JR大阪近郊区間 大回り乗車の旅

JR大回り乗車の旅
05 /23 2011
大阪近郊区間

皆さんはJRの大都市近郊区間という制度をご存じですか?

この制度は、東京・大阪・福岡・新潟の近郊に設定されており
その指定エリア内においては「選択乗車」が可能となります。

選択乗車とは、乗車券の運賃計算に用いた経路以外の他の経路を、
区間変更の手続なく乗車することができるという制度です。

本来、乗車券は実際に乗車する経路に従って購入するのが原則ですが、
大都市圏においては、乗車駅から目的駅までの経路が複数あり、
どの経路にも多頻度の列車が運行しているため、一定のエリア内では
実際に乗車する列車や経路を自由に選択できるようになっています。

例えばJR大阪駅からJR天満駅へ行くには、
通常、環状線の外回り線でたったの1駅で行くことが出来ますが、
あえて逆方向の内回り線に乗車し福島・弁天町・天王寺・京橋を経由し
大回りして天満駅に行くことだって可能です。
ちなみに運賃はどちらも120円!

もっと大回りをしようと思えば・・・

大阪駅から東海道線で京都駅まで行き、奈良線に乗り換えて奈良駅まで行き、
和歌山線で和歌山駅まで行き、阪和線で天王寺駅まで行き、
環状線の内回りで天満駅まで行っても運賃は同じ120円なのです。

このように、大回り出来る選択乗車の制度を利用すると、
JR西日本の最低運賃・大人120円(小人60円)から関西一周が出来ちゃいます!
(※1駅区間の最低運賃は地域や距離によって多少違います)

私もJR環状線沿線に住んでいたので小中学生の頃には家族や友人たちと
この大回り旅をよく楽しんでいました。


↓ あらためて、大阪近郊区間エリアは以下のとおりです ↓


大阪近郊区間

このエリア内なら自由に経路を選択して良いのですが、
以下のルールは守る必要があるので注意して下さいね。

1、経路指定されている回数券や定期券などは不可
2、乗車券は当日限り有効
3、途中下車は不可
4、同じ駅や区間を2回通れない(一筆書き出来る経路のみ)

ポイントは、同じ駅や区間を2回通れないルールです。
いわゆる一筆書き出来るルートのみ可能ということになります。

乗車券は目的駅までの「片道乗車券」になりますので、
不正乗車にならないようにルートはくれぐれも気をつけましょう。

和歌山線など一部ローカル線では、車掌による切符拝見がありますが
「大回りしてます」といえば何も問題なく大丈夫です。
初めての時は、少しビビってしまいましたが(笑)


DSCN0718.jpg DSCN0720.jpg

以上のことを踏まえて、
皆さまのご自宅付近のJR駅から一筆書き出来る最長大回りルートを
考えてみてはいかがでしょうか?  

私はつい先日も息子を連れてまたまた大回り旅をしてきました。

1駅区間の大人120円と小人60円の切符を購入して
大阪市内から京都・滋賀・奈良・和歌山を約7時間かけて
一周してきたのですが、乗り物好きの息子も大喜びでした~!

この旅は、途中下車が出来ないので改札を出れませんが、
いろんな電車に乗り換えて、車窓から見える様々な街の風景や
自然の風景を眺めているだけでも個人的にはかなり癒されました。

なんせたったの120円から旅が出来て、雨の日でもおでかけ可能!

ぜひ一度、大阪近郊区間・大回りの旅を楽しんでみて下さいね!



虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!