【番外編】 水木しげるロード (水木しげる記念館)

博物館・記念館
04 /05 2011
P1000991.jpg

鳥取県境港市にある水木しげるロードに行って来ました!

ここは関西ではありませんが、家族で楽しめるお勧めスポットなので
番外編としてご紹介させていただきます。

水木しげるロードとは、JR境港駅から全長約800メートルの商店街内に、
水木の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターを中心に様々な妖怪を
モチーフとした139体もの銅像が設置されている観光名所です。


P1000931.jpg P1000935.jpg
P1000993.jpg P1000996.jpg

まずは、水木しげるロードがあるJR境港駅からJR米子駅までの間には
「鬼太郎列車」と呼ばれる鬼太郎ファミリーのキャラクターにペイントされた
4種類の可愛い列車が毎日運行されています。

私たちは自家用車で境港に行ったので残念ながら列車には乗ってませんが
鬼太郎以外にも「ねずみ男列車」「目玉のおやじ列車」「ねこ娘列車」があり
鬼太郎ファンでなくても、観光気分を盛り上げてくれることでしょう!


P1000978.jpg P1000949.jpg
P1000940.jpg P1000975.jpg

水木しげるロードの商店街には鬼太郎グッズのお店がずらりと並んでいます。
鬼太郎茶屋、鬼太郎焼き(大判焼)、鬼太郎ラーメンなど、鬼太郎にちなんだ
飲食店もたくさんありますし、見るだけでもかなり楽しめました。

2010年のNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の放映や映画版の公開後、
観光客が急増したみたいで、なんと年間350万人にも達したそうです。

鬼太郎がなければ、ただの田舎の寂れた商店街になってたはずなのでしょうが、
観光地化することでこれほど多くの人が訪れて賑わうんですね~


P1000985.jpg P1000945.jpg
P1000981.jpg P1000982.jpg

ゲゲゲの鬼太郎を中心に水木しげるの描く妖怪たちがブロンズ像になり
商店街のあちらこちらに設置されています。

また、各店先に設置してあるスタンプラリーもありますし、
ガイドMAPを片手にお気に入りの妖怪を探してみるのも面白いでしょう。


P1000977.jpg

そして、水木しげるロードの最終地点にある「水木しげる記念館」のご紹介です。

ここは水木しげる氏の81才誕生日にあたる平成15年3月8日にオープンし、
妖怪たちのジオラマ、世界中で集めたコレクションの展示に加えて
10代の習作や愛用品、写真パネルとともに人生を振り返る「げげの間」、
再現された仕事場など、水木しげるの集大成といったミュージアムです。

P1000957.jpg P1000963.jpg
P1000955.jpg P1000974.jpg

げげの間の必見ポイントとして各所に設置されたガラスケースの中に
少年時代から青年時代にかけて描いたイラストや油絵など貴重な品が
多数展示されていたり、東京・調布市にある仕事場を再現したコーナーや、
先生が世界中で集めた妖怪コレクションの展示と、先生の旅の記録を
写真で紹介していました。 ほんと水木しげるの全て分かりますわ~

また、今までここを訪れた数々の有名人のサインも展示されていて、
これもなかなか見ごたえありましたよ!

P1000971.jpg P1000968.jpg
P1000960.jpg P1000958.jpg

妖怪の世界シーンを再現したコーナーや、ゲゲゲの鬼太郎の大辞典として
知ってるようで知らなかったキャラクターの秘密などが分かったりと
どっちかと言えば子供より鬼太郎を見て育った世代の大人の方が真剣に
見学して熱中しているようでした(笑)


今では鳥取観光の代名詞でもある鳥取砂丘より観光客が多いとされる
ここ境港の水木しげるロードですが、米子や皆生温泉方面へおでかけの際は、
是非とも行ってみて下さいね!


☆ 水木しげるロード (水木しげる記念館) ☆

アクセス・詳しい観光案内・営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
→ 水木しげる記念館 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!