瀬戸大橋記念公園 (瀬戸大橋記念館・瀬戸大橋タワー)

博物館・記念館
05 /13 2013
DSCN4387.jpg DSCN4417.jpg

香川県坂出市にある瀬戸大橋記念公園へ行って来ました!
関西地区ではありませんが、番外編として今回ご紹介します。

ここは、瀬戸大橋の完成を記念して1988年に開催された瀬戸大橋博覧会の
会場跡地を整備した面積10.2haの海浜公園で、園内には水の回廊や芝生広場・
浜栗林・遊具広場や、瀬戸大橋記念館・瀬戸大橋タワーなどの施設、
そして、道の駅として無料駐車場施設も完備されています。


DSCN4477.jpg DSCN4384.jpg
DSCN4393.jpg DSCN4395.jpg

まずは、瀬戸大橋を見渡せて緑の空間が大きく広がる芝生広場ですが、
家族連れや遠足などのレクリェーション活動やグラウンドゴルフなどの
スポーツにも利用することができます。

また、公園入口から瀬戸大橋記念館へと続くプロムナードである水の回廊は
瀬戸大橋の吊橋や斜張橋を象った噴水と、瀬戸内海に浮かぶ島々を敷石等を
用いて描いた舗装で作られており、とてもいい雰囲気ですね。


DSCN4397.jpg DSCN4390.jpg
DSCN4391.jpg DSCN4403.jpg

こども広場では、船をイメージした「ふねまるちゃん」と、
橋をイメージした「おおはしくん」の2つの大型遊具が設置されていて
ちょっとしたアスレチック要素があって子供なら楽しく遊べそうです。


DSCN4473.jpg DSCN4461.jpg
DSCN4411.jpg DSCN4476.jpg

浜栗林は、広さ約2,800m2の「甲之池」を中心に、高さ15m・直径60mの巨大な
石組彫刻「鬼屏風」や、幅50m・落差3mの「くぐり滝」、瀬戸大橋の守り神と
なることを願い、架橋の橋脚となった島々をはじめ瀬戸内海周辺の石を集め、
積み重ね彫刻を加えて制作された「どだま獅子」など見どころが盛りだくさん!


DSCN4462.jpg DSCN4464.jpg

イベントやコンサートなどで使用されるマリンドームですが、
普段は解放されていて休憩場所として自由に出入り出来ました。
高さ15m・直径約50m・座席数1,231あって国内最大級の木製ドームだそうです。


DSCN4472.jpg DSCN4469.jpg
DSCN4468.jpg DSCN4466.jpg

展示広場には、瀬戸大橋のメインケーブルや、瀬戸大橋の架橋工事で
実際に使用された巨大な機械などを展示しています。
(アンカーボルト、リーカス、クリッパー固定ピン、灯浮標、メインケーブル、
キャットウォーク、ハンガーロープ引込装置、鉄道縦桁)


<瀬戸大橋記念館>

DSCN4406.jpg DSCN4414.jpg

続いて、公園内にある瀬戸大橋記念館についてですが、
ここは世界最大級の道路鉄道併用橋である瀬戸大橋完成を記念して整備され、
瀬戸大橋完成の過程や架橋工事・架橋技術を映像や模型などで紹介しています。


DSCN4419.jpg DSCN4421.jpg

エントランスホールでは、6面大型マルチ映像と地形模型で、交通・経済・文化の
大動脈である瀬戸大橋の壮大な姿を紹介しています。
併設されているミュージアムショップでは、瀬戸大橋や香川県にちなんだ
おみやげなどが多数販売されていました。


DSCN4424.jpg DSCN4425.jpg
DSCN4426.jpg DSCN4427.jpg

人々の悲願、瀬戸大橋への道のりでは、
瀬戸大橋の着想から120年余。最初に塩飽諸島の島伝いに橋を架けることを
大久保諶之丞が提唱し瀬戸大橋が実現するまでの長い道のりの中にあった
様々な出来事を紹介しています。


DSCN4428.jpg DSCN4431.jpg
DSCN4432.jpg DSCN4433.jpg

瀬戸大橋架橋の驚くべきテクノロジーとドラマでは、
巨大さと精密機械のような精巧さをあわせ持つ橋の姿は瀬戸内の美しい
自然景観と見事に調和しており、多くの人々の知恵と情熱と努力により
完成しました。瀬戸大橋の9年半に及ぶ架橋工事の全貌や架橋技術の粋を、
動く模型や映像などにより分かりやすく紹介しています。


DSCN4437.jpg DSCN4434.jpg
DSCN4443.jpg DSCN4446.jpg

橋を渡っていこう瀬戸大橋と島巡り・世界の橋を知ろうでは、
瀬戸大橋を渡りながら島々の観光もできる疑似体験コーナーや
Q&Aコーナーなど、遊び心を盛り込んだ展示により楽しみながら
情報を得ることができます。

その他にもブリッジシアターでは、瀬戸大橋の雄大な美しさと人々の
ふれあいや交流などを通して人・物・情報の架け橋として活躍する
瀬戸大橋を描いた映像を上映しており、まるで空を飛んでいるような
大型全天周映像・マルチオーディオシステムの臨場感あふれる大迫力
音響効果で異次元の瀬戸大橋を体験することができます。


DSCN4447.jpg DSCN4452.jpg
DSCN4449.jpg DSCN4455.jpg

最後に、屋上にある展望台からの瀬戸大橋や公園内の眺めです。
屋根付きでベンチがありますし、無料で使える望遠鏡もありました。
屋上展望台はライトアップされた瀬戸大橋や瀬戸大橋記念公園を一望できる
夜景の名所としても知られています。ここからの景色はめっちゃ最高!
絶好の記念写真撮影ポイントですね!

ここ瀬戸大橋記念館はなんと入館料が無料! ぜひ公園とセットでどうぞ~


<瀬戸大橋タワー>

DSCN4399.jpg DSCN4458.jpg
DSCN4457.jpg DSCN4459.jpg

続いて、瀬戸大橋タワーのご紹介です。
このタワーは瀬戸大橋の開通を記念して1988年に瀬戸大橋博覧会が
岡山と香川で開催され、その香川県側の会場となった坂出市番の洲の一角に
アミューズメント施設として瀬戸大橋タワーが建設されました。
会期終了後の博覧会跡地は瀬戸大橋記念公園として再整備され、
瀬戸大橋タワーは恒久施設として現在でも運営されています。

こちらの利用料金は、大人800円・小人500円となっていて、
高さ108m、360度の景色を眺められる回転式展望塔は、
展望室部分が回転しながら昇降するタイプのものでは世界一の高さ!
キャビンに乗っている時間は約10分で、最高地点108mで3回転して下降します。
座っているだけで360度の景色を眺めることができ、東には瀬戸大橋、五色台、
西には本島など瀬戸内海の島々、南には讃岐山脈、北には瀬戸大橋、与島、
岩黒島、櫃石島、鷲羽山などを見ることができますよ~


ということで公園と記念館とタワーと3点セットで所要時間は2時間くらいかな?
私達は四国旅行中にふら~っと立ち寄ったのですが、瀬戸大橋のことや魅力が
良く分かりました。電車など公共交通機関でのアクセスは不便な場所ですが、
道の駅としての機能もありますし、ドライブスポットとしてお勧めですね!



ここがオススメ!

 瀬戸大橋が見渡せる開放的な海浜公園! 気持ちいい!

 記念館は入館無料です! 駐車料金も無料!


ここはイマイチ!

× アクセス方法は車しかありませんね。バスは本数少ない



☆ 瀬戸大橋記念公園 (瀬戸大橋記念館・瀬戸大橋タワー) ☆

アクセス・詳しい案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 瀬戸大橋記念公園 公式ホームページ
→ 瀬戸大橋記念館 案内ページ
→ 瀬戸大橋タワー 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!