鴻ノ巣山運動公園 (城陽市総合運動公園)

公園(京都)
08 /05 2014
DSC_0454_20140730155748d14.jpg DSC_0441.jpg

京都府城陽市にある鴻ノ巣山運動公園へ行って来ました!

ここは城陽市の総合運動公園として、体育館・テニスコート・グラウンドなどの
設備があるスポーツゾーン、そして鴻ノ巣山の傾斜を利用したロングスライダーや
大型木製遊具のあるレクリエーションゾーンの2つのゾーンに分かれています。
通称は「鴻ノ巣山運動公園」と呼ばれ、市民に親しまれている公園です。


DSC_0445_20140730161036b3a.jpg DSC_0447.jpg
DSC_0444_20140730161225b4d.jpg DSC_0449_20140730161034419.jpg

レクリエーションゾーンの入口となるエントランス広場には
ヨットをイメージしたゲートがありメインの施設とを結びます。
また、花と噴水の広場である花のカスケードでは、色とりどりの花と、
霧のような噴水が気分をリフレッシュさせてくれます。


DSC_0455.jpg DSC_0458.jpg
DSC_0467.jpg DSC_0468.jpg

子供が楽しめる遊具がある「バンクーバー砦」エリアでは、
姉妹都市アメリカのバンクーバー市にあるバンクーバー砦を
モチーフに整備された施設になっています。


DSC_0502_201407301634552b0.jpg DSC_0464.jpg

バンクーバー砦の入口から奥にある大型遊具までは橋で繋がっていて
子どもたちは嬉しそうにここから先に見える遊具まで走って行きました!


DSC_0461.jpg DSC_0463.jpg
DSC_0505_20140730163127d3f.jpg DSC_0465_2014073016265792d.jpg

ここにあるメイン遊具は木製の4階建になっていて、
階段やらせん状のジャングルネットで上下に昇り降りします。
大人には狭いし結構キツイですが、子供達はきっと喜びますね~ 


DSC_0506.jpg DSC_0508.jpg
DSC_0501_20140730164915ed7.jpg DSC_0509_2014073016491413b.jpg

2階部分には通路があるので横への移動が出来ますが、
こちらにもネットやロープなどでちょっとした仕掛けがしてあり、
障害物をひとつひとつ乗り越えて進んで行く探検要素があって
アスレチックみたいに楽しく遊べると思います。


DSC_0450_201407301610354ff.jpg DSC_0471.jpg
DSC_0460.jpg DSC_0510_201407301645085fe.jpg

また、城陽市と姉妹都市の韓国・慶山市の代表的な景勝地を
イメージして整備された「慶山ロックヒル」からプライムイン城陽に
繋がる修景池までに、流れの緩やかな川状のせせらぎがあって
夏場にはここで小さな子供さんは水遊びをすることが可能です!


DSC_0477.jpg DSC_0494.jpg
DSC_0483.jpg DSC_0476.jpg

バンクーバー砦から少し離れたところに、大芝生広場を縦断する
最長約140mもあるローラースライダーがありました!
スライダーは距離が長いのと短いのと2本あり、お尻に敷くマットも完備!
スピードに乗り風を切って滑るとスリルあってやみつきになりますね~


DSC_0491.jpg DSC_0492.jpg
DSC_0486.jpg DSC_0499.jpg

大芝生広場の頂上にある展望広場からは、
生駒山系や六甲山系などが大パノラマで見渡ます!

目の前に広がる大芝生広場は面積1万3千㎡もありますが
但し丘陵地に位置しており平地ではなく少し高低差があるので、
ボール遊びや走り廻ったりするには不向きかな?
天気が良い日にお弁当を食べたり休憩するにはもってこいでしょう。
なおペットは入園禁止なので、残念ながら犬のお散歩は出来ません。


DSC_0513_20140730165124b9c.jpg DSC_0511_20140730165123d22.jpg
DSC_0439_20140730165122847.jpg DSC_0440_201407301651223e6.jpg

その他の施設としては、スポーツゾ―ンに体育館・テニスコート・グラウンド、
野外活動体験学習の場として炊事棟(※バーベキューは出来ません)や、
レストランや日帰り大浴場もある宿泊施設のプラムイン城陽があります。
特に大浴場は夏場にたくさん遊んだ後に汗を流すのに丁度いいですね!

また公園内に売店はなく、飲料の自販機やレストランはプライムイン城陽や
アイリスイン城陽という宿泊施設内にあるのでそちらを利用しましょう。

園内駐車場は3カ所あり、2時間以下は無料、2 ~3 時間200円、3~4 時間300円
4 時間超は400円と安いです。遊具エリアへは第2か第3駐車場が便利です。



ここがオススメ!

 木製複合遊具や140mもあるロングスライダーがあって遊具充実!

 夏はせせらぎで水遊びが出来る! 日帰り大浴場施設もあります!


ここはイマイチ!

× 日陰になる場所がほぼ無いので、夏は帽子や日傘は忘れずに

× ペット入園は全面禁止です。犬の散歩にもってこいの公園なのに残念…



☆ 鴻ノ巣山運動公園 (城陽市総合運動公園) ☆

アクセス方法・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 鴻ノ巣山運動公園 公式ホームページ
→ 城陽市 ホームページ
→ 城陽市観光協会 プライムイン城陽 ホームページ
→ アイリスイン城陽 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


山城総合運動公園 (太陽が丘)

公園(京都)
06 /15 2014
DSC_0240.jpg DSC_0245.jpg

京都府宇治市にある京都府立山城総合公園へ行って来ました!

ここは、京都府内で最大の広さ総面積約108ヘクタールを誇る都市公園で、
宇治市街地に隣接する標高80メートル~150メートルの丘陵地からなり、
愛称は「太陽が丘」と呼ばれています。

自然林を保全しているゾーンでは、アスレチック遊具を備えた「冒険の森」をはじめ、
子供たちに人気の「遊びの森」や「ふれあいの森」、「ふるさとの森」など、
楽しく遊びながら豊かな自然を思いっきり満喫することができます! 


DSC_0243.jpg DSC_0242.jpg
DSC_0202.jpg DSC_0244.jpg

また、運動公園としての施設も充実しており、体育館や陸上競技場、野球場、
球技場、テニスコート、プールなどのスポーツ施設が整備されています。

ファミリープールでは、造波プール・けい流プール・ウォーターボブスレー・スライダー
など面白そうなプールがいくつもあって、文字通り家族みんなで楽しめますね!
料金は、一般 1,000円 高校生700円 小・中学生450円 幼児100円です。


DSC_0275.jpg DSC_0251.jpg
DSC_0273.jpg DSC_0276.jpg

4つの森の中で一番広い「冒険の森」では、アスレチックやロングスライダー・
ターザンロープや芝生広場がある子供の遊び場と、可愛い小鳥と仲良くなれる
2つの「野鳥観察小屋」もあり、野鳥観察会も開催されているそうです。


DSC_0252.jpg DSC_0253.jpg
DSC_0254.jpg DSC_0256.jpg

そしてここでの一番の楽しみは、野性味あふれるフィールドアスレチック!
ジャングルネットや滑り台などのポイントを順番にクリアして進んで行きます。


DSC_0258.jpg DSC_0261.jpg

各ポイントともに簡単なので、幼児など小さい子供でも楽しむことが出来ます。
大人には完全に物足りないアスレチックですが、子供向けということですね!


DSC_0263.jpg DSC_0265.jpg
DSC_0267.jpg DSC_0268.jpg

高低差のあるジャンボすべり台は、ローラー式ではないのでスピードも控えめ…
スリルは少ないですが、こちらも小さな子供でも安全に楽しむことが出来ます。


DSC_0208.jpg DSC_0216.jpg
DSC_0206.jpg DSC_0222.jpg

「遊びの森」にも、子供の遊具広場があり芝生が広がっています。
インディアン村や水車小屋などが揃いメルヘンの世界が演出されていて
楽しい遊具類もたくさんあって家族連れで賑わっています。


DSC_0209.jpg DSC_0211.jpg
DSC_0215.jpg DSC_0221.jpg

メルヘンチックな小屋の中で遊んだり、迷路があったり、昆虫の形をした遊具や
小さめの木製複合遊具や砂場など、こちらも主に幼児向けとなっています。


DSC_0218.jpg DSC_0212.jpg
DSC_0205.jpg DSC_0207.jpg

その他にも、高低差のあるトンネル型の滑り台、謎の五角形トンネル、
ジャングルネットなどこちらの遊びの森にはたくさんの遊具があります。
また、ちょっとした池や水車小屋があって水深も浅いので、
水遊びを楽しんでいる子もいました~ 水は決して綺麗とは言えませんが。


DSC_0236.jpg DSC_0239.jpg

「遊びの森」の入口付近には、C11型のSL蒸気機関車が展示されています。
柵で囲ってるあるので、乗ったり触ったりは出来ずにただ見てるだけ~


DSC_0224.jpg DSC_0225.jpg
DSC_0227.jpg DSC_0235.jpg

「ふれあいの森」では、綺麗に整備された広大な芝生広場がある憩いの場で
美しい花が咲いている遊歩道で散歩したり、シートを広げてお弁当を食べたり、
どちらかというとこのエリアは人が少なめで、ゆっくりとくつろげると思います。


DSC_0233.jpg DSC_0229.jpg
DSC_0232.jpg DSC_0234.jpg

そしてこの「ふれあいの森」には、大人向けの健康遊具が多数設置されていて、
筋力トレーニングやストレッチしたりとちょっとした運動をすることが出来ます。

その他、都道府県の木や京都府内の市町村の木が植えられた「ふるさとの森」
約1450種類・約3200本の植物が見れる有料の「宇治市植物公園」があります。
→ 宇治市植物公園についての詳細はこちら

ここ山城総合公園は、自然の中で多種多様なスポーツを楽しめて、
また主に小さな子ども・幼児向けの遊具がメインですが遊び場も充実しているので
私達みたいに大阪など遠方からでも行く価値がある良い公園だと思いました!

アクセスは、最寄りの京阪宇治駅・JR宇治駅・近鉄大久保駅からバスで20分程度、
車の場合は、公園内駐車場:1回400円となっています。


ここがオススメ!

 広大で綺麗に整備された自然豊かなスポーツ公園!

 芝生広場や子どもの遊び場も充実しています!


ここはイマイチ!

× 公園内でバーベキューやペットの入園は禁止です

× 売店や自販機の設備面が少なく飲食物は持参がベスト



☆ 京都府立山城総合運動公園 (太陽が丘) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 山城総合公園ホームページ
→ 京都府ホームページ 山城総合公園
→ 宇治市立植物公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


けいはんな記念公園

公園(京都)
10 /22 2012
DSCN2784.jpg DSCN2803.jpg

京都府相楽郡精華町にある「けいはんな記念公園」へ行って来ました!

ここは、関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)建設を記念し、
また平安京遷都1200年を記念事業の一つとして、平成7年4月に開園しました。
正式名称は「京都府立関西文化学術研究都市記念公園」といいますが、
愛称は「けいはんな記念公園」と呼ばれています。

けいはんな学研都市の理念である「自然との調和」をテーマに設計された
24.1haにもなる広大な公園には、自然保全区域と交流施設区域とに
大きく分けられており、自然保全区域はもともとあった自然林や永谷池を活かし
自然を楽しめる区域であり、交流自然区域は人々の交流を目的に芝生広場・
遊具広場・谷あい・日本庭園(水景園)などが設置されています。


DSCN2831.jpg DSCN2812.jpg
DSCN2802.jpg DSCN2824.jpg

公園内のほとんどは有料区域(入園料 大人200円・小中学生100円)となっていて、
四季折々の風景が楽しめる現代の回遊式日本庭園の水景園では、
回遊しながら自然と人が織りなす空間を様々な距離・角度で楽しめるのが特徴です。
水面上約10mに架かる観月橋(全長123m、幅4m)からは庭園内を一望出来ます!


DSCN2818.jpg DSCN2819.jpg
DSCN2823.jpg DSCN2805.jpg

棚田状の水盤が永谷池と下の池を水の景色として繋ぐ水景棚では、
飛び石を利用して渡ることもできるので面白いですね。
水田が日本の原風景の美しさを演出する里棚田や、美しい紅葉谷、
また、岡山県犬島産の御影石を使用した高さ6~7m、重さ20~70tの巨石、
約500個からなる延長150mの壮大な空間の巨石群などが水景園の見所でしょう。


DSCN2826.jpg DSCN2806.jpg
DSCN2809.jpg DSCN2814.jpg

水上舞台では、100円でコイの餌を無人販売しているので、
池に泳ぐめちゃくちゃでかいコイに餌やりをすることも出来ます。
餌を投げ入れた時のコイの反応が凄いので、子供は喜ぶと思いますよ~ 
水景園の中心にある交流施設である観月楼では、コンサートや各種イベントなど
幅広く利用され、またトイレや自販機もあるので休憩スポットにもなりますね。

その他、豊かな自然が感じられる里山林の森である「芽ぶきの森」では、
永谷池を囲む里山林での散策が楽しめ、春のツツジや夏の木漏れ日、秋の紅葉、
冬の水鳥など、四季折々の自然が満喫できます(一周約1.2km、徒歩約30分)


DSCN2799.jpg DSCN2797.jpg
DSCN2798.jpg DSCN2796.jpg

こちらからは入園無料のエリアのご紹介です。

里山の風情を再現した「谷あい」エリアでは、小川や竹林・梅林などがあり、
竹林の中を園路とせせらぎが通り抜けます。竹の風情と葉擦れの音、
水の音に包まれた心落ち着く場で日本の原風景として心が和む雰囲気です。
せせらぎでは、夏場の水遊びにも最適です! カエル・ザリガニ・メダカなど
自然の生き物もたくさんいるので、子供達の遊び場として楽しめると思います。


DSCN2786.jpg DSCN2788.jpg

日本の風景にマッチした棚田状の広場では、棚田を模したデザインの4面の大きな
芝生広場が段々に連なっていて、子供向けの遊具広場もあり多くの方で賑わいます。
特に桜が美しくて春には300本の桜の木が一面に咲き誇ります。


DSCN2768.jpg DSCN2769.jpg
DSCN2772.jpg DSCN2776.jpg

遊具広場には、大型複合遊具、ターザンロープ、ブランコ、スプリング遊具があり
ほとんどが木製でアスレチック要素もあり安全に楽しく遊ぶことが出来ます。
滑り台が小さくて1つしかなく、うちの子はちょっと不満みたいでしたし、
これだけ広い敷地なんで、もっと色んな遊具があってもいいのになぁ…!?


DSCN2771.jpg DSCN2790.jpg
DSCN2800.jpg DSCN2801.jpg

遊具広場とは別に、先ほど紹介した水景園の入口近くの広場では、
竹馬や縄跳び、バトミントンなどの遊び道具の無料貸し出しをやっているので
こちらでも楽しく遊ぶことが出来ます。竹馬なんて久しぶりに見たw


アクセス方法については、車で行く方が便利で良いでしょう。
駐車場は1日1回400円で、遊具広場にも近いところにあります。
公共交通機関の場合は、JR祝園駅、近鉄新祝園駅よりバスで約8分、
近鉄学研奈良登美ヶ丘駅よりバスで約15分となっています。

こちらの公園は、日本の文化や自然をテーマに設計されているので、
四季折々の自然を楽しみながら散策するのがメインの楽しみ方になります!



ここがオススメ!

 水景園をはじめ日本の文化や四季折々の自然や景色を楽しめます!

 木製の複合遊具や芝生広場、せせらぎなど子供の遊び場も充実!


ここはイマイチ!

× これだけ広い敷地があるので、もう少し遊具が充実してればなぁ…

× ほとんどが有料エリア。入園料は安いけど・・・なぜに!?



☆ けいはんな記念公園 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ けいはんな記念公園 公式ホームページ
→ 京都府ホームページ けいはんな記念公園
→ Google Mapで場所の確認をする


梅小路公園

公園(京都)
07 /18 2012
DSCN1431.jpg DSCN1432.jpg

京都市下京区にある梅小路公園へ行って来ました!

ここ梅小路公園は、京都の市街地中心部にありながら人が緑と花で憩える
空間として、また災害時に避難できる場所として、1995年から開園している
面積約12.5ヘクタールの都市公園です。

公園内には、広々とした芝生広場、水と親しめる河原遊び場、
賑わいのあるイベントが開催される「七条入口広場」、
アスレチック遊具のある「ふれあい広場」などがあります。

また有料施設では、建都1200年記念の日本庭園「朱雀の庭」や、
自然がいっぱいのビオトープ「いのちの森」、昔懐かしい「チンチン電車」、
2012年3月にオープンした「京都水族館」、公園の隣には蒸気機関車のことが
よく分かる「梅小路蒸気機関車館」があって、見どころがたくさん!!

京都水族館と梅小路蒸気機関車館については、別記事でご紹介するとしまして、
ここでは梅小路公園についてご紹介します!


DSCN1303.jpg DSCN1307.jpg
DSCN1305.jpg DSCN1304.jpg

まずは子供の遊べるふれあい広場ですが、ここにはフィールドアスレチック系の
大きな遊具が2つあり、幼児でも小学生でも楽しく遊べる設備になってます。

駐車場が広場のすぐ近くにあってトイレや自販機も完備でとても便利です。


DSCN1309.jpg DSCN1316.jpg

ふれあい広場から蒸気機関車館の入り口までのわずかな距離ですが、
1895年(明治28年)から京都の町を走り、市民に愛されていたチンチン電車が
公園内を走行しています。(運行日は土日祝のみ、料金は小学生以上300円)


DSCN1327.jpg DSCN1435.jpg
DSCN1433.jpg DSCN1436.jpg

また、ふれあい広場の横にはJRの貨物ターミナルや車両基地があるので、
いろんな電車を見ることが出来ますし、蒸気機関車館で運行している
SLスチーム号も公園の横を走っているので、子供はきっと喜ぶでしょう!


DSCN1324.jpg DSCN1326.jpg

河原遊び場は、子どもたちが水遊びを楽しめる人工の小川や池があり、
春から秋にかけて新緑や紅葉も楽しめる"せせらぎと木漏れ日"の水辺広場です。

水深は浅いですが、足を滑らしたりしないようにサンダル等は必須ですね。


DSCN1331.jpg DSCN1404.jpg

芝生広場は、面積2.3ヘクタールもあってかなり広いので、
ボール遊びやかけっこなど思いっきり楽しめます!

花や木々に囲まれた広場で、四季折々に移ろいゆく景色を楽しみながら、
家族や友達と、からだと心を伸ばして憩いの一時を過ごせますよ~


DSCN1319.jpg DSCN1329.jpg

その他、庭園の上部に屋根をかけた空間」をイメージしてつくられた緑の館や
朱雀の庭と一体となったいのちの森などの見どころもありました。

京都市街地にありながら、とても緑豊かな公園だなぁという印象です。


DSCN1317.jpg DSCN1334.jpg

また、梅小路公園に隣接する梅小路蒸気機関車館と京都水族館を合わせると
家族みんなで一日中楽しめるおでかけスポットになると思います!

レポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 梅小路蒸気機関車館
→ 関西おでかけナビ 京都水族館


ここがオススメ!

 遊具あり、芝生広場あり、水遊び場ありで、子供はきっと喜ぶでしょう!

 梅小路蒸気機関車館と京都水族館と合わせて家族で一日楽しめます!


ここはイマイチ!

× 駐車場は休日満車確実です。2時間まで700円、以後1時間ごとに200円

× チンチン電車の距離がめちゃ短いのに300円もするの?



☆ 梅小路公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 梅小路公園 ホームページ
→ 梅小路蒸気機関車館 ホームページ
→ 京都水族館 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


大宮交通公園

公園(京都)
01 /19 2011
P1000578.jpg P1000553.jpg

京都市北区にある大宮交通公園へ行って来ました!

ここは子供たちが楽しみながら交通ルールや安全知識を学べる公園で、
教習所のような道路や信号機・標識などが設置されており、
有料のゴーカートで園内コースを走ることが出来ます。

なんと入園無料で駐車も無料! 但し駐車場は15台ほどしか止めれませんが…

ゴーカート料金は1人乗りが1回200円(小学3年~中学生まで)
2人乗りが1回250円(2年生以下と保護者)とお手頃価格でした!


P1000572.jpg P1000577.jpg
P1000566.jpg P1000571.jpg

休園日は、毎週火曜(祝日と重なった場合は翌日)と年末年始だけですが、
ここのメインであるゴーカートは、木曜と土日祝だけの運行になるので、
私たちが訪れた水曜日は、園内に入れたもののゴーカートには乗れず… 残念!

コースを見る限りでは自由に走るというより、信号など交通ルールを守りながら
走る感じだと思いますので、果たして面白さはどうなんやろ~?

ゴーカート以外にも、足踏み車や三輪車が置いてあったので
こちらは無料で自由に乗ることが出来ました。

でもせっかく行くなら曜日はちゃんと確認して行きましょう…


P1000563.jpg P1000555.jpg
P1000556.jpg P1000557.jpg

昔なつかしい京都市電や蒸気機関車が展示されていました。

中はミニ図書館になっていて自由に本を読むことが出来ます。
運転席にも座れるので、子供は喜びそうですね!


P1000560.jpg P1000562.jpg
P1000564.jpg P1000573.jpg

ジャングルジム・滑り台の遊具や砂場もありました。
たぶん遊具は主に幼児向けですが、ちょっとした遊び場にはなりそうです。

ゴーカート以外の遊び場が少ないので、
おそらくこの公園の滞在時間としては1時間程度でしょう。

ここだけを目的に遊びに行くのは少し無理がありますが、
京都観光のついでに立ち寄る感じのおでかけスポットですね!



ここがオススメ!

 入場無料で駐車場も無料! ゴーカートも格安料金です!

 楽しく交通ルールを学べます。ちょっとした遊具もありますよ!


ここはイマイチ!

× ゴーカート運行日以外に行っても全然面白くありません…

× 駐車可能台数が少な過ぎて、週末はすぐ満車になるでしょう!



☆ 大宮交通公園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 京都市都市整備公社 大宮交通公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する