六甲山牧場

動物園・牧場
11 /03 2012
DSCN2845.jpg DSCN2846.jpg

神戸市灘区にある神戸市立六甲山牧場へ行って来ました!

ここは、人と動物と自然とのふれあいをテーマにした六甲山上の高原牧場で、
総面積126ヘクタールの内、23ヘクタールを観光用に一般開放しています。
赤レンガのサイロが立つ放牧場で、羊がのんびり草をはむ牧歌的な光景は
スイスの山岳酪農を連想させ、ウシ・ウマ・ポニー・ヒツジ・ヤギ・などの
動物たちと直接触れ合えることが出来て、子供は大喜び間違いなしです。

牧場への入口は南北に2つのゲートがあり、それぞれ駐車場もあります。
今回私達は北ゲートから入場したので、北から順にご紹介していきましょう。


DSCN2842.jpg DSCN2848.jpg
DSCN2851.jpg DSCN2860.jpg

北駐車場付近には、まずバーベキューが出来るレストハウスがあって、
レストランや、搾りたての牛乳やおみやげを販売している売店がありました。
ここはゲート外にあるのですが、チケットがあれば再入場が可能なので
自由に行き来して食事を楽しむことが出来るので安心です。

北ゲートから入場するとすぐに、放し飼いのヒツジがお出迎え!
自由に触れ合えることが出来ます。もちろん人慣れしていて噛んだりしません。
あひる池では、アヒルとアイガモがいて、アニマルベンダーで売っている餌を
自由に与えることが出来ます。(餌は1つ100円)


DSCN2858.jpg DSCN2936.jpg
DSCN2855.jpg DSCN2938.jpg

木曽馬舎では、愛想がよくておとなしい雄の木曽馬1頭がいます。
ポニーまたは在来馬の乗馬体験では、引き馬でリンクを一周出来ます。
※ポニーは4歳~小学生対象:1回300円 (午前のみ)
※在来馬は大人まで対象:1回500円 (午後のみ)

ヤギふれあいの丘でも、アニマルベンダーで売っている餌を人懐こいヤギへ
自由に与えることが出来ます。(餌は1つ100円)


DSCN2861.jpg DSCN2863.jpg
DSCN2883.jpg DSCN2882.jpg

その他には、ミニブタ・乳牛・牧羊犬・アンゴラウサギなどの動物がいます。
ここの牛から搾った牛乳は、売店やレストハウスで飲むことが出来ますし、
後で紹介する神戸チーズ作りにも使われているそうです。
私達が行った時には、ブタとホルスタインの赤ちゃんがいてメチャ可愛かった~


DSCN2866.jpg DSCN2872.jpg

広い六甲山牧場には、散策ウォーキングコースも設けられています。

ちょっとした展望スポットになっているポイントが3つあり、
標高694mのグリーンポイント、標高706mのシルバーポイント、
そして一番高いところにある標高722mのゴールデンポイントを目指して、
アップダウンのある坂道をウォーキングしていい汗かきましょう!


DSCN2874.jpg DSCN2875.jpg
DSCN2888.jpg DSCN2890.jpg

標高722mのゴールデンポイントはこんな感じ↑です。
山の斜面を一直線に駆け上がって最短距離で登って行ってもいいし、
距離は長いが整備された歩道をゆっくり時間かけて登ってもよいし、
展望台についた時は達成感がありました。景色もなかなかええ感じ~!


DSCN2925.jpg DSCN2912.jpg
DSCN2929.jpg DSCN2927.jpg

続いて、南ゲート側にある各施設のご紹介です。

六甲山Q・B・Bチーズ館では、チーズの栄養や歴史、豆知識、世界のチーズ料理、
その他様々なチーズ情報をパネルやサンプルを使ってわかりやすく展示して、
チーズを使った料理が楽しめる「レストラン神戸チーズ」も併設されています。

また、乳製品(チーズ・バター・アイスクリーム)や食肉製品(ソーセージ)の
製造体験ができるキッチン、羊毛クラフト(毛糸手紡ぎ・フェルト・マスコット)や
陶芸・竹細工・木工ができる作業体験室などある「まきば夢工房」もありました。
こちらの各体験は基本的に予約制なので、事前に電話予約を入れましょう。


DSCN2932.jpg DSCN2935.jpg
DSCN2934.jpg DSCN2931.jpg

神戸チーズ(カマンベールチーズ)がどのようにして作られるのか?
牧場で搾られた新鮮な牛乳を3週間以上かけて熟成させ製造している
その製造工程を全国で初めて通路から実際に見学することが出来ます。

そして、入場者のほとんど全員が買ってた!?くらい人気やったのが
カマンベールチーズ入りのソフトクリーム。これは美味い! お勧めします!


DSCN2923.jpg DSCN2915.jpg
DSCN2919.jpg DSCN2921.jpg

牧場なのに子供には嬉しい遊具広場も少しだけですがありました!
ちびっこ丸太村という名称で、木製のアスレチック複合遊具がいくつかあり
小学生低学年くらいまでの子供なら楽しく遊べるエリアだと思います。



DSCN2894.jpg DSCN2895.jpg
DSCN2910.jpg DSCN2893.jpg

天候の悪い日以外は、牧場内をヒツジが自由に歩き回っています。
どの子も人慣れしていて、体を触ったりしても大人しいので安心ですね。
但し、フンが牧場のあちこちに散乱していて間違いなく踏むことになります(笑)

羊の追い込みショーでは、ニュージーランドからやって来た牧羊犬「グレン」と、
六甲山牧場生まれの牧羊犬「ルーシー」が羊を柵に追い込んでいく様子が見れます。
土日祝のみ11:30~と13:30~の計2回(雨天・悪天候時中止)


DSCN2892.jpg DSCN2905.jpg
DSCN2901.jpg DSCN2900.jpg

動物ふれあい広場では、ヒツジに餌を与えることが出来ます。
ここにもアニマルベンダーがあり餌が100円で販売されていて、
餌を買った瞬間、ヒツジたちに囲まれておねだりされてエライことに…
うちの子は牧場の中でここが一番楽しかったと言っていました。

ただ檻の中の動物を見て廻る動物園とは違い、動物と直接触れ合えるのは
子供はもちろんのこと大人でも十分に楽しめる牧場施設ですね!


六甲山牧場の入場料は、大人500円・小・中学生200円で、
車の場合は、駐車場料金:1日500円となっています。

公共交通機関でのアクセス方法は、
六甲ケーブル山上駅・摩耶ビューライン星の駅よりシャトルバスのほか、
4~11月の土日祝と夏休み期間は阪急六甲駅より直行バスが出ています。



ここがオススメ!

 放し飼いで自由に歩き回るヒツジやヤギとの触れ合いは楽しい!

 広大な敷地を散策しながらウォーキングが出来ていい汗かきます!

 チーズ工場見学やさまざまな体験イベントを開催しています!


ここはイマイチ!

× 牧場内は動物たちのフンだらけで必ず踏んでしまいます…

× 体験教室やイベントはほとんどが事前予約制になっています



☆ 神戸市立六甲山牧場 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 六甲山牧場 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する