岸和田だんじり会館

博物館・記念館
07 /24 2016
DSC_0350_20160723152730d4a.jpg DSC_0351.jpg

大阪府岸和田市にある「岸和田だんじり会館」へ行って来ました!

ここは、現存する最古の岸和田型だんじりや木彫、岸和田各町の法被展示
大迫力の大型マルチビジョンでの祭礼映像、体験コーナーなど
岸和田だんじり祭りのすべてが分かる博物館です。


DSC_0360.jpg DSC_0358_201607241550178cf.jpg

岸和田だんじり祭りは、江戸時代中期にはじまりおよそ300年の歴史と
伝統を誇り、この地で生まれ育った庶民の手によって受け継がれ
育まれてきました。静と動が織りなすダイナミックな曳行は、
今や全国はおろか世界の祭りとしてその名を轟かすに至っています。


それでは各展示フロアのご紹介です。

DSC_0380_2016072415501469b.jpg DSC_0354_20160724155015a2a.jpg

2階 <イベント広場>
実物のだんじりと大型マルチビジョン映像で「岸和田だんじり祭」の
迫力をリアルに紹介していて、毎時15分、45分の30分間隔で上映。
毎年11月の日祝日には、その年の「だんじり祭ハイライト」を放映しています。


DSC_0378_20160724161335ed6.jpg DSC_0362_201607241613325cb.jpg
DSC_0364_20160724161334c33.jpg DSC_0361_20160724161331f41.jpg

2階 <紀州街道の町並み>
岸和田城城下町の古い町並みの再現や、現存する岸和田最古の
だんじりから、だんじり祭の原点に接することができます。


DSC_0372_20160724162946228.jpg DSC_0371_201607241629446ab.jpg
DSC_0367_20160724162943a9e.jpg DSC_0366_20160724162942d7b.jpg

3階 <ミニだんじりギャラリー>
だんじりのミニチュア「ミニだんじり」の製作に打ち込む
作者たちの活動を、紹介しています。


DSC_0388_20160724165216998.jpg DSC_0389_2016072416521486d.jpg

3階 <だんじり技と匠・映像ギャラリー>
約300年の歴史を持つだんじり祭りには、今日でも伝統芸能が
しっかりと息づいています。ここではだんじり大工と彫物師の匠を
紹介しています。


DSC_0392_201607241658298ef.jpg DSC_0393.jpg
DSC_0391_20160724165828550.jpg DSC_0394_201607241658278ea.jpg

3階 <だんじり今昔資料館>
各町のだんじり紹介パネルをはじめ、だんじりの変遷や歴史年表など
様々な資料・記録・文献が展示されています。


DSC_0374.jpg DSC_0386_201607241641418f9.jpg

4階 <だんじりの飾り・祭りのしくみ>
華やかなだんじりの飾りやだんじりの構造、大屋根のからくりなどの
展示に加えて、だんじり祭りを盛り上げる「ひと」のしくみを
わかりやすく紹介しています。


DSC_0383_20160724163813a61.jpg DSC_0384_201607241638085e8.jpg

4階 <はっぴと提灯>
祭り当日、子供から大人まで町ごとに趣向を凝らした揃いの法被姿で
だんじりを曳きます。館内には、祭りへの意気込みと町の誇りがあらわれた
全町の法被と提灯を展示しています。


DSC_0375_20160724170921878.jpg DSC_0377_20160724170922d6d.jpg

4階 <体験コーナー>
ここに来れば誰もが祭りの主人公。だんじりの大屋根に乗る体験や、
だんじり囃子の鳴り物体験などを通して、だんじり祭りを実感できます。
また、3Dだんじりビジョンでは、迫力満点の映像を楽しめます。


DSC_0396_2016072417134006f.jpg DSC_0395_20160724171341880.jpg

1階 <コミュニティホール>
ここでは、全国各地で行われている祭りのポスターや
岸和田だんじり祭りの写真や絵画が展示されています。
(コミュニティホールは入場無料)



【開館時間】
10:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝祭日の場合は開館)、12月29日~1月3日

【入場料】
大人600円/小人(小・中学生)300円

岸和田だんじり会館、岸和田城、きしわだ自然資料館に
入場可能な3巻共通券も発売されています。
3館共通券 大人700円 (発券日より1ヶ月有効)

100円プラスで3館共通券が買えるので、
近くの岸和田城や自然資料館へぜひセットで行ってみましょう!


ここがオススメ!

 岸和田だんじり祭りのすべてがここで学べます!

 プラス100円で3館共通券が購入出来て岸和田を満喫!



☆ 岸和田だんじり会館 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 岸和田だんじり会館 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


岸和田城

お城・寺院・神社
07 /23 2016
DSC_0322_2016062115031635d.jpg

大阪府岸和田市にある岸和田城へ行って来ました!

この岸和田城は、いつ誰によって建てられたのか詳しいことが分かっておらず
伝承では、建武新政期に楠木正成の一族、和田高家が築いたといわれています。

天正13(1585)年、羽柴秀吉は紀州根来寺討滅後、伯父小出秀政を城主とし、
秀政によって城郭整備され、天守閣もこの時に築かれました。
小出秀政・吉政・吉英、松平(松井)康重・康映をへて寛永17(1640)年、
岡部宣勝が入城し、以後、明治維新まで岡部氏13代が岸和田藩を統治しました。


DSC_0328_201607231454510c8.jpg DSC_0347_20160723145449411.jpg
DSC_0344_20160723145447dd7.jpg DSC_0346_201607231525085e9.jpg

天守閣は文政10(1827)年に落雷で焼失、維新期には櫓・門など城郭施設を
自ら破壊したため、近世以前の構造物は堀と石垣以外には残存していません。


DSC_0329_20160723150430931.jpg DSC_0341.jpg
DSC_0343_20160723150434de7.jpg DSC_0342_20160723150433f84.jpg

現天守閣は、昭和29年に建造された3層3階の模擬天守です。
本来は5 層天守であったことが絵図などで確認されています。
城跡は昭和18年に大阪府指定史跡となりました。


DSC_0336.jpg DSC_0332_20160723150726f2a.jpg
DSC_0340.jpg DSC_0333_20160723150727cc3.jpg

【天守閣への入場について】

営業時間: 午前10時~午後5時(入場は午後4時まで)

休業日: 毎週月曜日 (月曜日が祝日・休日の場合は開場)
      年末年始(12月29日~1月3日)

入場料: 大人300円、中学生以下無料


DSC_0350_20160723152730d4a.jpg DSC_0358.jpg

<3館共通券> 大人 700円
岸和田城、岸和田だんじり会館、きしわだ自然資料館の3館に入場可能。

全国に知られている「岸和田だんじり祭」は江戸時代中期に始まり
300年の伝統を誇ります。岸和田だんじり会館はそんな祭の長い歴史や
迫力を目の当たりにできる施設です。ぜひセットで行ってみましょう!



ここがオススメ!

 大阪にあるお城は大阪城だけではありませんよ~

 入場料が安く子供は無料! だんじり会館とセットでどうぞ


ここはイマイチ!

× やはり天守閣の大きさは他の有名城に比べると見劣りします



☆ 岸和田城 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、公式ホームページでご確認下さい
 岸和田市 岸和田城ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


城山オレンヂ園

味覚狩り・農業公園
11 /23 2015
DSC_0309_20151122151410149.jpg

大阪府富田林市にある城山オレンヂ園に行って来ました!

ここは、知る人ぞ知る「パラダイス」としてよくテレビでも紹介されている観光農場で
みかん狩り・くりひろい・いも掘りの味覚狩りや収穫体験が出来る他に、
バーベキュー場や様々な面白い手作り遊具があって、家族みんなで楽しめます!


DSC_0314_20151122154028b13.jpg DSC_0304_20151122154028ef8.jpg

オーナーの「山のおやじ」が、山を開墾して造った観光農場は開園40周年を迎え、
ただ味覚狩りが出来るだけではなく、山のおやじ手作りのアトラクションが目当てで
賑わっているような感じですね。独特の雰囲気があってとても面白いところです。

入園料は、大人(中学生以上):400円 小人:200円 幼児:100円ですが、
収穫・味覚狩りとセットや、バーベキューセット料金もあるので、以下ご確認下さい。


DSC_0249_20151122153747b0a.jpg DSC_0300.jpg
DSC_0269_20151122153746aaf.jpg DSC_0287_20151122153746ef3.jpg

園内に入ると目に飛び込んでくるのが、至る所に設置してある看板やオブジェ!
どれも独特で面白い! 様々なTVメディアに取り上げられるのが分かりますね。


DSC_0246_20151122154402a37.jpg DSC_0240_20151122154401c2a.jpg
DSC_0239_2015112215435976e.jpg DSC_0237.jpg

この城山オレンヂ園で楽しめる収穫・味覚狩りは、以下の3つです。

【くり拾い】  期間:9月下旬~10月上旬
入園料込み
<大人> 500円(中学生以上)
<小人> 300円(小学生)
<幼児> 200円(3歳以上)
◎持ち帰りは別途 1カゴ500円

【いも掘り】  期間:9月下旬~11月
入園料 + <5株>1000 円

【みかん狩り】  期間:10月~12月上旬
入園料+みかん食べ放題
<大人> 850円(中学生以上)
<小人> 750円(小学生)
<幼児> 550円(3歳以上)

春や夏のシーズンは収穫・味覚狩りは出来ないので
園内で楽しめるのはバーベキューとアトラクションのみとなります。


DSC_0235_20151122154500a45.jpg DSC_0233_20151122154500b54.jpg
DSC_0244_2015112215445889c.jpg DSC_0234_20151122154459787.jpg

私達は今回「みかん狩り」目的で訪れました。
園内に生っているみかんは自由に収穫して食べることが出来ます。
時間制限も無く食べ放題なので、アトラクションで遊びながらノドが乾いたら
ジュース代わりにみかんを獲って食べるなんてこともOKですね。


DSC_0283_201511221640300de.jpg DSC_0281.jpg
DSC_0282_20151122163903e4f.jpg DSC_0279_20151122163950799.jpg

次に園内のアトラクションについてですが、基本的に全て「山のおやじ」の手作りで、
各アスレチック遊具は一般的によく見る種類ものばかりで目新しさはありません。
「恐怖のアスレチック」なるアトラクションは、高くて怖いとか、速くて怖いとかではなく、
いつ壊れるか分からん雰囲気が「恐怖の」ってことでしょうか・・・!?


DSC_0258_20151122164129904.jpg DSC_0298.jpg
DSC_0259.jpg DSC_0261_20151122164311e57.jpg

フライパンやナベをラケット代わりにする「おもしろピンポン台」は、
子供たちに大人気でした。その他にも遊具がたくさん設置されています。
また、「探検の森」という山の中を進んで昆虫を発見したり出来ると書いてある
山の入口がありましたが、なんか怖いので入るのをやめました・・・
カブトムシやクワガタがいてるそうなんで興味ある方はどうぞ(笑)


DSC_0266_20151122164309e68.jpg DSC_0278_201511221643095a0.jpg
DSC_0267_20151122164310c9a.jpg DSC_0260.jpg

「恐怖の土手すべり」をはじめ、すべり台関係もいくつかありました。
この土手すべりは段ボールとか敷いて滑らないとケツが相当痛いです。
ゴツゴツしてるしスピード出るので、ケガにはくれぐれも注意して下さいね~


DSC_0285_20151122164657c4a.jpg DSC_0286_2015112216465622c.jpg

山の急斜面を駈け上がったり、空中ブランコもメッチャ怖い…
看板に「落ちてもしらん」って書いてあるので覚悟してチャレンジして下さい!


DSC_0253_2015112216482643e.jpg DSC_0251_201511221650039b2.jpg
DSC_0271.jpg DSC_0252_201511221648250c3.jpg

そして園内で一番人気があったのが「ザリガニ釣り」と「釣り堀」です。
どちらも1人500円で2時間までという料金設定で、
釣れても魚やザリガニは持ち帰り出来ませんが、ザリガニ3匹以上釣ると
高級アイスクリームとの交換券がもらえます。
交換券を入口にある売店に持って行くと、ソフトクリームがもらえました。
どこが高級なんかはよう分かりませんでしたが美味しかったです!


DSC_0254_20151122165131117.jpg DSC_0268_2015112216513082d.jpg
DSC_0256_20151122165130c16.jpg DSC_0290_20151122165129fd5.jpg

バーベキューについては、基本的に「持ち込み」となります。
食材、飲み物、食器類は各自持参ですが、備品関係は無料貸出があります。
主な無料貸出備品は、網、鉄板、包丁、まな板、鍋、おたま、こて、おけ、飯盒です。
炭は1箱(3kg) 着火剤付 500円で販売していますが、持ち込み可能です。

3月~9月の持ち込みバーベキュー料金は、
大人(中学生以上):800円 小人:600円 幼児:400円

10月~12月上旬のみかん狩りシーズンは、
持ち込みバーベキューとみかん狩りセット料金で
大人(中学生以上):1200円 小人:1000円 幼児:700円

また、手ぶらでの「おまかせバーベキュープラン」もあります。
入園料込で、大人:2800円 みかん狩りセットは大人:3000円
3日前までの予約制で4人前から受付になり、子供料金の設定はありません。
内容は、肉・野菜・ごはんのセットで、飲み物は各自持参となります。


DSC_0308.jpg DSC_0311_20151122165314134.jpg
DSC_0303_2015112216534828f.jpg DSC_0306_2015112216531289e.jpg

売店や軽食コーナーもあるので、ちょっとした食事は出来ますが、
たぶん内容は満足出来る感じではないでしょう。
山の上にあって周りにはオレンヂ園以外に何もない所なので
バーベキューをしない方は、お弁当持参は必須やと思います!

駐車場については、園入口付近の駐車スペースが少ないので
休日は朝の開園からすぐ満車になると予想されます。
満車の場合は、500mほど離れた山の下にある駐車場にとめて
送迎バスや送迎軽トラで山の上まで送ってくれます。
軽トラの荷台は子供達に人気でした(笑) 

感想としては、城山オレンヂ園という名前のとおり、
みかん狩りシーズンに行くのがお勧めでしょう。
バーベキューとセットならさらに楽しめると思います!


ここがオススメ!

 富田林のパラダイス! オーナー手作りのアトラクションが面白い

 バーベキューをしながら、栗拾い・芋掘り・みかん狩りが楽しめる!


ここはイマイチ!

× 園内入口に近い駐車場はすぐ満車。しかも山道めっちゃ狭くて危険

× 春~夏シーズンはバーベキュー場と割り切れるならアリかも?



☆ 城山オレンヂ園 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 城山オレンヂ園 公式ホームページ
→ 城山オレンヂ園 FaceBook
→ Google Mapで場所を確認する


みさき公園

テーマパーク・遊園地
08 /08 2015
DSC_0545_20150808163749d0a.jpg DSC_0542_201508171427517d2.jpg

大阪府泉南郡岬町にある「みさき公園」へ行って来ました!

ここは南海電鉄が運営する遊園地で2007年4月で開園50周年を迎えました。
公園という名称ですが園内には遊園地・動物園・イルカショーのある水族館・
夏季限定の屋外大型プールを擁する複合型総合レジャー施設となっていて、
京阪のひらかたパークと並んで大阪にある老舗遊園地として親しまれています。


DSC_0546_20150808200538b0f.jpg DSC_0566_20150808200537344.jpg

入園料金は当日窓口で買うと、
大人 (中学生以上)1,350円、小人 (3歳~小学生)700円で、
プール開場期間は、入園+プール: 大人2,100円、小人1,200円の
セットもありますが、コンビニ等で買える「前売り入園券」は
なんと2割引とお得になります!

【割引入園料金】
大人 (中学生以上)1,100円、小人 (3歳~小学生)550円で、
プール開場期間は、入園+プール: 大人1,700円、小人1,000円の
セットもあります。

他にも南海電車の切符とセットになった割引サービスなどがあるので
詳しくはホームページをチェックしてみて下さい。 → みさき公園 割引情報


<動物園エリア>
DSC_0549_20150808200233bb4.jpg DSC_0564.jpg
DSC_0565.jpg DSC_0573_20150808200226e5e.jpg

まずは動物園エリアですが、約70種類もの動物たちを展示していて
キリン・トラ・ライオン・ツキノワグマ・カピバラ・カンガルー・シマウマなどが居ました。
展示方法に特に工夫はなく、ただ檻や柵の中にいるのを遠目に見るだけです


DSC_0580.jpg DSC_0554.jpg
DSC_0558_20150809205145574.jpg DSC_0555_20150809205407a12.jpg

私達が訪れたのは夏だったので、暑さで動物たちもほとんど動きません・・・が、
サル山のニホンザルは暑くても動きが活発だったので見ててまだ面白かったです。


DSC_0563.jpg DSC_0576.jpg

鳥類では、エミュー・オジロワシ・タンチョウ・フラミンゴ・シマフクロウなどが居ます。
また、鳥たちが自由に飛び回ることのできる巨大な鳥かごの中に入り、
同じフィールドで鳥本来の姿を観察できる「バードエリア」では、3種類のハクチョウ、
ガン、4種類のカモ、クジャク、シュバシコウなどを飼育しています。

爬虫類では、グリーンイグアナ・リクガメ・ミシシッピーワニなどが居ました。


DSC_0572_20150809210336fe5.jpg DSC_0578.jpg

動物ふれあい広場では、夏シーズン限定でエサをあげて触れ合えます。
色んな動物と触れ合えると思いきやカピバラの1種類のみ…

動物園エリアの感想は、遊園地の一角にあるちょっとした動物園といった
感じでしょうか? じっくり見て廻っても所要時間は1時間かからないでしょう。
コンパクトにまとまっているので、小さな子供を連れて廻りやすいと思います。


<イルカショー アシカ ・ペンギン舎>
DSC_0618.jpg DSC_0635_20150813211156c61.jpg

イルカショーが楽しめるシャイニースタジアムでは、バックに大阪湾が一望できる
抜群のロケーションで、観覧席とショープールの距離が近くて迫力があります。


DSC_0626_20150813212238ef0.jpg DSC_0638_20150813212424df0.jpg
DSC_0637.jpg DSC_0629_201508132122376d4.jpg

ショープールは透明のアクリル製なので、水面のイルカはもちろん、
水中で泳ぐイルカの様子もよく見えます。また目の前を飛ぶイルカたちの
躍動感や迫力を間近で体感することが出来ますね。


DSC_0619.jpg DSC_0620.jpg

シャイニースタジアムの隣にあるアシカ舎とペンギン舎では、
カリフォルニアアシカとフンボルトペンギンを見ることが出来ます。
フンボルトペンギンは暑さにかなり耐久力があるそうなので、
夏場でも元気に泳いで動き廻っていました。


<遊園地エリア>
DSC_0644_20150817143435078.jpg DSC_0681_201508171434362dc.jpg
DSC_0695_20150817143546f91.jpg DSC_0660_2015081714363138b.jpg

遊園地エリアは、子供向けに徹しているので絶叫系マシーンとかはありません。
1957年の開園以来走りつづけているジェットコースターは西日本で最古で、
日本全国でも浅草花やしきに次いで2番目に古いそうです。
小学生なら保護者無しの1人で乗っても楽しめるお手頃スリル感なので安心!


DSC_0579_20150817144938a49.jpg DSC_0599.jpg
DSC_0609.jpg DSC_0611.jpg

タイダルウェーブという急流すべりは、高さ15mから急速落下して
大迫力のビッグウェーブが子供達に大人気のアトラクションで、
うちの子はこれが一番気に入って5回も乗ってましたww


DSC_0592.jpg DSC_0680_201508171459359b8.jpg
DSC_0657_201508171459340a9.jpg DSC_0655.jpg

巨大ブランコのトップスインガーやチェーンタワー、バンパーボートなど
小さな子供さんが楽しめるアトラクションがたくさんあります。
私達が行ったのは日曜日でしたが、どれもほとんど並ぶことなく乗れましたよ~


DSC_0675.jpg DSC_0586.jpg
DSC_0623.jpg DSC_0696_201508171502596a5.jpg

遊園地の定番である観覧車も小さめですがありました。
観覧車の大きな窓から青い空・広い海・みさき公園内を一望出来ます!


DSC_0678_20150817150412ffb.jpg DSC_0590.jpg
DSC_0688_20150817150411909.jpg DSC_0689_20150817150411e51.jpg

アトラクションの料金は、それぞれ園内通貨の「Mipo(ミポ)」で設定されていて
(※100Mipo=100円) 希望金額分のアトラクションカードを事前購入します。
但し、夏シーズンは乗り放題のアトラクションパスを2500円で販売しているので、
1日みさき公園で遊ぶならパスを購入した方がお得です!


<わくわく電車らんど>
DSC_0614.jpg DSC_0616.jpg
DSC_0617.jpg DSC_0615.jpg

2014年9月にオープンした「わくわく電車らんど」は、
子供向けの鉄道体験施設として、実際に使用していた特急『サザン』の
内部を大公開し、実物車両で扉の開け閉めや車内放送の車掌体験や、
特急ラピート運転台のシミュレーターで運転士体験が出来ます!
その他にも南海電鉄関連の展示やグッズ販売コーナーもありました。


<ぷ~るらんどRiO>
IMG_3125.jpg IMG_3202.jpg

夏シーズンは、大型屋外プールの「ぷ~るらんどRiO」がオープン!
高低差 12m・長さ40mを一気に滑る迫力満点の直線スライダーや、
ゴムボートでトンネルの暗闇を抜けて一気に滑る爽快感あふれるスライダー、
水深1.1m・1周約250mの流水プールなど、楽しめる設備が充実しています。
スライダー1日利用パスは300円と安い!

また、夏のみさき公園では、プールを楽しんだあと遊園地エリアや
動物園エリアなど園内を水着のまま移動することが可能です。


DSC_0581_20150817142557055.jpg DSC_0585_20150817142558247.jpg

飲食系の施設は、園内に2カ所にレストランや軽食売店があります。
たくさんのフードメニュー・ドリンクメニューがあるので飲食には困りません。
芝生広場が充実しているので、お弁当持参の家族連れも多かったです。


DSC_0543.jpg DSC_0541_2015081714270804a.jpg

アクセス方法について、南海電車のみさき公園駅下車すぐ目の前で便利!
車の場合も大駐車場完備です(1日:1200円)
但しみさき公園周辺にある一般コインパーキングの1日最大料金が
300~500円前後と激安だったので、私はコインパーキングを利用しましたww


みさき公園は、遊園地と動物園が良心的価格で一緒に楽しめるし、
同じ大阪府にあるUSJやひらかたパークほどは混んでないので、
小さな子供連れ家族にはもってこいのおでかけスポットだと思います!


ここがオススメ!

 動物園と遊園地と両方楽しめる! 夏はプールもあり!

 土日でも各アトラクションの待ち時間は短めです!

 南海みさき公園駅を降りて目の前でアクセス便利!


ここはイマイチ!

× 動物の見せ方に工夫は無く檻の中にいるのを見るだけ

 アトラクションのほとんどが幼児~低学年向けです

× 敷地内駐車場は1回1200円と高い。近隣Pでは1日300円!



☆ みさき公園 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ みさき公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


富田林市農業公園サバーファーム

味覚狩り・農業公園
09 /27 2014
DSC_0776_20140927153425f8f.jpg DSC_0862.jpg

大阪府富田林市にある富田林市農業公園サバーファームへ行って来ました!

ここは、富田林市と土地所有者の農事組合法人ともに開園した農業公園で、
農業と豊かな自然に親しむ機会を市民に提供し、都市と農村の交流を図り
農業の振興と地域の活性化に寄与することを目的としています。


DSC_0858.jpg DSC_0781_2014092715461690a.jpg
DSC_0783_20140927154616a88.jpg DSC_0834.jpg

面積20ヘクタールと甲子園球場約5個分もある広大な敷地には、
四季折々に可憐な花々が咲き乱れ、ぶどう・イチゴ・梨・みかんなど
果物の味覚狩り、サツマイモ・じゃがいも・トマトなど旬な野菜を収穫体験をしたり、
子供が遊べる遊具広場や芝生広場、バーベキューハウスもあって、
家族みんなで一日中楽しめる農業公園となっています。


DSC_0828.jpg DSC_0833.jpg
DSC_0829.jpg DSC_0800.jpg

いつ訪れても四季折々を彩る花々たちが迎えてくれるサバーファームでは、
春はポピーやパンジー、夏はヒマワリや真っ赤なサルビア、 秋はコスモスが咲き乱れ
冬枯れの景色の中のハボタンたちも素敵です。中央にある大きなお花畑だけでなく、
園内のあちこちに花壇があるので、散歩しているだけでも癒されますね。

10月中旬までは、園内中央にあるお花畑でコスモス迷路が開放されています。
無料で遊べますし、多くの子供達が楽しそうにチャレンジしていました。


DSC_0811.jpg DSC_0812_20140927165641b23.jpg
DSC_0803.jpg DSC_0801_201409271656399cb.jpg

農作物エリアでは畑やビニールハウスが広がっていて、キャベツにタマネギ、
ジャガイモ、サツマイモ、ダイコン、ハクサイなど、食卓で味わっている野菜が
すくすく育っています。季節ごとに旬の野菜の収穫体験や、獲れたて野菜の
小売り販売もされているので、詳しくは公式HPの収穫スケジュールを確認下さい。


DSC_0806.jpg DSC_0807.jpg
DSC_0810_2014092716530332f.jpg DSC_0809_20140927165303a57.jpg

収穫農園エリアは「どろんこランド」という名称で、文字通り畑に入って
どろんこになりながら季節の野菜を収穫体験することが出来ます。
私達が訪れた9月下旬はサツマイモの収穫体験をやっていて、
収穫した分だけ買い取るシステムで価格は2株400円でした。

子供達にとっては、普段スーパーなどで売ってる野菜が、
実際にどのように成っているかを知ることが出来るよい機会ですね!


DSC_0805.jpg DSC_0852.jpg

果物の味覚狩りが楽しめるフルーツ農園エリアでは、
春はイチゴ、夏から秋にかけてはブドウ、冬にはミカンの収穫が可能!
もちろん獲った果物はその場で食べることが出来ますよ~
味覚狩りについては、入園料とは別に収穫料が別途必要となります。


DSC_0853.jpg DSC_0848.jpg
DSC_0840.jpg DSC_0849.jpg

私達が訪れた時期は秋なのでブドウ狩りが楽しめました。
ブドウ狩りについては、収穫料が大人1000円・小人500円で食べ放題!
品種はベリーAと巨峰の2種類あったので高そうな巨峰の方を選択しました w
味も美味しくてあま~い巨峰を腹いっぱい食べて大満足! 元は取れたかな!?

設備としては手洗い場がありますが、座る際に必要なビニールシート等は
貸出サービスが無いので、味覚狩りを予定しているなら必ず持参しましょう。
ブドウ園内は大人の身長では常に中腰姿勢になるので座れないとツライし、
ビニールシートがないと土の上へ直で座る羽目になるのでご注意を…


DSC_0814.jpg DSC_0819.jpg
DSC_0818.jpg DSC_0816.jpg

続いて子供の遊び場ですが、遊具エリアと芝生広場がそれぞれ2箇所ありました。
上の写真は「ぼうけん砦」というエリアで他の公園でもよく見かける一般的な遊具が
いくつか設置されています。すぐ近くには屋根付きのベンチスペースもありますので、
ここで子供を遊ばせながら親はゆっくりと休憩することも出来ます。


DSC_0788_20140927181437c03.jpg DSC_0789_201409271814342d1.jpg
DSC_0791_20140927181436ce8.jpg DSC_0787_201409271814353c8.jpg

こちらはエントランス付近にあるもう一つの遊び場です。
ここにも主に幼児用の遊具がいくつか設置されています。
少しだけですが水のせせらぎがあるので、夏は水遊びが出来るはず!?


DSC_0785_201409271815556eb.jpg DSC_0786_20140927181554022.jpg
DSC_0824.jpg DSC_0825.jpg

芝生広場も2箇所あります。ここではお弁当を食べたり、ボール遊びしたり
お昼寝したりと、みなさん思い思いに過ごされていました。


DSC_0830.jpg DSC_0831.jpg
DSC_0782_20140927181704ce8.jpg DSC_0779_20140927181702839.jpg

食事面については、軽食売店の他、ここで採れた新鮮野菜をたっぷり使った
色々な料理が楽しめるレストランやバーベキューハウスがあります。
バーベキューといっても食材やお酒類の持ち込みは禁止されていて
ハウス内の売店で販売されている食材セットやドリンク類を購入し
各テーブルに設置されているコンロで自由に焼いて食べるスタイルです。


DSC_0777_20140927201653c2d.jpg DSC_0857.jpg

最後に料金面とアクセスについて、
入園料は大人700円・小人(4才以上中学生以下)300円で
野菜や果物の収穫体験は別途有料となっています。なお駐車場は無料です。
電車の場合は、近鉄長野線「富田林駅」と南海高野線「金剛駅」から
サバーファームの無料送迎バスが1時間に1本程度出ています。



ここがオススメ!

 大阪府内にあり近場で収穫体験を楽しむのに最適な農業公園!

 子供の遊具広場や芝生広場もあって子連れにはもってこい!


ここはイマイチ!

× 野菜や果物の価格設定がどれも少しお高いような気が!?

 ビニールシートは持参必須です! 無いと困ると思います



☆ 富田林市農業公園サバーファーム ☆

詳しい営業案内・アクセス方法については、以下のホームページでご確認下さい
→ サバーファーム 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



大浜公園

公園(大阪)
12 /08 2013
DSC_0786.jpg

大阪府堺市堺区にある大浜公園へ行って来ました!

ここは、明治12年(1879年)に開園した堺市営で最も古い公園です。
明治36年には大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会の会場となり、
堺水族館が設置され世界に誇る東洋一の水族館とはやされました。
他にも公会堂・潮湯・海水浴場・料理旅館や土産物屋などが軒を連ね
当時は堺のレジャー地として賑わっていました。


DSC_0788.jpg DSC_0804.jpg
DSC_0785_201312081547332ec.jpg DSC_0774.jpg

しかし白砂青松の美しい海岸線も、臨海工業地帯の埋め立て造成に伴い
その面影をなくしました。現在は16haの敷地に野球場・プール・体育館、
相撲場・サル島・蘇鉄山(一等三角点のある日本で一番低い山)などがあり、
気軽に利用できる地域公園となっています。


DSC_0780.jpg DSC_0781.jpg

園内の木々は少なめな感じなので、広々とスッキリとした印象があります。
ひょうたん池の周辺にはたくさんの松の木が植樹されていますが、
臨海地区にあって海風のせいか斜めになっているので面白い風景でした。


DSC_0783.jpg DSC_0810.jpg
DSC_0812.jpg DSC_0784_20131208163942873.jpg

蘇鉄山の標高6.96メートルの所には地図作成の基準点となる一等三角点があり
現在一等三角点の設置されている山としては日本一低い山となっています。

他にも映画「南極物語」の主人公となった「タロ」や「ジロ」らの霊を慰める
樺太犬慰霊像や、戦前にラジオ普及の為に公園などに設置されたラジオ塔、
明治10年に建築された現存する木造洋式燈台としてはわが国で最も古いものの
一つとして、国の史跡に指定されてる旧堺燈台など、公園内には様々な見どころが
あってプラプラと散歩するのにもちょうどいいですね!


DSC_0789.jpg DSC_0791.jpg
DSC_0793.jpg DSC_0795.jpg

かつての堺水族館の施設がそのまま残った猿飼育舎では、
約50匹のアカゲザルが飼育されています。見物人のエサやりが影響して
猿が肥満化しその問題を改善する為に2009年に猿山から完全に檻で覆われた
獣舎に建て替えられました。その結果、檻の網目が細かくて中が見にくいかも…


DSC_0798.jpg DSC_0807_20131208155704aee.jpg
DSC_0801.jpg DSC_0799.jpg

子供の遊具広場には、他でもよく見るプラスチック樹脂製の滑り台付き
複合遊具やブランコ・砂場などあって広々とした遊び場となっています。
まぁ遊具をお目当てに行くような公園ではないですが、幼稚園児くらい
までならそれなりに楽しめると思いますよ!


DSC_0797.jpg DSC_0773.jpg

他にも大きなグラウンドや芝生広場もあってボール遊び等も出来ます。
公園全体が開放的な雰囲気で、特に天気が良い日は気持ち良い~!


DSC_0802.jpg DSC_0778.jpg

夏シーズンの7月1日から9月1日までは、大浜公園プールが営業していて、
25mプール2面・25m変形プール・幼児用プールがあります。
営業時間は、午前9時30分~午後5時45分 (入場は午後5時まで)
料金は、大人300円・小人(小中学生)100円です。


DSC_0771_20131208155148cc3.jpg DSC_0772_2013120815514752f.jpg

その他の施設として、古くから学生相撲の発祥の地とされている大浜相撲場、
柔道場・剣道場・トレーニング室がある大浜体育館など、市民の体育・スポーツ、
レクリエーションの振興を図り、健康や体力の増進に資する場所となっています。

アクセスは、電車の場合は南海本線の堺駅より徒歩にて西へ800m、
車の場合は敷地内に駐車場が2カ所完備されています。
料金は、2時間まで200円(以降1時間毎に100円、1日最大600円)



ここがオススメ!

 臨海地区にある広々とした開放的な公園!

 サル山や旧灯台など見どころも多い! 散歩にもお勧め!
 

ここはイマイチ!

× 遊具広場に特徴はありません。何処にでもある幼児用遊具です

× 売店や飲料自販機は見かけませんでした。飲食物は持参で!



☆ 大浜公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 堺市・大浜公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


石川河川公園 (駒ヶ谷地区・パークゴルフ場)

公園(大阪)
06 /15 2013
DSCN4792.jpg DSCN4825.jpg

大阪府羽曳野市にある石川河川公園・駒ヶ谷地区へ行って来ました!

ここは、金剛山系と泉北の丘陵地に挟まれた南河内エリアを流れる
一級河川「石川」の河川敷に沿って作られた細長い公園で、
藤井寺市や富田林市など1町4市にまたがる広大な公園となっています。
それぞれのエリアには、趣向を凝らしたモニュメントがあったり、
川本来の姿のままに川の流れが残されていたり、花と緑あふれる広場が
設けられていたりと、バラエティに富んだ趣向が楽しむことが出来ます。

他の地区についてのレポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)


DSCN4823.jpg DSCN4798.jpg
DSCN4822.jpg DSCN4793.jpg

今回私達が訪れたのは、公園中部にある駒ヶ谷地区というエリアで、
小高い丘から望む緑豊かな空間には、子供の遊具広場やバーベキュー広場、
パークゴルフ場など家族みんなで楽しめる設備が充実しています。

アクセス面では、近鉄南大阪線の駒ヶ谷駅から徒歩5分以内で到着し、
車の場合も敷地内に駐車場が完備されているのでとても便利です!
(駐車場は土日祝のみ有料:1回600円)


DSCN4803.jpg DSCN4807.jpg
DSCN4818.jpg DSCN4819.jpg

まずは遊具広場ですが、幼児から小学生まで楽しく遊そうな遊具がたくさん!
滑り台をはじめトランポリンやジャングルジム・ネット登りなど
広い敷地にそれぞれ間隔を十分に空けて設置されているので安全ですね。


DSCN4801.jpg DSCN4815.jpg
DSCN4814.jpg DSCN4817.jpg

乳幼児用の独立したスペースには、砂場や専用の遊具も設置されています。
その他にもターザンロープやブランコや回転サークルなどがありました。
規模の大きい複合遊具こそありませんが、それなりに楽しめると思います。


DSCN4797.jpg DSCN4796.jpg
DSCN4794.jpg DSCN4795.jpg

そしてここでは、決められたスペースで自由にバーベキューをすることが可能!
特に専用の設備があるわけではありませんが、水が使えるトイレがあり
炭捨て場と飲料自販機はあるので助かりますし、駐車場からも近くて便利です。
目の前には芝生広場やグランドもあって思いっきり走り廻れますよ~


DSCN4838.jpg DSCN4827.jpg

続いて公園前の古市スポーツ広場にあるパークゴルフ場のご紹介です。
パークゴルフとは、クラブ1本とボール1個があれば子供からお年寄りまで、
三世代一緒に楽しめるゴルフスポーツで、河川敷の平坦な18ホールを廻ります。


DSCN4836.jpg DSCN4835.jpg
DSCN4829.jpg DSCN4832.jpg

ルールはゴルフとほとんど同じで、ボールは通常のゴルフボールより大きい
木製のボールを使いクラブの打面も広いので、初心者でも十分楽しめます。
よくあるパターゴルフよりもコースが全然広いし気持ち良い汗かきますよ~

利用料金は、平日500円/土日祝600円(1人1ラウンド)で、
パークゴルフ専用クラブのレンタル料が別途200円かかります。
※小学生未満の方はプレー及びコース内に入ることも不可なのでご注意を。


DSCN4845.jpg DSCN4846.jpg
DSCN4841.jpg DSCN4842.jpg

また、最寄りの駒ヶ谷駅前には「駒ヶ谷駅西側公園」という小さな公園があり
ちょっとした遊具や農園があるので、時間があれば立ち寄ってみましょう。
時期によっては色々と農業関係のイベントもやっているそうです。

石川河川公園はとても広範囲にわたる公園となっていますが、
ここの駒ヶ谷地区が遊具や駐車場など設備面が一番充実しています。
川遊びなど自然とのふれあいを楽しみたい場合は、他の地区もお勧め!
詳しくは以下のリンク先ホームページでご確認下さい。



ここがオススメ!

 駅前にあって駐車場も完備でとても便利な場所です!

 遊具ありでバーベキューやパークゴルフも楽しめます!


ここはイマイチ!

× 日陰になる所がほとんど無し。熱中症や紫外線には注意

× 夏場でも17時で駐車場完全閉鎖! 気をつけましょう



☆ 石川河川公園(駒ヶ谷地区・パークゴルフ場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 石川河川公園ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 石川河川公園ホームページ
→ 羽曳野市 駒ヶ谷駅西側公園ウェブサイト
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)


石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)

公園(大阪)
06 /02 2013
DSCN4772.jpg DSCN4776.jpg

大阪府藤井寺市にある石川河川公園・星の広場地区へ行って来ました!

ここは、金剛山系と泉北の丘陵地に挟まれた南河内エリアを流れる
一級河川「石川」の河川敷に沿って作られた細長い公園で、
羽曳野市や柏原市など1町4市にまたがる広大な公園となっています。
それぞれのエリアには、趣向を凝らしたモニュメントがあったり、
川本来の姿のままに川の流れが残されていたり、花と緑あふれる広場が
設けられていたりと、バラエティに富んだ趣向が楽しむことが出来ます。


DSCN4791.jpg DSCN4790.jpg
DSCN4787.jpg DSCN4786.jpg

今回私達が訪れたのは、公園北部にある「星の広場」と呼ばれる地区で、
太陽系の惑星が描かれて宇宙をモチーフにした惑星広場があり
ピカピカ光るガラスタイルの遊歩道「天の川園路」には北半球で見られる
星座が描かれていて、宇宙的な広がりを感じさせる広場となっています。


DSCN4777.jpg DSCN4779.jpg
DSCN4780.jpg DSCN4774.jpg

河川敷には駐車場スペースが完備されており、土日祝・GW・お盆など
休日は無料で駐車することが出来るので、川遊びに魚釣りやバーベキューを
するのにとても便利です! トイレも簡易型ですが設置されていました。
ただし日陰になるような所が無いので、夏場は帽子や日傘・パラソルなど
持参した方がよいと思いますね。


DSCN4782.jpg DSCN4783.jpg

川の水位は低く普段の流れが穏やかので、川遊びにも適しています。
水は綺麗!とは言えませんが、足を付けて遊ぶくらいなら十分でしょう。

実は私も子供の頃によくここで川遊びをした思い出があります!
大阪市内に住んでいたのですが、家に車が無いので電車で来れて
駅からすぐ近いこの石川は、家族の定番川遊びスポットでした。

この藤井寺・星の広場地区のアクセスについては、
近鉄の道明寺駅から300mほどで、車が無くてもとても便利な場所です。
車の場合は、先ほど記述したとおり休日は河川敷内に駐車可能で
それ以外の時期は近隣のコインパーキング等を探すことになります。

また、この石川河川公園には地区ごとに様々な施設があるので、
詳しくは公式ホームページなどでチェックしてみて下さい。
→ 石川河川公園 全体マップはこちら



ここがオススメ!

 電車でも行ける川遊びスポット! 近鉄道明寺駅からすぐ近く!

 河川敷に駐車場があるので便利! バーベキューにも最適!


ここはイマイチ!

× 川の水は決っして綺麗とは言えませんね…

× 日陰になるような所が無いので夏場は注意しましょう!



☆ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 石川河川公園ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 石川河川公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


玉手山公園 ふれあいパーク

公園(大阪)
06 /02 2013
DSCN4756.jpg

大阪府柏原市にある玉手山公園・ふれあいパークへ行って来ました!

この公園の前身は、西日本で最も古い遊園地である近鉄玉手山遊園地で、
1998年5月に閉園し約一年間の休園の後、1999年3月に柏原市立の公園として
再スタートしました。自然豊かな園内では、春は桜・初夏は新緑とツツジ、
秋には紅葉など楽しめます。また、園内には子ども汽車・木製複合遊具、
変形自転車・野外劇場・展示館など、遊園地時代の名残りもあります。

現在は入園料も駐車場も無料となっており、気軽に行くことが出来ますよ~


DSCN4752.jpg DSCN4743.jpg

公園内は、メイン広場・いこいの森・コミュニティ広場・歴史の丘・冒険広場の
5つのゾーンに分かれています。
まずはメイン広場ですが、ちょっとした芝生スペースの中によくある室内用の
幼児用遊具が点々と設置されていて、なんか殺風景な感じでした。
遊園地時代にはここに様々な遊具アトラクションがあったんでしょうね…


DSCN4750.jpg DSCN4744.jpg

公園の一帯は、4世紀の古墳群であるとともに大坂夏の陣で後藤又兵衛らが
奮戦した古戦場で、江戸時代には俳人小林一茶がこの地で俳句を詠んでいます。
そして観光地によくある歴史上の人物の顔抜き看板がズラリとラインナップ…
誰一人として記念撮影している人はいませんでしたが(笑)


DSCN4758.jpg DSCN4759.jpg
DSCN4746.jpg DSCN4762.jpg

そしてメイン広場には、気持ちだけ!?有料アトラクションがありました。
SLきかんしゃ・ボールプール・おもしろ自転車の3つだけですが、
どれも1回100~200円で楽しむことが出来ます。
これは完全に幼児向けで小学生以上になるとたぶん物足りないかな~


DSCN4769.jpg DSCN4713.jpg
DSCN4714.jpg DSCN4716.jpg

続いて、駐車場がある南入口の近くにある冒険広場ですが、
ここには無料で遊べる遊具広場があって木製複合遊具や
ローラー滑り台など複数の遊具が設置されていて一番人気です!


DSCN4719.jpg DSCN4710.jpg
DSCN4711.jpg DSCN4712.jpg

幼児用の遊具や砂場スペースもありました。
ここの冒険広場には休憩用の屋根付きベンチや自販機にトイレ有りと
思いっきり走り回れるほどの広さはありませんが、
見守る親にとっては子供が目が届く範囲に居てありがたいですね。


DSCN4720.jpg DSCN4725.jpg

ちびっ子ゲレンデではスリル感のあるソリ遊びが無料で楽しめます!
冒険の広場の斜面を利用した幅8m・長さ15m・傾斜20度のゲレンデでは
ソリ、ヘルメット、手袋、膝当て、肘当てを無料貸出をしていて
小学生以下なら1人で、幼児は保護者同伴で遊ぶことができます。
利用時間は午前9時30分から午後4時(昼12時30分から午後1時は休憩)


DSCN4727.jpg DSCN4733.jpg
DSCN4728.jpg DSCN4732.jpg

玉手山の歴史がわかる歴史館と、昆虫・貝・化石の展示館がありました。
中をひと通り見て廻りましたが所要時間5分くらいかな!?
これも遊園地時代からあったのか、昔からそのまま展示してる感じです。


DSCN4735.jpg DSCN4736.jpg
DSCN4738.jpg DSCN4734.jpg

園内には遊具以外にも自然がいっぱいあって、いこいの森や歴史の丘など
ちょっとした散策お散歩コースもあるので立ち寄ってみるのもお勧めです。
ふれあいパークの北側にある展望台からは、柏原市内の眺望はもちろん、
遠くは大阪城や淡路島まで見ることができます。
高台にはアンティックな音楽堂とよばれる1908年の開園当時のガゼボがあり
明治の洋風建築様式の面影が色濃く残っています。


DSCN4742.jpg DSCN4709.jpg

アクセスについては、無料駐車場が約30台分しか無いので
休日は満車の可能性が高く、公園周辺は住宅地なので路上駐車も出来ず
なるべく公共交通機関で行く方が無難だと思います。
電車の場合は、近鉄の河内国分駅から徒歩20分、道明寺駅から徒歩15分

そして今は市立公園なのですが、公園内の24時間解放は行っておらず
開園時間:午前9時~午後5時まで 毎週水曜日・年末年始は休園日です。
公園内は犬の散歩が禁止となっていてペット連れの方はご注意を。

感想としては、幼児連れの家族にはちょうど良い公園だと思います!



ここがオススメ!

 駐車場も入園料も無料です! 有料アトラクションも安い!

 遊具類やゲレンデなど狭いながらも遊び場が充実しています!


ここはイマイチ!

× 遊び場は主に幼児向けで小学生以上になると物足りないかな?

× 駐車場が狭く休日はすぐ満車でしょう。駅からは徒歩15分以上



☆ 柏原市立玉手山公園・ふれあいパーク ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 柏原市:玉手山公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


堺・緑のミュージアム ハーベストの丘

味覚狩り・農業公園
03 /30 2013
DSCN3719.jpg

堺市南区にあるハーベストの丘へ行って来ました!

ここは、甲子園8個分の広さを誇る体験型農業公園で、
春は菜の花・秋はコスモスと花畑が広がり自然に囲まれた園内では、
農産物の収穫体験・クラフト&陶芸体験教室や、グルメ体験、
羊やうさぎなど動物との触れ合い、ゴーカートや芝滑りなどの遊具もあり、
のんびり・ゆったりと家族で一日楽しむことが出来ます!


DSCN3782.jpg DSCN3787.jpg
DSCN3794.jpg DSCN3780.jpg

園内は牧場らしく洋風の建物やガーデニングがあって雰囲気が良いです。
私達が訪れたのは3月前半で花がまだほとんど咲いていない状態だったので
少し残念でしたが、せっかくなら春から秋にかけてお花畑が満開な時を狙って
おでかけするのがいいと思いますね。


DSCN3751.jpg DSCN3773.jpg

そして牧場エリアでは、動物とのふれあいや、羊の追い込みショーなど
子供も大人も楽しめるイベントも開催されています。


DSCN3771.jpg DSCN3752.jpg
DSCN3761.jpg DSCN3768.jpg

動物ふれあい広場では、羊・ヤギ・ラマ・うさぎ・ミニブタ・馬・牛などが
飼育されていて、一部の動物にはエサをあげることも出来ます。
エサは自動販売機にて100円で購入可能。食いしん坊な羊が待ってますよ~


DSCN3779.jpg DSCN3775.jpg
DSCN3755.jpg DSCN3758.jpg

ポニーとクォーターホースの引き馬体験もやってます。
料金はポニーが一周300円、クォーターホースが一周500円(親子700円)
牛の乳搾り体験は、開催時間と人数が限られているので事前にチェック要です。
小さな子供さんでも体験可能なので、子供連れなら是非ともやってみたいですね。


DSCN3747.jpg DSCN3732.jpg
DSCN3726.jpg DSCN3806.jpg

アトラクションエリアでは、観覧車・ゴーカート・ミニ新幹線・おもしろ自転車
パターゴルフ・アクアボール・芝滑り・ボートなどがあってちょっとした遊園地
みたいな感じで家族みんなで楽しめます!
但しそれぞれ別途料金が必要なので、ここで意外に出費が増えますが・・・(笑)
アトラクションをある程度楽しむならお得な回数券(300円が8枚で2,000円)も
販売されているので、そちらを購入しておきましょう。


DSCN3737.jpg DSCN3748.jpg
DSCN3783.jpg DSCN3746.jpg

うちの子がハマっていた芝滑りは、全長40m最大傾斜20度の坂をソリで滑り下り
結構なスピードが出てスリルがありました。(料金は1人:20分300円)
その他、街エリアと村エリアを結ぶかわいいハーベストトレインもありました。
→ アトラクションの詳細はこちらから


DSCN3795.jpg DSCN3796.jpg

季節の収穫体験では、じゃがいも・たまねぎ・ピーマン・なすび・さつまいも・大根
などの収穫体験やいちご狩りが楽しめます。季節や気候でスケジュールが多少
変わりますので、詳細は公式ホームページご確認ください。
→ 収穫体験の詳細はこちら


DSCN3723.jpg DSCN3722.jpg
DSCN3741.jpg DSCN3742.jpg

体験教室コーナーでは、ソーセージやパンなどの手作りグルメ体験や、
クラフト・陶芸の各体験教室があって大人から子供まで楽しめます。
ほとんどのメニューで予約が必要となっており事前に確認しておきましょう。
→ 体験教室の詳細はこちら


DSCN3727.jpg DSCN3729.jpg
DSCN3740.jpg DSCN3743.jpg

最後に食事面ですが、園内には3カ所のレストランとカフェがあります。
バーベキューレストランや、バイキング形式の農家レストラン・うどんやカレーなど
定番メニューがあるキッチンハウスなど食べるには全く困りません。
また野外バーベキューが出来るデイキャンプ場も完備!
ピザも焼ける石釜もあってみんなでワイワイ楽しめそうですね。


入園料は、大人900円(冬季500円)小人500円(冬季300円)で、
それぞれアトラクションや体験などのイベントは別途料金となっています。

アクセス面は、阪和自動車道の堺ICから約15分で駐車場は無料です!
公共交通機関の場合は泉北高速線の泉ヶ丘駅から送迎バスが出ています。




ここがオススメ!

 食べて遊んで体験できる農業公園! 家族で一日楽しめる!

 幼児から小学低学年向けのミニ遊園地があります


ここはイマイチ!

× ほとんどの遊びや体験は入園料とは別でお金がかかります…

 せっかく行くならお花畑が綺麗な時期がいいですね




☆ 堺・緑のミュージアム ハーベストの丘 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ ハーベストの丘 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


二色の浜公園・海浜緑地 (二色の浜海水浴場)

海水浴場
01 /26 2013
DSCN3410.jpg DSCN3399.jpg

大阪府貝塚市にある二色の浜公園へ行って来ました!

ここは、海水浴の楽しめる海浜公園として昭和26年に誕生した府営公園で、
潮騒と豊かな緑に囲まれた空間では、海水浴や水上オートバイなどの
海浜レジャーから、バーベキュー施設、テニスや野球などのスポーツ施設
子供の遊具広場があり、大人も子供も幅広く楽しめる公園となっています。


DSCN3397.jpg DSCN3404.jpg
DSCN3406.jpg DSCN3402.jpg

公園のメインとなる二色の浜海水浴場は、長さ1000m、奥行200mあり、
シーズン中には、海の家・屋台村・シャワー・更衣室・トイレなどの設備が
充実していて、アクセスも大阪市内から電車・車ともに1時間という近さ!
大阪府内の人気ビーチとして夏シーズン中は多くの海水浴客で賑わいます。
また、4月~6月はじめ頃には潮干狩りも楽しむことが出来ますよ!


DSCN3405.jpg DSCN3409.jpg
DSCN3417.jpg DSCN3415.jpg

砂浜中央部分には、帆船マストのモニュメントが目印のレストハウスがあり
食堂や喫茶室、休憩所などあって公園のランドマーク的な存在です。
また、公園内の指定区域では持ち込みバーベキューをすることが可能で、
炭入れや洗い場の設備が何カ所か設置されています。


DSCN3395.jpg DSCN3433.jpg

ちょうど位置的に阪神高速・湾岸線の真下に公園が広がっているので
高架が屋根の役割を果たして日陰にもなり夏にはありがたいですね。


DSCN3413.jpg DSCN3386.jpg
DSCN3389.jpg DSCN3390.jpg

二色の浜公園には子供の遊具広場が3カ所もあって充実しています。
中央児童遊戯場では、クジラやサザエの滑り台など海をイメージした遊具や
砂場や幼児用の遊具もあって多くの子供達で賑わっていました。


DSCN3422.jpg DSCN3424.jpg
DSCN3430.jpg DSCN3426.jpg

公園の南側に位置する松風広場ゾーンは、クロ松と白い砂浜のコントラストが美しく、
海風にさらされて松の木が傾いて斜めに生えているのが特徴です。
ここには松風児童遊戯場があり、ジャングルジムやシーソー、スイングボール
ローラー滑り台などの遊具があります。


DSCN3457.jpg DSCN3449.jpg
DSCN3451.jpg DSCN3452.jpg

続いて公園の北側に位置する脇浜児童遊戯場には、
別名「カニ公園」ということでカニをモチーフにした遊具や、
船の形の大きなジャングルジム、ターザンロープなどがあります。


DSCN3441.jpg DSCN3446.jpg
DSCN3460.jpg DSCN3461.jpg

船をモチーフにした遊具の中は、アスレチックの要素があって
滑り台やミニロッククライミングなどがある複合遊具となっています。


DSCN3443.jpg DSCN3458.jpg
DSCN3445.jpg DSCN3447.jpg

複合遊具以外にも定番のブランコにターザンロープや芝生広場がありました。
潮騒の森ゾーンでは花見の丘など一年を通して季節の草花が楽しめます。


DSCN3407.jpg DSCN3396.jpg
DSCN3436.jpg DSCN3434.jpg

その他には、球技広場、テニスコート、野球場などが整備されており
海水浴にスポーツに遊具類と設備的には素晴らしい公園となっていますね。
公園内を歩いていると景色が様々に変わってとても楽しかったです!

アクセスについて、電車では南海の二色浜駅から徒歩10分くらい、
車の場合は、それぞれの目的地によって駐車場が4カ所あります。
駐車料金は1日1回600円と良心的価格で長時間利用ならお得です。

また徒歩では少し距離がありますが、二色の浜海浜緑地というエリアでは
水上オートバイなどが楽しめるマリンレジャーの拠点があり、
多目的広場や本格的なバーベキュー施設も備えています。
バーベキューだけが目的なら設備が整っているこちらがお勧めでしょう。
食材だけ持ち込みすればOKなので楽チンです!



ここがオススメ!

 さすが大阪の人気ビーチ! バーベキューも出来て設備充実!

 広大な公園には様々な景色があります。散歩にもお勧め!

 子供の遊具も充実しているので家族で楽しく遊べます!


ここはイマイチ!

× それぞれの遊具広場が離れ過ぎていて移動でかなり歩きます

× 中央ゾーン以外には休憩ベンチや自販機がほとんどありません

× やはり海水浴シーズンは駐車場が即満車確実でしょう



☆ 二色の浜公園・海浜緑地(二色の浜海水浴場)☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 二色の浜公園管理事務所ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



フルーツランド天野山

味覚狩り・農業公園
10 /15 2012
DSCN2764.jpg

大阪府河内長野市にあるフルーツランド天野山へ行って来ました!

ここは、南大阪を一望する丘陵地に、25,000坪のミカン園・ブドウ園が広がり、
夏にはブドウ狩り、秋にはミカン狩りが楽しめます。


DSCN2735.jpg DSCN2737.jpg
DSCN2743.jpg DSCN2736.jpg

夏の味覚・ブドウ狩りは、8月初旬~10月下旬ごろまで楽しめます。

入園料は、大人1000円・小人700円・3歳未満は無料となっていて
甘くておいしいブドウが時間無制限で狩り放題&食べ放題!
品種はヒムロット・スチューベン・ベリーAで、時期によって異なります。

ブドウは1房ごとに紙袋で覆われていて、中身が見えない状態でハサミで狩るので
いざ袋を開けてみたら、少し痛んでいたり腐っていたりするものがありましたが、
そこは狩り放題なんで、おいしそうなブドウを思い存分探せるので安心です。

ハサミはレンタルで200円(ハサミ返却時に100円は返却)かかるので、
持ち込みした方がお得です。ハサミ持ち込み可能(無料)


DSCN2754.jpg DSCN2756.jpg
DSCN2753.jpg DSCN2751.jpg

秋の味覚・ミカン狩りは、10月初旬~11月下旬ごろまで楽しめます。

入園料は、大人800円・小人700円・3歳未満は無料となっていて
おいしいミカンが時間無制限で狩り放題&食べ放題! 品種は早生みかんです。

また10月初旬~中旬ごろは、ブドウ狩りとミカン狩りを両方とも楽しめます。
料金は、ブドウ&ミカン狩りセットで大人1300円・小人1100円なので
かなりお得な料金ですね。私達が訪れた時は、まだまだミカンが青かったけど
うちの子供は喜んで狩って食べまくっていましたw


DSCN2730.jpg DSCN2767.jpg

園内では食べ放題ですが、持ち帰り(おみやげ)は別途料金がかかります。
管理棟の中にある売店でも、おいしそうなブドウやミカンが販売されていました。

食事面では、お弁当などを自由に持ち込むことが出来ますし、
予約制でバーベキューやすき焼きが出来る設備もあります(1人前2000円より)


DSCN2758.jpg DSCN2757.jpg

アクセス方法について、南海・近鉄の河内長野駅から南海バスが出ていますが
本数が少なくかなり不便なので、出来れば車で行く方が無難でお勧めです。
敷地内の駐車場は無料となっています。

また、ここフルーツランド天野山のすぐとなりには、
関西サイクルスポーツセンターがあるので、セットで訪れる人も多かったです。
自転車のテーマパークと味覚狩りを一日で一緒に楽しむのもお勧めですね!
関西サイクルスポーツセンターのレポートはこちらから



ここがオススメ!

 美味しいブドウとミカンが時間無制限で食べ放題!

 隣にある関西サイクルスポーツセンターとセットで楽しめる!


ここはイマイチ!

× ブドウかミカンしかなく、収穫時期も限られています

 さすがに料金分の元を取れるくらい食べるのは無理ですね…



☆ フルーツランド天野山 ☆

<公式ホームページ無し>
住所:大阪府河内長野市天野町1299
電話:0721-53-1159
開園期間:8月初旬~11月末日(期間内無休)
営業時間:9時~17時
→ Google Mapで場所を確認する
 
→ 関西サイクルスポーツセンター 公式ホームページ
→ 関西おでかけナビ 関西サイクルスポーツセンター


関西サイクルスポーツセンター

テーマパーク・遊園地
10 /12 2012
DSCN2653.jpg

大阪府河内長野市にある関西サイクルスポーツセンターへ行って来ました!

ここは、金剛生駒紀泉国定公園内にある自転車のテーマパークで、
80種800台もの変わり種自転車をはじめ、様々なサイクルアトラクションや
大自然を駆け巡る全長3kmのサイクリングコース、夏シーズンの大型プール、
バーベキュー場や、宿泊も可能なキャンプ場も備えた遊園地施設となっています。


DSCN2657.jpg DSCN2659.jpg

標高300mにある園内は平坦な道が少なくて坂道が多いのが特徴ですね。
園内を歩いて移動するのも楽しい運動! 日頃の運動不足を解消しましょう!
正面ゲートで無料配布されている健康活用ハンドブックを片手に、
消費エネルギー量を記録しながら各アトラクションを廻ることが出来ますよ~


DSCN2694.jpg DSCN2673.jpg
DSCN2676.jpg DSCN2681.jpg

それでは各アトラクションや乗り物の紹介ですが、
関西サイクルスポーツセンターと言えば、まずはこれでしょう!

1万㎡の敷地には、変わり種自転車がなんと約80種類800台以上あります。
子供用の小さいオモシロ自転車はもちろん、大人でも楽しめるオモシロ自転車や
家族で乗れる4人乗りのオモシロ自転車など、街中では絶対に乗れないような
変わった自転車を自由に思いっきり乗り回すことが出来ます。
私もそうでしたが、お父さん・お母さん方も以外とメチャ楽しんでました~


DSCN2714.jpg DSCN2702.jpg
DSCN2698.jpg DSCN2705.jpg

そしてこれも人気があり、順番待ちの長い行列が出来ていたサイクリングコース!
金剛生駒紀泉国定公園の大自然を駆け巡る全長約3kmのスポーツコースは、
アップダウンあり、カーブあり、途中に見晴らしの良い展望台あり、と
気持ちの良い汗をかきながら家族でサイクリングするのもいいですね。

マウンテンバイクや、ロードタイプ、ママチャリ、電動補助機能付きなど
種類もいくつかあるのでお好きな自転車を選ぶことが出来ます。
私は電動補助の付いたマウンテンバイクに乗りましたが、坂道が超楽チン!
1回1時間以内なので、コースを連続して何週かすることも可能です。


DSCN2658.jpg DSCN2666.jpg

他のスポーツ系アトラクションでは、サイクルリュージュが面白いです。
ニュージーランド生まれのニュースポーツで、全長330mの急勾配を
ハンドル付きのソリで駆け抜けるのは爽快! 並んででも乗る価値があります。

子供が楽しめる複合遊具と大人向けの健康遊具があるフィットパークや、
森の中をウォーキングするコースもあってレッツエクササイズ!って感じですね。


DSCN2724.jpg DSCN2696.jpg
DSCN2667.jpg DSCN2664.jpg

乗り物アトラクションは、どれも自転車の要素があって面白いです。
ペダル付きのジェットコースターやスカイサイクル、水陸両用自転車など
どれもちょっとだけスリルがあって小さな子供さんでも十分楽しめます。


DSCN2679.jpg DSCN2680.jpg
DSCN2661.jpg DSCN2711.jpg

高さがあってスリルがある乗り物アトラクションでは、
ペダルをこいで地上30mまで急上昇するサイクルパラシュートや、
縦揺れ横揺れしながら地上15mまで登るロッキングサイクルなどがあります。
私は高所恐怖症なんで乗ってませんが、うちの子はメチャ喜んでました!


DSCN2665.jpg DSCN2715.jpg
DSCN2718.jpg DSCN2719.jpg

園内には、レストラン感覚でお手軽に楽しめるバーベキューテラスや
コテージやバンガローも完備で宿泊が出来るキャンプ場もあるので、
日帰りでも泊まりでも家族で自然豊かな関西サイクルセンターを満喫出来ます。
バーベキューテラスは予約不要ですが、キャンプ場の方は完全予約制なので、
ご利用の際は事前に電話しときましょう(TEL:0721-54-3101)

その他にも、和食や洋食が食べれるレストランやテイクアウトショップ、
飲料自販機も充実しているので、手ぶらで行っても飲食には困りません!


入場料は、大人:800円・子供(3歳~小学生):500円+各のりもの料金ですが、
乗り放題のサイクルパスポートを購入した方がお得になると思います。
入場料+パスポート料は、中学生以上:2600円・子供:2300円または1500円
※身長110cm未満は身長制限で乗れないものが一部あるので1500円です。
※サイクルパスポートは、腕にはめるタイプなので使いまわしは不可

アクセスについて、公共交通機関で行く場合は、南海/近鉄の河内長野駅からの
バス本数が少ないので注意しましょう。まぁ車で行く方が無難やと思います。
駐車場料金は1回1000円となっています。

家族で一日楽しめる自転車のテーマパーク! ぜひ行ってみて下さいね~


DSCN2736.jpg DSCN2751.jpg

また、ここ関西サイクルスポーツセンターのすぐ隣には、
「フルーツランド天野山」というブドウ狩りとミカン狩りが楽しめる果樹園があり
8月初旬~11月末までなら、味覚狩りもセットで楽しむことも可能です!
→ フルーツランド天野山のレポートはこちらから



ここがオススメ!

 変わり種自転車をはじめ、面白い自転車アトラクションがいっぱい!

 子供だけではなく大人も十分に楽しめます。レッツエクササイズ!

 日帰り手ぶらバーベキューや宿泊キャンプをすることも可能!


ここはイマイチ!

× 乗り物アトラクションはおまけ程度… 他の遊園地に比べたらショボイ…

× 公共交通機関でのアクセスが悪いので、車で行くしかないでしょう



☆ 関西サイクルスポーツセンター ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 関西サイクルスポーツセンター 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


浜寺公園プール

屋外プール
08 /14 2012
DSCN1831.jpg

堺市西区にある浜寺公園プールへ行って来ました!

ここは「日本の名松100選」にも選ばれ美しい松林を誇る浜寺公園内にある
府営のプール施設で、全長100mのジャイアントスライダーや変形大プール、
クジラのスベリ台のある幼児用プールなどあり、家族みんなで楽しめます。


DSCN1824.jpg DSCN1825.jpg
DSCN1837.jpg DSCN1844.jpg

昭和38年にオープンした当時は、東洋一の規模を誇ったほどの広さが人気で、
私達も実際に行ってみてまず思ったのは「メッチャ広いなぁ~」でした。

とにかく広いので、盆休みで混んでいる状況でも泳いだり出来るスペースは
十分にあるし、シートを敷いて休憩するスペースも十分に確保出来ます。

水流に乗って一周出来るような「流れるプール」はありませんが、
ジャンボスライダーに滑り台もあるので、それなりに楽しめると思います!


DSCN1828.jpg DSCN1829.jpg

イルカの噴水がシンボルになっている変形大プールは、
園内で一番広いプールとなっており、水深も0.7m~1.2mと場所によって
変わります。浮輪など使えるので安心ですが、小さな子供は注意しましょう。

イルカの噴水は、水圧が変わったりして動くので面白いですね~


DSCN1830.jpg DSCN1846.jpg

浜寺公園プール名物の全長100mジャンボスライダーは2コースあり、
1回100円と有料制となります。(500円で6回分の回数券もあり)

うちの子供も滑ってみて、かなりスリルがあってメチャ楽しい!って
言っていましたが、1回やるのに30分以上並ぶような長蛇の列だったので
なんとか2回だけ滑ってみました。とにかくこれは大人気でした!


DSCN1847.jpg DSCN1859.jpg
DSCN1848.jpg DSCN1860.jpg

変形小プールには、クジラとイルカをモチーフにした滑り台が2つと、
ちょっとした噴水もありました。

ここは水深が浅く、主に幼児用のプールとなっています。


DSCN1845.jpg DSCN1839.jpg
DSCN1838.jpg DSCN1841.jpg

その他、25mプールが3面と、50mプールが1面あります。

こちらは普通のプールなので遊具系は何もありませんが、
その分少し空いているので、泳ぎたい!って人はここがオススメですね。

50mプールの方は、水深があって危険なので幼児や小学生は入れません。


DSCN1842.jpg DSCN1836.jpg

最後に設備と料金面ですが、
更衣室には有料コインロッカー(100円)がかなりの数あるので安心です。

売店では軽食も販売し飲料やアイスの自販機もあるので飲食には困りません。
浮輪などの水遊びグッズも販売していました。

プール利用料金は、大人900円・中学生500円・小学生300円で、
3歳以下は無料。 営業時間は午前9時30分~午後6時まで。

駐車料金は、最初の1時間が400円で、以降1時間ごとに100円。
最寄りの第一駐車場はかなりの台数がとめれるので、たぶん満車の可能性は
少ないと思いますが、他にも浜寺公園内には駐車場があるので安心です。


また、浜寺公園には大型遊具やミニSLなど子供が遊べる設備が満載なので
時間があったら是非寄ってみましょう!

浜寺公園のレポートはこちらから → 関西おでかけナビ 浜寺公園



ここがオススメ!

 とにかく広い! ジャンボスライダーや噴水など楽しめる設備あり!

 プールの種類が多く、幼児用プールもあるので小さな子供でも安心!

 売店や自販機など飲食設備も充実。駐車可能台数も多い!


ここはイマイチ!

× ジャンボスライダーは、順番待ちで長蛇の列! 覚悟しましょう…

 さすがに設計が古く、流れるプールなど目新しい設備はありません



☆ 浜寺公園プール ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 浜寺公園プール 公式ホームページ
→ 大阪府公園協会 浜寺公園ホームページ 
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 浜寺公園



大仙公園

公園(大阪)
07 /16 2012
DSCN1250.jpg DSCN1236.jpg

大阪府堺市にある大仙公園へ行って来ました!

ここは、日本最大の仁徳陵古墳や履中陵古墳を擁する百舌鳥古墳群内に位置し、
日本の歴史公園100選にも入選している堺のシンボルパークです。

公園内には堺市の緑化推進の中心である堺市都市緑化センターをはじめ、
日本庭園や平成の森など身近な自然とふれあえる場や、堺市博物館、
中央図書館、自転車博物館、茶室など歴史や文化を学べる施設もあります。

高さ60mある大仙公園のシンボルタワー「平和塔」は、堺大空襲などの死者、
堺市の戦没者らの鎮魂を祈念して1971年に建設されました。(内部は非公開)


DSCN1239.jpg DSCN1251.jpg
DSCN1271.jpg DSCN1274.jpg

中央部にある江戸時代のため池を改修して造られた「どら池」周辺では、
ソメイヨシノやオオシマザクラなど約400本の桜が植えられ「桜の園」といわれ、
満開の時期には辺り一面が桜色のベールに包まれとても美しいみたいです。

園内には他にもいくつか綺麗な花壇があったり、緑も豊かで気持ちが良い!


DSCN1281.jpg DSCN1278.jpg

広大な芝生広場では、ボール遊びをしたり思いっきり走り回ったり出来ます。
犬の散歩をしている人も多く、市民の憩いの場っていう雰囲気がありますね。


DSCN1264.jpg DSCN1262.jpg
DSCN1266.jpg DSCN1270.jpg

児童の森・遊具広場では、主に幼児向けの遊具が複数設置されていました。
特に危なそうな遊具は無かったので、安心して遊ばせることが出来ます。
まぁ、遊具目当てで遠方からわざわざ行くような感じではありませんが…


DSCN1286.jpg DSCN1287.jpg
DSCN1256.jpg DSCN1254.jpg

続いて、公園内にある各施設についてのご紹介です。

自転車博物館サイクルセンターでは、日本で唯一の自転車博物館として
世界最古の自転車などの実物展示を行い、自転車産業の町・堺から
自転車文化を発信しています。

自転車広場では毎月第2・4日曜日と祝日にクラシック自転車のレプリカに
体験試乗(20分300円)ができ、また自転車に乗れない方を対象に
無料の自転車乗り方教室(予約必要)もあります。

中央図書館は、堺市の地域資料を数多く揃えており、
堺の図書サービスにおける中枢施設の役割を果たしています。


DSCN1244.jpg DSCN1301.jpg
DSCN1245.jpg DSCN1246.jpg

堺市博物館は、市制90周年記念事業として昭和55(1980)年に開館し、
生涯学習と市民文化の向上のため、堺市の歴史、美術、考古、民俗に関する
博物館として、多くの資料を収集、保存、展示しています。

博物館の隣には、国登録有形文化財の茶室「伸庵」「黄梅庵」があります。
建物は茶室を含めて10室の和室を持つ風雅な二階建てで、立礼席(約20席)も
設けており、気軽に抹茶を楽しむことができます。(一服・干菓子付 300円)


DSCN1291.jpg DSCN1248.jpg
DSCN1296.jpg DSCN1300.jpg

大仙公園は、日本最大の仁徳陵古墳や履中陵古墳を擁する百舌鳥古墳群内に
位置していて、公園内にも古墳が何カ所かありますし、特に歴史の授業でも習った
前方後円墳の仁徳天皇陵はぜひ立ち寄ってみましょう!(中には入れませんが)

この公園は資源の歴史性・文化性などの価値だけではなく、これらの資源を活かして
優れた景観・環境が形成され、公園として一体性のある魅力を創出しています。


アクセスは、JR阪和線の百舌鳥駅から徒歩約5分、駐車場も完備しています。
駐車料金:2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)



ここがオススメ!

 仁徳天皇陵など古墳が多く堺の歴史や文化を感じれます!

 堺市博物館や茶室・庭園、自転車博物館など見どころがたくさん!

 広大な芝生広場や遊具広場もあるので子供が遊べる場所もあります!


ここはイマイチ!

 遊具は主に幼児向けです。小学生以上はたぶん物足りないでしょう



☆ 大仙公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内・施設案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 堺市ホームページ 大仙公園
→ 堺市博物館
→ 堺市茶室「伸庵」「黄梅庵」
→ 大仙公園 日本庭園
→ 自転車博物館サイクルセンター
→ 堺市中央図書館
→ Google Mapで場所を確認する


関空展望ホール スカイビュー (わくわく関空見学プラン)

展望台・夜景・風景
05 /24 2012
DSCN0392.jpg DSCN0485.jpg

大阪府泉佐野市にある関空展望ホール・スカイビューへ行って来ました!

ここは、関西国際空港内にある見学・学習施設で、
360度のパノラマ展望が楽しめるスカイデッキや、遊具のある屋上公園、
関空や飛行機に関する色々なことを学ぶことができるスカイミュージアム、
その他、レストランやショッピングが楽しめるフロアがあります。


<スカイデッキ>

DSCN0509.jpg DSCN0477.jpg
DSCN0476.jpg DSCN0502.jpg

5階と4階はスカイデッキとなっていて、
飛行機の離発着を間近で見れる贅沢はスカイビューの魅力のひとつです。

「関空の森」をテーマに作られたスカイデッキは、
国産天然木を敷き詰めた木の薫り漂う広々としたリラクゼーションエリアに
なっていて、夜には宝石をちりばめたようなエアポートイルミネーションが彩る
ロマンティックな光の世界が広がります。


DSCN0470.jpg DSCN0484.jpg
DSCN0475.jpg DSCN0491.jpg

国際空港である関空では、世界各国約40社のエアラインが就航しています。
JALやANA以外のさまざまな飛行機をたくさん見れるので楽しいですね。

迫力がある離着陸シーンを間近で見ることが出来ます!


DSCN0498.jpg DSCN0510.jpg

屋内には、日本初・飛行機の離発着状況を3Dグラフィック動画で表示する
「フライト案内システム」を設置していて、何時どんな飛行機が離発着するのか
一目で分かります。また、上空から見る関空島、着陸態勢の航空機など
今までにないリアル感溢れるグラフィック映像も楽しめます。


DSCN0489.jpg DSCN0462.jpg
DSCN0478.jpg DSCN0459.jpg

飛行機をただ見るだけなら、子供さんはすぐに飽きてしまいそうですが、
ここでは滑走路を臨む風景と一体化しているちょっとした公園がありました。

公園は、滑り台など楽しく遊ぶことのできる遊具を設置したプレイエリアと、
人工芝が敷き詰められているレストエリアに分かれています。

プレイエリアには滑り台などの遊具・ミストシャワー・ふわふわマットがあり
開放的な空間でのびのびと子供を遊ばせることが出来ますよ~
これなら子連れでおでかけしても安心ですね!

スカイデッキは、夜の22時まで営業しているので夜景も楽しめます。
但し、プレイエリアは18時までとなっています。


<スカイミュージアム>

DSCN0421.jpg DSCN0424.jpg

3階にある入場無料のスカイミュージアムでは、
関空の歴史や仕組みを知るエリア、空と空港の仕事を知るエリア、
飛行機のことを知るエリア、アトラクションエリアに分かれ、
関空や飛行機に関する色々なことを楽しく学べる施設となっています。


DSCN0426.jpg DSCN0427.jpg
DSCN0428.jpg DSCN0431.jpg

まず目に飛び込んでくるのは、全長約30m、72分の1ビッグスケールで作られた
巨大なターミナルビル&旅客エプロンの模型ジオラマ! これは見応えあり!

関空最大の建物であるPTB(パッセンジャーターミナルビル)とその前に広がる
旅客エプロンの模型を見ながら、空港の様々な業務を紹介しています。


DSCN0422.jpg DSCN0442.jpg
DSCN0435.jpg DSCN0430.jpg

日本初の人工空港島である関空の造成工事はどのように進められたか?
関空がどのようにして生まれ、2本の滑走路を持つ現在の姿となったのか?
など、関空の仕組みや歴史、飛行機の事をパネルや映像・模型等で紹介しています。

そして、ここにもキッズコーナーがありました。
ミュージアムの内容が少し難しい小さなお子様はここで安心して遊ばせますね。


DSCN0440.jpg DSCN0438.jpg

実物ビジネスクラスのシートに座ってみたり、管制塔シュミレーターを操作したり
各シミュレーターを用いて空港の仕事を体験できるコーナーもあります。


DSCN0454.jpg DSCN0444.jpg

一番人気があったのは、フライトシュミレーター!
実寸大コックピット・キャビンに座り、関空へ着陸する操縦体験が出来ます。
これは大人も子供もみんな楽しそうにやってましたね~

ただし、1回の操縦体験時間が5分以上あるので、人の回転が悪く長い行列が…
私達は40分くらい並びました。土日祝は長時間並ぶ覚悟が必要かも!?

ここスカイミュージアムの所要時間は30分~1時間程度でしょう。
営業時間は18時までとなっています。


<スカイビューカフェ・スカイショップタウン>

DSCN0494.jpg DSCN0497.jpg

スカイビューカフェでは、飛行機の離着陸を望みながら食べることのできる
軽食メニューやスイーツと30種類以上のドリンクメニューがあります。
その他、機内食メニューが食べれるレストランもありました。

スカイショップタウンでは、JAL・ANAをはじめ、関西国際空港に就航している
代表的なエアライングッズや、航空機メーカーの関連商品、ダイキャストモデルから
専門書まで、一般の方はもちろん航空機ファンも垂涎のアイテムをラインナップ!
関空オリジナルグッズなどおみやげも多数ありました。


<わくわく関空見学プラン>

DSCN0397.jpg DSCN0395.jpg
DSCN0403.jpg DSCN0418.jpg

関空のことをもっと知りたい!もっと楽しみたい!
そんな方のために関空施設内をバスで巡る関空見学ツアーもあります。

「わくわく関空見学プラン」は、所要時間約60分のバスツアー!
通常は立ち入ることの出来ない保安区域に入り、国際貨物地区、機内食工場、
給油タンク、管制塔、北進入灯付近などの空港施設を車窓から見学します。

まぁ~、ほとんど車窓見学なんで賛否両論って感じでしょうが、
当日の離発着状況にあわせて、バスから降りて飛行機の見学もあります。
ちょうど頭の真上を飛行機が着陸していく大迫力シーンを見る事が出来ましたよ~

ガイドさんから飛行機にまつわるエピソードや空港の面白ネタもたくさん聞けて
通常では立ち入ることが出来ない保安区域内の見学も出来るので価値ありですね!

個人向けのツアーは土日祝のみ運行で、大人子供ともに1人500円となります。
席が空いていれば当日参加可能ですが、出来れば予約しておいた方がいいかも。
→ わくわく関空見学プラン WEB予約ページ



ここがオススメ!

 広々としたスカイデッキから見える飛行機は大迫力です!

 海外のエアラインが多数就航。さまざまな飛行機が見れます!

 スカイミュージアムや関空見学ツアーなど大人も子供も楽しめる!


ここはイマイチ!

× 空港駅やターミナルから展望ホールまで遠い! 歩いては行けません

× フライトシュミレーターの1回が長い… 人の回転悪く順番待ちが苦痛!

× 関空見学バスツアーはほとんど車窓見学です。ちょっとがっかりかな…



ここの関空展望ホールへは、歩いて行くことは出来ません。
旅客ターミナル前の①番バス乗り場からシャトルバス(無料)で行きましょう!

車の場合は、直接展望ホールの駐車場(100円/20分)まで行くことが出来ます。



☆ 関空展望ホール スカイビュー (わくわく関空見学プラン) ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 関西国際空港 公式ホームページ
→ 関空展望ホール スカイビュー
→ わくわく関空見学プラン
→ Google Mapで場所を確認する


大阪府立大型児童館 ビッグバン

児童館
08 /03 2011
P1010532.jpg

堺市南区にある大阪府立大型児童館ビックバンに行って来ました!

ここは大阪府における子どもの豊かな遊びと文化創造の拠点施設として
おもちゃは遊びを誘発し、遊びは子どもの文化を創造するという
「遊び」をテーマにして運営されている児童館です。

宇宙船をイメージした特徴的な外観は、銀河鉄道999などでお馴染みの漫画家
松本零士さんがデザインしたもので、名誉館長も務めています。


P1010535.jpg P1010534.jpg

とにかく広~い館内なので、各フロアごとにご紹介していきます。

まずは入口がある1階ですが、こちらはコスモポートという名前で
「楽しむ」をテーマに、人形劇や演劇・コンサートなどが楽しめるフロアです。

ロケットエンジンと宇宙服の展示コーナーでは、
本物のH-1ロケットエンジン噴射口と、宇宙飛行士・向井千秋さんが
実際に着ていた宇宙服の展示がありました。


P1010542.jpg P1010541.jpg
P1010543.jpg P1010545.jpg

2階は「創る」をテーマに、子ども達の夢エネルギーの応用力を育て
創る楽しさを体験できるスペースファクトリーというフロアです。

子どもたちが自由に絵を描き、コンピュータに読み込ませると
描いた絵が目の前の大型画面で動きだし、自由に遊ばせることができる
ハートイピア電子動物園は、なかなか面白かったですね。
人気なので順番待ちしていました。

P1010538.jpg P1010539.jpg

ベアルの修理工房では、廃材などの身近な素材を使って好きなものが作れる
リサイクルファクトリーです。

その他、子ども用に作られた厨房を使ってお菓子づくりなどが楽しめる
子どものためのクッキングコーナーがありました。(土日祝のみ。有料)


P1010555.jpg P1010552.jpg
P1010565.jpg P1010550.jpg

3階は「遊ぶ」をテーマに、体を自由に動かして遊べるアストロキャンプです。

大昔に大阪で動き回っていたというマチカネワニをモチーフにした大型遊具は、
ワニのおなかの中を探検したり、骨格の岩山に登ったりと子ども達に大人気!

また、ジャングルをイメージしたロープウェイや木登り遊具もありました。

P1010549.jpg P1010566.jpg

ここビッグバンにある展示物や遊具類は、主に小学1年~3年生くらいの子どもを
対象にしていますが、乳幼児が遊べる専用のコーナーもちゃんとあります。

ジャックとマメの木のようなシンボル遊具を中心に大きな果物や野菜の形をした
クッションや木でできたおもちゃが置いてあり、乳幼児が安心して遊べる環境です。


P1010568.jpg P1010569.jpg

半日くらいは十分に遊べる大型施設なんで、休憩スポットも気になりますが
3階にテーブルがある休憩所と、バルコニースペースがありました。
飲食はここでのみ可能ですが、飲料とアイスの自販機があるだけなので、
食べ物類やおやつ類は持込するしかありません。


P1010579.jpg P1010590.jpg

続いて4階は、遊びながら学べるおもちゃスペースシップのフロアです。

日本が活気に溢れた昭和30年代頃の民家や商店を再現したジオラマでは
その中で子どもたちがコマやけん玉など様々な時代玩具で遊ぶことが出来ます。

また、大阪府が所有する1万4千件あまりの時代玩具コレクションを
時代やテーマ別に紹介し展示しているコーナーは個人的に見応えがありましたね。

P1010591.jpg P1010597.jpg
P1010610.jpg P1010599.jpg

身近な科学現象や原理を、遊びの中で体験することのできる数々の装置や、
不思議なおもちゃに実際に触れて、おもちゃのからくりを学ぶコーナーなど
とにかく何でも触って動かして体験出来るので子どもは大喜びすると思います。

別途有料になりますが、ビッグバンの誕生物語「ベアルとメロウの壮大な旅物語」を
ハイビジョン映像と動く座席、演出音と照明により楽しめる体験・体感空間の
シミュレーションシアター「パワーユニット」というのがあります。
こちらは1人300円で、上映時間が決まっているので事前に確認しておきましょう。


P1010609.jpg P1010603.jpg
P1010606.jpg P1010608.jpg

最後に息子が一番はまって何回もチャレンジしていた遊具の塔です。

こちらは、地上25m(4階)~53m(8階)の空間に垂直遊具17アイテムを設置した
室内型の遊び空間で、53mの高さをほこる巨大なジャングルジムです。

安全のためヘルメットを被って4階からスタート!
様々なアスレチック要素のある遊具をクリアして8階まで登って行きます。
子どもたちはみんな一生懸命チャレンジしていてメッチャ楽しそうでした!


私も色々と完全屋内型の遊び場スポットへ行きましたが、
ここはなかなかのお勧めスポットと言えますね~

遊具類も多いし様々な体験が出来て子どもにとっては
とても楽しめる場所だと思います。

大阪府の橋下知事が当選したばかりの頃に、事業仕訳みたいなやつで
ここのビッグバンが廃止になりかけたと記憶していますが、
是非ともこのまま残していただきたい!

ここへ行かれる際は、公式ホームページに割引チケットがあり
プリントして持っていくか、携帯電話で画面表示して見せるかで
入場料が10%割引されます。
(割引後の入場料 大人900円、中学生720円、小学生540円、幼児360円)

駐車料金は、3時間まで700円、以後1時間毎300円になります。



ここがオススメ!

 完全屋内型なので雨の日など天候に関係なく思いっきり遊べます!

 遊具類や体験設備が充実! 遊ぶ・学ぶ・創る・楽しむが満載!

 駐車台数も多いし、泉北高速の泉ヶ丘駅前なんでアクセス便利!


ここはイマイチ!

× 滞在時間が長いので飲食系設備と休憩ベンチがもう少しあればな…

 公営やのに入場料と駐車料金がちょっと高いような気がする



まぁ~、イマイチなところをあえて述べましたが、実際は再入場が可能なんで、
駅前の飲食店で休憩や食事をしてまた再入場すれば問題無しです!
また、料金については大阪府の財政状況を考えるとしゃぁないかな(笑)  



☆ 大阪府立大型児童館 ビッグバン ☆ 

アクセス・詳しい営業案内、割引チケットは以下の公式ホームページでご確認下さい
大阪府立大型児童館ビッグバン 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


ワールド牧場

動物園・牧場
06 /06 2011


大阪府河南町にあるワールド牧場に行って来ました!

ここはたくさんの動物達と触れ合える事が出来る観光牧場です。

犬・ウサギ・ヤギ・ヒツジ・アヒルなど数々の動物たちと直接ふれあえ、
ポニー乗馬、乳搾り体験、お散歩体験など、牧場ならではの体験が出来ます。

また、広い園内にはアスレチックや釣り堀、パターゴルフなどもあり、
天然温泉やロッジやコテージなどの宿泊施設まで完備されていますので、
家族で1日~2日間たっぷりと遊ぶことが可能です。


P1010226.jpg P1010227.jpg
P1010218.jpg P1010274.jpg

園内はとにかく広くて、山の斜面にあるので高低差のある坂道だらけ…
坂道を登るのが結構しんどいので、園内を走る「まきば号」という乗り物を
うまく使った方が良いですね(乗車1回につき100円)

その代わり、牧場の頂上付近から見える景色はなかなかの絶景です!
遠くにはPLの塔も見えます。そして緑も多いので気持ちが良い!


P1010204.jpg P1010205.jpg

園内で一番人気があった場所は、小動物とのふれあいコーナー。
ウサギ・ヤギ・ヒツジ・アヒル・ブタなどたくさんの動物がいました。

P1010207.jpg P1010193.jpg
P1010213.jpg P1010200.jpg

エサが100円で売っていて自由にあげることが出来ます。
どの動物も人懐こくて可愛い! これは子供さん喜びますね~
うちの子もいろんな動物にエサをあげまくって楽しんでました。


P1010188.jpg P1010260.jpg

本格的な乗馬レッスンや、ポニーやクォーターホースの曳き馬など
馬とのふれあい・エサやり・乗馬コーナーも人気がありました!
どれもおとなしい馬ばかりなので、直接触ってナデナデすることも出来ますし
間近で見る大きな馬に子供たちは目を輝かせていました。


P1010252.jpg P1010221.jpg P1010254.jpg P1010251.jpg

ドックビレッジには、約70種類200頭以上の犬が飼育されています。
基本的には柵や檻の中に入っている犬を見るだけなのですが、
小型犬など一部の犬は直接触れ合ったり、園内をお散歩することも可能!

犬を触るのに1回500円も取るのは個人的に高いように思いますが…
まぁそれでも、普段犬と触れ合う機会の無い子供にとっては
人懐っこい小型犬とのふれあいをメッチャ楽んでいる様子でした。


また、ドッグビレッジの近くにはバーベキューレストランがあり
バーベキューを楽しむことが出来ます!
但し持込は禁止なので、食材は全てここで購入することになります。

その他にも園内にあるファーストフードコーナーでは、
焼きそば・カレーライス・フライドポテトなどの軽食、
ドリンク類・ソフトクリーム・フローズンなど販売していました。

とりあえず飲食物に困ることは無さそうです。


P1010246.jpg P1010233.jpg

園内には、動物以外の遊び場として、パターゴルフ・釣り堀・
アスレチックのスポーツゾーンがありました。

パットゴルフは、2011年6月から18ホールになってリニューアルオープン!

18ホールで大人1000円・小人600円、9ホールだけなら半額で楽しめます。
パタークラブとボールを受付で借りてコースを自由に周るのですが、
特に監視されている訳でもなく、うちの子は気の済むまで何回も打ちまくり!(笑)


P1010237.jpg P1010235.jpg
P1010241.jpg P1010242.jpg

アスレチックは、大きめの公園にありそうな木製遊具がいくつかあるだけで
わざわざ有料(300円)にするほど大げさなアスレチック施設ではないです。

まぁそれでも動物ばかりでそろそろ飽きてきた頃に子供をここで遊ばせると
ちょうど気分転換にもなってええ感じですかね!?


P1010261.jpg P1010267.jpg
P1010263.jpg P1010266.jpg

最後にわくわくドームという施設のご紹介です。

入口付近には、金魚やスーパーボールすくい・鯉釣りなど縁日のような感じで
中に入ってみると・・・ 謎のイルミネーションで輝いていました(笑)

実は5年ほど前にもワールド牧場に訪れたことがあるのですが、
確かこのドーム内には、大きな水槽があってイルカショーをやってたような!?
あのイルカは何処へ・・・!?

今ではドーム内に動物の形をしたイルミネーションが一面に輝き、
金魚など子魚系の水槽がたくさん並んでいるところにソファセットがありました!
クーラーが効いて冷んやりしているのでいい休憩場所になると思いますよ~



ここがオススメ!

 たくさんの人懐こい動物たちと直接触れ合うことが出来る!

 エサやり・乳搾り・乗馬・お散歩・卵拾いなど牧場体験が出来る!

 動物以外にもスポーツゾーンやバーベキューなどの施設充実!


ここはイマイチ!

× とにかく坂道が辛い… 歩き疲れます… 有料のまきば号は必須!

× 入場料以外に結構なお金がかかる… 何をするのも有料です!



遠目でただ檻の中の動物を見学するありきたりな動物園とは違い、
とにかくたくさんの動物と直接触れ合って様々な牧場体験が出来るので
動物好きの子供さんにとってはとても楽しい遊び場になると思います!
(その分、動物園に行くよりも出費は増えますが…)

ワールド牧場の公式ホームページから入場料割引優待券
プリントアウトして持っていけば10%の割引もありますので
忘れずにチェックしてみて下さい。
(入場料 大人1000円→900円 小人500円→450円になります)

土日祝限定ですが、園内には一乃湯という天然温泉もやっているので、
歩き疲れて汗をかいた体をサッパリとリフレッシュして帰りましょう!



☆ ワールド牧場 ☆

アクセス方法・営業日・各種料金などは以下の公式ホームページでご確認下さい
→ ワールド牧場 公式ホームページ
→ 入場料10%割引優待券
→ Google Mapで場所を確認する


 

光滝寺キャンプ場

バーベキュー・キャンプ場
08 /05 2010
P8040661.jpg

大阪府河内長野市にある光滝寺キャンプ場へ行って来ました!

ここは大阪では数少ない川遊びが出来る本格的なオートキャンプ場です。
キャンプ場という名前ですが、もちろん日帰りでバーベキュー&川遊びもOK!

今回、私たちはバーベキューもせずに川遊び目的だけでここに来ましたし
実際ほとんどの人が日帰りでの利用だと思います。

大阪市内から1時間半くらいで行けますし、大阪府内で川遊びが出来る
バーベキュースポットをお探しなら光滝寺キャンプ場がオススメです!


P8040643.jpg P8040646.jpg

入口で車1台につき1000円と1人につき100円を支払い入場すると
車は空いているところに自由にとめることが出来ます。

バーベキューをするところは場内であれば特に場所の区画はありません。
駐車スペースの目の前に川がありますし、みんな思い思いのところで
テントを張ったり、バーベキューコンロを出していました。

車の目の前でバーベキューが出来るので、荷物の運び出しも楽ですし
着替えや休憩するにも車が近くにあればとても便利ですね~


P8040645.jpg P8040655.jpg
P8040639.jpg P8040664.jpg

ここでは、川遊びがメインになります。

基本的に水深がとても浅く流れも緩やかな小川で水も綺麗なので
幼児など小さいお子さんでも安心して遊ばせることが出来ます。 

川底はヌルヌルして石だらけですが、ゴミなど裸足で遊んで危険なものは
落ちてなかったし、有料施設なので清掃が行き届いている感じでしたね~

まぁそれでも川に入る時は安全のためにサンダルは必須です!


P8040652.jpg P8040651.jpg

水深が浅い小川だけでは川遊びには物足りないなぁ~と思いきや・・・
川をせき止めて、大きい天然プール状態のところがありました!

最初は浅瀬ですが、入っていくとだんだんと深くなっていきます。
一番深いところでたぶん水深150cmくらいあるでしょうか!?
身長175cmの私が顔を出すだけで精一杯でした・・・

なんといっても水が冷たくて、真夏であればめっちゃ気持ちが良い~~

子供たちはみんな浮き輪でプカプカ浮かんで遊んでましたし、
体が全部浸かるので、大人もここで泳いだりして川遊びを楽しめます。


また、こちらのキャンプ場は小型犬の入場も可能でした!

うちはミニチュアダックスとトイプードルの2匹を連れていったのですが、
泳いだり小川の浅瀬を走り廻ったり、犬も川遊びを楽しんでましたww

犬も川で遊ばせることが出来るので、愛犬家にとっても嬉しいですね!
但し、他の人の迷惑になるのでリードに繋いでおくのは必須です。


P8040658.jpg 018.jpg

他にも、ちょっとした滝などもありました。
自然豊かな緑に囲まれてマイナスイオン浴びまくりですね~~

キャンプ場から徒歩5分くらいのところには
滝畑四十八滝のひとつ「光滝」という落差9mほどの滝もあるそうです。

大阪にもこんなロケーションが良い川遊び&バーベキュースポットが
あったんやぁ~と来てみてあらためて実感しましたw


P8040653.jpg P8040654.jpg

このキャンプ場は公営の施設なのですが、水洗トイレ・炊事場・シャワーも完備で
売店で食糧や飲料の販売もしており、テントなどキャンプ用品の貸出まで可能です。

トイレもまずまず綺麗やったし、設備面で困ることはないと思います!

ただ個人的な不満としては、ソフトバンク携帯の電波が圏外だったので、
音信不通状態が続いたのはかなり参りましたね…



ここがオススメ!

 大人も子供も小型犬も思いっきり川遊びが楽しめます!

 車乗り入れ可能! バーベキュー荷物の積み下ろしが楽チン! 

 売店・トイレ・炊事場・シャワーなど設備が充実してます!


ここはイマイチ!

× キャンプ場へ行くまでの道幅が狭い! 運転には気を付けて!

× たぶんシーズン中の土日祝は午前中に満車で入れないかも…



大阪府内で川遊び&バーベキューするならここで決まりでしょう!

日帰りで行く分には特に予約電話とかは必要がなく、空いているスペースに
車をとめて自由にやる感じです。おそらく人気スポットなので夏休みの土日祝は
午前中の早い時間に行かないと満車で入場すら出来ないような気がしますが…

また、キャンプ場に行くまでの道がとても道幅が狭いので注意しましょう!!



☆ 光滝寺キャンプ場 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 河内長野市 光滝寺キャンプ場ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


錦織公園

公園(大阪)
12 /25 2009
PC020090.jpg PC020073.jpg

大阪府富田林市にある府営錦織公園に行ってきました!

ここは大阪みどりの百選にも選ばれている羽曳野丘陵の面影を残す
みどり豊かな自然環境が残っており、昔から河内地方に広がっていた
里山の風景を再現した河内の里や梅の里・桜木の里など四季の移ろいを
肌で体感できる自然散策路が充実しています。

ちょうど訪れた時は紅葉シーズンで、色付いた木々がとても綺麗でした。


PC020071.jpg PC020119.jpg
PC020079.jpg PC020140.jpg

園内には大小いくつもの池があって、自然の雰囲気は抜群です。

何故か「かかし」を発見! かかしなんか見たのは一体いつ以来や!?(笑)
しかもちゃんと顔には「へのへのもへじ」と書いてありましたっ!

展望台からはPLの塔が見えたり、音が鳴る橋があったりと、
もう冬なのに、汗をかきながら園内をぶらっと一周しましたが、
風景が歩くごとにいろいろと変わっていくのでめっちゃ楽しかったです。


PC020081.jpg PC020126.jpg

そやけどまぁ~ とても広大な敷地面積で道のアップダウンも激しく、
公園に来たというよりはちょっとしたハイキングに来たような感じ…

舗装されていない山道のような散策道もたくさんあるので、
動き易い服装で運動靴を履いて行くことをお勧めします!


PC020091.jpg PC020093.jpg

そして気になる子供の遊具エリアですが、園内の北と南に2箇所あります。

まずは園内南部に位置する「やんちゃの里」というところですが、
遊具の種類がとても充実していおり、ここがメインの遊び場となるでしょう!


PC020095.jpg PC020085.jpg
PC020104.jpg PC020086.jpg

特に滑り台の種類が豊富! 距離は短いものばかりですが
府営の公園でよく見かける角度が急でスリルのある大型滑り台など、
幼児~小学生くらいの子供達が楽しそうに遊んでいました。


PC020097.jpg PC020110.jpg
PC020102.jpg PC020109.jpg

滑り台以外にも複合型遊具が3種類ほどあるので飽きずに楽しめます。
うちの息子(4歳)は、ここで2時間くらい全開で遊びっぱなし!

遊び疲れてお腹が減ったり、のどが乾いても大丈夫。
やんちゃの里には、売店と飲料の自販機がありました。
私達が行った平日は残念ながら売店は閉まってましたが、
土日祝は営業しているはず… たぶん!?


PC020128.jpg PC020139.jpg

続いて、園内北部に位置する「水辺の里」という遊具エリアですが、
ここは木製のアスレチックのような複合型遊具が中心となります。


PC020129.jpg PC020092.jpg
PC020133.jpg PC020132.jpg

幼児の場合、一人で遊ぶのにはちょっと危険なやつもあるので、
目を離さず大人がしっかりとサポートした方が良いと思います。

他に滑り台が大小2つとブランコなどありましたが、
遊具の種類や充実度がやんちゃの里よりは少なめでした。

ここだけでは子供にとって不完全燃焼でしょうね~~

2つの遊具エリアはめっちゃ離れた場所にあるので、
広い園内でアップダウンのある坂道をかなり歩くことになりますが、
せっかくなんで是非ともやんちゃの里とセットで楽しみましょう!



ここがオススメ!

 広大な敷地で大自然を満喫! ハイキングに行った気分です

 遊具類が充実! 幼児から小学生まで十分に楽しめます

 様々な散策スポットがあるので飽きずに園内一周できます


ここはイマイチ!

× 道が複雑過ぎてアップダウンも激しいのでかなり疲れます

× あれだけ広い公園なのに売店や自販機が1箇所のみって…

 駐車場は17時に完全閉門。遊具エリアから遠いので注意!



駐車場は北入口と南入口の2箇所にあります。
1日1回600円なのでお手ごろ料金ですね。

メインの遊び場であるやんちゃの里へは南駐車場が近いのですが、
それでも徒歩15分~20分くらいはかかりますよ~ 帰りは特に注意!

あと設備面ですが、トイレはそれなりに数があるので困りませんが、
自販機が一部なので飲み物等は事前に用意しておいた方が良いと思います。

ちなみにバーベキューは全面禁止です! 残念!!

ほんと、ここはハイキング気分で大人も子供も楽しめるいい公園だと思います!



☆ 錦織(にしこおり)公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府営 錦織公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


蜻蛉池公園 (とんぼ池公園)

公園(大阪)
10 /12 2009
P9210838.jpg

大阪府岸和田市にある蜻蛉池公園に行って来ました!

最初は「蜻蛉」って恥ずかしながら漢字が読めなかった私ですが、
「とんぼ」と読みます。

ここは岸和田市中央の丘陵地帯に位置し広大な敷地に自然が豊かで、
おもしろい遊具類が充実しており子供も大人も一日中楽しめる府営の公園です。

そして、ここには「とんぼ」をモチーフにしたユニークな大型複合遊具が特長で、
この遊具をお目当てに、たくさんのチビッコ達・家族連れで大賑わいでした!


P9210880.jpg P9210837.jpg

訪れたのは9月のシルバーウィークということで、紅葉はまだまだでしたが、
数多くの種類の木々・草花が生えていました。公園内にはあじさい広場や
野原の広場といった自然をしっかりと楽しめるスペースも充実しており、
ゆっくりと園内を一周しなが自然を散策するのもオススメ!

また、園内には休憩用のベンチは少なかったのですが、その代わり芝生広場が
あちらこちらにあるので、ビニールシート1枚あればどこでも休憩可能ですね~

おべんとう広場という場所もちゃんとあるので、おでかけは是非お弁当持参で!


P9210840.jpg P9210841.jpg

そして、みんなお目当ての「子供の国」という場所にある遊具スポットですが、
とんぼをモチーフにしていて他のどこにもないオリジナルな遊具が最高です!

この一体型の大型複合遊具は、「とんぼ空港」という名前がついており、
ターミナルから滑走路、おにやんま空港、しおからとんぼ空港などテーマごとに
面白そうな遊具があって、子供達は本当に楽しそうに遊んでいましたよ~


P9210894.jpg P9210892.jpg
P9210842.jpg P9210863.jpg

滑り台は安全の為か硬いゴムラバーのような素材で出来ているものが多く
滑り具合はイマイチかな・・・ 普通の鉄板タイプの滑り台も一応ありましたけど。

ローラー式では無いのでスリル感は欠けますが、その分お尻は全く痛くありません。

とんぼの頭から入って胴体の中を滑る筒状の滑り台などはとてもユニークです!

右下の写真にあるのが滑走路だそうです。結構なスピードが出てましたけど・・・
ちょっと幼児には危険な感じでしたが、やってる子はとても楽しそうでした~


P9210890.jpg P9210843.jpg

小さな子でも楽しく遊べる遊具もありました。アスレチック式のものや、
とんぼの乗り物、シーソーなど、どれも子供心をくすぐるものばかりでした!


P9210881.jpg P9210882.jpg

そして、とんぼ空港から少し離れたところに2本のロング滑り台がありました!

こちらは高低差があり長くて、ローラー式もあるのでスリル感があります。
滑り台を楽しむなら間違いなくこっちの方でしょうね~

但し、滑り台の入り口まで行くのに階段をメッチャ上がります。(しんどい・・・)


P9210846.jpg P9210859.jpg
P9210858.jpg P9210854.jpg

こちらはとんぼではなく、「チョウ」をモチーフにした複合型遊具らしいですが、
たぶん上空から見ないと、横からみても何か全く分かりません(笑) 

こけてもさほど痛くない木製の遊具が中心なので安全面も大丈夫ですね!
ここは高低差があるものはないので、小さな子が安心して遊べると思います。

小さな滑り台にブランコや、広い砂場、鉄琴などがありました。


P9210873.jpg P9210868.jpg

とんぼ池公園ということで、大きな池がありアヒルなどが泳いでいました!

近くの売店では1袋60円でエサを販売しているので、
アヒルやカモなどにエサを与えることが出来るみたいです。

しかし池にはヒモで柵がしてあり、立ち入り禁止の看板が!? 何故??
とはいっても実際は多くの人が水際まで立ち入ってエサをあげてました。

アヒルが人懐っこくてほんまメッチャ可愛いかった~
 

P9210875.jpg P9210876.jpg

丘陵地にある公園ということで展望台もありました。

せっかくなので階段を上がり展望台の頂上まで行ってみましたが、
あれだけ賑わっていた公園内の中でここは人が疎らでガラガラ状態・・・

その理由は・・・ 高さが中途半端で景色に何も特長なし!(写真右)

でも汗をかき一生懸命上がった分、爽やかな風が気持ちよかったです!


P9210867.jpg P9210900.jpg

最後に設備面ですが、トイレが綺麗! これはとても気持ちが良いです。
広大な敷地なので、何箇所もトイレがありましたがどこも綺麗でした。

売店も2箇所にあり、飲料の自販機はもちろんアイスや食料なども売ってます。
いっぱい遊んで小腹がへっても大丈夫ですね。

そして休日ということで大勢の人で賑わっていたので、迷子続出!?

売店の横に臨時の迷子センターが開設されていて、迷子のアナウンスが
園内によく流れていました。

駐車場は「子供の国駐車場」と「テニス村駐車場」の2箇所ありますが、
遊具に近くて便利なのは子供の国駐車場になります。(写真右)

駐車料金は1回600円で、時間による加算はありませんので良心的!



ここがオススメ!

 とんぼの大型複合遊具がメッチャ楽しい!子供は大満足!

 自然が豊かで芝生広場も多いのでとても気持ちがいいです!

 トイレが綺麗で、売店、駐車場の設備充実度もバッチリです!


ここはイマイチ!

× やはり休日は人が多すぎ! 滑り台に長蛇の列も覚悟です

× ベンチがほとんどないので、芝生など地ベタに座るしかありません

× バーベキューは全面禁止です。他の府営公園はいけるのに…



とにかく遊具お目当てなら、子供は大満足間違い無しでしょう!
うちの息子もとても楽しかったみたいで、また行きた~いって言っております(笑)

また、遊具以外にも、広場がたくさんあるのでボール遊びやバドミントンなどをして
遊んでいる家族連れも多くみかけましたし、犬と散歩する人もたくさんいました。

これで、バーベキューOKなら言うことないと思いますが・・・(全面禁止です)

ビニールシートだけは必需品になりますので、お忘れなく!!



☆ 蜻蛉池公園 (とんぼ池公園) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 蜻蛉池公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


浜寺公園

公園(大阪)
05 /05 2009
P4190319.jpg P4190315.jpg

堺市西区にある浜寺公園へ行ってきました!

この浜寺公園は「名松100選」にも選ばれている美しい松林を誇る公園で、
広大な敷地には面白い施設がたくさんあり、オススメの無料遊び場スポットです!


P4190370.jpg P4190316.jpg

園内には子供が楽しめるたくさんの遊具類が設置されてあり、交通遊園やバラ園、
ジャイアントスライダーのあるプールに、テニスコートや野球グラウンドなど
あらゆる設備がある総合公園として、堺市民に親しまれています。

ほんま緑が多くて、美しい花もたくさん咲いていたので、とても癒されました~


P4190321.jpg P4190320.jpg

そしてなんと、嬉しいことに公園内でバーベキューも可能!!

指定エリアに限りますが、芝生の上で堂々とバーベキューが出来て、
ゴミや炭を捨てられる場所があって、トイレには石鹸も備え付けられていました。

後片付けの際のゴミ処理が楽だし、トイレや自販機が何箇所もあって、
設備面が充実しているので、オススメの無料バーベキュースポットでしょう!

私たちが訪れた日は、春のポカポカ陽気の休日だったので、
数多くのファミリーがバーベキューを楽しんでいましたよ~


P4190324.jpg P4190335.jpg
P4190325.jpg P4190332.jpg

遊具エリアは大きく別けて3箇所にあり、公園中央付近にある北児童遊戯場には
ローラースライダーやジャンボ滑り台など、楽しく遊べる遊具の種類が豊富です!

園の中心部にあって遊具の数も多いので、ここが一番人気がありました。

ただし、たくさんの子供たちが元気よく走りまわって遊んでいるので、
乳幼児の小さなお子さんは目配りしないとちょっと危ないような気がするので注意!


P4190369.jpg P4190376.jpg
P4190372.jpg P4190373.jpg

その他の遊具エリアにも、大小様々な滑り台を中心に遊具の種類がメッチャ豊富!

乳幼児が遊べる小さめで安全な遊具から、アスレチックのような複合型遊具に、
定番のブランコやシーソーなど、数え切れないくらいありました。

今まで多くの公園に遊びに行きましたが、浜寺公園の遊具充実度はかなり高い!
子供はもちろんのこと、大人でも十分に楽しむことができました(笑)


そして、ここからが他の府営公園とはひと味違う浜寺公園だけの魅力です!

P4190342.jpg P4190339.jpg

園内中心部のバラ庭園前から、交通遊園という乗り物系の遊び場までを結ぶ
ミニSL(子供汽車)が走っており、うちの息子は汽車に乗れて大喜びしてました~

運賃は大人290円・小人140円と良心的で、3歳までは運賃無料!


P4190343.jpg P4190354.jpg
P4190353.jpg P4190363.jpg

交通遊園に到着して、まず目に付くのが機関車と阪堺電車(チンチン電車)の展示!

チンチン電車の方は自由に入ることができて、運転席に座わって遊べます。


P4190345.jpg P4190349.jpg

なんとなんと! ゴーカートまでありました! まさしく遊園地並みです!

1人乗りと2人乗り用があって、走行距離も速度もまぁまぁ満足できる程ありました。
しかも1人290円(3歳以下無料)と安いので、何回も乗りたくなってしまいますね~

交通遊園ではメインであるこのゴーカートが一番人気で長い行列が出来てました。


P4190356.jpg P4190368.jpg

他には、コイン式のバッテリーカーなどの乗り物や、信号機設備があって、
特に乗り物好きの男の子にとっては最高の遊び場所となるでしょうね~

もちろんこの交通遊園も、入場料が無料です!


DSCN1831.jpg DSCN1830.jpg

また、夏季シーズンにはプールも営業しています。
広大な敷地に様々なプールがあって、ジャンボスライダーや噴水などがあり
子供が楽しめるプール施設となっています。

詳しいレポートはこちらから → 関西おでかけナビ「浜寺公園プール」



ここがオススメ!

 遊具の種類が豊富で楽しい! しかも汽車やゴーカートにまで乗れる!

 バーベキュー可能! 炭やゴミの処理も楽で、トイレ等の設備も充実!

 夏場は、全長100mのジャンボスライダーがあるプールも開園!


ここはイマイチ!

× 休日は駐車場が満車確実で、入庫待ちの長い列ができています… 

 小さなお子様には危険な遊具もあり、人が多いので注意が必要!



この公園のマイナス点といえば、駐車場待ちと人の多さくらいでしょう。
それだけ人気のある面白くて楽しい公園だといえます!

駐車場は何箇所かありますが、場所的に便利なのは第3駐車場です。
(もちろんここから先に車が埋まっていきますけど・・・)

駐車料金は、最初の1時間400円で以後1時間ごと100円なので良心的!

堺市の近隣地域の人はもちろん、遠方にお住まいの方でも行ってみる
価値が大いにあるオススメの公園だと思いますよ!

また、浜寺公園の対岸には泉北臨海緑地という公園もあって、
そこにも冒険広場という遊具エリアや駐車場もあるみたいです。



☆ 浜寺公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府公園協会 浜寺公園ホームページ
→ 浜寺公園プール ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 浜寺公園プール



大泉緑地

公園(大阪)
04 /22 2008
P4220091.jpg P4220077.jpg

堺市にある府営大泉緑地へ行ってきました!

ここは約200種32万本もの樹木が植えられた一大森林公園です。
花壇、大泉池、大芝生広場などの憩いのゾーンと、スポーツゾーンなどからなります。
園内の池は鳥たちの水飲み場や遊び場となっていて、バードウォッチングにも最適!

ゆったりと散歩しながら園内を一周すると半日かかるコースになるので、
時間に余裕を持って行くのがお勧めですね~ 


そして家族連れが気になる遊具エリアですが、園内に合計3箇所もあります。

P4220060.jpg P4220064.jpg

わんぱくランド(上の写真)には、年季があり古臭い感じがする大型遊具が中心。
幼児が一人で遊ぶには少し危険なんで、付き添いが必要ですが、
高低差のある滑り台が何本か着いているのでスリルがあって楽しめそうです!

P4220068.jpg P4220080.jpg

他にも幼児向けの小さな滑り台・ブランコ・砂場もちゃんとありました。
敷地がかなり広めなので、ボール遊びをすることも出来ましたよ!

わんぱくランドのすぐ近くには便利なコンビニがありますし、
また休日限定ですが園内の売店も営業しているみたいです。
ランチやおやつタイムを緑豊かな気持ちの良い公園で過ごすのも良いですね!


続いて、わんぱくランドとは真反対側の場所にある冒険ランドの紹介です。

P4220085.jpg P4220089.jpg
P4220082.jpg P4220084.jpg

ここはアスレチック系の遊具と大型滑り台・広い砂場があるのが特長。
滑り台はスリルがあって楽しい! 子供達の一番人気スポットでした!!
遊具メインで遊ぶならここのエリアがオススメでしょう。

近くにはサイクルどろんこ広場という自転車専用のモトクロスコースがあり
自転車を持ち込んで、山あり谷ありのコースを楽しむことが出来ます!

もうひとつ園の一番北側に海遊ランドという遊具エリアがありますが、
私達は時間の都合で行ってません・・・
ここは“海”がテーマで、タコのスベリ台や大きなお船の複合遊具があり
幼児を中心とした子どもたちには大人気だそうです!


P4220072.jpg P4220074.jpg

園内を散歩していると、羊小屋を見つけました! 2匹のみですが・・・
木の柵で囲ってミニ牧場風になっており、1日2回餌やりをしてるそうです。

P4220076.jpg P4220090.jpg

園内中心部には公園事務所や大泉池という大きな池や歌壇がありました。
大泉緑地花と緑の相談所では、花や緑、大泉緑地の魅力いっぱいの展示会、
講習会を開催しているそうです。興味がある人はぜひ行ってみてね!


バーベキューは出来る場所が指定されていますが無料でOK!!
ちゃんと炭やごみを捨てるところがあります。水にも困りません。
綺麗なトイレもありますし、広い芝生でバーベキュー! お勧めですね!!



ここがオススメ

 広大な敷地で緑豊か! バーベキューも楽しめます

 3つの遊具エリアにモトクロスコース。子供は大満足間違いなし!

 至る所に綺麗なトイレ有り! 自販機やベンチなどの設備も良し!  


ここはイマイチ!

 駐車場は最初の1時間400円。 以後毎時100円ずつ加算。
   1日最大1200円で頭打ちするんで、まぁええとするかな!?

 工事中の箇所が多くて公園としてまだまだ未完成のようです・・・



個人的感想ですが、子連れなら北摂の服部緑地より楽しいかな!?
やはり遊び場の数がこちらの大泉緑地の方が断然多いですね~

電車で行く場合は地下鉄御堂筋線の新金岡駅が近くにあり便利です。

堺市周辺以外の方も一度遊びに行ってみる価値ありでしょう!!



☆ 大泉緑地 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 大泉緑地ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する