尼崎スポーツの森(アマラーゴ)/尼崎の森中央緑地

屋外プール
06 /02 2015
IMG_6768.jpg IMG_6763.jpg

兵庫県尼崎市にある「尼崎の森中央緑地」へ行って来ました!

ここには、かつて工場群がありましたが、バブル以降の不景気などで撤退したため
その跡地を兵庫県が買い取って、北側部分を、「尼崎スポーツの森」として
平成18年にオープンさせ、残りの南部分はまだ未完成な所が多いですが
生物多様性を最大限に尊重した県立公園として現在も整備を進めています。


<尼崎スポーツの森>
IMG_6782.jpg IMG_6766.jpg

メイン施設となる「尼崎スポーツの森」エリアは、
この1カ所で様々なスポーツが楽しめる西日本で最も大きな複合スポーツ施設
となっており、気軽に健康増進の役に立てるスポーツアイテムが満載です!

「フィットネスクラブ」 や「プール」 はもちろん、今大人気の「フットサル」 や
気軽に楽しめる 「グラウンド・ゴルフ」、ファミリーやカップル・友達同士で 楽しめる
「ウォーターパーク・アマラーゴ」 などの各スポーツ施設の他にも、
憩いのスペースとなる施設や多目的広場などもあります。
またメインプール棟は冬季期間になると「アイススケート場」へと変わります。


IMG_6770.jpg IMG_6772.jpg

フットサルコートは、ブラジルのパルメイラスと提携して10年になる
「セレゾン・プロジェクト」直営で、ケガや足腰の負担を心配せずに、
もっとフットサルを楽しんで欲しいと誕生した最新型の人工芝を採用!
クラブハウスや、広い観覧スタンドもあって本格的な設備となっています。
→ フットサルコートの詳細はこちら


IMG_6776.jpg IMG_6781.jpg

「グラウンド・ゴルフガーデン」は、16面ある天然芝のグラウンド・ゴルフ場で、
パターゴルフのような感覚でルールも簡単なので、小さいお子さんから高齢者まで
みんなが気軽に楽しめるゴルフゲームです。
→ グランドゴルフの料金等詳細はこちら

また、「森のこども広場」は、森の中にある秘密基地のような非日常的な円形空間に
浮遊感を高めるネット遊具や、ビニールボールを敷き詰めた遊びを活性化する
アイテムを配置し、子供達が自由な発想で遊ぶことができる空間です。
こちらは小学3年生以下限定の遊び場となり、料金は1人200円(2時間)です。


<ウォーターパーク・アマラーゴ>
IMG_6767.jpg IMG_6773.jpg
IMG_6775.jpg IMG_6774.jpg

そして、夏季シーズン限定でオープンするウォーターパーク「アマラーゴ」ですが、
ネーミング由来は、「尼崎」の「アマ」にイタリア語で泉の意味の「ラ-ゴ」を合わせて
「みんなが集まる尼崎の泉」という意味だそうです。


IMG_6785.jpg IMG_6787.jpg

専用の大型チューブに乗って滑り降りるスライダー「リバーライド」と
約9m以上の高低差を描きながら滑降するスライダー「ボディスライダー」の
2本のウォータースライダー、また子供達が楽しめる遊具プール、
波の出る造波プール、造波プールと一体式の流水プールなど、
子供から大人まで楽しめるアイテムが満載です!

アマラーゴの入園料は、大人1300円・小学生700円・中高生800円
高齢者(65歳以上)800円・未就学児は無料となっています。
→ アマラーゴの詳しい営業案内はこちら


<尼崎の森 中央緑地>
IMG_6749.jpg IMG_6750.jpg
IMG_6751.jpg IMG_6761.jpg

現在、整備が進められている途中の「尼崎の森中央緑地」は、
「地域を育てる森づくり」を基本理念に掲げ、海に面した立地を生かし、
失われた自然環境を回復・育成するとともに、大阪湾臨海部と内陸部の
自然環境を結びつける結節点とし、大阪湾ベイエリアでの自然環境の
広域拠点となることを目標にしています。


IMG_6752.jpg IMG_6755.jpg
IMG_6757.jpg IMG_6758.jpg

尼崎の森中央緑地は3つの森で構成され、
それぞれの森には各ゾーンにあった施設・設備の整備が行われています。

①散策やレクリエーション等ができる開放的で明るい疎林ゾーン
  ・センターエリア ・スポーツ健康エリア →スポーツの森
②適切な維持管理により四季折々の自然が楽しめる落葉広葉樹林ゾーン
  ・県民の森 ・水辺の散策路(ジョギングコースなど)
③地域の原生的自然である照葉樹林ゾーン
  ・自然の森エリア ・海辺エリア

現在はまだまだ整備中なので、ただ芝生があるだけのような感じ・・・
スポーツの森エリア以外には子供が楽しめるような遊具とかはありません。


IMG_6790.jpg IMG_6791.jpg
IMG_6793.jpg IMG_6794.jpg

「はじまりの森」は、中央緑地で最初に森づくりが始まったところで、
平成18年に最初に苗木が植えられたところでもあります。
約30haの土地に今後植える予定の色々なタイプの森を揃えた
いわば「森の見本園」みたいな感じですね!


IMG_6796.jpg IMG_6795.jpg

「苗木を育てる工場」では、中央緑地で植える苗木を「タネ」から育てています。
タネには形や性質など大切な情報が詰まっていて、タネから育てることによって
その土地によくあった丈夫な森に育つそうです。こだわってますね~


IMG_6765.jpg IMG_6748.jpg

最後にアクセス面について、立地的には駅から遠い場所にありますが
JR立花駅や阪神甲子園駅から無料のシャトルバスが出ていますし
阪神出屋敷駅からは阪神バスが運行しています。

駐車場は合計1,000台も用意されていて料金は無料となっているので、
時間を気にせずに楽しむことが出来ます。

緑地部分はまだ整備途中ですが、特に夏季シーズンのプール遊びや、
グランドゴルフ・アイススケートなどが楽しめる「スポーツの森」はオススメです!



ここがオススメ!

 スリル満点のスライダーと6種の波があるプールで子供大喜び!

 アイススケート・グランドゴルフ・フットサルなども楽しめます!

 駐車場が無料なので時間を気にせずに遊べます


ここはイマイチ!

× 公園緑地部分には遊具類が一切なく残念ですね・・・

× 中央緑地はまだ整備途中なのでただ芝生があるだけです



☆ 尼崎スポーツの森(アマラーゴ)/尼崎の森中央緑地 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内等は以下のホームページでご確認下さい
→ 尼崎スポーツの森 公式ホームページ
→ 兵庫県/尼崎の森中央緑地 案内ページ
→ Google Mapで場所を確認する


真田山プール・アイススケート (真田山公園)

屋外プール
03 /03 2014
P1010359.jpg P1010363.jpg

大阪市天王寺区にある真田山プール・アイススケート場へ行って来ました!

ここは、真田山公園内にある大阪市立天王寺スポーツセンターとして、
フィットネススタジオやトレーニングルーム、温水プール、屋外プール、
冬期はアイススケートと様々なスポーツが楽しめる素晴らしい施設です。

また真田山公園には、テニスコートや野球場、ジョギングコースも有り!
緑豊かで様々なスポーツを気軽に楽しめる市民の憩いの場となっています。


image3.jpg

夏期(6月~9月)に営業している屋外プールは水深130cmの50mプールに、
小さなお子様も楽しめる水深30cmと70cmのプールもあります。

持込出来る物に制限がありますが、浮き輪の持込はOKなんで子供も安心!
施設内の写真撮影が禁止されているので、写真付きで詳しく紹介出来ませんが
鍵付き無料ロッカー、シャワー、綺麗なトイレ、飲食物の売店も完備されています。

売店では飲み物以外にもカップラーメンなど軽食メニューもあるので、
小腹が減っても大丈夫! 

入場料は大人400円、小人150円、幼児無料なんで安いですね。
毎週月曜は休みですが、8月だけは月曜も営業しています。

スライダーや噴水などの遊び系設備は一切なく、普通のプール!
それでも土日祝の暑い晴れの日は、さすがに大勢の人で賑わうので、
ロッカーの空き待ちで入場制限となることも多いので早めに出かけましょう。
その他、室内に25mプールがあって1年中泳ぐことも可能ですが、
こちらはスイミングスクールやレッスンとしての利用が中心となります。


DSC_1088.jpg DSC_1093.jpg

そしてこの屋外プールは、冬期になるとアイススケート場へと変貌します!
屋外の50mプールが一面氷で埋め尽くされ、大阪市内では珍しい開放的な空間で
アイススケートを楽しむことが出来ます。


DSC_1089.jpg DSC_1100.jpg
DSC_1101.jpg DSC_1107.jpg

料金は、大人(16歳以上)が1200円、小人(6~16歳以下)が600円で
スケートをしない付添い者は200円、貸靴代が300円となっています。

営業期間は12月~3月上旬で、プールと同じく毎週月曜は休業日です。
特に土日は多くの家族連れで賑わっている人気のスケート場ですね!


P1010370.jpg P1010380.jpg
P1010379.jpg P1010377.jpg

真田山公園内には少しですが遊具類も設置されています。

遊具がある遊び場は3カ所に分かれていて、それぞれ滑り台やブランコ
鉄棒などの定番遊具だけで、特に大型複合遊具のようなものはありません…
どちらかかというとこの公園は、子供が遊べる遊具のある公園というよりか
スポーツをすることがテーマになっている公園だと思います。


P1010365.jpg P1010366.jpg
P1010373.jpg P1010367.jpg

幼児くらいの子供なら十分に楽しめそうな遊具って感じでしょう。
柵付きで広めの砂場と水道もあったので、砂遊びも思いっきり楽しめます!
スポーツセンター横にはグラウンドスペースがあるので、
ここではボール遊びやバトミントンなどしている子供達を多く見かけました。


P1010374.jpg P1010375.jpg

真田山公園には、立派なテニスコートとナイターも出来る野球場がありますが、
こちらは当然有料なんで勝手に使用することは出来ません。
利用する際は、公園事務所に予約申し込みが必要です。

ここ真田山公園の周辺は、大阪城公園をはじめとした緑豊かな公園が多く、
学校施設もたくさんあって、歴史溢れる文教地区として人気のようです!



ここがオススメ!

 様々なスポーツが楽しめる緑豊かな公園! 環境も良し!

 夏は屋外プールで水遊び、冬はアイススケートが楽しめる!

 ロッカールームや綺麗なトイレなど設備面が充実しています!


ここはイマイチ!

× プールはただのプールです。滑り台や流水など遊具は一切ありません

× 公園内の遊具類は幼児向けの小型遊具ばかりで物足りないかも!?



☆ 真田山プール (真田山公園) ☆ 

アクセス・詳しい施設案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪市立天王寺スポーツセンター・真田山プール
→ Google Mapで場所を確認する



初回訪問:2011年 7月15日
記事更新:2014年 3月 3日 ※アイススケート追加

芥川緑地 ・ぷーるぴあ

屋外プール
01 /18 2013
DSCN3382.jpg DSCN3383.jpg

大阪府高槻市にある芥川緑地へ行って来ました!

ここは、芥川の中流域の名勝「摂津峡」と連続しており、
住宅地と芥川に挟まれた都市近郊に残された貴重な自然緑地です。
人・自然・歴史との出会いをテーマに、高槻の都市シンボル芥川の
中核的施設として整備され、敷地内には資料館やプールも併設されています。


DSCN3364.jpg DSCN3369.jpg
DSCN3371.jpg DSCN3375.jpg

芥川緑地部分の主な施設は、出会いの池広場、水上ステージ、ゴロッパ広場、
エントランス広場、ポケットパーク、テニスコート2面、ゲートボール場、
屋外トイレ2か所、バーベキュー用の洗い場などがあります。
残念ながら子供向けの遊具類はなく、フィットネス遊具が数点あるのみです。


DSCN3366.jpg DSCN3362.jpg
DSCN3360.jpg DSCN3368.jpg

バーベキューが出来る芝生広場は、芥川の川辺に隣接していて、
夏シーズンには川遊びや虫取りとバーベキューを一緒に楽しめます。
広場には洗い場とゴミ捨て場、バーベキュー用が出来るレンガ造りの設備が
ひとつだけありますが、コンロは道具類は持ち込みが必要でしょう。

駐車場料金は1時間100円で、1日の上限も400円とメチャ安い!
公共交通機関の場合は、高槻駅からバスで15分ほどかかります。


DSCN3377.jpg DSCN3379.jpg
DSCN3373.jpg DSCN3384.jpg

続いて、芥川緑地内にあるプール施設である芥川緑地プール(ぷーるぴあ)は、
水と緑のふれあいをコンセプトとした高槻市唯一のレジャープールです。

主な施設は、流水プール、25mプール、造波プール、幼児プール、小児プール、
ウォータースライダー2基、ジャグジー2か所があります。
高低差のある地形を生かし斜面に設置されているウォータースライダーは
大阪府下の公営施設最長の160m、高さ18.5mもありスリル満点!!

料金は、3時間制で大人1000円・小中学生500円・幼児300円
3時間を超えると別途延長料金が必要です。う~んちょっと高めですね…
営業期間は7月~9月で、詳細については以下のホームページでご確認下さい。
高槻市立芥川緑地プール(ぷーるぴあ)公式ホームページ


DSCN3359.jpg DSCN3342.jpg

また、同じく芥川緑地内にある芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)は、
高槻市の自然を紹介する資料館で、淡水魚水族館、鳥・哺乳類・昆虫類などを
紹介しています。入場は無料です。詳しくは以下のレポート記事をご覧下さい。
関西おでかけナビ 芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)


今回私達が訪れたのは1月で、芥川緑地の魅力をあまり体感出来ていませんが、
特に夏シーズンなら川遊びやプールにバーベキューと一日楽しめるスポットですね!



ここがオススメ!

 夏シーズンには川遊びとバーベキューが一緒に楽しめる!

 全長160mのスライダーがあるプールや、入場無料の資料館もあり!

 駐車料金も安い! 1時間100円で1日上限400円!


ここはイマイチ!

× 残念ながら子供向けの遊具類は一切ありません

× ぷーるぴあは3時間制で料金も高い! さらに延長は追加料金必要…



☆ 芥川緑地 (あくあぴあ芥川・ぷーるぴあ) ☆

アクセス方法・詳しい施設案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 高槻市・芥川緑地ホームページ
→ 芥川緑地プール(ぷーるぴあ)公式ホームページ
→ 高槻市・芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 芥川緑地・ぷーるぴあ


浜寺公園プール

屋外プール
08 /14 2012
DSCN1831.jpg

堺市西区にある浜寺公園プールへ行って来ました!

ここは「日本の名松100選」にも選ばれ美しい松林を誇る浜寺公園内にある
府営のプール施設で、全長100mのジャイアントスライダーや変形大プール、
クジラのスベリ台のある幼児用プールなどあり、家族みんなで楽しめます。


DSCN1824.jpg DSCN1825.jpg
DSCN1837.jpg DSCN1844.jpg

昭和38年にオープンした当時は、東洋一の規模を誇ったほどの広さが人気で、
私達も実際に行ってみてまず思ったのは「メッチャ広いなぁ~」でした。

とにかく広いので、盆休みで混んでいる状況でも泳いだり出来るスペースは
十分にあるし、シートを敷いて休憩するスペースも十分に確保出来ます。

水流に乗って一周出来るような「流れるプール」はありませんが、
ジャンボスライダーに滑り台もあるので、それなりに楽しめると思います!


DSCN1828.jpg DSCN1829.jpg

イルカの噴水がシンボルになっている変形大プールは、
園内で一番広いプールとなっており、水深も0.7m~1.2mと場所によって
変わります。浮輪など使えるので安心ですが、小さな子供は注意しましょう。

イルカの噴水は、水圧が変わったりして動くので面白いですね~


DSCN1830.jpg DSCN1846.jpg

浜寺公園プール名物の全長100mジャンボスライダーは2コースあり、
1回100円と有料制となります。(500円で6回分の回数券もあり)

うちの子供も滑ってみて、かなりスリルがあってメチャ楽しい!って
言っていましたが、1回やるのに30分以上並ぶような長蛇の列だったので
なんとか2回だけ滑ってみました。とにかくこれは大人気でした!


DSCN1847.jpg DSCN1859.jpg
DSCN1848.jpg DSCN1860.jpg

変形小プールには、クジラとイルカをモチーフにした滑り台が2つと、
ちょっとした噴水もありました。

ここは水深が浅く、主に幼児用のプールとなっています。


DSCN1845.jpg DSCN1839.jpg
DSCN1838.jpg DSCN1841.jpg

その他、25mプールが3面と、50mプールが1面あります。

こちらは普通のプールなので遊具系は何もありませんが、
その分少し空いているので、泳ぎたい!って人はここがオススメですね。

50mプールの方は、水深があって危険なので幼児や小学生は入れません。


DSCN1842.jpg DSCN1836.jpg

最後に設備と料金面ですが、
更衣室には有料コインロッカー(100円)がかなりの数あるので安心です。

売店では軽食も販売し飲料やアイスの自販機もあるので飲食には困りません。
浮輪などの水遊びグッズも販売していました。

プール利用料金は、大人900円・中学生500円・小学生300円で、
3歳以下は無料。 営業時間は午前9時30分~午後6時まで。

駐車料金は、最初の1時間が400円で、以降1時間ごとに100円。
最寄りの第一駐車場はかなりの台数がとめれるので、たぶん満車の可能性は
少ないと思いますが、他にも浜寺公園内には駐車場があるので安心です。


また、浜寺公園には大型遊具やミニSLなど子供が遊べる設備が満載なので
時間があったら是非寄ってみましょう!

浜寺公園のレポートはこちらから → 関西おでかけナビ 浜寺公園



ここがオススメ!

 とにかく広い! ジャンボスライダーや噴水など楽しめる設備あり!

 プールの種類が多く、幼児用プールもあるので小さな子供でも安心!

 売店や自販機など飲食設備も充実。駐車可能台数も多い!


ここはイマイチ!

× ジャンボスライダーは、順番待ちで長蛇の列! 覚悟しましょう…

 さすがに設計が古く、流れるプールなど目新しい設備はありません



☆ 浜寺公園プール ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 浜寺公園プール 公式ホームページ
→ 大阪府公園協会 浜寺公園ホームページ 
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 浜寺公園



鶴見緑地プール

屋外プール
08 /05 2011
P1010658.jpg

大阪市鶴見区にある鶴見緑地プールに行って来ました!

ここは鶴見緑地公園にある大阪市営のプールなのですが、
民間でやっている遊び系のアトラクションプール施設のように
ウォータースライダー・流水プール・造波プール・ジャグジー・打たせ湯など
他の市営プールにない様々な設備が揃っているので家族連れに超オススメです。

しかも公営プールは夕方5時で閉園となるところが多いですが、
ここはなんと21時までやっています! 夕方から行っても十分遊べますね。


P1010686.jpg

メインとなるのは、屋内プールエリアとなります。

この屋内プールは1年中通年営業しているので冬でも泳ぐことが可能!
屋外プールエリアは夏季(6月~9月頃)のみ開放されています。


P1010685.jpg P1010687.jpg
P1010672.jpg P1010673.jpg

屋内プールエリアには、造波プール、流水プール、ジャグジープール
子供プール、スリーピングプール、ウォータースライダー、打たせ湯、
着水プール、カフェテリアコーナーとして売店や自販機がありました。


P1010694.jpg P1010684.jpg
P1010696.jpg P1010690.jpg

完全屋内なんで雨でも関係ありませんし、日焼けを気にすることもありません。
しかも空調完備で快適な室温が保たれています。

ジャグジーは温水なんで、冷え切った体を温めることが出来ます。
ほんまに温かいお湯で完全にお風呂に浸かっている気分ですね。

ウォータースライダーは全長77.18mあって浮輪に乗って滑り落ちます。
もちろん大人気で順番待ちの長~い列が出来ているので覚悟が要りそうです。
身長120cm以上という制限があるので、うちの子は少し足りずアウトでした…


P1010679.jpg

屋外プールエリアは、屋内エリアから続いている流水プールがメインです。

流水プールは水深1m程度で、所々に水が落ちてくる滝があったり
細かい水が噴射していたりして、楽しみながら一周することが出来ます。


P1010677.jpg P1010700.jpg

その他、乳幼児向けに水深がメッチャ浅いジャブジャブ池というのがあるので、
ここなら小さいお子さんでも安心して水遊びすることが可能ですね。

また、屋外エリアは広々としているので、寝ころんで日焼けするのも良し、
パラソル付きのテーブルやイスが設置されているので休憩場所として最適です。


P1010662.jpg P1010680.jpg
P1010703.jpg P1010663.jpg

気になる設備面ですが、これがなかなか素晴らしいです!

エントランスにある売店では浮輪やゴーグルなどグッズを様々販売していますし、
プール内の売店では飲料や軽食など販売しているので、手ぶらで行っても大丈夫。

更衣室も綺麗で、シャワー室、カーテン付きの更衣スペースや、無料ロッカー、
そして洗面化粧台には無料で使えるドライヤーが完備! これはポイント高い!

また、ロッカーキーひとつあれば自販機や売店で買い物が出来るので、
現金を持ち歩くことが無くて安心! 帰りに清算する仕組みとなっています。

ほんまに市営プール!? まるでスーパー銭湯に来ているような設備です。


P1010656.jpg P1010657.jpg

最後にアクセスと料金面についてですが、
地下鉄鶴見緑地駅の前! ほんと駅の目の前にプールがあってメッチャ便利!

車の場合は中央第1駐車場が一番近くて、900台駐車可能みたいですが、
休日は満車の可能性がありそうです。その場合は少し離れた駐車場になるかも。


<プール営業時間>
 4月~9月 9:00~21:00 (入館は20:00まで)
10月~3月 9:00~19:00 (入館は18:00まで)

<プール利用料金>
 大人(16歳以上65歳未満)       1,200円
 小人・高齢者(16歳未満,65歳以上)  600円

<駐車場料金>
 平日  30分100円(1日上限700円)
 土日祝 20分100円(1日上限1000円)


プールの利用料金は、公営プールにしてはちょっと高いと思いますが、
子供が楽しめるアトラクションが充実していて設備面が良いので
大人1200円・子供600円の値段設定はまぁしょうがないでしょう。

地元の人はもちろん、遠方からも多くの人が訪れる人気のプールなので
夏休みシーズンは混み合いますが、夕方17時くらいになると空いてきます。
なんせ21時までやっているので、時間をずらして行くのもありですね!



ここがオススメ!

 市営プールとは思えない設備の充実ぶり! しかも21時まで営業!

 屋内プールがメインなので天候や気温・日焼けを気にせず楽しめる!

 地下鉄・鶴見緑地駅の目の前! 大駐車場完備!アクセス便利です!


ここはイマイチ!

× 夏休みは平日でも混み合います。休日は泳ぐというより浸かるだけ?

× 市営プールにしては料金が高いです。家族総出なら結構な出費です

 他の市営プールのように平面の大型プールもあればもっといいのにな



☆ 鶴見緑地プール ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 鶴見緑地プール 施設ガイド
→ Google Mapで場所を確認する

その他、鶴見緑地と公園内の屋内施設についてのレポートはこちらから
→ 関西おでかけナビ 花博記念公園鶴見緑地
→ 関西おでかけナビ 咲くやこの花館・生き生き地球館


住之江公園 (住之江公園プール)

屋外プール
08 /01 2011
P1010643.jpg

大阪市住之江区にある住之江公園に行って来ました!

ここは、花と緑に満ちた都会のなかのオアシスとして親しまれ
「花と緑とふれあう」「広々とした施設で遊ぶ」「スポーツを楽しむ」を
コンセプトにしている府営の公園です。


P1010620.jpg P1010641.jpg
P1010630.jpg P1010648.jpg

四季折々に彩りを変える花や木々、水鳥が泳ぐ大池、
野球場やテニスコート、プールなどの充実したスポーツ施設、
子供たちがのびのび遊べる児童遊戯場などがあって、
まさに近隣住民に親しまれている憩いの場って感じの公園ですね。

センター110m・両翼90mでナイター照明もある本格的な野球場は、
毎年夏に高校野球の大阪大会会場としても利用されています。


P1010649.jpg P1010646.jpg

新なにわ筋沿いにある駐車場の目の前には
花と緑のスクエアという花壇エリアがありました。

ベンチででくつろぎながら、四季折々の草花が織りなす
花模様をじっくりと観賞することが出来ます。

夏場に行ったので写真のようにそんなに多く花は咲いてませんでしたが
季節が変わればまた違った雰囲気になっていることでしょう。


P1010624.jpg P1010625.jpg
P1010627.jpg P1010628.jpg

遊具広場には点々と遊具が設置されていました。
敷地の広さからするともっと大型な複合遊具が欲しいところですが
小さな遊具がポツポツとあるだけなので少し寂しさを感じます。

その代わり砂場はメッチャ広い!
というより広場の中央は全て砂場になっていてその中に遊具があります。

また、ボール遊びやバトミントンなどが出来るスペースも広いので
思いっきり走り廻って遊べそうですね。


P1010633.jpg P1010634.jpg

広場の隅の方に幼児向けのブランコや滑り台などの遊具が少しあります。
この辺は砂場ではなく芝生になっていました。

まぁ遊具だけでいうと、わざわざ遠方から遊びに行く程でも無いかも…


P1010652.jpg P1010650.jpg
P1010638.jpg P1010639.jpg

夏季限定でオープンする屋外プールはなんといってもまず安い!
大人600円・中学生400円・小人200円(3歳以下無料)

スライダーなどの遊び系設備は何もないただのプールですが、
50mプールと幼児用のプールと2面あるので小さい子供でも安心です。
浮輪などの持込も可能です。

7月1日~8月31日の午前9時30分から午後6時まで営業しており
入場は午後5時まで、遊泳は午後5時30分までOK!

プールの目の前には駐車場もあるので便利ですが、
台数がそんな多くないので休日は満車の可能性が大です。

しかも公園のすぐ近くにコインパーキングが見当たらなかったので、
遠方に止めて少し歩く必要があるのかも?



ここがオススメ!

 夏季は格安の屋外プールで水遊びが出来る!

 花と緑に満ちた都会のオアシス! スポーツ施設が充実


ここはイマイチ!

× 児童遊戯場の遊具類が寂しい。遠方から行く程ではありません

× 駐車台数が少ない。近隣にコインパーキングも見当たらず



☆ 住之江公園 (住之江公園プール) ☆

アクセス・詳しいプール営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 住之江公園 公式ホームページ
→ 大阪府営プール紹介ページ
→ Google Mapで場所を確認する


西猪名公園ウォーターランド

屋外プール
08 /18 2010
P8180717.jpg P8180674.jpg

兵庫県伊丹市にある西猪名公園ウォーターランドへ行って来ました!

この公園は川西市と伊丹市をまたぐ位置にありますが、
JRの北伊丹駅前にあるので車だけでなく電車でおでかけするのも便利です。

公園内は主にスポーツ施設がメインとなっており、
テニスコート、球技場、芝生広場、今回ご紹介するウォーターランドがありますが、
子供向けの遊具類はどこにも見当たりませんでした。

子供連れでは夏のウォーターランドのみがお目当てになるでしょう!


P8180712.jpg P8180715.jpg

ウォーターランドは、総面積約10,000m2もあってとても広々としており
園内では、一時に約2,000人もの人々が遊び、楽しむことができるそうです。

しかもウォーターランドの入場料は4歳以上で一律300円と安い!
※ 夏休み期間以外(6/15~7/19、9/1~9/20)は200円

園内には、ヤシの木など南国を漂わす木々が生えていて雰囲気が良いです。
ちょうど伊丹空港から離陸した飛行機が上空を通過するので
機体の大きさも音も凄い迫力がありました。


P8180683.jpg P8180678.jpg
P8180682.jpg P8180681.jpg

水と滑り台、それに噴水やトンネルを組み合わせた「水の城」です。
城自体は石で出来ているので、走ってこけたりすると危ないですが、
滑り台のところには監視員のおじさんがいるのでその辺は安心かな!?

園内全てのプールは、水深がとても浅く大人の膝下くらいしかないので、
小さなお子さんでも安心して水遊びをさせることが出来ます。


P8180694.jpg P8180692.jpg

スライダーゾーンにあるのは、ウォーターシュートという水の滑り台です。
長さはあまりないので滑ったら一瞬ですが、高低差があるのでスリルはあり!

小学生以上しか滑れないのですが、身長があれば幼稚園児でもいけるかな??


P8180684.jpg P8180686.jpg

流れゾーンは、テラスと小川を組み合わせた静かな休養の場です。
ここの水深は特にめちゃ浅いので、乳幼児にとっても楽しい水遊び場となります。


P8180703.jpg

小学生以上の子供が一番楽しんでいたのが滝と岩のゾーンです。
岩登りや激しい水の流れを取り入れた遊び場となります。

裸足で岩登りをするのですが、ちょっと危険なので特に注意が必要です。

一方通行になっているので岩を下りることは出来ませんし、
ちゃんと監視員が常駐していて、危ない子には注意をしていました。


P8180698.jpg P8180699.jpg

岩を登ると水の流れる滝があり、下は少し深めのプールになっているので、
ここでは泳いだりすることが出来ます。滝に打たれるのはとても気持ちよさそう!


P8180707.jpg P8180710.jpg

子供心をくすぐるいろいろな水仕掛け道具があります。

いろいろな形の噴き出し口から、水が飛び出すハプニング的な楽しい噴水など
どれも人気で取り合いしている子供たちの姿があちこちで見られましたww


P8180690.jpg P8180691.jpg

最後に設備面ですが、最低限整っているといった感じでしょうか!?

休憩スペースや日光を遮る屋根付きのベンチがたくさんあったのは助かります。
(但し人気なのですぐ埋まってしまいますが・・・)

売店では飲み物にアイスやかき氷、お弁当やおやつなど種類豊富に販売してます。
値段も観光地価格ではなく安かったです。お弁当なんか400円で売ってました!

不満といえば、更衣室が小さく狭いので実質使い物になりませんし、
ロッカーが見渡す限りどこにも無かったので、貴重品などの保管にも困りました。

まぁ、水深が浅すぎるので大人自体が遊ぶところでないですし、
子供を近くで遊ばせておいて、親は荷物のそばで子供を見守れということかな!?



ここがオススメ!

 水深が浅いので幼児でも安心して遊ばせることが可能です!

 4つのゾーンと水仕掛け遊具があって子供は飽きずに楽しめます!

 屋根付きの休憩ベンチがたくさんあるので助かります!


ここはイマイチ!

 完全に子供用の水遊び施設です。大人は付き添いで割り切りを!

× 更衣室が小さく狭すぎて使い物になりません!

× ロッカーがないので貴重品など荷物の保管に困りました…



駐車場は一日止めても1回500円とお手頃価格です。
160台ほどしか駐車できないのでおそらく土日は混み合うと思います。

また、JRの北伊丹駅の目の前にこの西猪名公園がありますので、
車を持っていないご家族でも電車で気軽に行くことができるプールです。

シーズン中であっても火曜日はしっかり定休日なので注意しましょうね!



☆ 西猪名公園ウォーターランド ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 西猪名公園ウォーターランド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


服部緑地ウォーターランド

屋外プール
07 /30 2010
P7240596.jpg

大阪府豊中市にある服部緑地ウォーターランドへ行って来ました!

ここは服部緑地公園内の木々の緑に囲まれた自然の中にあるプール施設で
幼児用のプール・流水プール・なぎさプール・スライダープールの4種類があり
幼児から大人まで家族みんなで楽しむことが出来ます。

公営のプールですが、トイレや休憩場所などの設備面もしっかりしており
自動販売機や売店などの飲食施設も充実しているので安心して一日中遊べます。

個人的にも超オススメのプールです!


P7240599.jpg P7240610.jpg
P7240600.jpg P7240612.jpg

まずは幼児用のプールですが、浅い水深なので安心して遊ばせることが出来ます。

子供に一番人気があったのが、亀の形をした流水滑り台です。
ちゃんと滑り下りる頂上には係員が常駐していて、滑るタイミングを調整したり
ケガをしないようにしっかりと監視しているのでその辺も安心ですね。

みんな笑顔で楽しそうに何度も滑っていましたよ~
うちの子もおそらく20回くらいは滑っていたでしょうか・・・


P7240614.jpg

そして、一番人気があったのがスライダープール!

クネクネと曲がった3つのコースがあり、
スラロームコース・ロデオコース・ロケットコースと名付けられています。

私は実際に滑ってないので感想はありませんが、
滑ってる人たちはみんな悲鳴やウォ~!っと声をあげていたので
かなりスリルがあると思いますよ!

ちょっと危険なので小学生以上しか滑ることが出来ないのですが、
順番待ちの列がずっと絶えないほどの人気ぶりでした。

まぁ逆に、スリルのある遊び場がこれしか無いということですけど・・・


P7240604.jpg P7240611.jpg

なぎさプール(写真左)では、緩やかな波があって水深が徐々に深くなります。
一番深いところで水深1. 2mくらいにはなるでしょうか? 

奥には、建物の上から水が大量に流れ落ちてきて滝のようでメッチャ面白いです。
実際に落ちてくる水に打たれてみましたが、かなりの水圧でした!!
幼児でも浮き輪があれば安心して遊ばせることが出来ます。

幼児プールと、なぎさプールまでの間には、小川のせせらぎみたいなのがありました。


P7240615.jpg P7240616.jpg

流水プールは、1周250mもの長さがあって、流れの早さもちょうど良く
浮き輪でプカプカと浮きながら流れに身を任せて周回することが出来ます。

途中には小さな滝があったり、橋のトンネルをくぐったり、楽しめますよ!

人が多い休日などは、ゆったりプカプカ浮いてられないかも知れませんが(笑)


P7240619.jpg P7240618.jpg

最後に設備面ですが、飲食に関しても全く心配いりません!
飲料の自動販売機もありますし、売店では軽食やスナックフードがあるので
プールでたくさん遊んで小腹が減っても大丈夫です。(値段はそれ相応です)

休憩出来るベンチなどもありますが、あちこちに木陰や休憩スペースがあるので
レジャーシートの持参は必須ですね。お忘れなく!

その他、更衣室やコインロッカー、トイレの設備もちゃんとしているので
設備に関しての不満はありませんでした。



ここがオススメ!

 4種類のプールがあり大人から子供まで家族みんなで楽しめます!

 監視係員がたくさん居るので、安心して遊ばせることが出来ます!

 飲食や休憩などの設備面もしっかりと充実しています!


ここはイマイチ!

× やはり人気スポットなので土日祝はかなり混み合うでしょう…

× 幼児や小学生がメインなので、スリル系は期待しないでね~

× 公営プールにしては入場料が高い? 大人1000円 子供500円



駐車場ですが、ウォーターランド正面玄関の前にある第2駐車場が便利です。
最初の1時間が400円で、以後1時間ごとに100円となります。

プール専用ではないので、土日祝はおそらく満車間違い無しでしょう。
そうなると、遠くの駐車場に止めてかなり歩くことになりますので
休日は午前中の早めに行くことをオススメします。


また、プール以外にも服部緑地公園には子供の遊具が充実していますので、
一日中飽きることなく楽しく遊べる良い公園だと思います!



☆ 服部緑地ウォーターランド ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府公園協会 服部緑地ホームページ
→ 府営公園プール紹介ページ
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!