たこせんべいの里

工場見学
04 /11 2015
IMG_6246.jpg

兵庫県淡路市にある「たこせんべいの里」へ行って来ました!

ここは、明石海峡の名産でもあるタコをはじめ、エビ・イカを原材料にした
オリジナルせんべいを製造販売している工場兼店舗施設で、
淡路島観光の定番スポットにもなっており、いつも多くの人で賑わっています。


IMG_6239_20150411170947161.jpg IMG_6240.jpg
IMG_6244.jpg IMG_6241.jpg

販売スペースには、常時約40種類ものせんべいがラインアップしています。
たこせんべいをはじめ、えび・いか・たまねぎを使ったせんべいなどが販売されており
嬉しいことにほとんどの商品が自由に試食可能! 
味をちゃんと確認してから、お気に入りの商品を購入することが出来ます。


IMG_6236.jpg

せんべいの製造風景を一部公開している工場見学コーナーでは、
原料をミンチにし、練り上げた「練り」をロータリー焼成機でしっかり焼き上げる
製造工程から、味付け・乾燥・選別を終えて包装し完成する工程まで、
機械作業だけでなく人の目と電子の目が厳しく品質管理して完璧な1枚をお届けする
工程を窓越しに見学することが出来ます。


IMG_6235.jpg IMG_6233.jpg
IMG_6234.jpg IMG_6237.jpg

工場見学の予約は不要なので、いつでも自由に見学が出来ますが
製造ラインが停止している時もあるので、見れるかどうかは運次第ですね・・・
私が行った時は残念ながら完全に製造ラインが停止していましたww


IMG_6238.jpg IMG_6232.jpg

工場見学や買い物を楽しんだ後は、休憩コーナーで小休止。
頭上には、フクシアやポトス、オアシスなどの観葉植物が飾られています。
そしてなんと!! コーヒーやお茶の無料サービスが用意されているので
テーブルでゆっくりとくつろぐことが出来ます。

淡路島観光の途中で休憩がてら是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?
淡路島のおみやげにも最適やと思いますよ~
営業時間は、年中無休で9:00~17:00 (大晦日は15時まで)となっています。



ここがオススメ!

 たこせんべいがおいしい! 試食が出来るので納得の商品を購入可能!

 工場見学やコーヒー・お茶のサービスが無料です!



☆ たこせんべいの里 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ たこせんべいの里 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


キリンビアパーク神戸

工場見学
12 /09 2012
DSCN3229.jpg DSCN3228.jpg

神戸市北区にあるキリンビアパーク神戸へ行って来ました!

ここはキリンビールのいわゆる工場見学スポットになっていて、
豊かな緑に囲まれたキリンビアパーク神戸では、ビールの原料をはじめ、
仕込工程、パッケージング工程など、ビール・発泡酒の製造方法や歴史を、
ツアーガイドの案内で工場内を巡って学んでいきます。

また、キリンビアパーク神戸では環境への取り組みにも力を入れ、
野性の動植物たちの一時的な避難場所となる「ビオトープ」を作っています。
カワバタモロコなど絶滅危惧種の保護・育成に取り組み、環境学習会や
ビオトープ観察会なども随時開催しています。


DSCN3170.jpg DSCN3224.jpg
DSCN3172.jpg DSCN3174.jpg

受付を済ませて2階へ上がると、大きな仕込釜が目立つ待合ロビーがあり、
天井に巨大な一番搾りロゴがある展示コーナーでは、キリンビールの歴史や
ご当地ビールの紹介、トリックアートなど見どころがたくさんありました。


DSCN3176.jpg DSCN3183.jpg
DSCN3179.jpg DSCN3182.jpg

それでは、工場見学ブルワリーツアーについてご紹介します。
見学所要時間は約60分(製造工程の案内40分・試飲20分)で、
1日6回ツアーが行われています。全て事前予約制になっているので
インターネットか電話で予約しておきましょう。
インターネット予約はこちらから

最初に、環境にも配慮した最新設備を誇る神戸工場について説明があり、
こだわりのビールが出来るまでの製造工程を順番に学んでいきます。
原料となっている麦やホップは実際に手に取って触ることも出来ますよ。


DSCN3187.jpg DSCN3185.jpg
DSCN3188.jpg DSCN3198.jpg

仕込み・発酵・貯蔵の工程は、マルチ画面のビアシアターにて
映像での説明を受けます。貯蔵タンクの大きさを体験出来る模型や
ラベルの歴史などの展示コーナーもありました。


DSCN3189.jpg DSCN3197.jpg
DSCN3195.jpg DSCN3206.jpg

私達が訪れたのは土曜日で、製造ラインは完全に止まっていました…
実際の製造シーンを見ることは出来ませんでしたが、なかなかの規模ですね~
他の工場見学では、製造ラインのカメラ撮影は機密等の関係でNGの所が
ほとんどですが、ここではカメラ撮影の規制なく大丈夫でした~!


DSCN3204.jpg DSCN3208.jpg
DSCN3207.jpg DSCN3209.jpg

缶・ビン・樽詰め・出荷の工程をスクリーン映像で見たあとに、
昔より軽くなったビール瓶や缶の省資源化などキリンビールの取り組みや
新製品などの説明を受けて、一通りの見学ツアーは終了です。


DSCN3212.jpg DSCN3217.jpg
DSCN3218.jpg DSCN3216.jpg

そして最後には、みなさんお待ちかねの出来たてビールの試飲!!
試飲時間は20分で、ラガービール、一番搾りの樽詰め生をはじめ
ノンアルコールのキリンフリー、キリンレモンなどのソフトドリンク類が
1人3杯まで楽しめます。しかも1人に1つおつまみ付き!

一番搾り・・・ほんまめちゃ旨い!! これが私の素直な感想(笑)


DSCN3219.jpg DSCN3220.jpg

試飲だけじゃ物足りない方や、お腹が減っている方も大丈夫!

隣接する「丘の上のビアレストラン」では、
樽生ビールにぴったりな地元食材を利用した味わいグルメが楽しめます。
キッズメニューやバイキング付きのランチメニューもありました。
工場見学の後は、ここでゆっくりとくつろぐことが出来ますよ。


DSCN3169.jpg DSCN3222.jpg

おみやげコーナーでは、キリンラガービールのオリジナルグッズをはじめ
工場限定のおみやげ物が数多く揃っています。見てるだけでも楽しいです。


DSCN3230.jpg DSCN3226.jpg

アクセス方法について、自家用車の場合は神戸三田ICから約4分となります。
電車で行く場合は、最寄駅の三田駅から無料送迎バスが出ているので便利です。
1時間~1時間半に1本の運行なので、乗り遅れには注意しましょう。

日本初の缶型バスである「ラガーバス」は、なんかテンションあがりますね!
これからビール工場でおいしいビール飲むでぇ~って気分になります(笑)



ここがオススメ!

 キリンビールの製造工程や歴史を学び、ビールも試飲出来る!

 ビアレストランがあって工場見学の後はゆっくりくつろげる!

 三田駅と工場を無料のラガーバスが往復送迎していて便利!


ここはイマイチ!

× 土日祝は製造ラインが止まっており、映像での工程案内です



☆ キリンビアパーク神戸 ☆

アクセス・詳しい見学案内は、以下のホームページでご確認下さい。
→ キリンビアパーク神戸 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


アサヒビール 吹田工場

工場見学
09 /17 2012
DSCN2137.jpg DSCN2164.jpg

大阪府吹田市にあるアサヒビール吹田工場へ行って来ました!

ここ吹田工場は、アサヒビール発祥の地で、明治22年に有限責任大阪麦酒会社を
設立しその2年後の明治24年に操業を開始して以来100年以上の歴史があります。
工場内には、大正時代のレンガづくりの建物がそのまま残っていたり、
竣工当時の建物の壁面は、歴史ある吹田工場の貴重なモニュメントとなっています。


DSCN2163.jpg DSCN2148.jpg
DSCN2142.jpg DSCN2140.jpg

工場見学は無料ですが、電話かホームページからの事前予約制となっています。
やはり人気の土日祝はだいぶ先まで埋まっていますね。予約はお早めに!

見学所要時間は約90分で、案内係がビールの製造工程やミニ知識を楽しく紹介、
ビールの原料仕込み、発酵・熟成、缶詰め製造ライン、廃棄物再資源化の展示、
約3,500種・6000本の世界各国のビール缶の展示室などを順次見学していきます。


DSCN2141.jpg DSCN2150.jpg
DSCN2147.jpg DSCN2151.jpg

まずは工場見学の前に、大型スクリーンでアサヒビールの取り組みについての
ビデオを見て、スタートホールでは操業開始当時の写真などを展示している
120年前のビールづくりを彷彿することができます。

その後、工場内の製造工程を順番に見学して行くのですが、
写真撮影が禁止だったので、詳しい内容は公式ホームページでご確認下さい。
→ 工場見学内容・見学ポイント

①原料展示→②仕込→③発酵・熟成→④ろ過室→⑤びん詰め・缶詰め
→⑥品質管理室→⑦再資源化展示→⑧ワールドビアコレクション展示
→⑨お待ちかねの試飲! といった見学コースになっています。

基本的に土日祝は製造ラインは停止していて、実際の製造シーンは映像で見る
ことになるそうです。私達が行った土曜日は、運よく製造ラインが動いていて
クリアアサヒの製造ラインを見学することが出来ました。


DSCN2159.jpg DSCN2157.jpg
DSCN2152.jpg DSCN2155.jpg

そして、工場見学に行く目的は、はっきり言って皆さんこれでしょう(笑)
工場で出来たてのスーパードライを試飲~~!!

広々とした試飲会場で、ゆっくりと出来たて生ビールを堪能!
スーパードライと、新発売のドライブラックの2種類が試飲可能です。
試飲は一人3杯までで、時間は20分となっています。

ほんま、素人でも「旨い!」が実感出来ますね。しかもおつまみ付き!

子供やドライバー向けに、三ツ矢サイダーやバヤリース、スポーツドリンク
コーヒーのワンダや、ノンアルコールビールのドライゼロも用意してあるので
子連れの家族で見学に参加している方々もたくさんおられました。

うちの子も大喜びで、ちゃっかり3回ジュースをおかわりしていました…
子供にとってもジュースがたくさん飲めるというだけでテンション高い!


DSCN2138.jpg DSCN2160.jpg

帰りにはギフトショップがあって、ここでしか買えないノベルティグッズなど、
アサヒビールの工場ならではの商品が多数あって見ていて楽しいです。

あらためて、普段何気に飲んでるビールがどのようにして作られているのか、
アサヒビールという会社の企業姿勢・社会への取り組みも知ることが出来て
最後にはおいしい生ビールもいただけて、ビール好きの私にとっては
めちゃ楽しい工場見学となりました。


吹田工場へのアクセスは、JRと阪急の吹田駅から徒歩10分くらいなんで、
とても便利です。車の場合、駐車場は敷地内にありますが電話予約が必要です。

もちろん、試飲される方は車やバイク・自転車の飲酒運転は厳禁ですよ~!



ここがオススメ!

 工場出来たての生ビールが試飲出来る! めちゃ旨い!

 吹田駅から徒歩10分以内なんで、アクセス面も良いです!


ここはイマイチ!

× 基本的に土日祝は止まっている製造ラインを見学することに…



☆ アサヒビール 吹田工場 ☆

アクセス・詳しい見学案内は、以下のホームページでご確認ください
→ アサヒビール 吹田工場 ホームページ
→ 吹田工場見学 インターネット予約ページ
→ Google Mapで場所を確認する


コカ・コーラ ウエスト 京都工場 (エコラ館)

工場見学
06 /06 2012
DSCN0580.jpg

京都府久世郡久御山町にあるコカ・コーラ京都工場 エコラ館へ行って来ました!

ここでは、世界中で愛されているコカコーラの歴史や製造方法など、
たっぷり学ぶことが出来る約90分のファクトリーツアーが毎日開催されています。

関西地区にある工場見学が出来る企業施設の中でも、特に人気が高いので、
土日祝の予約は数カ月先まで埋まっている状態。私達も2ヵ月半待ちました…


DSCN0618.jpg DSCN0619.jpg

見学時間は、3月~10月までが平日10:00、12:30、14:30の3回
土日祝及び春夏休み期間が10:00、12:30、14:30、16:30の4回
11月~2月までは全日10:00、12:30、14:30の3回となっており、
1回の定員は50名です。

完全入替制なので早く行っても中に入ることは出来ず、
エントランス外で待つことになるので、開始時間ギリギリに行って大丈夫!


DSCN0585.jpg DSCN0614.jpg
DSCN0615.jpg DSCN0616.jpg

エコラ館入口のウエルカムゾーンでは、かっこいいウォータースクリーンや
昔懐かしいコーラ瓶の自動販売機、コカコーラグッズの販売コーナーがあります。

テンションあがってる息子にコーラ瓶をいきなり買わされてしまいました(笑)


DSCN0588.jpg DSCN0590.jpg

2階に上がってみると嬉しいことに飲み放題のドリンクバーがありました!

ツアーが始まるまで約15分ほど時間があるので、ここで様々なコカコーラ製品を
自由に飲んで待ちます。みんな2杯以上は確実に飲んでましたね~

機械自体は、ファミレスとかによく置いてあるドリンクバーのあの機械です。


DSCN0592.jpg DSCN0600.jpg
DSCN0599.jpg DSCN0594.jpg

工場見学は、マジカルエコラのファクトリーツアーというネーミングで、
まずは、エコラちゃんという可愛い関西弁をしゃべるマスコットキャラクターが
コカコーラの誕生秘話から皆に愛されている秘密などを、3Dの立体映像で
詳しく説明してくれます。3Dメガネをかけるので子供も喜んでました。

映像を見た後は、宇宙船をイメージしたタイムトンネルをくぐりながら、
ツアーガイドのお姉さんがコカコーラ製品の歴史を詳しく案内してくれます。

昔懐かしい製品がいっぱいあったので、めちゃ楽しかったです!


DSCN0625.jpg

そして、工場見学と言えば製造ラインの見学ですが、
セキュリティの関係で製造ラインエリアでは写真撮影が禁止だったので
代わりにパンフレットの絵を掲載しときますね。

ここ京都工場は、主にジョージアコーヒーと紅茶花伝などを製造していて、
コーラやファンタのような炭酸系は別の工場で製造しているみたいです。

ちょうど私達が見た時には、エメラルドマウンテンの缶詰めの工程だけが
見れたのかな? 機械だらけでほとんど製品が見えず何がなんだかよく分からん!

工場見学!と聞いてイメージするようなガッツリ製造ラインを見て廻るという
感じでは全然なく、製造ラインを見れるのは一部だったので拍子抜けしました。


DSCN0611.jpg DSCN0609.jpg
DSCN0605.jpg DSCN0610.jpg

最後に「チャレンジゾーン」というコーナーで終了時間まで自由に見て廻ります。

ポップなアメリカの街並みが再現されていて、社会貢献、環境、地域風土など
展示物やパネルを通して紹介していたり、世界のコカコーラも展示されています。

子供が喜びそうなQooの家や、自販機の中を自由に触ったり出来るコーナーも!

ここで来場者アンケートに答えて記念グッズを受け取りツアー終了となりますが、
退場時間までは先ほどのドリンクバーコーナーで休憩することも可能です。


DSCN0623.jpg

今回もらった記念品は、子供がQooの文房具セット(中身はシャーペンと消しゴム)
大人がハンドタオル、コカコーラのことが全部分かるナビブックと会社案内でした。

まぁ~ タダでもらえるのでそれは有難いですね!


感想としては、工場見学というよりもコカコーラの博物館に行ったような感じかな。
コカコーラの歴史はよく分かりましたし、記念品まで頂いて気持ちよく帰りました~

予約方法は、完全電話予約制になっていますので、公式HPの予約状況を確認して
空いている日時を早い目に押えておきましょう。



ここがオススメ!

 人気の工場見学! コカコーラの歴史や売れている秘密が良く分かる!

 ドリンクバーでコカコーラ製品飲み放題! 記念グッズまで頂けます!


ここはイマイチ!

× 製造ラインの見学は一部だけで、ハッキリ言って期待外れでした

× 土日祝の予約は数カ月先まで埋まってます。早めに予約しときましょう



☆ コカ・コーラ ウエスト 京都工場 (エコラ館) ☆

アクセス、詳しい見学案内は以下のホームページでご確認ください
→ コカコーラウエスト 京都工場 工場見学ホームページ
→ マジカルエコラのファクトリーツアー 予約状況
→ Google Mapで場所を確認する


グリコピア神戸

工場見学
07 /10 2010
P6130570.jpg

神戸市西区にあるグリコピア神戸へ行って来ました!

ここは、いわゆる江崎グリコの工場見学が出来る施設で、
子供たちが、お菓子や食文化について楽しく学べることが出来ます。

関西にある工場見学施設の中でも、家族連れには人気があって
予約電話を入れた時にはすでに10日後まで埋まってましたね…

お菓子の工場に行くと聞いただけでうちの子はテンションあがってました(笑)


P6130549.jpg P6130550.jpg
P6130547.jpg P6130551.jpg

まず最初に係員からグリコの歩みや歴代広告タレントなどの変遷などの説明があり、
展示物を見て回わります。私的にはグリコのおまけの歴史が興味がありました。

コインを入れると白黒映画が流れてキャラメルが出てくる
昭和6年製の発声映写装置つき自動販売機の実演もあります。


P6130577.jpg

この後、グリコの代表的なお菓子である「ポッキー」と「プリッツ」の生産ラインを
見学が出来るのですが、撮影が禁止されており写真がありません・・・

なので、パンフレットに載っていたイメージ写真をアップしておきます。

原料の混合から、仕上げ・包装まで100mにわたる生産ラインを一通り見学します。
いつも食べているお菓子を作っているのを見て、うちの子も目を輝かせていました!


P6130555.jpg P6130560.jpg
P6130559.jpg P6130557.jpg

工場ラインを一通り見て廻ったら、次は体験ゾーンに移ります。

こちらでは、チョコレートに関する知識が学べるチョコレートハウスや
ビスケットハウス、アイスクリームハウスなどそれぞれのお菓子がどうやって
出来るのかを学べる展示物がありました。こちらは説明無しで自由見学となります。


P6130554.jpg P6130561.jpg

チョコレートの原料となるカカオ豆を実際に触ることが出来ます。
実物を乾燥させてあるやつですが… 体験といってもこれくらいですかね!?

その後は、最新のCG技術を駆使した3Dシアターでオリジナルアニメを見ます。
特製メガネをかけて観る飛び出す映像の迫力にビックリ! 

内容はグリコ製品とは関係なくて、まぼろしのお菓子を求めて冒険にでるという
オリジナルファンタジーです。私にはよくストーリーが分かりませんでしたが…


P6130563.jpg P6130564.jpg

3D映画の後は歴代グリコのおまけ2600点の展示やご当地商品などの
展示物を見て廻って全ての見学は終了です。所要時間は1時間くらいかな?

やはり私はグリコのおまけの展示物を見て歴史を感じるのが興味がありました。
うちの子に聞いてみると、生産ラインを観たのが一番楽しかったみたいです!


P6130565.jpg P6130566.jpg

最後に、休憩コーナーがあって売店にはグリコ製品がたくさん並んでおり
お土産用や好きなお菓子を買って自由に食べることが出来ます・・・!?

んっ!? えっ!? 試食とかないの?????

これが私の正直な感想です(笑)

ビール工場見学の時なんかは、出来たてのビールが試飲出来たのに~~!?

お菓子工場でいろんなお菓子をいっぱい食べれるもんやと勘違いしていた息子に
せがまれて仕方なく、ポッキーなど何個かお菓子を買って食べました。


P6130572.jpg P6130574.jpg

食べ終わって帰る時、見学者全員にプリッツやキャラメルのお土産を頂きました。

いやいや、全ての見学が終わって休憩コーナーに着いた時に渡してよ・・・
と思ったのは私だけでしょうか? しかも袋も無くそのまま箱のまま渡されて・・・

今回は電車とバスを使ってグリコピアに行ったのですが、
財布とカメラが入るくらいの小さなポーチしか持ってなかったので
プリッツとキャラメルを裸でそのまま持って帰るハメになりました。

グリコさんの参加者に対する気遣いの無さには正直がっかりしましたね。

グリコピアに行く際に公共交通機関で行かれる際には、
おみやげのお菓子が入るような大きさの袋やカバンは持参しておきましょう!


とはいえ、うちの子供にとってはとても楽しくて満足だったみたいです。

小学生以下の子供参加者全員に、今回チョコレートが出来るまでを学んだ証として
「チョコレート博士認定証」というカードがプレゼントされました。

まぁ、お菓子工場だということであれこれと期待し過ぎずに、
あくまでも一企業の施設を見学しに行ったと思えば良しっていう感じでしょうか!?



ここがオススメ!

 グリコの歴史やチョコレートが出来るまでの流れがよく分かる!

 プリッツやポッキーが出来るまでの製造工程が目の前で見れます!

 3Dシアターをはじめ子供が楽しめるように工夫されています!


ここはイマイチ!

× 送迎バスすらなく最寄駅の西神中央駅から市営バスかタクシーを利用

× 試食のサービスはありません。売店で各自購入する有料販売のみです!

× おみやげ頂けるのはありがたいが、せめて製品を裸で渡さんといて!



最寄駅である神戸市営地下鉄の西神中央駅からは、
市営バスで約10分程度、タクシーで5分程度かかります。

車で行く場合は、敷地内に無料駐車場が完備されていますのでご安心を。

大人はイマイチでしたが、子供にとっては楽しめる工場見学スポットですね!!
無料で楽しめるということを考えれば行ってみる価値はあると思います。

完全電話予約制の人気スポットになりますので、ご予約はお早めに!



☆ グリコピア神戸 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ グリコピア神戸 工場見学案内ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


サントリー 京都ビール工場

工場見学
07 /10 2009
P7010635.jpg

京都府長岡京市にあるサントリー京都ビール工場へ行って来ました!

ビール工場見学といえば、お目当ては…出来立てビールの試飲

ここでは、モンドセレクション3年連続最高金賞で有名なザ・プレミアム・モルツの
試飲が出来るということで人気があり、連日予約が埋まっているそうです。


P7010646.jpg P7010638.jpg

見学内容は、まずプレミアムモルツが出来るまでの工程やこだわりの点などを
映像や展示パネルを中心に案内係のお姉さんが説明してくれます。

その後、実際に工場内を歩いて各工程の設備や作業の様子を見て周ります。


P7010645.jpg P7010649.jpg

といっても、ほとんどの説明はビデオやパネルなどの映像で済んでいるので、
実際に作業の様子をみることはできませんでした。

ただ窓ガラス越しに製造ラインを少し覗き込んでおしまいという感じ・・・

以前、アサヒビールの工場見学に行ったことがありますが、
そこではもうちょっと製造ラインの見せ方を工夫されていたように思います。

まぁ~ ほとんどの人はビールが出来るまでの工程を勉強したいというよりは
「早く飲ませろ~」っていう心の叫びが聞こえてましたけど(笑)

実際、見学に要した時間って30分程度でしょうかね!?


P7010653.jpg P7010656.jpg

ひととおり見学が済んだら、いよいよ皆さんお待ちかねの試飲タイム!

試飲が出来るのは、「ザ・プレミアム・モルツ」と普通の「モルツ」の2種類で、
子供やお酒が飲めない人には「なっちゃん」と「お茶」が用意されてました。
もちろんジュースも飲み放題です!


P7010651.jpg P7010655.jpg

しかも嬉しいことに、おつまみ付き!!
そして子供向けのおやつもちゃんと用意されていて息子も大喜び!

さっそくプレミアムモルツのコーナーには行列が出来ていました(笑)

私達もプレミアム・モルツを頂きましたが、「うまい!!!!」の一言です。

普段は発泡酒や第3ビールなどの安いビールばっかり飲んでいるので、
口の中に広がる麦の旨みとコク、そしてホップの香りが全然違いますね!

試飲は「お客様の健康を考え3杯までとさせていただきます」と書いてますが
それ以上飲んでいる工場見学慣れした常連風のオッチャンが数人いました…

試飲タイムはおよそ15分~20分程度でしょうか?
私はグラス3杯で、ほろ酔いのええ気持ちになりました~


P7010636.jpg P7010661.jpg

試飲が終わり、無料送迎バスの出発時間まではおみやげコーナーへどうぞ!
サントリー製品や、グラス・ジョッキなどのビールグッズを販売していましたよ~

無料送迎バスは、行きも帰りも阪急長岡天神駅とJR長岡京駅まで出てるので
くれぐれも試飲される方は、電車&送迎バスを利用しましょう!

今回は子供が喜ぶおでかけ先というよりも、完全に大人が楽しめる
おでかけスポットのご紹介となりましたが、ちなみにうちの息子には、
「最後においしいジュースがいっぱい飲めるでぇ~」と言っておいたので
息子なりに工場見学を楽しんでいる様子でしたね(笑)



ここがオススメ!

 ザ・プレミアム・モルツが無料で試飲出来る!

 サントリーのビール作りへのこだわりが良く分かる!

 阪急とJRの駅を結ぶ無料送迎バスが出ていて便利!


ここはイマイチ!

× 説明は映像資料メインで実際の製造ラインは少し見るだけ…

× 試飲時間がもう少し欲しいなぁ~ なんか終始慌しかった

 よく考えたら大阪からの往復交通費で2~3缶買えるぞ!?



最後の長岡京まで行く交通費でプレミアム・モルツ2~3缶買えそうというのは
半分冗談ですが、やっぱり工場で出来たてを飲むというのは格別にウマい~!!

このビール工場見学には事前に予約が必要です。
やはりプレミアムモルツが試飲できるということで人気があるらしく、
土日祝日を中心に予約が埋まっていることが多いので
行く日が決まったら前もって早めに予約するようにしましょう! 

これから夏のおでかけに、冷房が効いた完全屋内型のビール工場で
おいしいビールをいただくなんていうのも、なかなかアリだと思いますよ~!



☆ サントリー 京都ビール工場 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ サントリー京都工場 工場見学のご案内
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!