

 屋内施設なので、雨の日・寒い日・暑い日でも快適に遊べます!


ここはイマイチ!

× 駐車場がありません… 近隣のコインパーキングを探しましょう

 アトラクションなどイベント類は1日数回しかやってません



☆ 神戸市立青少年科学館 ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸市立青少年科学館 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する