府民の森 なるかわ園地

ハイキング・登山
05 /12 2015
DSC_0356_20150428134531458.jpg DSC_0364.jpg

大阪府東大阪市にある「府民の森なるかわ園地」へ行って来ました!

ここは、生駒山系の西斜面に続く広大な自然公園で、
暗峠の下から鳴川峠を越えて約160haにも及ぶ広大な園地には、
ハイキングや散策が楽しめる何本もの遊歩道が整備されています。

最高地点にある「ぼくらの広場」からは、大阪平野から大阪湾、六甲の山並み、
遠くには淡路島、南を向けば遥か葛城山・金剛山までの自然の大パノラマを
楽しむことができます。また、ツツジ園の見頃には多くの人で賑わいます。


DSC_0346.jpg DSC_0347.jpg
DSC_0348.jpg DSC_0344.jpg

ハイキングの起点となる「らくらくセンターハウス」は、
らくらく登山道の入口ゲートにあり、園地内の情報が得られるほか、
工作イベントなどが行われています。

また無料駐車場が完備(普通車:55台、障害者用:15台)されているので
ここからハイキングをスタートさせるのが便利です。
但し利用時間は、3~11月が9:00~17:00、12~2月が9:30~16:00までで
時間外は完全閉鎖となりますので、帰り時間には余裕を持って行きましょう。


DSC_0395_201504281400124df.jpg DSC_0390.jpg
DSC_0349_20150428135900484.jpg DSC_0392.jpg

らくらく登山道(全長2,700m)は、無料駐車場のある「らくらくセンターハウス」から
「せせらぎ広場」を経由して神津嶽ふれあい広場にいたるまでの登山道で、
なるかわ園地から他の中部園地(みずのみ、ぬかた、くさか)へのアクセスも可能!

自然とふれあいながら、誰もがゆったりとハイキングができるよう、
勾配を緩やかに(8%以下)、道幅もたっぷり取っているので
大人も子供も、車椅子やベビーカーでも、気軽に山登りを体験できます!


DSC_0359_20150428140248a04.jpg DSC_0357.jpg
DSC_0354.jpg DSC_0353_20150428140247c63.jpg

また、らくらく登山道以外にも、いくつもの登山道ルートがあります。
こちらは普通の山道となって、アップダウンが激しかったり足場が悪かったりと
子供には不向きですが、本格的なハイキングを楽しみたい方にはお勧めでしょう。


DSC_0383_201504281404335ff.jpg DSC_0345.jpg
DSC_0388.jpg DSC_0389.jpg

雄大な展望を楽しみ、一休みしながらハイキングが楽しめるように、
らくらく登山道の途中には展望休憩所があちこちにあります。
「みはらし休憩所」や「ふれあい広場」など至る所で休憩や遠望を楽しめる
スポットが点在しています。


DSC_0363.jpg DSC_0366.jpg
DSC_0367.jpg DSC_0370_201504281406061df.jpg

らくらく登山道から通常の登山コースへ入って山頂にある「ぼくらの広場」では
大阪平野から大阪湾、六甲山、淡路島などが大パノラマで楽しめます!!
園地最高地点から見える大阪平野の絶景眺望は素晴らしいの一言!! 


DSC_0373_20150428140732125.jpg DSC_0371_20150428140734e3e.jpg
DSC_0372.jpg DSC_0368.jpg

ぼくらの広場にはベンチや芝生広場もあるので、休憩スポットとして
シートを広げてお弁当を食べたり、お昼寝するにも最適ですね。


DSC_0375_20150428141027b19.jpg DSC_0380_20150428141027b7c.jpg
DSC_0381.jpg DSC_0382_20150428141025161.jpg

森のレストハウスは、山頂付近の「ぼくらの広場」に隣接している休憩所で、
テラスでお弁当を食べたり登山者のくつろぎスペースとなっています。


DSC_0376.jpg DSC_0377.jpg
DSC_0378_20150428141121a72.jpg DSC_0379.jpg

ハウス内では生駒山の四季折々の自然をパネル展示していたり、
園内の情報発信をしています。是非立ち寄ってみましょう。


この府民の森なるかわ園地は、他の中部園地(みずのみ、ぬかた、くさか)と
生駒山の西斜面側で隣接しており、続けて行ってみるのもいいですね!
大阪近郊でアクセス良く、気軽にハイキング&登山が楽しめるスポットでしょう。


ここがオススメ!

 ハイキングに最適! らくらく登山道コースも有り

 展望台から見える大阪平野の眺めは最高!


ここはイマイチ!

× らくらく登山道以外は足場が悪く子供には不向きかも?

× 駐車場が17時で完全閉鎖! 帰り時間は余裕を持って!



☆ 大阪府民の森 なるかわ園地 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府民の森 なるかわ園地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 ほしだ園地

ハイキング・登山
05 /24 2013
DSCN4493.jpg

大阪府交野市にある大阪府民の森・ほしだ園地へ行って来ました!

ここは金剛生駒紀泉国定公園内にある大阪府民の森の中のひとつで、
園内には様々なハイキングコースがあり、天孫降臨伝説のある哮が峰をはじめ
多くの巨石が散在し、森林浴やバードウォッチングも楽しめます。


DSCN4495.jpg DSCN4499.jpg
DSCN4502.jpg DSCN4501.jpg

ほしだ園地の側を流れている天野川は普段の水深が浅く流れが穏やかで
駐車場からすぐ近くに川遊びが出来るスポットがありました。
そしてここから全長約200m・最大地上高10mある森林鉄道風の木製歩道橋で
河原を眼下に見ながら園地内へと入って行きます。


DSCN4514.jpg DSCN4516.jpg

まず到着するのはピトンの小屋という案内管理棟になり、
ほしだ園地の自然やハイキングルート等について展示や紹介をしています。
飲料などの自販機やトイレもあって行き帰りの休憩スポットですね。


DSCN4508.jpg DSCN4506.jpg
DSCN4509.jpg DSCN4510.jpg

なんと! 高さ16.5mの巨大なクライミングウォールがありました。
平成9年の秋季なみはや国体でも使用された人工壁で、ホールドを使った
クライミングウォールは正面壁・左右両側面壁の3面がある本格施設です。
施設利用にあたっては講習会を受講し受講済証の交付を受けた方がいる
2名以上のグループでのご利用となり、料金は大人500円・中高生200円です。

ただし、初心者でも体験できるクライミングゾーン施設もあるのでご安心を!
こちらは無料で誰でも体験することが出来ますし十分楽しいですよ~
園地内には他に遊具系の設備は一切ないので子供が遊べる所はここのみです。


DSCN4518.jpg DSCN4522.jpg
DSCN4553.jpg DSCN4551.jpg

園地内のハイキングコースをゆっくりと歩いて来ましたが、
アップダウンが適度にあり運動不足の私にとっては良い運動になりました。
しかし、今回訪れたのは5月中旬でしたが園内に毛虫が大量発生しており
木から糸を垂らしてたくさんの毛虫が歩道にもウジャウジャ浮いていて
油断すると顔や体に毛虫が付いてしまう状態… かなり気持ち悪かったです。
5月くらいに訪問するなら注意した方がいいでしょう…


DSCN4525.jpg DSCN4531.jpg
DSCN4542.jpg DSCN4539.jpg

そしてハイキングコースを進んで行くと、ほしだ園地のシンボルでもある
「星のブランコ」という人道大吊橋があります。
延長280m・最高地上高50mあり国内最大級の木床板人道吊り橋だそうです。
橋からは市街地まで大パノラマが遥か眼下に楽しめ、
また春の新緑や秋の紅葉を楽しみながらの空中散歩はスリル満点です!


DSCN4547.jpg DSCN4548.jpg
DSCN4545.jpg DSCN4549.jpg

吊り橋や園地内から市街地まで見渡せる展望スポットからの眺めです。
ベンチもいくつかありますし休憩場所としても最適ですね~
やまびこ広場というところにトイレはありますが園地内の管理棟以外に
飲料自販機とか設備がないので、水筒など持参した方が良いでしょう。


アクセスについては、京阪電車の私市駅からハイキングコースを徒歩約40分、
土日祝は私市駅からバスも出ていますが本数が少ないので注意が必要です。
自家用車の場合は駐車場が園地入口にあって1時間毎200円となっています。

このほしだ園地は子供の遊具が無いので小さな子供連れには不向きですが
日頃の運動不足を解消するためのハイキング目的ならアリやと思います!



ここがオススメ!

 星のブランコでの空中散歩は一見の価値あり!

 適度なアップダウンのハイキングコースでいい運動に!


ここはイマイチ!

× 子供の遊具類はありません。子連れには不向きかな!?

× 時期を誤ると大量発生した毛虫の中をかき分けて歩くことに…



☆ 大阪府民の森・ほしだ園地 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府民の森 ほしだ園地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 くろんど園地

ハイキング・登山
04 /28 2013
DSCN4024.jpg DSCN3996.jpg

大阪府交野市にある大阪府民の森くろんど園地へ行って来ました!

ここは京阪私市駅から奈良県のくろんど池に至るハイキングコースの
終点近くにある自然豊かで静かな森林公園です。
園内には、アスレチック遊具や芝生広場、本格的なキャンプ場施設や、
四季折々の花や自然が楽しめバラエティに富んだハイキングコースがあり、
年間を通じてハイカーや家族連れやで賑わっています。


DSCN3977.jpg DSCN4018.jpg
DSCN4010.jpg DSCN3979.jpg

本格的なハイキングを楽しみたいならここはお勧めでしょう!
ほんとに山の大自然の中に入り込んだ感じでアップダウンも激しく
日頃運動不足気味の私には息が切れてかなりキツかったです(笑)
ハイキングコースは舗装されていない山道がほとんどで、
小さな子供連れには不向きです。足元が悪いので運動靴は必須ですね。


DSCN3981.jpg DSCN3982.jpg
DSCN3983.jpg DSCN3984.jpg

コース途中にある展望台からの眺めです。山の中なんで景色はいまいち…
それでもヘロヘロになりながら歩いて来たんでとても気持ちが良かったです。


DSCN4000.jpg DSCN4001.jpg

駐車場からおよそ1時間くらい歩いてようやく休憩所に到着!
ここではテーブルやベンチが備え付けてあり飲料自販機もありました。
近くのすいれん池ではスイレンが赤やピンク色の花を咲かせていて
池の中には浮見堂があり、山の中を歩いた疲れを癒してくれます。
大きなコイも何匹か泳いでいましたよ~


DSCN4002.jpg DSCN4003.jpg

休憩所を出て子供の遊び場である草原広場を目指して歩いて行くと、
いきなり岩登り!? しかもここを登らんと先には行けんし!?
これは乳幼児連れはかなり辛いですね~
岩を登ってしばらく歩くと面積2,000m2の芝生広場が広がります!


DSCN4004.jpg DSCN4007.jpg
DSCN4008.jpg DSCN4005.jpg

草原広場の真ん中の丘には、丸太わたりや穴くぐりなどいくつもの難関を
越えて進む迷路、舟の形をしたわんぱく砦やつり橋があるクロスタワーなど
丸太でできた海賊船を思わせるアスレチック遊具があります。
1時間以上かけて山道を歩いてきて、遊具はこれだけしか無かったので
ちょっと拍子抜けかな? またここから1時間かけて駐車場まで戻ることに…


DSCN3992.jpg DSCN3993.jpg
DSCN3988.jpg DSCN4022.jpg

また、くろんど園地には本格的なキャンプ場とバーベキュー広場があります。
夏の期間はテントが常設され初心者でも手軽にキャンプが楽しめます。
駐車場からキャンプ場までは少し距離があるので、荷物運搬用に手押し車も完備!


DSCN3986.jpg DSCN4019.jpg
DSCN3985.jpg DSCN3987.jpg

バーべキュー広場では一年を通じて家族やグループで利用できる設備があり、
炊事用具や食器セットの貸出しや薪や炭も販売していて便利です。
キャンプ場の炊事棟を含む全ての施設は事前に電話予約制となっています。
→ キャンプとバーベキューに関してのご利用案内はこちら

最後にアクセス方法ですが、公共交通機関の場合は京阪電車の私市駅から
ハイキングコースを徒歩約50~60分ほどで園地に到着します。
車の場合は無料駐車場が50台ありますがナビにはうまく表示されないようです。
しかも車が1台ギリギリしか通れない細い道を走るので運転には注意しましょう。

とにかく、ここはハイキング目的かキャンプ場目的で割り切って行く公園ですね!



ここがオススメ!

 園内に8つのハイキングコースあり! いい汗かきましょう!

 キャンプ場完備! 自然の中で日帰りバーベキューも楽しめる!


ここはイマイチ!

× 舗装された道が少なく小さな子供連れには向きませんね

× 遊具がしょぼい。あんだけ歩いて行ってこれかいな!?



☆ 大阪府民の森 くろんど園地 ☆

アクセス方法、詳しい公園案内は以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府民の森 くろんど園地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 緑の文化園むろいけ園地

ハイキング・登山
04 /20 2013
DSCN3961.jpg

大阪府四条畷市にある緑の文化園むろいけ園地へ行って来ました!

ここは金剛生駒紀泉国定公園内にある「大阪府民の森」の中のひとつで、
スポーツ・宿泊・研修施設が連なる緑の文化園に隣接し、
敷地内の水辺自然園では、水辺の生物を観察したり池を眺めながら
気軽に散策が出来る手すり付きの遊歩道やハイキングが楽しめる登山道、
さまざまな子供向け遊具がある森の宝島などが整備されています。


DSCN3946.jpg DSCN3940.jpg
DSCN3944.jpg DSCN3942.jpg

まずは子供が楽しめる「森の宝島」ですが、緑の文化園エリアにあって
山の斜面を利用した木製アスレチックやターザンロープなどの遊具類や
芝生広場、吊橋などが整備されています。
木製アスレチックは長さ80m! 山の斜面で高低差もありスリル満点!!


DSCN3949.jpg DSCN3947.jpg
DSCN3950.jpg DSCN3954.jpg

距離は短いが滑るスピードが早くてこちらもスリル満点のジャンボ滑り台や
森の汽車などの幼児向けの遊具もあって休日は家族連れで賑わっています。
遊具広場はそんなに広い敷地ではなく、坂道になっているところも多いので
走ってこけてしまったりすると少々危険ですしその辺は注意が必要でしょう。


DSCN3953.jpg DSCN3952.jpg
DSCN3932.jpg DSCN3933.jpg

その他にはボール遊びやお弁当を食べるのに最適な芝生広場や、
自販機があって休憩も出来る森の丸太小屋がありました。

こちらの緑の文化園エリアには、テニスコートや野球場などのスポーツ施設に
レクレーションから研修まで出来る宿泊飲食施設なども整備されていて
自然の中でリフレッシュしてみんなが楽しめる設備となっています。


DSCN3964.jpg DSCN3962.jpg

森の宝島から水辺自然園エリアや駐車場へとつながる吊り橋は、
短いですが自然の中にあって雰囲気がとてもいい感じですね。


DSCN3965.jpg DSCN3966.jpg
DSCN3967.jpg DSCN3968.jpg

続いて、遊歩道が整備されている水辺自然園エリアですが、
まずは入口ゲートをくぐると「森の工作館」という施設があり、
一年を通じてむろいけ園地の自然に関する様々な情報を発信しています。
併せて自然の素材を使った工作などの創作活動、自然素材での工作や
陶芸教室・オカリナ製作など土日祝に個人用各種講座を行っています。


DSCN3937.jpg DSCN3969.jpg
DSCN3971.jpg DSCN3975.jpg

水辺自然園には2つの遊歩道が整備されていて、湖面に映えるモチツツジや
紅葉期のカエデ類が絶景のファミリートレールは1.6kmの遊歩道になっており
坂道に手すりを設けて勾配を緩くしたり、段差をなくしたりする工夫がしてあり、
ベビーカーや車イスの人、お年寄りも安心して歩けるようになっています。

また、外回りのネイチャートレールは3.2kmあって所要時間も1時間以上!
湿生花園ではサワギキョウやカキツバタ・オニヤンマなどが観察でき、
オオルリやカワセミなど様々な野鳥、冬季にはシギ、チドリ、オシドリなど
冬鳥の飛来が見られます。ハイキングを楽しみたい方はこちらがお勧め!

むろいけ園地へのアクセスは、基本的に車のみとなりますが、
JR学研都市線の四条畷駅よりハイキングコースを徒歩約60分かけて
行くことも出来ます。駐車場は無料ですが17時(冬季16時)には閉門するので
時間には余裕をもって楽しみましょう。



ここがオススメ!

 自然豊かでハイキングに最適。整備された遊歩道も有り!

 木製アスレチックやジャンボ滑り台の遊具も有ります!

 入園無料で駐車場も無料!


ここはイマイチ!

× 遊具広場は狭くて山の斜面にあるので注意が必要でしょう



☆ 大阪府民の森 緑の文化園むろいけ園地 ☆

アクセス方法、詳しい公園案内は以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府民の森 むろいけ園地 ホームページ
→ 緑の文化園 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



枚岡公園

ハイキング・登山
10 /30 2011
P1020461.jpg P1020471.jpg

大阪府東大阪市にある枚岡公園に行って来ました!

ここは生駒山系の山麓に位置する額田山、枚岡山にまたがる森林公園で
春は桜、夏はクヌギやコナラなどの新緑、秋は暗渓沿いの紅葉、
冬は見事な雪景色、そして梅と、季節を問わずに自然を満喫でき、
散策路も整備されていますので、気軽にハイキングが楽しめます。


P1020477.jpg P1020475.jpg

額田山と枚岡山には展望台があって、大阪平野や河内平野が一望でき、
遠くは北摂連山や六甲の山並みまでも展望ができます。(写真は額田山展望台)


P1020469.jpg

私が訪れた時はあいにく天候が曇りで視界がいまいちでしたが、
冬の空気の澄んだ時には、なんと!明石海峡大橋から淡路島までを
望むことが出来るそうですよ。


P1020462.jpg P1020466.jpg

この額田展望台へは、枚岡公園の駐車場からは山道を20分ほど登り歩いた
ところにあって、10月の終わりで涼しい気候でしたが汗だくになりました。

公園内のハイキングコースは9kmにも達し、生駒山への登山ルートにもなっていて
足場が悪い砂利道や結構急な坂がずっと続きますし、運動靴等は必須ですね。

山道に入ると、トイレや自販機などの設備はもちろん無いので、
特に飲み物や食料の準備は事前にしときましょう。


P1020448.jpg

子供の遊べる遊具広場は、森のおもちゃ箱という名前がついていて
標高100~120mの勾配の斜面地形を生かした滑り台などの遊具がありました。

ここの遊具ゾーンへは、駐車場からすぐの所にあるので気軽に行けます。


P1020450.jpg P1020452.jpg
P1020451.jpg P1020454.jpg

設置されている遊具は、どこにでもありそうな複合型遊具がメインで、
ローラー式をはじめ数種類の滑り台やアスレチック遊具などがあります。

遊具だけをお目当てに遠方からわざわざ行くような公園ではないですが、
展望台へのちょっとしたハイキング目的も合わせるといいと思います。


P1020445.jpg P1020460.jpg
P1020480.jpg P1020483.jpg

標高100~120mの勾配の斜面地形を生かした滑り台はスピードが出て
スリルがあります。もうちょっと距離が長ければもっと面白いのにな~

他には、幼児用のブランコや滑り台などの遊具広場も別でありますし、
そんなに広くはないけどボール遊びが出来る芝生広場もありました。


P1020459.jpg P1020481.jpg

公園内には飲料の自販機は一切なく、遊具ゾーンに売店が1件あるのみです。
しかも16時頃にはもう閉まってました。飲み物は持参した方がいいですね。

トイレは公園入口付近と遊具ゾーンに設置されているので安心です。

駐車場は無料ですが、そんな広くはないので休日は満車になるかも。
周辺にはコインパーキングも無く、他に駐車出来る所はなさそうです。

電車で行く場合は、近鉄奈良線の枚岡駅または額田駅から700m程です。


ここがオススメ!

 自然豊かな山麓の森林公園! 気軽にハイキングが楽しめる!

 展望台からは大阪平野を一望出来て目の前に絶景が広がります!

 傾斜面を生かした滑り台やアスレチック遊具も設置されています!


ここはイマイチ!

× 公園内に自販機が一切ないので飲み物は持参しましょう

× 山道は足場が悪く急坂も続くので、幼児や小さい子には不向きです

 駐車場が狭いので休日は満車になるかもしれません



ここ枚岡公園は、自然を散策しながらゆっくりとハイキングを楽しんで、
展望台からの景色を堪能して、帰りに少し遊具で遊んで帰るというような
目的で行ってみると、十分に楽しい一日になると思いますよ~!



☆ 枚岡公園 ☆

アクセス方法、詳しい公園案内は公式ホームページでご確認下さい。
→ 大阪府公園協会 枚岡公園
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!