服部緑地 (こどもの楽園・バーベキュー場)

公園(大阪)
06 /04 2014
DSC_0195.jpg DSC_0123.jpg

大阪府豊中市にある服部緑地へ行って来ました!

ここは大阪府営の公園で、面積は約126.3ヘクタールと甲子園球場33個分
という広大な敷地を有し、緑地内には緑豊かな自然のほか、子供の遊具広場が
充実し、博物館・乗馬・プール・バーベキュー場など様々な施設が点在していて
大阪北部を代表するような広大で設備充実の公園となっています。


DSC_0154.jpg DSC_0121.jpg
DSC_0125.jpg DSC_0127.jpg

また、服部緑地の園内のほぼ全域が風致地区に指定されており、
日本の都市公園100選や日本の歴史公園100選にも選出されています。
ほんとに広大な敷地なので、場所によって様々な景色や風景があって
ゆっくり散歩したりランニングをするにも楽しい公園だと思いますね。
ファミリーでおでかけしても一日中楽しく遊べますよ~!


DSC_0137.jpg DSC_0139.jpg
DSC_0141.jpg DSC_0151.jpg

服部緑地の中央にある円形花壇と広場は、昭和34年に皇太子殿下御成婚を
記念して整備されました。「仔牛と女」など4基の彫刻や梅塚古墳がありますし
梅林もあって、綺麗な花々と木々の緑が楽しめるエリアとなっています。


DSC_0142.jpg DSC_0145.jpg
DSC_0143.jpg DSC_0146.jpg

季節によって見れる花も変化しますが、ちょうど私達が訪れた5月中旬では
綺麗なバラがたくさん咲いていて、美しい景色が広がっていました。

もっと植物を楽しみたい!って方は、園内南東部に「都市緑化植物園」があり
四季の変化に富んだ美しい風景があふれているので、是非行ってみて下さい。
→ 都市緑化植物園の営業案内はこちら


次に、子供が楽しめる遊具エリアのご紹介ですが、園内に3カ所あります。

DSC_0179.jpg DSC_0182.jpg
DSC_0183.jpg DSC_0180.jpg

一番広くて遊具類が充実しているのが「こどもの楽園」というエリアで
長さ20mのローラースライダーがある大型複合遊具は大人気!


DSC_0192.jpg DSC_0188.jpg
DSC_0187.jpg DSC_0191.jpg

それ以外にも、タコをモチーフにしたすべり台や、ターザンロープ・定番のブランコ・
砂場、健康遊具などあって、休日ともなるといつも家族連れで賑わっています。
車の場合、こどもの楽園へは御堂筋側ではなく神崎刀根山線側にある
第2駐車場の方が近くて便利です。


DSC_0131.jpg DSC_0135.jpg
DSC_0133.jpg DSC_0136.jpg

園内の真ん中付近にある「谷あいの原っぱ」では、
ドングリなどの樹木に囲まれた奥行きのある原っぱが広がり、
主に低学年児童向けの複合遊具があります。
このエリアでは、持ち込みバーベキューが可能となっています。


inariyama2.jpg park7.jpg

園内北東端で新御堂筋に近い「いなり山児童遊戯場」では
別名 「ガリバー公園」の名で親しまれていて、背後に広がる竹林
「いなり山」は、21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれた
千里丘陵の竹林の一部となっています。
こちらの遊具も、他でよく見る児童向け複合遊具が設置されています。

他の遊び場としては、持ち込みバーベキューが可能で、霧の噴水とそこから
流れる小川が子供達に人気でのびやかな芝生の丘が心地よい「ちかくの森」や、
西中央広場の北側に広がる「集いの原っぱ」というのがあって、
広い芝生の上で思いっきり走り廻ったりボール遊びなどが楽しめます!


DSC_0171.jpg DSC_0174.jpg
DSC_0172.jpg DSC_0173.jpg

バーベキューに関しては、先ほどご紹介した「谷あいの原っぱ」と
「集いの原っぱ」が、バーベキュー可能エリアとして自由にコンロ等を
持ち込み使用可能となっていますが、別に有料のバーベキュー施設もあります。

ここの有料バーベキュー広場では、手ぶらでもOKで食材や飲料や道具類など
全て揃っています。事前予約制となっているので混み合う休日は早めの予約を!
→ バーベキュー広場の営業案内・予約はこちらから


その他にも、服部緑地内にある他の施設について簡単にご紹介。

DSC_0166.jpg DSC_0162.jpg

服部緑地乗馬センターでは、大阪で乗馬が楽しめる数少ない場所のひとつで
さっそうと走る馬を眺めたり、体験乗馬をすることも出来ます。
→ 服部緑地乗馬センターの営業案内はこちら


DSC_0168.jpg DSC_0169.jpg

日本民家集落博物館では、岐阜県大野郡白川村の合掌造りの民家をはじめ、
岩手県南部の曲家、奄美大島の高倉など、日本各地の代表的な民家を移築
復元した珍しい野外博物館となっています。
→ 日本民家集落博物館の営業案内はこちら


P7240615s_201406051725289e8.jpg P7240614s_201406051725289fc.jpg

服部緑地ウォーターランドは、緑に囲まれたリゾート感いっぱいの広大なプールで、
スライダープール・なぎさプール・幼児用プール・クネクネ曲がり1周250mもある
流水プールがあって、子供はもちろん大人でも十分に楽しめます。
→ 服部緑地ウォーターランドの営業案内はこちら


DSC_0128.jpg DSC_0176_2014060517460073f.jpg

飲食系については、軽食やを販売していて無料休憩所もあるレストハウス、
園内数カ所に売店・飲料自販機がありますが、広大な敷地の割には少ないかな?
出来れば飲食物は持参した方がいいかも知れません。

アクセスについては、北大阪急行・緑地公園駅を下車して目の前が公園です。
車の場合は駐車場が園内に4ヶ所と、土日祝など繁忙期には運動グランドを
臨時駐車場にして対応しているので、何処も満車で止めれないということは
たぶん無いと思いますが、特に第1と第2駐車場は混むと予想されます。
料金は、普通車:1時間まで420円、以降1時間ごとに100円加算、
6時間超えて24時間までが1,030円となっています。



ここがオススメ!

 子供が楽しめる遊具類が多く満足度が高い! 芝生広場もあります!

 自然豊かで施設充実の多目的公園!大人も子供も犬も皆楽しめる!

 バーベキュー可能! 手ぶらで楽しめる有料施設も有り!


ここはイマイチ!

× 売店など飲食系施設が内容ともに少し寂しい… 食料は持参かな

× シーズン中の休日はかなり混み合います。便利な駐車場はすぐ満車



☆ 服部緑地 (こどもの楽園・バーベキュー場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 服部緑地ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 都市緑化植物園 ホームページ
→ バーベキュー広場 “バーベック マルシェ” ホームページ
→ 服部緑地乗馬センター ホームページ
→ 日本民家集落博物館 ホームページ
→ 服部緑地ウォーターランド ホームページ
→ 関西おでかけナビ 「服部緑地ウォーターランド」 体験レポート


初回訪問:2007年6月
記事更新:2014年6月

寝屋川公園

公園(大阪)
03 /15 2014
P1030151.jpg P1030106.jpg

大阪府寝屋川市にある寝屋川公園へ行って来ました!

ここは、生駒山麓の豊かな緑に囲まれた総合運動公園で、
ソフトボール広場2面、テニスコート15面、陸上競技場、
野球場などが揃っていて多彩なスポーツが楽しめます。

最近では南地区の開発が進み、広大な敷地の公園内には
子供向けの遊具や体力作りを目的とした15基のトリムコースがあり
主に運動やスポーツを目的とした公園になっています。


P1030105.jpg P1030107.jpg
P1030153.jpg P1030155.jpg

公園が計画されている区域内には、竹林や水田、畑地など、
起伏に富んだ地形がそのままに残されているところが多く、
寝屋古墳と呼ばれる古墳時代後期の遺跡もありました。
園内には坂道や階段が多いので、散歩だけでもいい運動になります。


P1030126.jpg P1030125.jpg
P1030121.jpg P1030114.jpg

トリムコースでは、15基の遊具を使って約200種類の運動が出来ます。
スポーツストリートとしてレイアウトされ、エアロビクス効果もある
フィットネスコースとなっています。完全に大人向けなんで、
幼児や小学生低学年くらいの子供の遊び場としては不向きですね。


P1030163.jpg P1030162.jpg

広大な芝生広場では、周囲を緑に囲まれフラットな芝生地となっているので、
思いっきり走り回ったり、ボール遊びやバトミントンなどが出来ます。
また、この芝生広場に限ってバーベキューをすることが可能です。
近くに水場となるトイレや、炭捨て場など最低限の設備がありました。


DSC_1225.jpg DSC_1236.jpg
DSC_1227.jpg DSC_1238.jpg

南地区には、子供向けの遊具と芝生広場やアスファルトの多目的広場に
ちょっとした丘などがあって、子連れファミリーの遊び場となっています。
まだまだ開発中で整備もこれからのような雰囲気でした。


DSC_1230.jpg DSC_1229.jpg
DSC_1231.jpg DSC_1234.jpg

現在はこの広さでたったこれだけなん?という遊具の種類ですが、
これも今後もっと増えていくと面白い公園になると思います!


P1030139.jpg P1030128.jpg
P1030141.jpg P1030120.jpg

その他、直径20mもの噴水がある中央広場や、長さ約35mある月観橋など
園内には様々な風景があって面白いですし、ところどころ綺麗な花が
咲いているので散歩していて楽しめます。

噴水は4月~9月の土日祝(夏休みは毎日)11時から16時まで運転しています。
私たちが訪れたのは3月だったので写真に撮れませんでしたが、
子供たちの夏場の水遊び場としても人気があるみたいです。

これだけ広大な公園で遊具の少なさは残念ですが、
あくまでもスポーツや運動を目的とした総合運動公園といった感じですね。



ここがオススメ!

 スポーツや運動施設が充実。緑豊かで花も咲いています!

 起伏に富んだ地形に様々な風景があり散歩が楽しめます!

 広大な芝生広場では持ち込みバーベキューも可能!


ここはイマイチ!

× 子供向けの遊具類が少なくちょっと残念…

× バーベキューが出来る芝生広場から駐車場まで遠いです



☆ 寝屋川公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページをご確認下さい
→ 大阪府公園協会 寝屋川公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


初回訪問:2012年3月
記事更新:2014年3月 南地区追加

川俣スカイランド

公園(大阪)
03 /07 2014
DSC_1149.jpg DSC_1115.jpg

大阪府東大阪市にある川俣スカイランドへ行って来ました!

ここは、下水道処理場・川俣水みらいセンターの屋上にある多目的広場で
芝生広場、処理水の流れるせせらぎと散策路などが整備されています。


DSC_1118.jpg DSC_1124.jpg
DSC_1128.jpg DSC_1150_20140308003637491.jpg

エレベーターか階段で3階へ行くと、開放的な広場が目の前に広がります。
ここだけを見ると建物の屋上にある広場ってとても思えませんね~


DSC_1117.jpg DSC_1119.jpg
DSC_1127.jpg DSC_1126.jpg

柵内の多目的グランド部分の使用は、事前に管理棟で予約が必要です。
主に野球をするグランドみたいで使用料は無料となっています。
また、芝生が広がる多目的広場の方はフリーで遊ぶことが出来て、
ボール遊びやバトミントンなど伸び伸びと楽しめる広さがあります。


DSC_1146.jpg DSC_1143.jpg
DSC_1139.jpg DSC_1141.jpg

遊具エリアは、木製のアスレチック風の遊具や、滑り台やブランコなどが
一緒になった複合遊具に、シーソーや木馬型遊具がありました。
こちらは比較的小さな子供向けなので、小学生以上は物足りないでしょう。


DSC_1130.jpg DSC_1134.jpg
DSC_1132.jpg DSC_1131.jpg

水辺の広場には、ちょっとした川のような水辺があり雰囲気が良いですね。
残念ながら水遊びをすることは出来ないようです。


DSC_1135.jpg DSC_1137.jpg

その他にも緑の広場という芝生広場があったり、眼下にはJRの車両基地が
見えたりと、以外と敷地面積が広いのでちょっとした散歩にも最適です。


DSC_1122.jpg DSC_1147.jpg
DSC_1113_20140308003900049.jpg DSC_1151.jpg

設備面は、トイレやベンチ・管理棟付近には飲料の自販機がありますし、
水道施設らしく水飲み場もありました。駐車場も台数は少なめですが無料です。
ペットの入場は禁止されており犬の散歩は不可なのでご注意を!

遊具は少なめですが広さがあるので、ボール遊びなどスポーツ系の遊びを
するには良い感じの公園といった感じでした。



ここがオススメ!

 水処理場の屋上にある開放的な多目的広場!

 入場も駐車場も無料なんで気軽に遊びに行けます!


ここはイマイチ!

× 遊具が少なくボールなど遊び道具を持参しないと時間持ちません

× 駐車場の台数があまりないので休日は満車確実ですね



☆ 川俣スカイランド ☆

アクセス・詳しい施設案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府・川俣水みらいセンター スカイランド案内ページ
→ Google Mapで場所を確認する


大浜公園

公園(大阪)
12 /08 2013
DSC_0786.jpg

大阪府堺市堺区にある大浜公園へ行って来ました!

ここは、明治12年(1879年)に開園した堺市営で最も古い公園です。
明治36年には大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会の会場となり、
堺水族館が設置され世界に誇る東洋一の水族館とはやされました。
他にも公会堂・潮湯・海水浴場・料理旅館や土産物屋などが軒を連ね
当時は堺のレジャー地として賑わっていました。


DSC_0788.jpg DSC_0804.jpg
DSC_0785_201312081547332ec.jpg DSC_0774.jpg

しかし白砂青松の美しい海岸線も、臨海工業地帯の埋め立て造成に伴い
その面影をなくしました。現在は16haの敷地に野球場・プール・体育館、
相撲場・サル島・蘇鉄山(一等三角点のある日本で一番低い山)などがあり、
気軽に利用できる地域公園となっています。


DSC_0780.jpg DSC_0781.jpg

園内の木々は少なめな感じなので、広々とスッキリとした印象があります。
ひょうたん池の周辺にはたくさんの松の木が植樹されていますが、
臨海地区にあって海風のせいか斜めになっているので面白い風景でした。


DSC_0783.jpg DSC_0810.jpg
DSC_0812.jpg DSC_0784_20131208163942873.jpg

蘇鉄山の標高6.96メートルの所には地図作成の基準点となる一等三角点があり
現在一等三角点の設置されている山としては日本一低い山となっています。

他にも映画「南極物語」の主人公となった「タロ」や「ジロ」らの霊を慰める
樺太犬慰霊像や、戦前にラジオ普及の為に公園などに設置されたラジオ塔、
明治10年に建築された現存する木造洋式燈台としてはわが国で最も古いものの
一つとして、国の史跡に指定されてる旧堺燈台など、公園内には様々な見どころが
あってプラプラと散歩するのにもちょうどいいですね!


DSC_0789.jpg DSC_0791.jpg
DSC_0793.jpg DSC_0795.jpg

かつての堺水族館の施設がそのまま残った猿飼育舎では、
約50匹のアカゲザルが飼育されています。見物人のエサやりが影響して
猿が肥満化しその問題を改善する為に2009年に猿山から完全に檻で覆われた
獣舎に建て替えられました。その結果、檻の網目が細かくて中が見にくいかも…


DSC_0798.jpg DSC_0807_20131208155704aee.jpg
DSC_0801.jpg DSC_0799.jpg

子供の遊具広場には、他でもよく見るプラスチック樹脂製の滑り台付き
複合遊具やブランコ・砂場などあって広々とした遊び場となっています。
まぁ遊具をお目当てに行くような公園ではないですが、幼稚園児くらい
までならそれなりに楽しめると思いますよ!


DSC_0797.jpg DSC_0773.jpg

他にも大きなグラウンドや芝生広場もあってボール遊び等も出来ます。
公園全体が開放的な雰囲気で、特に天気が良い日は気持ち良い~!


DSC_0802.jpg DSC_0778.jpg

夏シーズンの7月1日から9月1日までは、大浜公園プールが営業していて、
25mプール2面・25m変形プール・幼児用プールがあります。
営業時間は、午前9時30分~午後5時45分 (入場は午後5時まで)
料金は、大人300円・小人(小中学生)100円です。


DSC_0771_20131208155148cc3.jpg DSC_0772_2013120815514752f.jpg

その他の施設として、古くから学生相撲の発祥の地とされている大浜相撲場、
柔道場・剣道場・トレーニング室がある大浜体育館など、市民の体育・スポーツ、
レクリエーションの振興を図り、健康や体力の増進に資する場所となっています。

アクセスは、電車の場合は南海本線の堺駅より徒歩にて西へ800m、
車の場合は敷地内に駐車場が2カ所完備されています。
料金は、2時間まで200円(以降1時間毎に100円、1日最大600円)



ここがオススメ!

 臨海地区にある広々とした開放的な公園!

 サル山や旧灯台など見どころも多い! 散歩にもお勧め!
 

ここはイマイチ!

× 遊具広場に特徴はありません。何処にでもある幼児用遊具です

× 売店や飲料自販機は見かけませんでした。飲食物は持参で!



☆ 大浜公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 堺市・大浜公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


靭公園

公園(大阪)
08 /18 2013
030.jpg 019.jpg

大阪市西区にある靭(うつぼ)公園へ行って来ました!

ここは、花と緑にあふれた都会のオアシス・ビジネス街の憩いの場として
またスポーツの場として幅広く利用されている公園です。
敷地は四つ橋筋からなにわ筋を越えてあみだ池筋に至るまで
総面積約9.7ha,東西約800m,南北約150mと東西に細長く、
中央を南北に通るなにわ筋によって東園と西園に分かれています。


tjjtjt.jpg bdgsd.jpg
kyky.jpg fdhdfhjfd.jpg

東園には、噴水やせせらぎがあるバラ園・ケヤキ並木に遊具広場があり
まずは2006年にリニューアルされたバラ園からご紹介していきます。

バラ園は、2006年アジアで初めての開催となる「世界バラ会議」に向けて
再整備されました。 ゆるやかに起伏する地形を生かして、東から西に向かって
山・里山・田園・街・海へと広がる「大阪のマチ構造」を表現しています。
これと一体化させる形で、日本を含むアジアの野生バラから現在のモダンローズに
いたるまでを「バラの歴史の流れ」として、面積約9,000㎡に160品種約3400株の
バラを植栽しています。都心にこんな美しい風景はまさに都会のオアシス!!


ntdhjdtjdt.jpg fdbh.jpg

私が訪れた真夏でも様々なバラが咲いていて、写真を何枚か撮ってみましたが、
やはり春や秋のバラ開花シーズンの方がより撮影し応えがあると思います!


jmkgmjkfgt.jpg tjtt.jpg
tjktjktmjk.jpg jtjjtt.jpg

海の景にあたる噴水エリアでは、夏に多くの子供たちが水遊びをしていて
とても気持ち良さそうでした。噴水付近は芝生も広がっているので
水遊びついでにシートを広げてお弁当を食べるのもいいと思いますよ~
もちろん夏以外でもこの噴水とせせらぎの風景はとても綺麗で癒されます。


kytkt.jpg sgsehg.jpg
etrjer.jpg yjtjet.jpg

そして東園のケヤキ並木エリアでは、四季折々に装いをかえて都心の公園とは
思えないほど閑静なたたずまいです。日陰も多くて散歩にも最適ですね。


jtjte.jpg ewgg.jpg
hdrh.jpg rhrhre.jpg

東園の遊具エリアですが、幼児向けの小さな滑り台付き遊具やブランコ、
砂場があるのみで小学生以上の子供には完全に物足りないですね。
子供の遊具を期待して行くような公園ではなく、どちらかいうと大人向けな
都会のオアシスっていう感じの公園でしょう。


jndftj.jpg dfhbs.jpg

西園には、国際的に主流となっている全天候ハードコートを採用した
スタンドに5,000人収容のセンターコート、500人収容のサブコートを含む
全16面で16面ものテニスコートを有して国際大会にも利用できる
靱テニスセンターがあります。また東園にもアンツーカーコートが4面あり
個人はもちろん、国際試合をはじめ公式大会等にも利用されています。


fghg.jpg jdrtjn.jpg
cfgdg.jpg jndfj.jpg

西園のほとんどはテニス施設ですが、あみだ池筋側が少し公園部分になっていて
サルすべりの森というエリアと健康遊具が設置されている遊戯広場があります。
まぁここは子供が楽しく遊べるような場所ではないかな!?


sdvdg.jpg turtyktru.jpg

靭公園に隣接している施設としては、大阪科学技術館があります。
最新の科学技術を展示していて、私たちの暮らしの中に生かされているエネルギー、
エレクトロニクス・バイオテクノロジー・地球環境など、さまざまな分野の
最新の科学技術をクイズやゲーム・マルチメディアで楽しく学べます。
入館無料なんで子連れの方はぜひ靭公園とセットで行ってみましょう!
→ 大阪科学技術館 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 大阪科学技術館

また公園周辺にはお洒落なカフェや雑貨店などたくさんあって、
公園に直結しているテラス付きのカフェもありました~ 

アクセス面については、地下鉄の本町駅や阿波座駅から徒歩5~10分ほど、
車の場合は公園の地下が駐車場になっていて、駐車料金は200円/30分
上限料金は平日:1,500円・土日祝:1,000円となっています。



ここがオススメ!

 リニューアルしたバラ園エリアはまさに都会のオアシス!

 夏場は噴水やせせらぎで水遊びが楽しめます!

 隣接している大阪科学技術館とともに無料で楽しめる!


ここはイマイチ!

× 子供の遊具類は少しだけ。どちらかいえば大人の公園です



☆ 靭公園(うつぼこうえん) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪市の花とみどり総合情報サイト・靭公園ページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 大阪科学技術館 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 大阪科学技術館


ふれあい緑地 (服部ビオパーク)

公園(大阪)
07 /07 2013
ふれあい1

豊中市服部西町にある「ふれあい緑地」に行ってきました!

ここは、大阪国際空港周辺地域における航空機の騒音、排気ガス等を
軽減緩和のため、50.0haの緑化計画の内13.5haが一般市民も利用できるように
公園として整備される計画になっていて現在も整備拡大中となっています。

たぶん、ほとんど地元周辺の人しか知らない公園だと思いますが
駐車場もあるし、遠方からもチラホラと家族連れが遊びに来ているそうです。
ちょうど大阪空港に着陸する飛行機が真上を通るので迫力があります!

 
DSCN4937.jpg DSCN4927.jpg
DSCN4928.jpg DSCN4935.jpg

現在のふれあい緑地には、温水プール・バラ園・芝生広場・遊戯広場・
テニスコートと駐車場等が整備されています。

その中にある服部ビオパークでは、子どもたちが楽しめる遊具広場になっており、
花壇が整備されていて、とても綺麗な花が色々と咲いていました。


DSCN4931.jpg DSCN4929.jpg
DSCN4933.jpg DSCN4930.jpg

服部ビオパークに設置されている遊具は、大型のローラースライダーや
石の滑り台をはじめ、子どもが喜びそうな遊具類が充実しているので
何時間も遊んでいられそうな感じですね。休憩用のベンチもいくつかあります。


DSCN4920.jpg DSCN4919.jpg
DSCN4921.jpg DSCN4924.jpg

そしてもう一カ所、ふれあい緑地内に遊具広場がありました。
ここには飛行機をイメージした複合遊具と、大きなグランドがあって
服部ビオパークからもすぐ近くなので併用して遊ぶことが出来ます。


ふれあい4 ふれあい5 PA080402.jpg DSCN4925.jpg

その他、ふれあい緑地部分には大きな芝生広場があり、ボール遊びにもってこい!
吊り輪や平均台などの運動器具も多数設置してありました。
ジョギングしたり犬の散歩をする人達も多く、地元の人の憩いの場ですね~

アクセスは、阪急服部駅から徒歩15分くらいかかると思いますが、
駐車場が3カ所あるので、車で行く方が便利でしょう。
駐車料金は最初の30分は無料で、以降は30分ごとに100円と安いです。



ここがオススメ!

 遊具充実! ジャンボ滑り台がメチャ楽しい!

 最近出来た公園なので、全体的にとても綺麗!

 着陸寸前の飛行機が真上を通り、音と共に大迫力!


ここはイマイチ!

× 駅から少し遠いので車で行った方が良いです

× 広大な敷地内にトイレが1カ所。ちょっと不便ですね



☆ふれあい緑地 (服部ビオパーク)☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 豊中市 ふれあい緑地 ホームページ
→ 服部ビオパーク ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



初回訪問:2008年10月
記事更新:2013年7月

石川河川公園 (駒ヶ谷地区・パークゴルフ場)

公園(大阪)
06 /15 2013
DSCN4792.jpg DSCN4825.jpg

大阪府羽曳野市にある石川河川公園・駒ヶ谷地区へ行って来ました!

ここは、金剛山系と泉北の丘陵地に挟まれた南河内エリアを流れる
一級河川「石川」の河川敷に沿って作られた細長い公園で、
藤井寺市や富田林市など1町4市にまたがる広大な公園となっています。
それぞれのエリアには、趣向を凝らしたモニュメントがあったり、
川本来の姿のままに川の流れが残されていたり、花と緑あふれる広場が
設けられていたりと、バラエティに富んだ趣向が楽しむことが出来ます。

他の地区についてのレポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)


DSCN4823.jpg DSCN4798.jpg
DSCN4822.jpg DSCN4793.jpg

今回私達が訪れたのは、公園中部にある駒ヶ谷地区というエリアで、
小高い丘から望む緑豊かな空間には、子供の遊具広場やバーベキュー広場、
パークゴルフ場など家族みんなで楽しめる設備が充実しています。

アクセス面では、近鉄南大阪線の駒ヶ谷駅から徒歩5分以内で到着し、
車の場合も敷地内に駐車場が完備されているのでとても便利です!
(駐車場は土日祝のみ有料:1回600円)


DSCN4803.jpg DSCN4807.jpg
DSCN4818.jpg DSCN4819.jpg

まずは遊具広場ですが、幼児から小学生まで楽しく遊そうな遊具がたくさん!
滑り台をはじめトランポリンやジャングルジム・ネット登りなど
広い敷地にそれぞれ間隔を十分に空けて設置されているので安全ですね。


DSCN4801.jpg DSCN4815.jpg
DSCN4814.jpg DSCN4817.jpg

乳幼児用の独立したスペースには、砂場や専用の遊具も設置されています。
その他にもターザンロープやブランコや回転サークルなどがありました。
規模の大きい複合遊具こそありませんが、それなりに楽しめると思います。


DSCN4797.jpg DSCN4796.jpg
DSCN4794.jpg DSCN4795.jpg

そしてここでは、決められたスペースで自由にバーベキューをすることが可能!
特に専用の設備があるわけではありませんが、水が使えるトイレがあり
炭捨て場と飲料自販機はあるので助かりますし、駐車場からも近くて便利です。
目の前には芝生広場やグランドもあって思いっきり走り廻れますよ~


DSCN4838.jpg DSCN4827.jpg

続いて公園前の古市スポーツ広場にあるパークゴルフ場のご紹介です。
パークゴルフとは、クラブ1本とボール1個があれば子供からお年寄りまで、
三世代一緒に楽しめるゴルフスポーツで、河川敷の平坦な18ホールを廻ります。


DSCN4836.jpg DSCN4835.jpg
DSCN4829.jpg DSCN4832.jpg

ルールはゴルフとほとんど同じで、ボールは通常のゴルフボールより大きい
木製のボールを使いクラブの打面も広いので、初心者でも十分楽しめます。
よくあるパターゴルフよりもコースが全然広いし気持ち良い汗かきますよ~

利用料金は、平日500円/土日祝600円(1人1ラウンド)で、
パークゴルフ専用クラブのレンタル料が別途200円かかります。
※小学生未満の方はプレー及びコース内に入ることも不可なのでご注意を。


DSCN4845.jpg DSCN4846.jpg
DSCN4841.jpg DSCN4842.jpg

また、最寄りの駒ヶ谷駅前には「駒ヶ谷駅西側公園」という小さな公園があり
ちょっとした遊具や農園があるので、時間があれば立ち寄ってみましょう。
時期によっては色々と農業関係のイベントもやっているそうです。

石川河川公園はとても広範囲にわたる公園となっていますが、
ここの駒ヶ谷地区が遊具や駐車場など設備面が一番充実しています。
川遊びなど自然とのふれあいを楽しみたい場合は、他の地区もお勧め!
詳しくは以下のリンク先ホームページでご確認下さい。



ここがオススメ!

 駅前にあって駐車場も完備でとても便利な場所です!

 遊具ありでバーベキューやパークゴルフも楽しめます!


ここはイマイチ!

× 日陰になる所がほとんど無し。熱中症や紫外線には注意

× 夏場でも17時で駐車場完全閉鎖! 気をつけましょう



☆ 石川河川公園(駒ヶ谷地区・パークゴルフ場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 石川河川公園ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 石川河川公園ホームページ
→ 羽曳野市 駒ヶ谷駅西側公園ウェブサイト
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)


石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)

公園(大阪)
06 /02 2013
DSCN4772.jpg DSCN4776.jpg

大阪府藤井寺市にある石川河川公園・星の広場地区へ行って来ました!

ここは、金剛山系と泉北の丘陵地に挟まれた南河内エリアを流れる
一級河川「石川」の河川敷に沿って作られた細長い公園で、
羽曳野市や柏原市など1町4市にまたがる広大な公園となっています。
それぞれのエリアには、趣向を凝らしたモニュメントがあったり、
川本来の姿のままに川の流れが残されていたり、花と緑あふれる広場が
設けられていたりと、バラエティに富んだ趣向が楽しむことが出来ます。


DSCN4791.jpg DSCN4790.jpg
DSCN4787.jpg DSCN4786.jpg

今回私達が訪れたのは、公園北部にある「星の広場」と呼ばれる地区で、
太陽系の惑星が描かれて宇宙をモチーフにした惑星広場があり
ピカピカ光るガラスタイルの遊歩道「天の川園路」には北半球で見られる
星座が描かれていて、宇宙的な広がりを感じさせる広場となっています。


DSCN4777.jpg DSCN4779.jpg
DSCN4780.jpg DSCN4774.jpg

河川敷には駐車場スペースが完備されており、土日祝・GW・お盆など
休日は無料で駐車することが出来るので、川遊びに魚釣りやバーベキューを
するのにとても便利です! トイレも簡易型ですが設置されていました。
ただし日陰になるような所が無いので、夏場は帽子や日傘・パラソルなど
持参した方がよいと思いますね。


DSCN4782.jpg DSCN4783.jpg

川の水位は低く普段の流れが穏やかので、川遊びにも適しています。
水は綺麗!とは言えませんが、足を付けて遊ぶくらいなら十分でしょう。

実は私も子供の頃によくここで川遊びをした思い出があります!
大阪市内に住んでいたのですが、家に車が無いので電車で来れて
駅からすぐ近いこの石川は、家族の定番川遊びスポットでした。

この藤井寺・星の広場地区のアクセスについては、
近鉄の道明寺駅から300mほどで、車が無くてもとても便利な場所です。
車の場合は、先ほど記述したとおり休日は河川敷内に駐車可能で
それ以外の時期は近隣のコインパーキング等を探すことになります。

また、この石川河川公園には地区ごとに様々な施設があるので、
詳しくは公式ホームページなどでチェックしてみて下さい。
→ 石川河川公園 全体マップはこちら



ここがオススメ!

 電車でも行ける川遊びスポット! 近鉄道明寺駅からすぐ近く!

 河川敷に駐車場があるので便利! バーベキューにも最適!


ここはイマイチ!

× 川の水は決っして綺麗とは言えませんね…

× 日陰になるような所が無いので夏場は注意しましょう!



☆ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 石川河川公園ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 石川河川公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


玉手山公園 ふれあいパーク

公園(大阪)
06 /02 2013
DSCN4756.jpg

大阪府柏原市にある玉手山公園・ふれあいパークへ行って来ました!

この公園の前身は、西日本で最も古い遊園地である近鉄玉手山遊園地で、
1998年5月に閉園し約一年間の休園の後、1999年3月に柏原市立の公園として
再スタートしました。自然豊かな園内では、春は桜・初夏は新緑とツツジ、
秋には紅葉など楽しめます。また、園内には子ども汽車・木製複合遊具、
変形自転車・野外劇場・展示館など、遊園地時代の名残りもあります。

現在は入園料も駐車場も無料となっており、気軽に行くことが出来ますよ~


DSCN4752.jpg DSCN4743.jpg

公園内は、メイン広場・いこいの森・コミュニティ広場・歴史の丘・冒険広場の
5つのゾーンに分かれています。
まずはメイン広場ですが、ちょっとした芝生スペースの中によくある室内用の
幼児用遊具が点々と設置されていて、なんか殺風景な感じでした。
遊園地時代にはここに様々な遊具アトラクションがあったんでしょうね…


DSCN4750.jpg DSCN4744.jpg

公園の一帯は、4世紀の古墳群であるとともに大坂夏の陣で後藤又兵衛らが
奮戦した古戦場で、江戸時代には俳人小林一茶がこの地で俳句を詠んでいます。
そして観光地によくある歴史上の人物の顔抜き看板がズラリとラインナップ…
誰一人として記念撮影している人はいませんでしたが(笑)


DSCN4758.jpg DSCN4759.jpg
DSCN4746.jpg DSCN4762.jpg

そしてメイン広場には、気持ちだけ!?有料アトラクションがありました。
SLきかんしゃ・ボールプール・おもしろ自転車の3つだけですが、
どれも1回100~200円で楽しむことが出来ます。
これは完全に幼児向けで小学生以上になるとたぶん物足りないかな~


DSCN4769.jpg DSCN4713.jpg
DSCN4714.jpg DSCN4716.jpg

続いて、駐車場がある南入口の近くにある冒険広場ですが、
ここには無料で遊べる遊具広場があって木製複合遊具や
ローラー滑り台など複数の遊具が設置されていて一番人気です!


DSCN4719.jpg DSCN4710.jpg
DSCN4711.jpg DSCN4712.jpg

幼児用の遊具や砂場スペースもありました。
ここの冒険広場には休憩用の屋根付きベンチや自販機にトイレ有りと
思いっきり走り回れるほどの広さはありませんが、
見守る親にとっては子供が目が届く範囲に居てありがたいですね。


DSCN4720.jpg DSCN4725.jpg

ちびっ子ゲレンデではスリル感のあるソリ遊びが無料で楽しめます!
冒険の広場の斜面を利用した幅8m・長さ15m・傾斜20度のゲレンデでは
ソリ、ヘルメット、手袋、膝当て、肘当てを無料貸出をしていて
小学生以下なら1人で、幼児は保護者同伴で遊ぶことができます。
利用時間は午前9時30分から午後4時(昼12時30分から午後1時は休憩)


DSCN4727.jpg DSCN4733.jpg
DSCN4728.jpg DSCN4732.jpg

玉手山の歴史がわかる歴史館と、昆虫・貝・化石の展示館がありました。
中をひと通り見て廻りましたが所要時間5分くらいかな!?
これも遊園地時代からあったのか、昔からそのまま展示してる感じです。


DSCN4735.jpg DSCN4736.jpg
DSCN4738.jpg DSCN4734.jpg

園内には遊具以外にも自然がいっぱいあって、いこいの森や歴史の丘など
ちょっとした散策お散歩コースもあるので立ち寄ってみるのもお勧めです。
ふれあいパークの北側にある展望台からは、柏原市内の眺望はもちろん、
遠くは大阪城や淡路島まで見ることができます。
高台にはアンティックな音楽堂とよばれる1908年の開園当時のガゼボがあり
明治の洋風建築様式の面影が色濃く残っています。


DSCN4742.jpg DSCN4709.jpg

アクセスについては、無料駐車場が約30台分しか無いので
休日は満車の可能性が高く、公園周辺は住宅地なので路上駐車も出来ず
なるべく公共交通機関で行く方が無難だと思います。
電車の場合は、近鉄の河内国分駅から徒歩20分、道明寺駅から徒歩15分

そして今は市立公園なのですが、公園内の24時間解放は行っておらず
開園時間:午前9時~午後5時まで 毎週水曜日・年末年始は休園日です。
公園内は犬の散歩が禁止となっていてペット連れの方はご注意を。

感想としては、幼児連れの家族にはちょうど良い公園だと思います!



ここがオススメ!

 駐車場も入園料も無料です! 有料アトラクションも安い!

 遊具類やゲレンデなど狭いながらも遊び場が充実しています!


ここはイマイチ!

× 遊び場は主に幼児向けで小学生以上になると物足りないかな?

× 駐車場が狭く休日はすぐ満車でしょう。駅からは徒歩15分以上



☆ 柏原市立玉手山公園・ふれあいパーク ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 柏原市:玉手山公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


住吉公園・住吉大社

公園(大阪)
08 /22 2012
DSCN1992.jpg

大阪市住之江区にある住吉公園と、住吉区にある住吉大社へ行って来ました!

ここは、明治6年に開設された大阪でもっとも古い公園で、
春は満開のサクラのもとで行われる桜祭り、夏は隣接する住吉大社の住吉祭り、
もちろんお正月には初詣と、1年中にぎわいをみせています。

園内には、風情のある心字池や花と水の広場、日本最古の灯台である高灯篭、
子供の遊具広場、体育館・テニスコート・野球場などのスポーツ施設があります。


DSCN2013.jpg DSCN1993.jpg
DSCN2025.jpg DSCN2021.jpg

公園中央部を通る「潮掛道」は、かつて住吉大社の参道であったところで、
両サイドに花や木が植えられた石畳の並木道は昔の風情たっぷりです。

公園の東に位置する「沈庄花壇」では、春と秋に植えかえられ、
ウォーターカーテンなどの親水施設と共に公園を訪れる人を出迎えます。

また、真上から見ると心の字に似ている「心字池」は、
人工の池ですがサギなどの鳥たちが時おり羽を休めに来ます。
川の流れのように心字池に水が流れ、川の流れは周りの花や樹木の風景に
リズムをつけ、静かな水面は季節ごとに色んな風景を写しだしているようです。


DSCN2004.jpg DSCN2002.jpg
DSCN1996.jpg DSCN1998.jpg

子供向けの遊具広場では、以外に数多くの遊具が設置されていました。

大型でスリル系なものはありませんが、コンビ滑り台にプレイウォール
プレイスカルプチュアーや動物ユニットなどあって十分に楽しめるでしょう。


DSCN2001.jpg DSCN1999.jpg
DSCN2005.jpg DSCN2008.jpg

定番のブランコが3基、滑り台も大小3基あって、ジャングルジム・鉄棒など
大阪の公園でよく見かける児童遊具はひと通り設置されているようです。


DSCN2009.jpg DSCN2011.jpg

砂場は大小2つあり、大きい方はメチャ広いので思いっきり砂遊びが出来ます!

その他、懸垂平行棒・腹筋ベンチ・背のばしチェアーといった健康遊具があり
おじさん達が利用していましたww こちらは主に大人向けですかね。

まぁ、遊具目当てでわざわざ遠方から行くような感じの設備ではありませんが、
小学低学年のうちの子は、それなりに楽しんで1時間以上遊んでいました。


DSCN2028.jpg DSCN2019.jpg

バーベキューについては、指定区域内の「さくら広場」で無料で出来ますが、
洗い場や灰捨て場などの設備は何もなく、また公園には駐車場もないので不便です。

でも桜シーズンに、満開の桜の木の下でやるバーベキューはちょっと魅力的かなww


DSCN2034.jpg

住吉公園から、南海電車の住吉大社駅と阪堺電車の住吉公園前を挟んで、
すぐ近くには住吉大社があります。

ここは、全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であるほか、
下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに日本三大住吉の一社です。

また初三が日の初詣参拝客数は、毎年200万人を超え全国的にも有名な神社です。


DSCN2041.jpg DSCN2042.jpg

四角柱の鳥居であるため、角鳥居 (かくとりい) とも呼ばれている住吉鳥居は、
このような四角柱の柱は古い様式で大変珍しく各本殿と拝殿の間に建っている
木造朱塗りの鳥居が原形となっています。

現在ある本殿は、全て1810年(文化7年)に造られました。
第一本宮から第四本宮にいたる4棟の御本殿は「住吉造」と称し、
神社建築史上最古の様式の一つといわれ、国宝建造物に指定されています。


DSCN2038.jpg DSCN2046.jpg

そして、住吉の象徴として大変有名で太鼓橋 (たいこばし) とも呼ばれる反橋は、
慶長年間に淀君が奉納したものであるといわれています。

昔は、この橋の近くまで波が打ち寄せられていたそうで、川端康成が小説『反橋』で
「上るよりもおりる方がこはいものです」と書いたことでも知られています。

この橋を渡るのは、神様に近づくのに罪や穢(けが) れを祓(はら)い
清めるためで、反っているのは地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋として
虹にたとえられていました。

反橋は、夜は21時までライトアップされ、関西夜景100選にも選ばれています!


DSCN1989.jpg

今回私達は、息子が前々から乗りたいってずっと言っていた阪堺電車で
住吉公園まで行きました。いわゆる「チンチン電車」っていうやつで
自動車と同じ路面を走るバスのような電車です。

大阪の天王寺駅と恵美須町駅から堺の浜寺公園まで走る阪堺電車ですが、
実は私も初めて乗りました~ 長年大阪に住んでいるのに(笑)

どこまで乗っても乗切制の運賃200円(小人100円)で、切符とかなく、
バスと同じように降りる時はボタンを押し、運賃箱にお金を入れるんですね~

住吉公園には駐車場がないので、普段車の人もたまにはこういうチンチン電車で
おでかけしてみるのも、気分が変わって面白いと思いますよ!



ここがオススメ!

 公園も神社も駅前なのでアクセスは抜群!

 遊具の数が多いので幼児から小学生まで楽しく遊べます!

 チンチン電車に乗って、公園で遊んで散歩して、神社でお参り!


ここはイマイチ!

× 公園も神社も駐車場はありません。近隣コインパーキングのみです

× バーベキューは指定区域で可能ですが、専用設備は何もありません

 遊具目当てだけなら、遠方からわざわざ行くほどでもないでしょう



☆ 住吉公園・住吉大社・阪堺電車 ☆

アクセス・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 住吉公園 ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 住吉公園 ホームページ
→ 住吉大社 公式ホームページ
→ 阪堺電車 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


山田池公園

公園(大阪)
07 /18 2012
DSCN1494.jpg DSCN1493.jpg

大阪府枚方市にある山田池公園へ行って来ました!

ここは、枚方市東部の丘陵地帯に設けられている大阪府営の公園で、
公園北部の山田池と、その周りの豊かな自然を生かして園内には水生花園、
花木園をはじめ、四季折々の花と緑を楽しめるスポットが点在しています。


DSCN1451.jpg DSCN1448.jpg
DSCN1463.jpg DSCN1464.jpg

山田池から流れ出ている小川から続くもみじ谷などでは、
浅瀬の渓流に沿って山から里へと変化する景観が楽しめます。

子供たちが水遊び出来るような緩やかな流れ部分もありました。


DSCN1447.jpg DSCN1446.jpg

水生花園では、可憐なハナショウブが咲く花しょうぶ園をはじめ、
あじさい園やスイレン池があり、水辺の花々がとてもきれいです。


DSCN1456.jpg DSCN1455.jpg

花木園では、ゆるやかな丘陵地をウメやスモモ、ツツジ、サルスベリなど
四季折々の花木が彩ります。梅林には約300本の梅が植えられています。


DSCN1465.jpg DSCN1457.jpg
DSCN1466.jpg DSCN1492.jpg

バードウォッチングも楽しめる春日山や高台にある展望広場、
クイーンズランドガーデンやコテージガーデンの花壇があったり
自然が豊かな公園内をゆっくり散策しながら歩いてみると気持ち良い~!


DSCN1485.jpg DSCN1475.jpg
DSCN1474.jpg DSCN1478.jpg

子供が遊べる遊具類は、芝生の丘にたった3種類の遊具がポツンとあって
なんか殺風景な感じかな!? 少し遊んだらすぐに飽きそうですね。

芝生の丘の頂上からは360度のパノラマビューが楽しめて爽快感は抜群!


DSCN1469.jpg DSCN1470.jpg
DSCN1484.jpg DSCN1482.jpg

バーベキューは、指定区域なら無料で自由にやることが出来ますし、
洗い場と灰捨て場、トイレや自販機があるので設備面は安心です。

但し、木が少なくて日陰になる所があまりないので、
暑さや日焼けが気になるならパラソルやテントがあった方がいいでしょう。

バーベキュー広場のすぐ隣に駐車場があるので荷物の搬出入は便利です。
遊具のある芝生広場も目の前なので、子連れでのバーベキューには最適!



ここがオススメ!

 緑や花が多く自然が豊かな公園です。散策散歩するのにもってこい!

 駐車場の前にバーベキュー広場や遊具広場があって便利です!


ここはイマイチ!

× 遊具がしょぼいですね… 遊具目当てに行くところではないです

× 近くに駅がないので公共交通機関で行く場合はバスのみで不便



☆ 山田池公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 山田池公園 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


大仙公園

公園(大阪)
07 /16 2012
DSCN1250.jpg DSCN1236.jpg

大阪府堺市にある大仙公園へ行って来ました!

ここは、日本最大の仁徳陵古墳や履中陵古墳を擁する百舌鳥古墳群内に位置し、
日本の歴史公園100選にも入選している堺のシンボルパークです。

公園内には堺市の緑化推進の中心である堺市都市緑化センターをはじめ、
日本庭園や平成の森など身近な自然とふれあえる場や、堺市博物館、
中央図書館、自転車博物館、茶室など歴史や文化を学べる施設もあります。

高さ60mある大仙公園のシンボルタワー「平和塔」は、堺大空襲などの死者、
堺市の戦没者らの鎮魂を祈念して1971年に建設されました。(内部は非公開)


DSCN1239.jpg DSCN1251.jpg
DSCN1271.jpg DSCN1274.jpg

中央部にある江戸時代のため池を改修して造られた「どら池」周辺では、
ソメイヨシノやオオシマザクラなど約400本の桜が植えられ「桜の園」といわれ、
満開の時期には辺り一面が桜色のベールに包まれとても美しいみたいです。

園内には他にもいくつか綺麗な花壇があったり、緑も豊かで気持ちが良い!


DSCN1281.jpg DSCN1278.jpg

広大な芝生広場では、ボール遊びをしたり思いっきり走り回ったり出来ます。
犬の散歩をしている人も多く、市民の憩いの場っていう雰囲気がありますね。


DSCN1264.jpg DSCN1262.jpg
DSCN1266.jpg DSCN1270.jpg

児童の森・遊具広場では、主に幼児向けの遊具が複数設置されていました。
特に危なそうな遊具は無かったので、安心して遊ばせることが出来ます。
まぁ、遊具目当てで遠方からわざわざ行くような感じではありませんが…


DSCN1286.jpg DSCN1287.jpg
DSCN1256.jpg DSCN1254.jpg

続いて、公園内にある各施設についてのご紹介です。

自転車博物館サイクルセンターでは、日本で唯一の自転車博物館として
世界最古の自転車などの実物展示を行い、自転車産業の町・堺から
自転車文化を発信しています。

自転車広場では毎月第2・4日曜日と祝日にクラシック自転車のレプリカに
体験試乗(20分300円)ができ、また自転車に乗れない方を対象に
無料の自転車乗り方教室(予約必要)もあります。

中央図書館は、堺市の地域資料を数多く揃えており、
堺の図書サービスにおける中枢施設の役割を果たしています。


DSCN1244.jpg DSCN1301.jpg
DSCN1245.jpg DSCN1246.jpg

堺市博物館は、市制90周年記念事業として昭和55(1980)年に開館し、
生涯学習と市民文化の向上のため、堺市の歴史、美術、考古、民俗に関する
博物館として、多くの資料を収集、保存、展示しています。

博物館の隣には、国登録有形文化財の茶室「伸庵」「黄梅庵」があります。
建物は茶室を含めて10室の和室を持つ風雅な二階建てで、立礼席(約20席)も
設けており、気軽に抹茶を楽しむことができます。(一服・干菓子付 300円)


DSCN1291.jpg DSCN1248.jpg
DSCN1296.jpg DSCN1300.jpg

大仙公園は、日本最大の仁徳陵古墳や履中陵古墳を擁する百舌鳥古墳群内に
位置していて、公園内にも古墳が何カ所かありますし、特に歴史の授業でも習った
前方後円墳の仁徳天皇陵はぜひ立ち寄ってみましょう!(中には入れませんが)

この公園は資源の歴史性・文化性などの価値だけではなく、これらの資源を活かして
優れた景観・環境が形成され、公園として一体性のある魅力を創出しています。


アクセスは、JR阪和線の百舌鳥駅から徒歩約5分、駐車場も完備しています。
駐車料金:2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)



ここがオススメ!

 仁徳天皇陵など古墳が多く堺の歴史や文化を感じれます!

 堺市博物館や茶室・庭園、自転車博物館など見どころがたくさん!

 広大な芝生広場や遊具広場もあるので子供が遊べる場所もあります!


ここはイマイチ!

 遊具は主に幼児向けです。小学生以上はたぶん物足りないでしょう



☆ 大仙公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内・施設案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 堺市ホームページ 大仙公園
→ 堺市博物館
→ 堺市茶室「伸庵」「黄梅庵」
→ 大仙公園 日本庭園
→ 自転車博物館サイクルセンター
→ 堺市中央図書館
→ Google Mapで場所を確認する


花博記念公園 鶴見緑地

公園(大阪)
07 /10 2012
DSCN1090.jpg DSCN1107.jpg

大阪市鶴見区にある花博記念公園鶴見緑地へ行って来ました!

ここは、大阪市と守口市にまたがる大阪を代表する公園で、
平成2年(1990年)に国際花と緑の博覧会(花の万博)が開催され、
その会場跡地約126haについて再整備された広大な敷地内では
花と緑がおりなす豊かな自然を満喫し、気軽にスポーツも楽しめます。


DSCN1105.jpg DSCN1104.jpg
DSCN1233.jpg DSCN1186.jpg

まず思うのは、緑が多く大きな池やせせらぎもあってメチャ気持ち良い!
さすが花と緑の博覧会が開催された場所だけありますね。

園内には季節の草花を中心に、風にそよぐ竹やぶ、せせらぎ、日本の里山や
田園を思わせるなつかしい風景などが広がり、散策・散歩にもってこいです。


DSCN1154.jpg DSCN1152.jpg

52,500平方メートルもある広大な芝生広場では、のんびりお弁当を広げたり、
ひなたぼっこにも最適。ボール遊びやかけっこなどで思いっきり遊べますね!


DSCN1091.jpg DSCN1093.jpg

中央口付近にある噴水広場では、夏シーズンに水遊びが楽しめます。
勢いよく水が噴射されているので子供たちはみんな大喜びしてました!

水遊びは、ここ以外に川のせせらぎ部分でも楽しむことが出来ますよ。
シーズン中は子供の水着や着替え持参で行くといいでしょう。


DSCN1162.jpg DSCN1160.jpg
DSCN1158.jpg DSCN1161.jpg

緑のせせらぎでは、高原、林、草原をイメージして造られた、
緑豊かな全長850mの渓流。木立の中を流れに沿って散策することができます。

沼池になっているところでは、みんなザリガニ獲りを楽しんでいました。
しかも、結構いっぱいザリガニがいる!! 簡単な仕掛けとカゴは必須です。

その他、メダカを獲ったり、トンボやセミなどいろんな虫を捕まえたり、
大阪市内でこんなに自然での遊びが出来るところがあるんですね。


DSCN1201.jpg DSCN1202.jpg

子供が楽しめる遊具広場は、北西口方面にある「子供の森」と、
西口付近にある「幼児広場」の2か所に設置されています。

子どもの森ですが、以前は「なにわっこランド」という名称で、
恐竜がテーマになった遊具やお城をイメージした遊具などがあり、
長さ53mもあってスリルがあるローラースライダーなど、
中学生くらいまでの幅広い子供達が楽しめる大型遊具があったのですが、
現在は老朽化に伴って完全閉鎖していました…(再開時期は未定)
→ なにわっこランドのレポート記事はこちら


DSCN1189.jpg DSCN1204.jpg
DSCN1188.jpg DSCN1212.jpg

その代わりにプラスチック樹脂の素材をメインにした幼児向け遊具が
いくつか新たに設置されていましたが、小学生以上には少し不満かも?

ローラースライダーなどスリル感があるようなモノはもうありません…


DSCN1195.jpg DSCN1198.jpg

逆に幼児くらいの小さな子供にとっては最高の遊び場所になるでしょう!
安全な遊具ばかりですし、遊ばせる親にとっても安心出来ます。


DSCN1184.jpg DSCN1179.jpg
DSCN1180.jpg DSCN1181.jpg

公園の中心からは遠く離れた西口付近にも幼児向け遊具広場がありますが、
こちらへはわざわざ行く感じではないでしょう。歩いて結構時間かかりますしね…


DSCN1216.jpg DSCN1217.jpg

子供の森近くには、乗馬苑がありました。
乗馬教室や体験乗馬のほか、ひき馬コースやポニーにも乗れます(要予約)

近くで乗馬の見学が出来るので、こちらも小さな子供さんは喜ぶでしょう!


DSCN1167.jpg DSCN1170.jpg
DSCN1164.jpg DSCN1171.jpg

バーベキューについては、バーベキュー・キャンプ場も完備しています!

利用の際は、前日までに電話または来所により申込予約が必要です。
土日祝など人気がある日は抽選で決めるらしいので、詳しくはホームページで
ご確認ください。→ 鶴見緑地バーベキュー・キャンプ場

利用料ですが、炭式のバーベキューは無料!! ※電気式のみ2時間:1000円

こちらではテーブル・イス・野外炉・炊事棟・テントサイトの設備がありますが
バーベキュー・キャンプに必要な器具、食材等はすべて持ち込みです。

緑の中でやるバーベキューはほんと楽しそう!


DSCN1219.jpg DSCN1221.jpg
DSCN1222.jpg DSCN1225.jpg

国際庭園は、花の万博の際に55の国や国際機関から出展された庭園と
4つの日本庭園からなるメモリアルガーデンです。

それぞれに趣の異なる庭づくりにお国柄がしのばれますし、
ぷらぷらゆっくり散歩してみると面白いと思いますよ。

その他にもバラ園や花桟敷、四季の庭など、花博の跡地らしく
緑や花々を楽しめるいろんな施設がありました。


DSCN1106.jpg DSCN1109.jpg
DSCN1153.jpg DSCN1235.jpg

最後にアクセスや設備面ですが、公園内には売店や自販機の飲食系、
トイレやベンチも各所に整備されているので休憩等には困りません。

体育館やテニスコート・運動場、プールにパークゴルフなど
スポーツレクレーションも楽しむ設備もバッチリあります!

アクセスは、地下鉄の鶴見緑地駅を降りたらそこはもう公園内ですし
駐車場も6カ所あって、園内の主な目的地に合わせて選べます。

駐車料金は平日:30分100円(上限700円)、土日祝:20分100円(上限1000円)

また公園内には、世界の花と緑に出合える大温室の「咲くやこの花館」と
環境やエコを学べる「生き生き地球館」と、「鶴見緑地プール」もあるので
詳しくは以下の体験レポート記事をご覧ください!
→ 関西おでかけナビ 咲くやこの花館・生き生き地球館
→ 関西おでかけナビ 鶴見緑地プール



ここがオススメ!

 花博の跡地らしく緑と花が多く自然が豊かな素晴らしい公園です!

 設備が充実! 遊具あり水遊びが出来てバーベキューも出来る!

 アクセスが便利! 駅前が公園で駐車場も合計2000台以上です!


ここはイマイチ!

× 遊具が完全に幼児向けとなりました。大型遊具の改修復活を望む!

× 土日祝のバーベキュー場は人気があって予約が取りにくいみたい



☆ 花博記念公園 鶴見緑地 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 花博記念公園鶴見緑地 ホームページ
→ バーベキュー・キャンプ場 案内ページ
→ 咲くやこの花館 ホームページ
→ 鶴見緑地プール ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


万博記念公園

公園(大阪)
07 /05 2012
DSCN1007.jpg

大阪府吹田市にある万博記念公園へ行って来ました!

ここは、日本万国博覧会(大阪万博)の跡地を整備した公園で、
正式名称は日本万国博覧会記念公園、通称は万博公園と呼ばれています。

総敷地面積は264ヘクタールで、阪神甲子園球場の約65倍の広さに相当する
広大な敷地内には、各種スポーツ施設や文化施設、芝生広場や大型遊具、
庭園やバーベキュー場などがあり、大阪有数の総合公園となっています。


DSCN0874.jpg DSCN1008.jpg

公園内は、主に自然文化園・日本庭園と博物館など文化施設に分かれており、
自然文化園と日本庭園の共通入園料は大人250円・小中学生70円と有料制です。
公園に入園するだけで有料とは珍しいですね・・・

アクセス面は、大阪モノレールの万博記念公園駅と公園東口駅が目の前にあり
駐車場も何カ所かあるので便利! (駐車料金は平日800円・土日祝1200円)


<自然文化園>

それでは、自然文化園から順番にご紹介していきます!

DSCN1006.jpg DSCN0927.jpg
DSCN0925.jpg DSCN0908.jpg

中央口のゲートをくぐると、まずは太陽の塔がそびえたっています。

芸術家の岡本太郎氏が手掛けた大阪万博のシンボルとなった建造物で
あまりにも有名なので誰もが知っていると思いますが、
でも裏側がどうなっているかは実際に行って見ないと以外と知らないかも!?

実は、背中にも太陽をモチーフした絵が描かれていたんですねww

太陽の塔の裏側は「お祭り広場」というスペースになっており、
毎月フリーマーケットや様々なイベントが開催されています。

また、周りには芝生広場がいくつもあって思いっきり遊べますよ。


DSCN0882.jpg DSCN0881.jpg

そして、ここ万博公園は子供が楽しめる遊具などが充実しています。
大型遊具が園内3カ所とサイクルボートやおもしろ自転車など盛りだくさん!

中央口から一番近い「万博おもしろ自転車広場」では、
街では乗ることができないユニークなおもしろ自転車が約40種100台もあって、
家族みんなで遊べる広場です。(3歳以上有料:30分300円、超過10分100円)


DSCN0884.jpg DSCN0888.jpg
DSCN0886.jpg DSCN0889.jpg

自転車広場の隣には「やったねの木」という大型遊具が設置されていて、
高さ12m、全長30mの超大型ローラーすべり台が2基交差しスリルがあります。

また、センサーに触れると6mのサークルから霧が90秒間噴出する
「潮吹きクーちゃん」や、体力を維持を目的とした各種健康遊具や、
目や耳の不自由な方でも楽しめるユニバーサル遊具もありました。


DSCN0912.jpg DSCN0914.jpg
DSCN0915.jpg DSCN0916.jpg

バーベキュー場の前にある「ぼうけん海の広場 エキスポみらいgo!」では、
船をモチーフにした大型遊具があります。下は砂場となっており
こちらの遊具広場は主に幼児向けですね。

ここには、ベンチや自販機・トイレなどの設備が充実しているので
ゆっくり休憩しながら子供を遊具で遊ばせておくことが出来そうです。


DSCN0911.jpg DSCN0972.jpg

園内西側の「もみじ川」では、せせらぎがあって夏場に水遊びも可能かな?

川の両側にはこれまた大きな芝生が広がっており、とても気持ちが良いです。
ワンちゃんなんか連れて行ったら、メッチャ喜んで思いっきり走り回りそうですが、
残念ながらここ万博公園内はペットの入園が禁止されています…


DSCN0974.jpg DSCN0978.jpg
DSCN0977.jpg DSCN0976.jpg

3カ所目の遊具、もみじ川の近くにある「わくわく池の冒険広場」では、
ふわふわネットのトランポリンや、やわらかい山型すべり台などがあり
魅力いっぱいの遊具で子供が楽しく遊べます。


DSCN1001.jpg DSCN0983.jpg
DSCN0989.jpg DSCN0985.jpg

森の空中観察路「ソラード」では、造成から40年を経て成長した森の表情を、
これまでのような平面からだけではなく空中観察路や展望タワーを通して、
森の大きさや生態などを観察することができます。

空中観察路は全長約300m・高さ3~10mあって、途中には水気圧計や
プリズム観察器・集音器・万華鏡など様々な観察ツールが設置されています。


DSCN0999.jpg DSCN0998.jpg

高さ19m、標高で82mある展望タワーからの眺めは最高です!
万博公園がどれだけ広大で自然豊かな所なのか実感出来ますよ~


DSCN0980.jpg DSCN1004.jpg
DSCN0922.jpg DSCN0967.jpg

その他、サイクルボートに乗れる池や、森の足湯、自然観察学習館など
自然文化園の中だけでもいろいろ施設や見どころがあります。
ほんと一日では全て廻り切れないほど充実した公園ですね。


DSCN0918.jpg DSCN0919.jpg

公園内でのバーベキューは、有料バーベキューコーナーのみ可能です。
電話予約制となっているので事前に予約しておきましょう。

設備としては、10人掛けのテーブルが22卓、コンロ、炊事場、ゴミ箱があり
木炭と網は付いていますが、それ以外の食材や食器などは全て持ち込みです。
場内は屋根があるので、当日あいにく雨になっても一応大丈夫です。
→ 料金など詳細はこちら


<日本庭園>

DSCN0933.jpg DSCN0936.jpg DSCN0934.jpg DSCN0946.jpg

続いて、日本庭園のご紹介です。 ここは日本万国博覧会に政府出展施設として、
日本の造園技術の粋を集めて造られた名園です。

西から東に向かって流れるせせらぎに沿って、上代から中世、近世、現代へと
4つの造園様式を取り入れ、わび・さびの世界に時を忘れる贅沢な散歩道へと
いざないます。また、庭園の設計は、水の流れに人類の進歩と時の流れを
象徴させ、全体として調和のとれた一つの作品を作ることも意図しています。


DSCN0941.jpg DSCN0943.jpg

蓮池では6250m2の池に26種の花ハスと7種のスイレンが初夏の訪れとともに、
池一面咲き誇ります。開花に合わせて毎年早朝観蓮会を実施しています。


DSCN0953.jpg DSCN0952.jpg
DSCN0940.jpg DSCN0956.jpg

庭園内には小さな滝があり、泉や池へと水が流れ出ています。

見どころとしては、ボタン桜・つつじヶ丘・花しょうぶ田をはじめ
たくさんあるのでここでは全てをご紹介しきれないですが、
庭園内をゆっくり散策しながら一周するのに30分以上はかかるでしょう。

途中には休憩出来る茶室や料理屋、トイレやベンチもあるので安心です。

日本庭園にも緑や池などが多く、水が流れるせせらぎもあるので、
散歩していてとても気持ち良いと思いますよ~!


<EXPO'70パビリオン>

DSCN0894.jpg DSCN0907.jpg

ここEXPO'70パビリオンは、1970年の日本万国博覧会当時の出展施設であった
鉄鋼館を利用し、博覧会の記念館として2010年3月にオープンしました。

未公開を含む約3000点もの資料や写真映像が一堂に公開されているので、
実際に万博へ行ったことのある方にとっては懐かしいのではないでしょうか?


DSCN0896.jpg DSCN0902.jpg
DSCN0897.jpg DSCN0898.jpg

展示については、常設展示と企画特別展に分かれています。

常設展示室(回廊展示)では、パビリオン2階160mの回廊の壁と天井に
博覧会当時の現物資料や写真や映像を展示しており、
時間と空間を越えて博覧会がそこにあるような展示構成になっています。

大阪万博を知らない私でも、この大阪万博がどれだけ規模が大きくて
凄いイベントだったのかは展示内容を見て想像出来ました(笑)

企画特別展は時期によって内容が変わりますので、
詳しくは公式ホームページでご確認ください。

入場料は、大人200円で中学生以下は無料です。


<国立民族学博物館・大阪日本民芸館>

DSCN0961.jpg DSCN0962.jpg

国立民族学博物館は、民族学に関する調査・研究を行うとともに
その成果に基づいて、民族資料の収集公開などの活動を行い、
これらを通して、世界の諸民族の社会と文化に関する情報を人々に提供し、
諸民族についての認識と理解を深めることを目的としています。

常設展示は、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、西アジア、
南アジア、東南アジア、中央・北アジア、東アジアに大きく分けた地域展示と、
音楽・言語などの展示があり、ビデオテークでは、世界の人びとの生活や
技術などを記録したビデオ番組を見ることができます。

また、年に数回、特定のテーマにそった特別展や企画展をおこなっています。
詳しくは公式ホームページでご確認ください。

入館料は、大人420円、高大生250円、小中学生110円です。


DSCN0929.jpg DSCN0931.jpg

大阪日本民芸館は、日本万国博覧会に日本民藝館(東京・駒場)が
「暮らしの中でつちかわれてきた工芸品の実用性に即したうつくしさを
見てもらおう」と、国内展示館「日本民芸館」を出展しました。

それを引き継ぎオープンしたのが大阪日本民芸館で、
国内外の陶磁器や染織品など、各地の優れた工芸品を展示しています。
詳しくは公式ホームページでご確認ください。

入館料は、大人700円・高大生450円・小中学生100円です。


というわけで、万博公園内の主な施設についてご紹介しましたが、
これ以外にもガンバ大阪の本拠地であるスタジアムをはじめ
大小様々なグランドや野球場などスポーツ施設も完備しています。

ほんと、一日では周り切れないほど広大で設備充実した総合公園です!
水曜日(祝日の時は木曜)は定休日で公園内に一切入れないので注意しましょう。



ここがオススメ!

 遊具広場や芝生広場など遊ぶところがたくさんあります!

 緑豊かで池や川のせせらぎなど水も多く自然を満喫出来ます!

 有料なので設備充実! 売店・自販機・トイレなど困りません!


ここはイマイチ!

× なんで公園に入るだけでお金がいるの!?って思いますが…

× ペット入園禁止! 自転車の持込も禁止! 17時で閉園する!

 とにかく広すぎて疲れました。一日で廻るのはしんどいですね



☆ 万博記念公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内などは以下のホームページでご確認ください
→ 万博記念公園 ホームページ
→ 国立民族学博物館 ホームページ
→ 大阪日本民芸館 ホームページ
→ EXPO'70パビリオン ホームページ
→ バーベキューコーナー 詳細ページ
→ Google Mapで場所を確認する


八幡屋公園

公園(大阪)
05 /15 2012
DSCN0358.jpg DSCN0386.jpg

大阪市港区にある八幡屋公園へ行って来ました!

ここは、大阪市が管理している総合公園で、遊具のある芝生広場と
ユニークな外観のプールと体育館と公園が一体化した景観が特徴です。


DSCN0383.jpg DSCN0357.jpg

国際レベルの競技会場としても使用され最新の設備を誇る、
大阪プールと大阪市中央体育館は、ともに1997年のなみはや国体開催に
伴って扇町公園から現在地へと移転してきました。

大阪プールの設備としては、50mプール・飛び込みプール・25mプール・
スケートリンク(冬期)があり、25mプールは通年営業しています。
→ 大阪プールの詳細はこちらから


DSCN0384.jpg DSCN0362.jpg
DSCN0381.jpg DSCN0379.jpg

面白いのは、中央体育館の建物が半地下式になっていて、
屋根の上全体が樹木や芝生で覆われおり、遊歩道も整備されています。
グリーンヒルズという景色が良い展望スペースがあるので、
ちょっとした散歩コースにぴったりですね。

芝生広場には花壇があったり、都会のオアシス的な緑豊かな公園です。


DSCN0364.jpg DSCN0365.jpg
DSCN0372.jpg DSCN0366.jpg

芝生広場には「風の砦」と呼ばれる木製の複合アスレチック遊具があります。

ローラースライダー・ジャングルジム・トンネルなど、
幼児から小学生低学年くらいの子が楽しめそうな遊具広場となっていました。


DSCN0369.jpg DSCN0368.jpg
DSCN0374.jpg DSCN0376.jpg

遊具にはアスレチック要素がありますが、あまり危険なものはありません。
小さな子供でも安心して遊ばせることが出来ると思います。

その他の遊具は、幼児用のどこにでもある定番のプラスチック製の遊具と、
ブランコが2つある程度ですね。あとは滑り台の下が砂場となっています。

遊具の数は少し物足りない感じですが、遠方からわざわざ行くような公園でも
ないので、地域の公園としてはこんなもんでしょうか!?


設備面は、ベンチ・トイレ・自販機はありますし、駐車場も敷地内に完備!
電車で行く場合も、地下鉄・朝潮橋駅の目の前が公園なんでアクセス抜群です。

駐車場は、みなと通り沿いと中央体育館側と2か所ありますが
みなと通り沿いの「八幡屋公園駐車場(タイムズ)」の方が便利でしょう。

料金は、8:00~20:00 30分200円、20:00~翌8:00 1時間100円
平日のみ当日最大料金500円(24時迄)となっています。

土日祝日は最大料金の適用がなく、長時間駐車は高くつくので注意!



ここがオススメ!

 緑豊かな都市公園。体育館の上が散歩道になっていて面白い!

 大きな芝生広場とアスレチック遊具があって子供が楽しく遊べます!

 駐車場は24時間営業。地下鉄・朝潮橋駅前。アクセスと設備面良し!


ここはイマイチ!

 遊具の充実度では遠方からわざわざ行くような公園ではないかな?

× 土日祝の駐車料金は30分200円で上限無し! 長時間は高くつきます



☆ 八幡屋公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 八幡屋公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


新幹線公園

公園(大阪)
11 /30 2011
P1020624.jpg

大阪府摂津市にある新幹線公園に行って来ました!

ここの公園は、安威川とJR貨物ターミナルとの間の安威川堤防上にあり、
0系新幹線の先頭車両と電気機関車が展示してあります。

公園ということで、いつでも入場無料にて展示車両を見ることが出来ます。


P1020614.jpg P1020618.jpg
P1020621.jpg P1020623.jpg

0系新幹線車両は、昭和44年に製造され16両編成の先頭車両の1号車として、
東京―新大阪―博多間を昭和59年10月27日まで約532万km(地球を約133周)
を走り、役目を終えたのち、この新幹線公園に来て展示されています。

電気機関車は、戦後の代表的な機関車で、最も多く製造された車両です。
昭和29年に製造され、東海道本線、高崎線で貨物用として働き、
昭和58年1月に廃車されるまで、阪和・紀勢線でみかん輸送等に活躍していました。


P1020628.jpg P1020616.jpg

毎月第2・第4日曜日の午前10時から12時まで、午後2時から午後4時まで
一日2回展示車両の内部を公開しています。

この時には、新幹線車両の車内はもちろんのこと運転席に座ることができ、
電気機関車もおなじように運転席に入ることができて子供には大人気のようです!

私が行った時は内部公開していない日で、外から車両を見るだけだったので
体験していませんが、実物の新幹線の運転席に無料で座れるのは良いですね。

内部公開日は、持参したお弁当を新幹線車内で食べたりすることも可能らしいので
せっかく行くのなら、公開日に合わせてお弁当持参で行ってみてはいかが!?


P1020625.jpg P1020635.jpg

敷地内には駐車場が無く、近くにコインパーキングも無さそうなので
徒歩15分程のところにある摂津市役所の駐車場に止めるしかないです。

公共交通機関でも、モノレール摂津駅、南摂津駅から徒歩20分かかり
最寄りのバス停である鶴野橋からも徒歩10分なので少々不便な所にあるかな。

公園内の遊具は、写真にある幼児用遊具が2つあるだけで寂しい限り…
トイレも見当たらない!? ほんとにただ新幹線が展示してあるだけでした。

また、新幹線公園の近くには鳥飼車両基地があり、フェンス越しになりますが、
たくさんの新幹線を見ることが出来るので、ついでに是非とも行ってみましょう。


P1020630.jpg P1020611.jpg

今回は11月終わりだったので、枯れ葉が散る殺風景な写真ですみません…

中央環状線から新幹線公園までの堤防沿い約400mは、
春になるときれいな桜のトンネルとなり、多くの人で賑わうそうです。

新幹線公園に行くのは、桜が満開に咲いてる内部公開日がベストでしょう!(笑)



ここがオススメ!

 実物の新幹線と電気機関車が無料で見れる!

 内部公開日は、運転席にも座れます!

 桜のシーズンは、綺麗な桜トンネルとなり多くの人で賑わう!


ここはイマイチ!

× 内部公開日以外では、見学時間10分もあれば十分でしょう

× ただ実物車両が展示してあるだけ。遊具も少なく設備に不満

× 駐車場が無いし最寄り駅からも遠く、不便なところにあります



☆ 新幹線公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 摂津市 新幹線公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


久宝寺緑地 (久宝寺緑地プール)

公園(大阪)
10 /06 2011
P1020038.jpg P1020036.jpg

大阪府八尾市にある久宝寺緑地へ行って来ました!

ここは、服部・鶴見・大泉と並ぶ大阪4大緑地のひとつで、
甲子園球場の約10倍の広い園内には、「花の広場」や「ファミリー広場」などの
憩いのスペースに加え、本格的なスポーツ施設も勢揃いしています。

公園北部側に、遊具広場・芝生広場・バーベキューも出来るファミリー広場などがあり
南部側は、野球場・陸上競技場・屋外プールなどスポーツ系施設が中心になります。


P1020019.jpg

子どもの遊具広場は、園内に2ヵ所あります。

園内東部にある「もくもく元気広場」には、
大小様々なすべり台を組み合わせたコンビネーション遊具があり
アスレチック要素もあってみんな楽しそうに遊んでいました。


P1020012.jpg P1020025.jpg
P1020017.jpg P1020021.jpg

ローラー滑り台の他に、ネットくぐり、丸太のぼり、ターザンロープなどありますが
どれもそんなに危険な感じでは無いので、幼児でも十分に楽しめると思います。


P1020033.jpg P1020023.jpg
P1020013.jpg P1020016.jpg

また、もくもく元気広場には幼児専用の遊具スペースもあります。

柵で囲ってあるので、小学生など大きい子供さんとは別で遊ぶ事が出来ます。
走り廻る大きい子たちと接触してこけたりすることもなく、その辺は安心ですね。

敷地内には、砂場やスプリング遊具、ジャングルジム、シーソー、小さな滑り台など
どれも安全そうな遊具ばかり設置されていました。


P1020006.jpg P1020030.jpg

このもくもく広場周辺には、広大な芝生広場や、砂のグラウンドもあるので
ボール遊びをしたり、走り廻ったりと、思い存分体を動かすことが出来ますよ~


P1010987.jpg

園内の北部に位置する「まいまい広場」には、
まいまい(かたつむり)をモチーフにした様々な遊具が設置されています。


P1010979.jpg P1010991.jpg
P1010997.jpg P1010998.jpg

巻貝の中の階段をぐるぐる昇ったり、カタツムリのトンネルをくぐったり
ロッククライミングのように壁を登ったりして、探検することが出来ます。

スリルのあるような遊具では無いので、小学生以上になると少し物足りないかも。
どちらかと言うとここの広場にある遊具は全体的に幼児向けって感じかな?


P1010975.jpg P1010974.jpg
P1010996.jpg P1010977.jpg

金魚やカエルの形をした滑り台もありましたが、どれも短い滑り台でした。
その他、ジャングルジム・ブランコ・鉄棒の他、ちょっとした芝生広場があります。


P1010980.jpg P1010985.jpg

ここの「まいまい広場」にも、乳幼児専用の遊具スペースがありました。

よちよちランドという名前がついていて、スプリング遊具・滑り台・ブランコなど
1歳くらいの子からでも遊べそうな小さな遊具に、定番の砂場もちゃんとあります!

こちらも柵で囲ってある独立した遊具スペースなんで安心ですね。


P1010993.jpg P1010994.jpg

まいまい広場周辺にも芝生広場やちょっとした水遊び場もあるので、
遊具以外にいろんな遊び方で楽しむことが出来ます。


P1020034.jpg P1020010.jpg

桜の木があるファミリー広場は、バーベキューエリアとして開放されていて
お花見や秋の紅葉など、行楽シーズンはご家族連れ等で賑わっています。

バーベキューはファミリー広場の指定区域でのみ可能です。
炭捨て場がありますが、炊事など水関係はトイレの手洗い場を使うしかありません。

周りに木々がたくさんあるので、適度に日陰があるのは嬉しいですね。
遊具広場や芝生広場も近いし、子連れでのバーベキュースポットとしてお勧め!


image.jpg

夏季シーズンには、久宝寺緑地プールがオープン!
浅い水深なので子供でも安心して水遊びが出来ます。

50mプールが2面、25mプールが1面、変形プールが1面の屋外プールで、
スライダーはありませんが、幼児用のちょっとした滑り台はありました。

変形プールの「中の島」にあるやヤシが、なんともエキゾチックで
日常の生活を離れて、水と親しむ憩いの場となっています。

■ 開館時間:午前9時30分~午後6時まで。
(7月25日以降の日曜・お盆休み午前9時~)
(入場は午後5時まで、遊泳は午後5時30分まで)

■ 期間:7月1日~8月31日まで(期間中無休)

■ 入場料:大人800円・中学生400円・小人200円(3才以下無料)



ここがオススメ!

 広大な緑地公園! 遊具広場や芝生広場が充実しています!

 自動販売機やトイレなど適度に設置されていて設備面は安心!

 バーベキュー可能! 夏シーズンには屋外プールもオープン!


ここはイマイチ!

× 遊具類はどちらかといえば幼児向けがメインです

× 駐車場から遊具広場やバーベキューエリアへは少し距離があります



ここ久宝寺緑地は、いろんな遊具があり、芝生広場があり、スポーツ施設が充実で
緑豊かで散歩も出来て、バーベキューも出来て、夏はプールもあってと
公園として欲しい設備がほとんど揃っているという印象でした。

家族で半日のんびりとおでかけするにはお勧めの公園ですね!


駐車場は園内に3か所あり合計810台駐車可能ですが、
バーベキューシーズンの休日は満車の可能性もありえます。

料金は1時間400円(以後1時間ごとに100円)なんで高くないです。



☆ 久宝寺緑地 (久宝寺緑地プール) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府公園協会 久宝寺緑地 案内ページ
→ いこいこ大阪の公園 久宝寺緑地 
→ Google Mapで場所を確認する



大阪ふれあいの水辺 (毛馬桜之宮公園)

公園(大阪)
09 /05 2011
P1010923.jpg

大阪市都島区にある「大阪ふれあいの水辺」に行って来ました!

ここは、水都大阪の新たな水辺の魅力づくりのため、
一級河川大川(旧淀川)左岸の毛馬桜之宮公園貯木場跡の水辺を活用し、
都心部にはこれまでなかった、直接水にふれたり水辺で憩える空間として
整備された全長155メートルの砂浜(リバービーチ)です。


P1010934.jpg P1010931.jpg
P1010924.jpg P1010966.jpg

大阪市内の中心部に広大な砂浜が出現!というTVニュースを見て
オープン(H23.8.18)から1週間ほど遅れて息子を連れて訪れたのですが、
オープンしたての割には以外とめっちゃ空いていました(笑)

綺麗な砂浜はビーチバレーコートも余裕で作れるくらい広大で、
ほんとに海に行ったみたいに砂遊びが楽しめます!

せっかくなんで、小さいお子さんを連れて行くのなら
スコップやバケツなど砂遊びグッズを是非持参して行きましょう。


P1010965.jpg P1010939.jpg

気になる水質ですが、お世辞にも綺麗とは言えません・・・
一応、ヘドロを除去し、水質浄化装置が設置されているそうです。

そして、ここでは残念ながら遊泳は禁止されています。

川に入って水に浸かったり、水遊びすることは可能なのですが
泳いでいたら見回りしている監視員に注意されて止められます。

川の本流ではないので、流れはほとんどありませんが、
一番深いところでは干潮時で水深1m、満潮時で水深3mにもなるので
十分に注意しましょう!


P1010941.jpg P1010935.jpg

設備面ですが、足洗い場が2か所あるだけです。

隣接している毛馬桜之宮公園内にはトイレはありますが(徒歩1~2分)
基本的に着替えをする場所はありません。私たちは車の中で着替えました。

休憩用のベンチもほとんどなく、日陰になる屋根もないので、
子供を遊ばせておいて親は休憩!なんて時も少し困るかも知れません。

まぁ設備はイマイチですが、わざわざ遠方の海水浴場へ行くまでもなく
都心の砂浜で水遊びが出来るというだけでも有り難いことです!


P1010926.jpg P1010961.jpg

水辺の対岸には大阪アメニティパーク(OAP)があり、
高層ビル群が見える都会の砂浜という景色がなんとも新鮮やなぁ~

アクセスはJR桜ノ宮駅から数分のところに位置するので、
電車で行くことが可能です。

車の場合は、公園駐車場が無いので、近隣のコインパーキングを探して
止めるしかないですね。すぐ近くに駐車場が少ないのでご注意を。


P1010953.jpg P1010958.jpg

隣接している毛馬桜之宮公園をぐるっと見て来ましたが、
砂浜から近い所には遊具類はありませんでした。これは残念かな。

毛馬橋の方まで行くとちょっとした児童遊戯場がありますが、
わざわざ行くほどでもないでしょう。

この公園は、大川の流れに沿った桜並木のプロムナードで知られる
延長4.2kmのリバーサイドパークで、造幣局など歴史的な建物も並びます。

また、水上バスや水陸両用バスにのって大阪観光が出来る大阪ダックツアーの
発着場もこの毛馬桜之宮公園内にありました。


大阪の新名所・都心の砂浜 大阪ふれあいの水辺は、
幼児から小学低学年くらいのお子さんなら楽しく水遊び&砂遊びが出来る
お勧めスポットといえるでしょう!



ここがオススメ!

 都心に広大で綺麗な砂浜が出現! 砂遊び&水遊びが楽しめる!

 川の本流ではないので、流れがほとんどなく安心です!

 JR桜ノ宮駅前のなのでアクセス便利です!


ここはイマイチ!

× お世辞にも川の水が綺麗とは言えませんね…

× 残念ながら遊泳禁止! せっかくなら子供は泳ぎたいでしょうに…

× 設備は足洗い場のみ。駐車場は近隣で探すしかありません



☆ 大阪ふれあいの水辺 (毛馬桜之宮公園) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 毛馬桜之宮公園 ホームページ
→ 水上バスで大阪観光 水陸両用バス ホームページ
→ Yahoo!地図で水辺の場所を確認する


花園中央公園

公園(大阪)
08 /11 2011
P1010808.jpg

東大阪市にある花園中央公園に行って来ました!

ここは、東大阪市の文化・スポーツ活動の拠点となっていて、
緑豊かな公園内には、屋内型児童施設のドリーム21や市民美術センター、
図書館、花園ラグビー場、野球場などの施設があります。

そしてなんといっても、ここにある大型遊具類の満足度が高い!!


P1010769.jpg P1010763.jpg
P1010806.jpg P1010820.jpg

園内は高い木が少なく見晴らしが良いし、ごっつい大きな芝生広場があります。
近くの恩智川が大雨で洪水になった時に貯水する遊水地になっているそうです。

走り廻ったり、ボール遊びしたり、人工池で釣りをしたり、ドッグランまであるので
犬の散歩をしたり、ほんと広い敷地なんで何でも遊びが出来そうですね。


P1010765.jpg P1010768.jpg

また、ちょっとした小川のせせらぎもあるので、夏場には水遊びが楽しめますよ~
水深が浅いので、乳幼児くらいの小さい子にピッタリの水遊び場になるでしょう。


P1010824.jpg

そして、花園中央公園に行く目的でもある遊具広場のご紹介です。

ここは、惑星都市のスポーツスタジアムをイメージしていて、
アスレチックをしながら遊べる大型コンビネーション遊具施設になります。


P1010786.jpg P1010825.jpg

この遊具広場は「ラガーステーション花園」というネーミングで、
遊具にもラグビーボールの形をした滑り台や、ベンチなどがありました。

ラグビーで有名な東大阪の花園に来たんやなぁ~と実感しますわ(笑)


P1010791.jpg P1010781.jpg
P1010811.jpg P1010809.jpg

人気の遊具といえばやっぱりローラースライダーですよね。

広場内にはロケットタワーとボールタワーという2つのスライダーがあり
特にロケットタワーの方は、高低差があってスリルがあり面白かったです。


P1010790.jpg P1010814.jpg
P1010817.jpg P1010815.jpg

ここにある遊具類には、ミルキーウェイやらコスモハイウェイやら
それぞれ名前がついていて、ひとつひとつの遊具が通路で一つにつながっており
合わせてみると非常に大きなコンビネーション遊具となっています。

どれもアスレチック要素のある複合型遊具になっているので、
いろんな年齢の子供たちが思い思いにチャレンジして遊んでいました。


P1010787.jpg P1010792.jpg
P1010795.jpg P1010797.jpg

スライダーやアスレチック遊具は、主に小学生以上が対象となりますが、
幼児など小さい子供を対象とした遊具類も充実しているのでご安心を。

私達親子は、今までも遊具のある様々な公園におでかけして来ましたが、
その中でもここのラガーステーション花園にある遊具にはとても満足しました。

無料で遊べる公園の遊具としては、種類も多く質も高いので超オススメですね!


P1010704.jpg

また、公園内にある屋内型児童施設のドリーム21には、
プラネタリウムや科学館、室内遊具広場もあるので合わせて行ってみましょう。
子供たちは1日中遊んで楽しめますので大喜び間違い無しです!

ドリーム21の詳細、体験レポートはこちらから
→ 関西おでかけナビ ドリーム21



ここがオススメ!

 ラガーステーションの大型遊具の種類が多く質も高い!

 ドリーム21と合わせて行くと一日遊べて大満足でしょう!

 駐車料金が安い! 60分200円で、18時まで上限600円


ここはイマイチ!

× 日陰や屋根付きのベンチが無い! 特に夏は見守る親が大変です

× 自販機やトイレが見当たらなかった。たぶん無いのかな?

 ラグビー開催指定日は駐車料金が1回1000円となるので注意



☆ 花園中央公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 子供も大人も遊べる! 花園中央公園
→ 東大阪市 花園中央公園ページ
→ ドリーム21 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


大阪城公園

公園(大阪)
05 /21 2011
P1010171.jpg

大阪市中央区にある大阪城公園に行って来ました!

と言っても、私が子供の頃から幾度ともなく訪れているお馴染みの公園です。

まぁ、大阪城天守閣をはじめとした重要文化財や大阪城ホール・音楽堂など、
様々な建造物の説明をするのは他サイトにお任せして、ここでは省きます(笑) 


P1010149.jpg P1010138.jpg
P1010137.jpg P1010140.jpg

ここ大阪城公園は、大阪市の中央に位置する総面積105.6haの広大な公園で
数々の重要文化財で歴史を感じ、緑あふれる森、庭園や桃園・梅林など
自然豊かな公園は、四季の装いを感じとることが出来ます。

私が子供の頃はよく、虫とりや、どんぐりや落ち葉拾いをしたり
桜や梅の花見など植物観察をしに行ったのを覚えています。

また、広場やジョギングコース、スポーツ施設も充実しているので、
レクリエーションやスポーツを楽しむことも出来ます。

最近は大阪城公園内へ行く機会もなかったのですが、
久しぶりに広い公園内を息子とプラプラ散歩しながら一周しました。

とにかく広いわ~! というのが感想ですね。

とても広大な公園ですが、歴史と自然を感じながら家族でゆっくりと
散歩する休日の過ごし方もお勧めですよ!


P1010127.jpg P1010143.jpg P1010148.jpg P1010129.jpg

公園内を散歩していて、緑以外でよく目に飛び込んでくるのが「水」です。

園内には、大きな噴水が2カ所とせせらぎがあります。

張り紙を見ると、水の中への立ち入りは禁止とのことですが、
しかし、夏になると子供たちはここで水遊びしまくっていますけど!?

もちろん大阪城の外堀や内堀をはじめ、公園横を流れる寝屋川もあり
水の都大阪らしく、緑と水の光景が美しいですね!


P1010120.jpg P1010119.jpg
P1010136.jpg P1010135.jpg

そして、子連れファミリーで気になる子供の遊び場や遊具類ですが、
森ノ宮駅前の公園入り口付近に遊具広場があります。

ローラー式のロングスライダーと小さな滑り台やアスレチック要素がある
遊具が一体となった複合型遊具がメインです。

遊具はこれ以外に乳幼児向けの小さな滑り台などが少しある程度ですし
遊具広場自体が狭いので、土日など休日はいつも混雑していますね。

遊び場があるのはここだけですし、近くに噴水やせせらぎもあるので
子連れの場合はJR大阪城公園駅ではなく森ノ宮駅からの方が便利です。


P1010153.jpg P1010154.jpg
P1010155.jpg P1010156.jpg

また、園内には期間や曜日限定でロードトレインという乗り物が走っています。

大手門前から桜門前まで園内南部を走る城南ルート(約2km,月曜運休)と、
大阪城公園前駅から青屋門前まで園内東部を走る青屋門ルート(約800m,土日祝
のみ)の2ルートがあります(運賃は中学生以上大人200円・3歳~小学生100円)

特に時刻表は決まってなく、60分に1便の割合で運行しているそうです。
子供は喜ぶと思いますし、もしタイミングが合えば是非乗ってみましょう!


P1010176.jpg P1010177.jpg

最後に大阪城天守閣ですが、今年は現在の天守閣が復興して80周年を迎えます。
やはり天守閣周辺は、多くの観光客で毎日賑わって活気がありますね。

いつも遠目には天守閣を見ていますが、やっぱり間近で見ると迫力ある~!

大阪人があえて通天閣には登らないのと同じで、上の写真のように天守閣を
こんな角度で見ることもあまりないですし、ましてや登ることもないですよね!?

平成7年~9年にかけて天守閣内外の大改修が行われているので、
昔行ったことがある人も、もう一度行ってみても新鮮やし面白いと思います。
天守閣内はリニューアルされて大阪城の歴史博物館になっていますよ~

大阪城天守閣の入館料は大人600円、中学生以下は無料です。
時間は午前9時から午後5時まで(最終入場は午後4時30分)

詳しくは→ 関西おでかけナビ 大阪城天守閣



ここがオススメ!

 大阪のシンボル大阪城天守閣をはじめ重要文化財が多数!

 広大な敷地は水と緑に溢れており四季を感じる都会のオアシス!

 遊具広場やロードトレインなど子供が楽しめる施設もあります!


ここはイマイチ!

× 遊具広場は狭いし遊具の数も少ないので物足りないでしょう

× 駐車場が少ないので休日は満車確実です!

 平日は天守閣前の売店以外閉まってます。飲食物は持込要!



アクセスについて、駐車場は2か所ありますが
合計300台ほどしかないので休日はいつも満車状態ですね…

市内中心部に立地し公共交通機関が充実していますので
なるべくJRや地下鉄・バスなどで行くことをお勧めします!


また、公園内のバーベキューについてですが、
平成23年の春シーズンに一部指定地域にて試験的実施されましたが
現在のところはバーベキュー全面禁止になっています。
早くバーベキュー解禁となればいいですね!



☆ 大阪城公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい

→ 大阪城公園 公式ホームページ
→ 大阪城天守閣 公式ホームページ
→ ロードトレイン 公式ホームページ
→ 関西おでかけナビ 大阪城天守閣
→ Google Mapで場所を確認する



 

深北緑地

公園(大阪)
11 /26 2010
P1000355.jpg P1000307.jpg

大阪府大東市にある深北緑地へ行って来ました!

この公園は普段レクリエーションやスポーツが楽しめる市民の憩いの場ですが
大雨災害時には、増水した水を一時的に公園内に貯めて洪水を未然に防ぐ
遊水地としての役割があるそうです。

高い木が少ないせいか空が大きく広がって見えるのでとても開放的な気分!
そしてちょうど時期的に紅葉がめっちゃ綺麗でした。


P1000340.jpg P1000321.jpg

寝屋川と一体となった深野池を中心とした水辺ゾーンでは、
2羽のコブ白鳥をはじめアヒルやカモがたくさん泳いでいましたよ~

深北緑地周回コースとして1.5km、2km、3kmの散歩コースが設定してあるので
自然豊かな公園内をゆっくり歩きながら散策するのもおススメですね。


P1000308.jpg P1000312.jpg
P1000311.jpg P1000314.jpg

子供の遊具がある広場は公園内に3カ所あります。

まずは園内南部にあるロケット広場ですが、
ロケット発射台型の複合遊具には、スライダーやジャングルジムなどがあって
スネークトンネルなど、18種類もの楽しめる遊具類がありました。

おそらくここの広場が子供の遊び場としてはメインになると思います。
砂場もとても広いので、小さい子ならお砂場セットを持参するといいかも。

このロケット広場へは第一駐車場が近くておススメです。


P1000327.jpg P1000335.jpg
P1000328.jpg P1000330.jpg

次に園内北西部にある恐竜広場には、背中が滑り台になった大きい恐竜と
難破船をモチーフにした滑り台付きの木製複合遊具が2つありました。

ここはあまり人気がなかったですね… 遊具が少なくてすぐに飽きそうかな??
恐竜がボロボロで見た目が痛々しかったのもあるかも~ww


P1000337.jpg P1000331.jpg

どちらかといえば恐竜広場の遊具より、目の前にある広大な芝生広場で
思いっきりかけっこしたり、ボール遊びする方が楽しめるでしょう!


P1000343.jpg P1000349.jpg
P1000345.jpg P1000347.jpg

続いて3カ所目の遊具広場である「とりで広場」です。

こちらには大きなお城や展望台などの大型複合遊具がありました。
アスレチックの要素がある遊具なので大きな子でも楽しめると思いますよ~

こちらの広場へは第2駐車場が近くて便利になります。


P1000325.jpg P1000353.jpg

遊具以外には、お山やカーブをマウンテンバイクで走行出来るコースや
スケボーやローラースケート専用の走行コースがありました。
コースは無料で利用できるので、持ち込みして楽しむのもいいですね。


P1000339.jpg P1000338.jpg

その他、バーベキュー広場やリードを外して犬を散歩出来るドッグラン、
テニスコートや軟式野球場など、スポーツを楽しむ施設も充実していました。

バーベキューは指定エリアのみ可能です。
無料ですし予約もいりませんが、洗い場などの設備はありません…

第2駐車場から近いので、荷物の搬入搬出は楽に出来そうでした。


自然が豊かで遊具やスポーツ施設も充実しているので、
家族で散歩がてらおでかけするにはおススメの良い公園ですね!



ここがオススメ!

 空が見渡せるくらい広々としていて開放的な気分になれます!

 遊具やスポーツ施設など遊ぶところが充実しています!

 芝生広場がメッチャ広い! ボール遊びも全然大丈夫!


ここはイマイチ!

× 広い公園内には自販機がなく売店も1カ所のみです

× バーベキュー広場はあるけど特に専用設備は無しです

 目玉になる遊具がなく中小規模の幼児用がメインです



☆ 深北緑地 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府深北緑地公式ホームページ
→ 深北緑地公式サイト エエトコ深北
→ Google Mapで場所を確認する


錦織公園

公園(大阪)
12 /25 2009
PC020090.jpg PC020073.jpg

大阪府富田林市にある府営錦織公園に行ってきました!

ここは大阪みどりの百選にも選ばれている羽曳野丘陵の面影を残す
みどり豊かな自然環境が残っており、昔から河内地方に広がっていた
里山の風景を再現した河内の里や梅の里・桜木の里など四季の移ろいを
肌で体感できる自然散策路が充実しています。

ちょうど訪れた時は紅葉シーズンで、色付いた木々がとても綺麗でした。


PC020071.jpg PC020119.jpg
PC020079.jpg PC020140.jpg

園内には大小いくつもの池があって、自然の雰囲気は抜群です。

何故か「かかし」を発見! かかしなんか見たのは一体いつ以来や!?(笑)
しかもちゃんと顔には「へのへのもへじ」と書いてありましたっ!

展望台からはPLの塔が見えたり、音が鳴る橋があったりと、
もう冬なのに、汗をかきながら園内をぶらっと一周しましたが、
風景が歩くごとにいろいろと変わっていくのでめっちゃ楽しかったです。


PC020081.jpg PC020126.jpg

そやけどまぁ~ とても広大な敷地面積で道のアップダウンも激しく、
公園に来たというよりはちょっとしたハイキングに来たような感じ…

舗装されていない山道のような散策道もたくさんあるので、
動き易い服装で運動靴を履いて行くことをお勧めします!


PC020091.jpg PC020093.jpg

そして気になる子供の遊具エリアですが、園内の北と南に2箇所あります。

まずは園内南部に位置する「やんちゃの里」というところですが、
遊具の種類がとても充実していおり、ここがメインの遊び場となるでしょう!


PC020095.jpg PC020085.jpg
PC020104.jpg PC020086.jpg

特に滑り台の種類が豊富! 距離は短いものばかりですが
府営の公園でよく見かける角度が急でスリルのある大型滑り台など、
幼児~小学生くらいの子供達が楽しそうに遊んでいました。


PC020097.jpg PC020110.jpg
PC020102.jpg PC020109.jpg

滑り台以外にも複合型遊具が3種類ほどあるので飽きずに楽しめます。
うちの息子(4歳)は、ここで2時間くらい全開で遊びっぱなし!

遊び疲れてお腹が減ったり、のどが乾いても大丈夫。
やんちゃの里には、売店と飲料の自販機がありました。
私達が行った平日は残念ながら売店は閉まってましたが、
土日祝は営業しているはず… たぶん!?


PC020128.jpg PC020139.jpg

続いて、園内北部に位置する「水辺の里」という遊具エリアですが、
ここは木製のアスレチックのような複合型遊具が中心となります。


PC020129.jpg PC020092.jpg
PC020133.jpg PC020132.jpg

幼児の場合、一人で遊ぶのにはちょっと危険なやつもあるので、
目を離さず大人がしっかりとサポートした方が良いと思います。

他に滑り台が大小2つとブランコなどありましたが、
遊具の種類や充実度がやんちゃの里よりは少なめでした。

ここだけでは子供にとって不完全燃焼でしょうね~~

2つの遊具エリアはめっちゃ離れた場所にあるので、
広い園内でアップダウンのある坂道をかなり歩くことになりますが、
せっかくなんで是非ともやんちゃの里とセットで楽しみましょう!



ここがオススメ!

 広大な敷地で大自然を満喫! ハイキングに行った気分です

 遊具類が充実! 幼児から小学生まで十分に楽しめます

 様々な散策スポットがあるので飽きずに園内一周できます


ここはイマイチ!

× 道が複雑過ぎてアップダウンも激しいのでかなり疲れます

× あれだけ広い公園なのに売店や自販機が1箇所のみって…

 駐車場は17時に完全閉門。遊具エリアから遠いので注意!



駐車場は北入口と南入口の2箇所にあります。
1日1回600円なのでお手ごろ料金ですね。

メインの遊び場であるやんちゃの里へは南駐車場が近いのですが、
それでも徒歩15分~20分くらいはかかりますよ~ 帰りは特に注意!

あと設備面ですが、トイレはそれなりに数があるので困りませんが、
自販機が一部なので飲み物等は事前に用意しておいた方が良いと思います。

ちなみにバーベキューは全面禁止です! 残念!!

ほんと、ここはハイキング気分で大人も子供も楽しめるいい公園だと思います!



☆ 錦織(にしこおり)公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府営 錦織公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


蜻蛉池公園 (とんぼ池公園)

公園(大阪)
10 /12 2009
P9210838.jpg

大阪府岸和田市にある蜻蛉池公園に行って来ました!

最初は「蜻蛉」って恥ずかしながら漢字が読めなかった私ですが、
「とんぼ」と読みます。

ここは岸和田市中央の丘陵地帯に位置し広大な敷地に自然が豊かで、
おもしろい遊具類が充実しており子供も大人も一日中楽しめる府営の公園です。

そして、ここには「とんぼ」をモチーフにしたユニークな大型複合遊具が特長で、
この遊具をお目当てに、たくさんのチビッコ達・家族連れで大賑わいでした!


P9210880.jpg P9210837.jpg

訪れたのは9月のシルバーウィークということで、紅葉はまだまだでしたが、
数多くの種類の木々・草花が生えていました。公園内にはあじさい広場や
野原の広場といった自然をしっかりと楽しめるスペースも充実しており、
ゆっくりと園内を一周しなが自然を散策するのもオススメ!

また、園内には休憩用のベンチは少なかったのですが、その代わり芝生広場が
あちらこちらにあるので、ビニールシート1枚あればどこでも休憩可能ですね~

おべんとう広場という場所もちゃんとあるので、おでかけは是非お弁当持参で!


P9210840.jpg P9210841.jpg

そして、みんなお目当ての「子供の国」という場所にある遊具スポットですが、
とんぼをモチーフにしていて他のどこにもないオリジナルな遊具が最高です!

この一体型の大型複合遊具は、「とんぼ空港」という名前がついており、
ターミナルから滑走路、おにやんま空港、しおからとんぼ空港などテーマごとに
面白そうな遊具があって、子供達は本当に楽しそうに遊んでいましたよ~


P9210894.jpg P9210892.jpg
P9210842.jpg P9210863.jpg

滑り台は安全の為か硬いゴムラバーのような素材で出来ているものが多く
滑り具合はイマイチかな・・・ 普通の鉄板タイプの滑り台も一応ありましたけど。

ローラー式では無いのでスリル感は欠けますが、その分お尻は全く痛くありません。

とんぼの頭から入って胴体の中を滑る筒状の滑り台などはとてもユニークです!

右下の写真にあるのが滑走路だそうです。結構なスピードが出てましたけど・・・
ちょっと幼児には危険な感じでしたが、やってる子はとても楽しそうでした~


P9210890.jpg P9210843.jpg

小さな子でも楽しく遊べる遊具もありました。アスレチック式のものや、
とんぼの乗り物、シーソーなど、どれも子供心をくすぐるものばかりでした!


P9210881.jpg P9210882.jpg

そして、とんぼ空港から少し離れたところに2本のロング滑り台がありました!

こちらは高低差があり長くて、ローラー式もあるのでスリル感があります。
滑り台を楽しむなら間違いなくこっちの方でしょうね~

但し、滑り台の入り口まで行くのに階段をメッチャ上がります。(しんどい・・・)


P9210846.jpg P9210859.jpg
P9210858.jpg P9210854.jpg

こちらはとんぼではなく、「チョウ」をモチーフにした複合型遊具らしいですが、
たぶん上空から見ないと、横からみても何か全く分かりません(笑) 

こけてもさほど痛くない木製の遊具が中心なので安全面も大丈夫ですね!
ここは高低差があるものはないので、小さな子が安心して遊べると思います。

小さな滑り台にブランコや、広い砂場、鉄琴などがありました。


P9210873.jpg P9210868.jpg

とんぼ池公園ということで、大きな池がありアヒルなどが泳いでいました!

近くの売店では1袋60円でエサを販売しているので、
アヒルやカモなどにエサを与えることが出来るみたいです。

しかし池にはヒモで柵がしてあり、立ち入り禁止の看板が!? 何故??
とはいっても実際は多くの人が水際まで立ち入ってエサをあげてました。

アヒルが人懐っこくてほんまメッチャ可愛いかった~
 

P9210875.jpg P9210876.jpg

丘陵地にある公園ということで展望台もありました。

せっかくなので階段を上がり展望台の頂上まで行ってみましたが、
あれだけ賑わっていた公園内の中でここは人が疎らでガラガラ状態・・・

その理由は・・・ 高さが中途半端で景色に何も特長なし!(写真右)

でも汗をかき一生懸命上がった分、爽やかな風が気持ちよかったです!


P9210867.jpg P9210900.jpg

最後に設備面ですが、トイレが綺麗! これはとても気持ちが良いです。
広大な敷地なので、何箇所もトイレがありましたがどこも綺麗でした。

売店も2箇所にあり、飲料の自販機はもちろんアイスや食料なども売ってます。
いっぱい遊んで小腹がへっても大丈夫ですね。

そして休日ということで大勢の人で賑わっていたので、迷子続出!?

売店の横に臨時の迷子センターが開設されていて、迷子のアナウンスが
園内によく流れていました。

駐車場は「子供の国駐車場」と「テニス村駐車場」の2箇所ありますが、
遊具に近くて便利なのは子供の国駐車場になります。(写真右)

駐車料金は1回600円で、時間による加算はありませんので良心的!



ここがオススメ!

 とんぼの大型複合遊具がメッチャ楽しい!子供は大満足!

 自然が豊かで芝生広場も多いのでとても気持ちがいいです!

 トイレが綺麗で、売店、駐車場の設備充実度もバッチリです!


ここはイマイチ!

× やはり休日は人が多すぎ! 滑り台に長蛇の列も覚悟です

× ベンチがほとんどないので、芝生など地ベタに座るしかありません

× バーベキューは全面禁止です。他の府営公園はいけるのに…



とにかく遊具お目当てなら、子供は大満足間違い無しでしょう!
うちの息子もとても楽しかったみたいで、また行きた~いって言っております(笑)

また、遊具以外にも、広場がたくさんあるのでボール遊びやバドミントンなどをして
遊んでいる家族連れも多くみかけましたし、犬と散歩する人もたくさんいました。

これで、バーベキューOKなら言うことないと思いますが・・・(全面禁止です)

ビニールシートだけは必需品になりますので、お忘れなく!!



☆ 蜻蛉池公園 (とんぼ池公園) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 蜻蛉池公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


浜寺公園

公園(大阪)
05 /05 2009
P4190319.jpg P4190315.jpg

堺市西区にある浜寺公園へ行ってきました!

この浜寺公園は「名松100選」にも選ばれている美しい松林を誇る公園で、
広大な敷地には面白い施設がたくさんあり、オススメの無料遊び場スポットです!


P4190370.jpg P4190316.jpg

園内には子供が楽しめるたくさんの遊具類が設置されてあり、交通遊園やバラ園、
ジャイアントスライダーのあるプールに、テニスコートや野球グラウンドなど
あらゆる設備がある総合公園として、堺市民に親しまれています。

ほんま緑が多くて、美しい花もたくさん咲いていたので、とても癒されました~


P4190321.jpg P4190320.jpg

そしてなんと、嬉しいことに公園内でバーベキューも可能!!

指定エリアに限りますが、芝生の上で堂々とバーベキューが出来て、
ゴミや炭を捨てられる場所があって、トイレには石鹸も備え付けられていました。

後片付けの際のゴミ処理が楽だし、トイレや自販機が何箇所もあって、
設備面が充実しているので、オススメの無料バーベキュースポットでしょう!

私たちが訪れた日は、春のポカポカ陽気の休日だったので、
数多くのファミリーがバーベキューを楽しんでいましたよ~


P4190324.jpg P4190335.jpg
P4190325.jpg P4190332.jpg

遊具エリアは大きく別けて3箇所にあり、公園中央付近にある北児童遊戯場には
ローラースライダーやジャンボ滑り台など、楽しく遊べる遊具の種類が豊富です!

園の中心部にあって遊具の数も多いので、ここが一番人気がありました。

ただし、たくさんの子供たちが元気よく走りまわって遊んでいるので、
乳幼児の小さなお子さんは目配りしないとちょっと危ないような気がするので注意!


P4190369.jpg P4190376.jpg
P4190372.jpg P4190373.jpg

その他の遊具エリアにも、大小様々な滑り台を中心に遊具の種類がメッチャ豊富!

乳幼児が遊べる小さめで安全な遊具から、アスレチックのような複合型遊具に、
定番のブランコやシーソーなど、数え切れないくらいありました。

今まで多くの公園に遊びに行きましたが、浜寺公園の遊具充実度はかなり高い!
子供はもちろんのこと、大人でも十分に楽しむことができました(笑)


そして、ここからが他の府営公園とはひと味違う浜寺公園だけの魅力です!

P4190342.jpg P4190339.jpg

園内中心部のバラ庭園前から、交通遊園という乗り物系の遊び場までを結ぶ
ミニSL(子供汽車)が走っており、うちの息子は汽車に乗れて大喜びしてました~

運賃は大人290円・小人140円と良心的で、3歳までは運賃無料!


P4190343.jpg P4190354.jpg
P4190353.jpg P4190363.jpg

交通遊園に到着して、まず目に付くのが機関車と阪堺電車(チンチン電車)の展示!

チンチン電車の方は自由に入ることができて、運転席に座わって遊べます。


P4190345.jpg P4190349.jpg

なんとなんと! ゴーカートまでありました! まさしく遊園地並みです!

1人乗りと2人乗り用があって、走行距離も速度もまぁまぁ満足できる程ありました。
しかも1人290円(3歳以下無料)と安いので、何回も乗りたくなってしまいますね~

交通遊園ではメインであるこのゴーカートが一番人気で長い行列が出来てました。


P4190356.jpg P4190368.jpg

他には、コイン式のバッテリーカーなどの乗り物や、信号機設備があって、
特に乗り物好きの男の子にとっては最高の遊び場所となるでしょうね~

もちろんこの交通遊園も、入場料が無料です!


DSCN1831.jpg DSCN1830.jpg

また、夏季シーズンにはプールも営業しています。
広大な敷地に様々なプールがあって、ジャンボスライダーや噴水などがあり
子供が楽しめるプール施設となっています。

詳しいレポートはこちらから → 関西おでかけナビ「浜寺公園プール」



ここがオススメ!

 遊具の種類が豊富で楽しい! しかも汽車やゴーカートにまで乗れる!

 バーベキュー可能! 炭やゴミの処理も楽で、トイレ等の設備も充実!

 夏場は、全長100mのジャンボスライダーがあるプールも開園!


ここはイマイチ!

× 休日は駐車場が満車確実で、入庫待ちの長い列ができています… 

 小さなお子様には危険な遊具もあり、人が多いので注意が必要!



この公園のマイナス点といえば、駐車場待ちと人の多さくらいでしょう。
それだけ人気のある面白くて楽しい公園だといえます!

駐車場は何箇所かありますが、場所的に便利なのは第3駐車場です。
(もちろんここから先に車が埋まっていきますけど・・・)

駐車料金は、最初の1時間400円で以後1時間ごと100円なので良心的!

堺市の近隣地域の人はもちろん、遠方にお住まいの方でも行ってみる
価値が大いにあるオススメの公園だと思いますよ!

また、浜寺公園の対岸には泉北臨海緑地という公園もあって、
そこにも冒険広場という遊具エリアや駐車場もあるみたいです。



☆ 浜寺公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府公園協会 浜寺公園ホームページ
→ 浜寺公園プール ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 浜寺公園プール



江坂公園

公園(大阪)
06 /18 2008
P6170076.jpg P6170072.jpg

吹田市にある江坂公園に行って来ました!

ここは江坂駅近くの緑豊かで水が流れる音を感じることができる都会のオアシス!

オフィスで働く方の癒しのスポットであるばかりでなく、遊び場も充実しており、
子どもたちにも人気が高い都市型の公園です。


P6170069.jpg P6170070.jpg

遊具エリアは2つに別れていて、滑り台と砂場が中心の「ちびっこ広場」(写真左)と
ジャングルジムのような木製複合遊具がある「わんぱく広場」(写真右)がありました。

まぁ遠方からわざわざ行くようなタイプの公園ではないので、
少し遊具に物足りなさはありますが、幼児までなら楽しく遊べそうかな!?


P6170074.jpg P6170071.jpg

夏場には、少し狭いですが水で遊べるエリアもあるので
濡れても良いパンツやサンダルは持っていった方がいいでしょう!


P6170080.jpg P6170081.jpg

江坂駅から徒歩3分という場所ですが、意外と敷地が広くて緑が多い!
平日は、サラリーマンやOLたちが休憩している姿をよく見かけますね~


P6170082.jpg P6170083.jpg

綺麗な花や緑がガーデニングされたスペースや、なんと図書館もありました!

花と緑の情報センターという施設では、園芸の専門家が樹木や草花の育て方
などを親切に教えてくれるそうですよ(写真左)

そして市営駐車場が公園内に完備されており、係員のおじさんの対応が良い!
おじさん数人いましたが皆笑顔で愛想がよく、とても気持ちよかったです。



ここがオススメ!

 江坂駅前で便利! 緑が多くてまさに都会のオアシス!

 子供の遊び場も充実! 複合遊具で楽しく遊べます!

 設備良し! トイレ・ベンチ・駐車場・そして図書館まで完備


ここはイマイチ!

 まぁ遠方からわざわざ遊びに行くタイプの公園ではないかな!?

× 敷地が広いわりには、遊具の数が少し物足りない気がします



この公園は桜の名所でもあり、花見シーズンは特に賑わいます。

服部緑地や万博公園のような大規模な公園ではないけど、
地域住民さんにとても人気のある地元の公園って感じですね!

吹田市周辺にお住いの方なら、近くてオススメな遊び場でしょう!!



☆ 江坂公園 ☆

アクセス・公園詳細は、以下のホームページでご確認ください
→ 吹田市・江坂公園ホームページ
→ 花とみどりの情報センター
→ 江坂図書館
→ Google Mapで場所を確認する


大泉緑地

公園(大阪)
04 /22 2008
P4220091.jpg P4220077.jpg

堺市にある府営大泉緑地へ行ってきました!

ここは約200種32万本もの樹木が植えられた一大森林公園です。
花壇、大泉池、大芝生広場などの憩いのゾーンと、スポーツゾーンなどからなります。
園内の池は鳥たちの水飲み場や遊び場となっていて、バードウォッチングにも最適!

ゆったりと散歩しながら園内を一周すると半日かかるコースになるので、
時間に余裕を持って行くのがお勧めですね~ 


そして家族連れが気になる遊具エリアですが、園内に合計3箇所もあります。

P4220060.jpg P4220064.jpg

わんぱくランド(上の写真)には、年季があり古臭い感じがする大型遊具が中心。
幼児が一人で遊ぶには少し危険なんで、付き添いが必要ですが、
高低差のある滑り台が何本か着いているのでスリルがあって楽しめそうです!

P4220068.jpg P4220080.jpg

他にも幼児向けの小さな滑り台・ブランコ・砂場もちゃんとありました。
敷地がかなり広めなので、ボール遊びをすることも出来ましたよ!

わんぱくランドのすぐ近くには便利なコンビニがありますし、
また休日限定ですが園内の売店も営業しているみたいです。
ランチやおやつタイムを緑豊かな気持ちの良い公園で過ごすのも良いですね!


続いて、わんぱくランドとは真反対側の場所にある冒険ランドの紹介です。

P4220085.jpg P4220089.jpg
P4220082.jpg P4220084.jpg

ここはアスレチック系の遊具と大型滑り台・広い砂場があるのが特長。
滑り台はスリルがあって楽しい! 子供達の一番人気スポットでした!!
遊具メインで遊ぶならここのエリアがオススメでしょう。

近くにはサイクルどろんこ広場という自転車専用のモトクロスコースがあり
自転車を持ち込んで、山あり谷ありのコースを楽しむことが出来ます!

もうひとつ園の一番北側に海遊ランドという遊具エリアがありますが、
私達は時間の都合で行ってません・・・
ここは“海”がテーマで、タコのスベリ台や大きなお船の複合遊具があり
幼児を中心とした子どもたちには大人気だそうです!


P4220072.jpg P4220074.jpg

園内を散歩していると、羊小屋を見つけました! 2匹のみですが・・・
木の柵で囲ってミニ牧場風になっており、1日2回餌やりをしてるそうです。

P4220076.jpg P4220090.jpg

園内中心部には公園事務所や大泉池という大きな池や歌壇がありました。
大泉緑地花と緑の相談所では、花や緑、大泉緑地の魅力いっぱいの展示会、
講習会を開催しているそうです。興味がある人はぜひ行ってみてね!


バーベキューは出来る場所が指定されていますが無料でOK!!
ちゃんと炭やごみを捨てるところがあります。水にも困りません。
綺麗なトイレもありますし、広い芝生でバーベキュー! お勧めですね!!



ここがオススメ

 広大な敷地で緑豊か! バーベキューも楽しめます

 3つの遊具エリアにモトクロスコース。子供は大満足間違いなし!

 至る所に綺麗なトイレ有り! 自販機やベンチなどの設備も良し!  


ここはイマイチ!

 駐車場は最初の1時間400円。 以後毎時100円ずつ加算。
   1日最大1200円で頭打ちするんで、まぁええとするかな!?

 工事中の箇所が多くて公園としてまだまだ未完成のようです・・・



個人的感想ですが、子連れなら北摂の服部緑地より楽しいかな!?
やはり遊び場の数がこちらの大泉緑地の方が断然多いですね~

電車で行く場合は地下鉄御堂筋線の新金岡駅が近くにあり便利です。

堺市周辺以外の方も一度遊びに行ってみる価値ありでしょう!!



☆ 大泉緑地 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 大泉緑地ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



花博記念公園鶴見緑地 (なにわっこらんど)

公園(大阪)
11 /30 2007
※ 現在、なにわっこらんどの大型複合遊具・スライダーは老朽化により、
  当分の間、使用中止となっています。(再開時期は未定)



鶴見1

大阪市鶴見区にある花博記念公園鶴見緑地に行ってきました!

その中でも子供の遊具エリアである「なにわっこらんど」をご紹介します。

ここには恐竜がテーマになった遊具やお城をイメージした遊具など、
種類がたくさんあるので乳幼児から小中学生まで十分楽しめる遊び場です!

 
鶴見2 鶴見3

ここのメインで1番人気のある遊具は上の写真にあるジャンボスライダー!

長さと高さが違う4本のローラー式滑り台で構成されていて、
長さ53メートルのストレートスライダーは高さもあってスリル満点です。

何度も滑るとお尻が痛くなるので、ダンボールの切れ端などをお忘れなく!


鶴見4 鶴見5

その他に「わんぱくの城」という複合型の遊具(写真左)がおもしろいです。

滑り台やネットジャングル迷路などがあり、探検ごっこや鬼ごっこなどをして
遊んでいる子供たちがたくさんいました。3歳児くらいから楽しく遊べそうですよ!

 
鶴見6 鶴見7

うちの息子が一番気にいっていたのは、水蒸気が噴出する噴水?です。

数分間隔で霧のように細かい水蒸気が大量に出てきます。温度は熱くありません。
地面に水が溜まってないので、中に入って霧に巻かれて遊ぶことが出来ます。
長く遊ぶとだんだん服や髪の毛が濡れてくるので、夏以外は注意しましょう(笑)

そして、すぐ傍には「みんなのお城」という幼児向けの複合型遊具があるので、
乳幼児はここで遊ばすのがベストかな?? 安全面も心配ありません!


この花博記念公園はとても広く、乗馬センター・バーベキュー場・芝生広場や庭園
スポーツ施設など花博の跡地だけあって広大で自然豊かな素晴らしい公園です。

なにわっこらんど以外にも、公園内を家族でぶらぶらと散歩してみるのもお勧め!!

その他、公園内にある各施設についての体験レポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 花博記念公園鶴見緑地
→ 関西おでかけナビ 鶴見緑地プール
→ 関西おでかけナビ 咲くやこの花館・生き生き地球館


ここがオススメ!

 広大な敷地に数多くの遊具! 一日中楽しく遊べてお子様大喜び!

 4本のジャンボスライダーはスリルがあって大人も子供も皆楽しめる!

 駐車場、売店やトイレ・ベンチなどの設備も充実! アクセスも便利!


ここはイマイチ!

 人気の遊び場なので、休日は込み合います。小さなお子様は気をつけて!

× 市営駐車場の料金が高め! 1h350円なので長時間なら意外と出費?



☆ 花博記念公園鶴見緑地 (なにわっこらんど) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 花博記念公園鶴見緑地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

※ なにわっこらんどへは、国道163号線沿いの北西駐車場が近くて便利です。

※ 現在、なにわっこらんどの大型複合遊具・スライダーは老朽化により、
  当分の間、使用中止となっています。(再開時期は未定だそうです)



スカイランドHARADA

公園(大阪)
10 /06 2007
原田1

豊中市にあるスカイランドHARADAへ行って来ました!

ここは大阪空港に隣接する下水処理場の屋上部を開放した施設で、
多目的運動広場、せせらぎ広場、芝生広場、ジョギングコース等があります。

 
原田2 原田3

場所は大阪空港の南部になり、目の前に飛行機が着陸して来るので大迫力です。

そして離陸前の待機場所付近にもなるので、飛び立つ時のジェット噴射の凄い音!
飛行機を見に行く目的ならここが一番迫力(特に音)があるんではないでしょうか?

また滑走路のすぐ横が駐車場なので、車の中から飛行機を見ることもOK!

デートにもバッチリ!と言いたいところですが閉園は17時です・・・


原田4

そして気になる子供向けの遊具ですが・・・上の写真にある遊具だけです。
遊具の充実度で言えば、近隣の伊丹スカイパークの方が良いですね・・・

 
原田5 原田6

でもその分、広大で平坦な芝生広場があるのでボール遊びや走り廻るのには最高!
お弁当持参でシート広げてゆったりとくつろぎながら飛行機を見るのもいいかも!?

空港隣接の公園では伊丹スカイパークが一番人気がありますが、
飛行機の迫力度とゆったりさはスカイランドHARADAの方が良くて、
空港全体を見渡せる絶景度と遊具の充実度は伊丹スカイパークの方が良いです。

まぁどちらも近くにあるので両方行ってみましょう!



ここがオススメ!

 飛行機の離着陸シーンが目の前に見えて大迫力!

 広大で平坦な芝生広場があり、ゆったりとくつろげる憩いの場です! 

 トイレ・自販機・ベンチの設備充実! 駐車料金(1h100円)も安い!


ここはイマイチ! 

× 子連れには遊具が少しモノ足りない! ボール等の遊び道具は必需品!

× 17時で閉園してしまう! 伊丹スカイパークは21時までやのに~!

 ペットの入園禁止! ゴミ箱一切無し!(全て持ち帰りです)  



☆ スカイランドHARADA ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 豊中市・スカイランドHARADA ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する