和歌山マリーナシティ 海釣り公園

魚釣り
12 /02 2016
IMG_1806_201611141457376ba.jpg IMG_1839_201611141457367ec.jpg

和歌山市にある和歌山マリーナシティ・海釣り公園へ行って来ました!

この施設には、「海洋釣り堀」と「釣り公園」の2つの釣りスポットがあり、
初心者からベテランまで、また家族みんなで釣りを楽しむことが出来ます。


IMG_1821.jpg

海洋釣り堀では、釣り台が全長440m(水深6m)で、収容人数は220人、
タイやハマチ、カンパチなど釣り応えのある大型活魚を常時放流しています。

もちろん釣れた魚は全て持ち帰り可能ですし、もし釣れない場合でも、
1日入場でタイ2尾、半日入場でタイ1尾の保証があります。

入場料は、1日入場(7時半~15時)で 大人:10,300円、小学生:6,200円
半日入場(10時半~15時)で 大人:7,200円、小学生:4,100円
釣竿をレンタルされる場合は、仕掛け+1本の替え針付きで1本1,500円


IMG_1819.jpg

そして釣り上げた魚は、敷地内にある喫茶ボルドゥにて
お刺身や三枚下しに捌いてくれるサービス(有料)も行ってます。
「さばくのが苦手」という方でも安心ですね。
お魚の調理を気にすることなく、思う存分釣りを満喫することが出来ます。



IMG_1816.jpg IMG_1817.jpg
IMG_1813.jpg IMG_1815.jpg

釣り公園は全長570m(水深5~7m)の防波堤を利用した「釣り護岸」で、
豊かな天然魚の宝庫である和歌浦に連なる波止釣りスポットで、
季節によってカレイ・チヌ・アジ・サバ・キス・ガシラ・ベラ・カワハギなどが釣れます。

園内は安全柵の採用やライフジャケットの貸出(無料)など安全上の対策も万全で、
初心者の方や小さなお子様も安心して釣りをお楽しみいただけます。

営業時間は、11〜3月:午前7時~午後5時  4〜10月:午前6時~午後6時

入園料は、大人:800円、小学生:500円
釣竿をレンタルされる場合は、サビキ仕掛け付きで1本1,500円


IMG_1810.jpg IMG_1833.jpg

私たちはサビキ釣りをしましたが、2~3時間で小アジを中心に
100匹以上も釣れる入れ食い状態で、子供は大喜びしていました(笑)


IMG_1818.jpg IMG_1820.jpg

そして有料釣り公園のメリットは何といっても、トイレや手洗い場が完備!
その他にも釣り具やエサの売店、飲料自販機や軽食の販売があるので
長時間滞在でも安心して釣りが可能です。

また、駐車場もすぐ目の前にあるので、荷物の運搬が楽ですね。
駐車料金は1回1,000円となっています。


その他、和歌山マリーナシティには、ポルトヨーロッパや黒潮市場、
日帰り温泉などがある複合テーマパークとなっており、
なんと釣り公園やポルトヨーロッパでは、ペット(小型犬)の同伴入場が可能!
愛犬家にとっても嬉しいレジャー施設ですね。

詳しくは別記事をご覧ください。
→ 関西おでかけナビ 「和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ」



ここがオススメ!

 有料施設なので設備面が充実! 安心して釣りが出来る

 結構みなさん釣れていましたよ! 子供が喜びますね~

 釣り以外にもマリーナシティは一日中家族で楽しめます!



☆ 和歌山マリーナシティ 海釣り公園 ☆

アクセス方法、詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 和歌山マリーナシティ海釣り公園・海洋釣り堀 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 和歌山マリーナシティ 公式ホームページ
→ ポルトヨーロッパ 紹介ページ
→ 黒潮市場 紹介ページ
→ 関西おでかけナビ 「和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ」


和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ

テーマパーク・遊園地
11 /06 2016
IMG_1806.jpg IMG_1849.jpg

和歌山市にある和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパへ行って来ました!

ここは和歌山市毛見沖に作られた人工島にあるリゾート施設で、
1994年世界リゾート博覧会に合わせて建設されました。

島ではアミューズメントパークのポルトヨーロッパが人気ですが、
他にもホテルや黒潮市場、紀州黒潮温泉、海釣り公園等の施設があり、
和歌山の美しい海を味わいながら楽しめるリゾート施設になっています。


IMG_1846.jpg IMG_1847.jpg
IMG_1845.jpg IMG_1843.jpg

メインとなるポルトヨーロッパは、地中海をイメージした西洋を感じさせる建物や
潮の香りがする海がリゾート地の雰囲気を醸し出しています。

なんとポルトヨーロッパの入園料は無料! 
そしてここは全国のテーマパークや遊園地では珍しいペット同伴入園が可能!
家族で気軽に行けて、愛犬家にとっても嬉しいおでかけ施設ですね。


IMG_1840.jpg IMG_1841.jpg
IMG_1854.jpg IMG_1842.jpg

遊園地ゾーンは主に幼児から小学低学年の小さなお子様向けとなっており
乗り物・ショーイベントなど20を超えるアトラクションがありますが、
これはもちろん有料で、アトラクションフリーパスの料金は、
中学生以上の大人が2,700円、3歳以上の子供が2,300円となります。


IMG_1858.jpg IMG_1855.jpg

スリル・絶叫系というアトラクションはなく、小さな子供が安心して遊べますが
小学生でも高学年になってくるとたぶん物足りなさを感じると思います…
アトラクション数もそんな多くないので、フリーパス購入は迷うかも!?


無題 IMG_1853.jpg

園内の運河にはなんとイルカが泳いでいました。
イルカたちが時にかわいく、時にダイナミックにパフォーマンス!
毎日1~2回 ドルフィンパフォーマンスが開催されています。
こちらのショーは観覧無料です。

その他、巨大迷路や宝探し、鉄道模型フェスティバルなど様々なイベントや
動物とのふれあいコーナーがありました。 
このイベント系はアトラクションフリーパスは使えず別途料金となります。


IMG_1859.jpg IMG_1848.jpg
IMG_1850.jpg IMG_1839.jpg

ポルトヨーロッパ以外の施設ですが、
お食事が出来るまぐろのテーマパーク黒潮市場、
目の前に絶景の眺望が広がる天然の紀州黒潮温泉、
地元和歌山の生産農家から届いた新鮮な果物や野菜などが買える
紀ノ国フルーツ村、手ぶらで安全に釣りが楽しめる海釣り公園など
和歌山マリーナシティは家族で一日遊んで楽しめるリゾートアイランドです!

海釣り公園については、別記事でご紹介していますので
こちらからご確認ください。
関西おでかけナビ 和歌山マリーナシティ 海釣り公園


ここがオススメ!

 遊園地・市場・食事・釣り・温泉と家族で一日楽しめます!

 ポルトヨーロッパは入園無料! ペット同伴可能!


ここはイマイチ!

× アトラクションがしょぼ過ぎでフリーパスにするのは悩む…



☆ 和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ ☆

詳しい営業案内・施設情報、アクセス方法は以下のホームページでご確認ください
→ 和歌山マリーナシティ 公式ホームページ
→ ポルトヨーロッパ 紹介ページ
→ 黒潮市場 紹介ページ
→ 海釣り公園 紹介ページ
→ 関西おでかけナビ 和歌山マリーナシティ 海釣り公園
→ 紀ノ国フルーツ村 紹介ページ


和歌山城

お城・寺院・神社
01 /14 2015
DSC_1241.jpg DSC_1244.jpg

和歌山県和歌山市にある和歌山城へ行って来ました!

ここは徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城で、城跡は国の史跡に指定され
白亜三層の大天守閣は虎伏山の頂上に位置し、和歌山市のシンボル的存在です。

現在は、本丸と二の丸が和歌山城公園となっており、本丸南西には護国神社、
南の丸には和歌山公園動物園、三の丸跡等には県庁や市役所など
公的機関や学校等が周辺にあって、まさしく和歌山市の中心といったところです。


DSC_1250.jpg DSC_1245.jpg

天守は大天守と小天守が連結式に建てられ、更に天守群と2棟の櫓群が
渡櫓によって連ねられた連立式と呼ばれるものであり、姫路城・松山城と並んで
日本三大連立式平山城の一つに数えられています。


DSC_1247.jpg DSC_1248.jpg
DSC_1249.jpg DSC_1251.jpg

戦前には天守が現存していましたが、戦災でほとんどの建造物を焼失し
現在の天守閣は、戦災後の昭和33年(1958)に再建されたもので、
大小天守群とそれに続く櫓・門、大手門・一之橋が復元されています。

遺構としての石垣、堀をはじめ、公園内には岡口門と土塀、追廻門が現存し
岡口門と土塀は国の重要文化財に指定、西の丸庭園は国の名勝に指定、
二の丸にある大楠は県指定特別天然記念物に指定されています。


DSC_1253.jpg DSC_1252.jpg
DSC_1254.jpg DSC_1271.jpg

内部には徳川御三家の居城としての歴史や、復元された御橋廊下等はもちろん、
徳川家ゆかりの品が多数展示されています。


DSC_1268.jpg DSC_1269.jpg
DSC_1262.jpg DSC_1258.jpg

天守閣の最上階から和歌山市街地の大パノラマが広がります。
窓から景色を見るのはもちろん、外の展望スペースへ出ることも出来ます。


DSC_1270.jpg DSC_1256.jpg
DSC_1257.jpg DSC_1267.jpg

標高48.9mある虎伏山の頂上に立てられた天守閣の建物高さは23.42mあって
合計すると高さ70m以上あるので、遠くの方まで市街地の景色を見渡せますね~
外の展望スペースは人がすれ違うのも難しい狭さなのでご注意を。


DSC_1275.jpg DSC_1276.jpg

天守閣への入場料金は、大人410円 小人200円
営業時間:9:00~17:30(入館は17:00まで)
年末(12/29-12/31 は休み)以外は年中無休です

アクセスについて、電車の場合は南海・和歌山市駅から徒歩10分くらい
車の場合は和歌山城周辺に市営や民間の駐車場がたくさんあります。
一番近い和歌山公園駐車場は最初の1時間200円・2時間まで350円
以降1時間毎200円となっています。


DSC_1279_20150115154915b3c.jpg DSC_1281_2015011516223179c.jpg

ここの和歌山公園内には、なんと入場無料の動物園があります。
子供連れの方はぜひ立ち寄ってみましょう!
和歌山公園動物園については、別記事でレポートしていますので
こちらからご確認下さい→ 関西おでかけナビ 和歌山公園動物園



ここがオススメ!

 和歌山市のシンボル的存在! 無料の動物園とセットでどうぞ


ここはイマイチ!

× 大阪城や姫路城と比べると天守閣が小さいので迫力には欠けます




☆ 和歌山城 ☆

アクセス方法・詳しい城案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 和歌山市 和歌山城案内ページ
→ 和歌山市観光協会 和歌山城案内ページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 和歌山市 和歌山公園動物園案内ページ
→ 関西おでかけナビ 和歌山公園動物園



 

和歌山公園動物園

動物園・牧場
01 /14 2015
DSC_1280.jpg

和歌山市にある和歌山公園動物園へ行って来ました!

ここは和歌山城がある和歌山公園内に開園した歴史ある動物園で、
1915年(大正4年)に整備が開始され、その後1970年(昭和45年)5月に
新しく童話園と水禽園からなる動物園へとリニューアルオープンされました。


DSC_1279.jpg DSC_1304.jpg
DSC_1283.jpg DSC_1305.jpg

敷地面積はそんなに広くありませんが、童話園は哺乳類を中心に、
水禽園は水辺の鳥を中心に、合計33種109点の動物を飼育しています。

なんと入園無料! しかも年中無休! 開園時間は9~17時です。
和歌山城へ観光したついでにいつでも動物たちを見ることが出来ますね~


DSC_1285.jpg DSC_1277_20150115162352389.jpg
DSC_1289_201501151623518d0.jpg DSC_1281_2015011516223179c.jpg

童話園エリアには、ツキノワグマ・ヤギ・エミュー・ポニー・ペンギン・ミニホース・
シカ・リスザル・ヒツジ・ウサギ・ビーバーなどの可愛らしい動物たちがいます。


DSC_1299.jpg DSC_1301.jpg
DSC_1293.jpg DSC_1287.jpg

まぁ無料なんで文句は言えませんが、動物たちの見せ方に工夫はなく
ただ檻の中に入っている動物たちを順番に眺めて行くだけです・・・


DSC_1303.jpg DSC_1294.jpg
DSC_1297.jpg DSC_1300.jpg

トラ・ライオンみたいな猛獣系や、ゾウやキリンといった大型動物も全然いません。
おとなしそうな小型中型の動物がほとんで、見学所要時間は15分くらいかな!?


DSC_1306.jpg DSC_1307.jpg
DSC_1308.jpg DSC_1296_20150115134811c9e.jpg

水禽園エリアには、フラミンゴ・ペリカン・ツル・ハクチョウ・バリケンなど、
水辺の鳥を中心に展示されています。
こちらも特に珍しいものはなく、檻の中の動物たちをただ遠目に眺めるだけです。

感想としては、あくまで和歌山城を観光したついでに少し寄って見るといったような
動物園ですかね。無料やし子供連れでお時間ある方はぜひ行ってみましょう!

アクセスについて、電車の場合は南海・和歌山市駅から徒歩10分くらい
車の場合は和歌山城周辺に市営や民間の駐車場がたくさんあります。
一番近い和歌山公園駐車場は最初の1時間200円・2時間まで350円
以降1時間毎200円となっています。



ここがオススメ!

 和歌山城の公園内にある入園無料の動物園!


ここはイマイチ!

× 敷地が狭く、大型動物や猛獣系など珍しい動物はいません



☆ 和歌山公園動物園 ☆

アクセス方法・詳しい案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 和歌山市 動物園案内ページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 和歌山城(和歌山公園) 案内ページ
→ 関西おでかけナビ 和歌山城


川湯野営場 木魂の里 (川湯温泉キャンプ場)

バーベキュー・キャンプ場
09 /28 2013
DSC_0517.jpg DSC_0510.jpg

和歌山県田辺市本宮町にある川湯野営場・木魂の里に行って来ました!

ここは、川原を掘ると温泉が湧き出ることで有名な川湯温泉に位置した
キャンプ場で、芝生のテント専用サイトと河原を利用したオートサイトがあり
バーベキューやキャンプ、温泉掘りや川遊びに釣りも楽しむことが可能!

利用用金は、大人(中学生以上)1人1日:800円・子供1人1日:400円
駐車料金が、車1台:700円 バイク1台:200円となっています。


DSC_0512.jpg DSC_0511.jpg
DSC_0514.jpg DSC_0513.jpg

テントサイトは、川畔の平坦な芝地エリアに約50張ほど設置可能で、
管理棟や売店から近く炊事場や水洗トイレもあって便利です。
ただし車は駐車場に止めるのでテントに横付けすることは出来ません。
芝生ということでテントで寝る際は快適に過ごせそうですね。


DSC_0519.jpg DSC_0500.jpg
DSC_0530.jpg DSC_0529.jpg

砂利地のオートキャンプエリアでは、約200張ほど設置可能で
車をテントに横付け出来るので荷物の搬出入など何かと便利です。
川が目の前にあるので、子連れで川遊びするならこちらがべストでしょう。

私達はこちらのエリアでキャンプしましたが、テントを設置する際は
下にクッション材などを敷かないと石で体が痛くとても寝れませんね。
こちらにも炊事場やゴミ捨て場があって便利です。
ただしトイレは簡易型の汲取り式で、臭いや虫で少し気持ち悪かったです…


DSC_0502.jpg DSC_0503.jpg
DSC_0505.jpg DSC_0501.jpg

キャンプ場のすぐ目の前を流れる大塔川はとても水が綺麗でした。
普段は水深も浅く流れも緩やかなので、子供の川遊びには最適です。
小魚が泳いでいたので、網で捕まえたり釣りを楽しむことも出来ます。


DSC_0509.jpg DSC_0515.jpg

設備面は有料施設なのでひと通り揃っていました。
先ほどご紹介した炊事場やゴミ捨て場にトイレが完備されている他に
飲料の自販機や、薪や炭などを販売している売店もあります。

お風呂に関しては、徒歩10分ほどの所に川湯温泉の公衆浴場があって便利!
湯船が1つで狭いですが、汗を流してゆっくり温泉に浸かれるので
是非行ってみて下さい。入浴料は大人250円・小人130円と安いです。
※シャンプー類などの備え付けはないので、持参か受付で購入しましょう。
→ 川湯温泉公衆浴場の詳細はこちら


DSC_0540.jpg DSC_0541.jpg
DSC_0534.jpg DSC_0536.jpg

そして川湯温泉と言えばこれ!
川底から絶えず湧き出す70度以上の源泉に川の水が混ざり合い、
程良い温泉が出来上がります。これがなかなか面白かったw

川原を掘って石で囲み自分だけの温泉を作ることが出来るので
私達は温泉を掘る気満々でスコップやら道具を準備してましたが
既に皆さんが掘った跡がいっぱいで、そのまま温泉に入れましたw
ぜひ水着を持参して川湯温泉を堪能して下さいね~!!
キャンプ場からは徒歩5分ほどの場所で、無料駐車場もあります。

夏は川遊びで冷えた体を温め、冬は風物詩と呼ばれ親しまれる
広大な大露天風呂「仙人風呂」が12月~2月まで利用可能です。
→ 川湯温泉・仙人風呂の詳細はこちら



ここがオススメ!

 キャンプはもちろん温泉掘りや川遊びに釣りも楽しめる!

 有料施設なんで最低限の設備あり。近くに公衆浴場もあり!


ここはイマイチ!

× 最寄りの南紀田辺ICから約65km。アクセスには時間がかかる…



☆ 川湯野営場 木魂の里 (川湯温泉キャンプ場) ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 道の駅 奥熊野古道ほんぐう 川湯野営場・木魂の里ページ
→ 熊野本宮観光協会 川湯温泉ページ
→ Google Mapで場所を確認する

串本海中公園

水族館
05 /11 2012
DSCN0255.jpg

和歌山県串本町にある串本海中公園へ行って来ました!

串本海中公園は、1970年に日本で最初に指定された海中公園地区で、
この海中公園一帯は世界最北のテーブルサンゴ群生地であり、
稀少な種類のサンゴも棲息する貴重な海域であることが報告されて
2005年11月に串本沿岸海域がラムサール条約に登録されました。

公園内には串本の海を再現した水族館や海中展望塔などの施設があり
南紀串本の大自然を心ゆくまで楽しむことができます!


DSCN0288.jpg DSCN0290.jpg

串本の海は、近くを流れる黒潮の影響を強く受け抜群の透明度と
冬でも15℃を下回ることのない温かい海水温を誇り、
色とりどりの熱帯魚や本州最大のテーブルサンゴの群落など
一年中美しい海中景観となっています。

体験ダイビングなど、よりアクティブに海中を楽しみたい方のために、
敷地内には串本ダイビングパークという体験施設も併設しています。


DSCN0257.jpg DSCN0258.jpg
DSCN0261.jpg DSCN0287.jpg

水族館では、約500種・5000点もの串本の海で見られる生き物たちを
展示しています。珍しい外国の生きものや動物たちのショーはありません。

目の前の美しい海から直接くみ上げた海水と、日光を取り入れた大水槽では、
生きものたちが生き生きと、串本の海そのままの姿を見せています。

長さ24mの水中トンネルでは、大型のサメやエイ、クロマグロなど大型回遊魚が
ところせましと泳ぎ回ります。頭の上を高速で通過するクロマグロには圧巻!


DSCN0274.jpg DSCN0273.jpg
DSCN0270.jpg DSCN0264.jpg

串本の海にいる色々な生き物たちを個別水槽でも紹介しています。

サンゴの仲間、ウニの仲間、光を食べる生き物、うつぼやウミヘビの仲間、
クエやイセエビ、色とりどりの熱帯魚など、こちらも見応えがありましたね。


DSCN0277.jpg DSCN0279.jpg
DSCN0280.jpg DSCN0283.jpg

ウミガメパークでは、水族館で生まれた赤ちゃんウミガメから、
体重100kgを超す親ウミガメまで、たくさんのウミガメたちがいました。

間近で見る大きいウミガメはのんびりしてて可愛い! 餌もあげれます!


DSCN0289.jpg

海中展望塔では、沖合140m・水深6.3mの海底の青く澄んだ世界が見えます!

串本の海を代表するテーブルサンゴや、グレやスズメダイなどの魚達、
熱帯・亜熱帯にすむカラフルな生物達が直に観察できます。

サンゴの間を泳ぎ回る熱帯魚が乱舞する様はまさに青いメルヘンの世界!


DSCN0296.jpg DSCN0298.jpg
DSCN0301.jpg DSCN0302.jpg

海中展望塔から観察できる魚たちは、自然に集まってくる魚たちです。
そのため、日や時間・季節によって魚の種類や数が少しずつ異なっています。

展望窓から見える景色は、青く澄んだサンゴの海が広がっていて綺麗!
しかし私達が覗いた時は魚が不在でほとんど見えませんでした。残念…


DSCN0309.jpg DSCN0310.jpg

と思ってたら、魚たちは海底ではなく海面の方にたくさんいました!

展望塔の海上部分の展望台には、魚のエサが1袋100円で販売していて
多くの人が海面にエサを巻きまくってました。

数百匹のグレ(メジナ)の群れが餌を求めて集まってきていて、
まるで餌付けされて人慣れしている池のコイのような状態…(笑)

グレは本来、警戒心の強い魚なのに凄い光景ですね!


その他、水中にあるワイドビューの観覧窓から潜水艦のような感覚で
景色が楽しめる半潜水型海中観光船のステラマリスがあります。

※ 9:30始発~15:30最終便で、時期や曜日により30分か60分間隔で運航

※ 水族館と海中展望塔の営業時間は、9時~16時30分(入場は16時まで)

ここ串本海中公園は、和歌山県南部地方へのおでかけや旅行では外せない
観光スポットになると思いますが、夕方近くの時間帯に行ってしまっては
ゆっくりと楽しめないので、スケジュールには注意しましょうね。



ここがオススメ!

 これが本州の海?って感じるほど綺麗な串本の海が見れる!

 世界の珍しい魚を集めたりせず、串本の海の生き物だけで勝負!

 水族館だけでなく海中展望塔や半潜水観光船など楽しめます!


ここはイマイチ!

× 営業終了時間が16時30分と早すぎ! 観光船は15時30分で終了…

 他の大型水族館に比べたら生き物の種類少なく規模も小さいです



☆ 串本海中公園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 串本海中公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


潮岬灯台・潮岬観光タワー・望楼の芝・本州最南端の碑

展望台・夜景・風景
05 /10 2012
DSCN0312.jpg

和歌山県串本町にある本州最南端の地・潮岬へ行って来ました!

潮岬は日本でも有数の台風銀座であり、四国の足摺岬や室戸岬とともに
ニュース等で台風の位置を表す指標にされることでも有名な場所です。

ここには、潮岬灯台・潮岬観光タワー、望楼の芝、本州最南端の碑など
観光スポットがありますので順にご紹介します。


<潮岬灯台>

DSCN0336.jpg DSCN0314.jpg

潮岬灯台は、太平洋に突き出た30mの断崖に建つ白亜の灯台で、
明治初期の江戸条約によって建設された8基の洋式灯台の一つとして
歴史的・文化的価値が高いAランクの保存灯台に指定されているほか、
「日本の灯台50選」にも選ばれています。

明治3年の初点灯から100余年もの間、海上交通の要所として
沖行く船を照らし続け、本州最南端のシンボル的存在となっています。


DSCN0325.jpg DSCN0322.jpg
DSCN0330.jpg DSCN0333.jpg

灯台には展望台が設置されており、眼下には太平洋のパノラマが広がる!
水平線が180度見渡せますし、特に夕陽のシーンは格別の美しさだそうです。

しかし灯台自体がすごく小さいので、展望台スペースはめっちゃ狭いし
上り下りの階段も狭くて急なので、子連れの場合は注意が必要ですね…


DSCN0317.jpg DSCN0318.jpg

1階には資料展示室が併設されており、灯台の歴史、機能・役割などが学べ、
2代目潮岬灯台レンズをはじめ、貴重な資料が多数展示されています。

灯台の入場料は、大人200円で小学生以下は無料。駐車場は1回300円。
年中無休で入場時間は9時~16時までとなっていますが、
私が行った時は、サービスなのか18時頃までは開いてました。ありがとう!


<潮岬観光タワー>

DSCN0340.jpg

灯台から東へ500mほど行ったところには「潮岬観光タワー」があります。

このタワーの展望台からも本州最南端の景色が一望する事ができ、
潮岬灯台や望楼の芝生の景色、天候が良ければ遠く那智山まで見渡せます。

運が良ければクジラが潮を吹いて泳ぐ姿が見られる事があるみたいですよ~

こちらのタワーに入館すると「本州最南端訪問証明書」が交付されますが
私が行った時には既に営業時間が終了していて残念ながらもらえませんでした…

タワーの入場料金は、大人300円、小・中学生100円で、駐車場は無料です。


<望楼の芝・本州最南端の碑>

DSCN0343.jpg

潮岬観光タワーの目の前にある「望楼の芝」は、
潮岬の先端に広がる約10万㎡もの大芝生広場となっていて、
走り回ったりボール遊びをしたり思い存分遊ぶことが出来ます。

またGWと夏休みシーズンには、ここでキャンプをすることも可能!
敷地内に潮岬キャンプ場という施設がありました。
朝日や夕陽など壮大な景色を堪能しながらのキャンプはめっちゃ楽しそう…


DSCN0354.jpg DSCN0345.jpg
DSCN0341.jpg IMG_6950.jpg

正確な本州最南端は、太平洋に突き出た先端にあたる「クレ崎」です。
展望台からはその場所がしっかりと確認することが出来ます。

そして、せっかく潮岬に来たならここで記念写真を撮らな帰られへん!
というお目当ての「本州最南端の碑」は、ここ望楼の芝にあります。

石碑は2つありますが、シンプルに「本州最南端」とかかれた石碑は、
日本の端っこの一つを制覇した!って感じで、旅気分も盛り上がりますね~

ただし、潮岬観光は景色が命なんで天候はかなり重要です… 晴れなら最高!



ここがオススメ!

 本州最南端の地から見る壮大な太平洋のパノラマは絶景です!

 灯台と観光タワーを合わしても入場料大人500円と安い!

 本州最南端の碑は、旅気分を盛り上げます! ぜひ記念写真を!


ここはイマイチ!

× 景色が命なんで、雨の日など天候が悪かったら行く価値が低い…

× 芝生広場以外に子供が遊べそうなところは特にありません



☆ 潮岬灯台・潮岬観光タワー・望楼の芝・本州最南端の碑 ☆

アクセス・詳しい観光案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 串本町観光協会 ホームページ
→ 潮岬観光タワー ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


那智の滝 (那智大滝)・熊野那智大社

05 /09 2012
DSCN0219.jpg

和歌山県・那智勝浦町にある那智の滝と熊野那智大社へ行って来ました!

熊野那智大社の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々の畏敬を
集めてきた那智の滝は、「一の滝」とも呼ばれ日本三大名滝の一つです。

一の滝における落差は133mあり、総合落差では日本12位ですが
一段の滝としては落差日本1位を誇ります。

華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられ国の名勝にも指定。
指定名は「那智大滝〈なちのおおたき〉」で、2004年7月にユネスコの
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としても登録されました。


DSCN0207.jpg DSCN0208.jpg
DSCN0211.jpg DSCN0218.jpg

また、高さ・水量ともに日本一の那智滝は、銚子口の岩盤に切れ目があって、
三筋に分かれて流れ落ちるところから「三筋の滝」ともよばれています。

熊野の山塊、その奥方より流れ落ちる姿は圧巻の一言!
大阪の箕面滝や神戸の布引滝と比べても迫力が全然違いますよね(笑)

滝の右側には「那智原始林」と呼ばれる原生林が広がっていて、
国の天然記念物に指定されています。とにかく大自然の中にある滝です!


DSCN0225.jpg DSCN0228.jpg

滝の近くには、熊野那智大社があります。

ここは、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山の一つであり、
滝を神とする自然崇拝からおこった神社です。

那智の滝と同じく、社殿並びに境内は、ユネスコの世界遺産
「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。

467段におよぶ石段の上に建つ6棟からなる社殿は、
標高約500mに位置し、夫須美神(ふすみのかみ)を御主神として
それぞれに神様をお祀りしています。

階段の上り下りが多くあって子連れはちょっとしんどいですが、
せっかくなんで那智の滝とセットで行って参詣してみましょう!


DSCN0229.jpg DSCN0222.jpg

アクセス方法は、自家用車かバスしかありません。
駐車場の料金相場は1回500円となっていましたが、
滝と神社のふもとには、おみやげ屋さんなど商店が並んでいて、
駐車場を無料サービスしているところも多かったです。
(出来れば何かお店で買ってあげましょうね~)

また、神社防災道路(通行料800円)という道を通れば
神社境内付近まで車で行けるのでご年配・お子様連れの方にお勧めです。



ここがオススメ!

 日本三大名滝の一つで、高さ・水量ともに日本一!

 ユネスコ世界遺産登録や天然記念物指定の名勝です!


ここはイマイチ!

× 滝や神社までの道のりに急な階段が多いのでしんどいです

× やはりアクセスは不便ですね… 陸の孤島のような感じ!?



☆ 那智の滝 (那智大滝)・熊野那智大社 ☆

アクセス方法、詳しい観光案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 那智勝浦町観光協会 ホームページ
→ 熊野那智大社 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


那智海水浴場 (ブルービーチ那智)

海水浴場
05 /09 2012
DSCN0198.jpg

和歌山県・那智勝浦町にある那智海水浴場へ行って来ました!

ここは、和歌山県下最大級の広さを誇るビーチリゾートです。
目前に広がる熊野灘に顔を出す島々や雄大な水平線の景色を満喫でき、
約800mにおよび広大な砂浜は、毎年たくさんの海水浴客で賑わっています。


DSCN0196.jpg DSCN0195.jpg DSCN0190.jpg DSCN0193.jpg

今回私が訪れたのはゴールデンウィークだったので海開きはまだでしたが
ドライブ中に綺麗で美しい砂浜を発見したので休憩がてら寄ってみました。

別名「ブルービーチ那智」の名のとおり、
青い空と透き通った海、綺麗な砂浜はテンションが上がります!!


DSCN0202.jpg DSCN0204.jpg

ここは、環境省が選ぶ“快水浴場100選”の特選にも選ばれたビーチで
間違いなく海水浴のおすすめスポットでしょう。

建物内の設備としては、トイレ・更衣室・シャワー・コインロッカー・売店があり
海水浴場としての設備面は完備しているので安心です。

駐車場は、海水浴シーズンで1回500円、その他シーズンは無料。
電車でもJR那智駅に隣接しており、JR紀伊勝浦駅からも電車やバスで約5分です。

※ 平成24年度の海水浴期間は、7月7日(土)~8月26日(日)まで



ここがオススメ!

 環境省が選ぶ「快水浴場100選」の特選! 快適な海水浴場です

 青い空・透き通った海・白い砂浜は、美しくテンションが上がる!

 海水浴場としての設備面も安心。駅前なので電車でも行ける!


ここはイマイチ!

× 駐車場がそんなに大きくないのでシーズン中は満車確実でしょう

× 大阪方面から行く場合、南紀田辺ICから下道2時間以上の長い道のり…



☆ 那智海水浴場 (ブルービーチ那智) ☆

アクセス方法、海水浴の営業案内は以下のホームページでご確認下さい
→ 那智勝浦町ホームページ 那智海水浴場
→ Google Mapで場所を確認する


JR大阪近郊区間 大回り乗車の旅

JR大回り乗車の旅
05 /23 2011
大阪近郊区間

皆さんはJRの大都市近郊区間という制度をご存じですか?

この制度は、東京・大阪・福岡・新潟の近郊に設定されており
その指定エリア内においては「選択乗車」が可能となります。

選択乗車とは、乗車券の運賃計算に用いた経路以外の他の経路を、
区間変更の手続なく乗車することができるという制度です。

本来、乗車券は実際に乗車する経路に従って購入するのが原則ですが、
大都市圏においては、乗車駅から目的駅までの経路が複数あり、
どの経路にも多頻度の列車が運行しているため、一定のエリア内では
実際に乗車する列車や経路を自由に選択できるようになっています。

例えばJR大阪駅からJR天満駅へ行くには、
通常、環状線の外回り線でたったの1駅で行くことが出来ますが、
あえて逆方向の内回り線に乗車し福島・弁天町・天王寺・京橋を経由し
大回りして天満駅に行くことだって可能です。
ちなみに運賃はどちらも120円!

もっと大回りをしようと思えば・・・

大阪駅から東海道線で京都駅まで行き、奈良線に乗り換えて奈良駅まで行き、
和歌山線で和歌山駅まで行き、阪和線で天王寺駅まで行き、
環状線の内回りで天満駅まで行っても運賃は同じ120円なのです。

このように、大回り出来る選択乗車の制度を利用すると、
JR西日本の最低運賃・大人120円(小人60円)から関西一周が出来ちゃいます!
(※1駅区間の最低運賃は地域や距離によって多少違います)

私もJR環状線沿線に住んでいたので小中学生の頃には家族や友人たちと
この大回り旅をよく楽しんでいました。


↓ あらためて、大阪近郊区間エリアは以下のとおりです ↓


大阪近郊区間

このエリア内なら自由に経路を選択して良いのですが、
以下のルールは守る必要があるので注意して下さいね。

1、経路指定されている回数券や定期券などは不可
2、乗車券は当日限り有効
3、途中下車は不可
4、同じ駅や区間を2回通れない(一筆書き出来る経路のみ)

ポイントは、同じ駅や区間を2回通れないルールです。
いわゆる一筆書き出来るルートのみ可能ということになります。

乗車券は目的駅までの「片道乗車券」になりますので、
不正乗車にならないようにルートはくれぐれも気をつけましょう。

和歌山線など一部ローカル線では、車掌による切符拝見がありますが
「大回りしてます」といえば何も問題なく大丈夫です。
初めての時は、少しビビってしまいましたが(笑)


DSCN0718.jpg DSCN0720.jpg

以上のことを踏まえて、
皆さまのご自宅付近のJR駅から一筆書き出来る最長大回りルートを
考えてみてはいかがでしょうか?  

私はつい先日も息子を連れてまたまた大回り旅をしてきました。

1駅区間の大人120円と小人60円の切符を購入して
大阪市内から京都・滋賀・奈良・和歌山を約7時間かけて
一周してきたのですが、乗り物好きの息子も大喜びでした~!

この旅は、途中下車が出来ないので改札を出れませんが、
いろんな電車に乗り換えて、車窓から見える様々な街の風景や
自然の風景を眺めているだけでも個人的にはかなり癒されました。

なんせたったの120円から旅が出来て、雨の日でもおでかけ可能!

ぜひ一度、大阪近郊区間・大回りの旅を楽しんでみて下さいね!



アドベンチャーワールド

動物園・牧場
03 /21 2008
P3170356.jpg

南紀白浜にあるアドベンチャーワールドへ行ってきました!

白浜温泉旅行のメイン遊び場になるここには、たくさんの動物達と出会える
サファリ&マリンワールドを中心に、遊園地系のプレイゾーンもあり大満足!!

とにかく敷地が広く見所が多いので、午前中から行かないと全て周れません。
私達は昼過ぎに着いたので残念ながらイルカショーを見る時間がありませんでした


P3170382.jpg P3170400.jpg

ここに行ったら絶対に見ておかなければいけないサファリツアーですが、
草食・肉食動物ゾーンを25分で一周するケニア号という列車が無料で乗れます。

ケニア号はノンストップで走り、しかもガラス張りの車内から動物達を見るので
少しモノ足りません・・・ 有料でジープやカート・自転車を借りることも出来ますし、
スカイアドベンチャー号という2階部分がオープンになっているバスなどがあるので
動物達をもっと身近で開放的に見たい方は是非利用してみて下さい。
但し、どうしようかな??って迷うくらいの少し高い追加料金設定です・・・


P3170379.jpg 10054372242.jpg
7.jpg 5.jpg

私が一番オススメするのは、ウォーキングサファリツアー!! これは無料!

草食動物エリアに限られますが、園内をゆっくり自分のペースで歩きながら、
至近距離から動物を見れますし、餌やりなどが出来るので大人も子供も楽しい!
個人的にはキリンを触りまくって、手から餌をあげた事が一番の思い出ですね

一周50分くらいかかるので、小さいお子様を抱っこしながらは多分しんどいです・・・
車や動物型のベビーカーが借りれるので、子供を乗せて周ると楽です


P3170405.jpg P3170408.jpg

肉食動物エリアはさすがに歩いて周れないので乗り物で行くしかないです。
トラ・チーター・ヒョウ・ライオン・クマなどがいました。やっぱり肉食動物は迫力あり!


P3170360.jpg 4.jpg

その他のエリアでは、ペンギンやパンダなどの可愛い動物がたくさんいて癒されます。
特にパンダは日本でも数カ所しか居ないので、必ず見ておきましょう!

マリンワールドではアシカ・イルカ・クジラのショーを1日3回やっていているので
事前に開始時間をチェックしましょう。私達みたいに見逃すと損ですよ・・・


2.jpg P3170363.jpg
1.jpg 8.jpg

そして遊園地エリアですが、数はそんなに多くなく比較的値段も高め!
入場券とは別で毎回チケットが必要で、土日祝のみ2000円でフリーパスも販売。

園内を見渡せる観覧車、ジェットコースター・ゴーカートなど定番の乗り物はもちろん、
幼児向けの乗り物も何種類かあり、ゲームコーナーも充実していました。
あくまでもここは動物が中心なんで、時間があまったら遊ぶという感じでしょう。



ここがオススメ!

 白浜へ行ったら必ず行く所。 動物の種類が多く間近で見れて大満足!

 サファリは是非ウォーキングツアーで! キリンに餌やりが楽しい!

 遊園地もあるので一日中楽しめる! 時間がなんぼあっても足りません


ここはイマイチ!

 マリンワールドのショーは1日3回のみ! 開始時間は要チェックです

× オプション料金が全て高い! 入場券以外に結局めっちゃお金が掛かる

× レストラン・食事コーナーも高くておいしくないです。出来れば弁当持参で!



アドベンチャーワールドへ行く人のほとんどが、白浜温泉旅行客だと思います。
園内を全てを周るのに結構時間がかかるし、ゆっくりと動物を見たいと思うので、
丸1日予定を空けて行くのがお勧め! 出来れば開園時間から行ってみましょう!!



☆ アドベンチャーワールド ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ アドベンチャーワールド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

白浜エネルギーランド

科学館
03 /21 2008
P3180431_01.jpg

和歌山県白浜町にあるエネルギーランドへ行ってきました!

文字通りここはエネルギーをテーマにした施設で、
自然エネルギー活用の提言、化石エネルギーが出来た恐竜時代は
いったいどのような時代だったのか?
人間の脳力エネルギー(視覚)はいかに曖昧なものか?などを
楽しく体験しながら学べます! 主に屋内施設なので雨の日でもOK!!


P3180432s.jpg P3180453.jpg

新・太陽の街では未来都市のミニチュアセットがあり、
ジオラマと映像で地球温暖化問題等やエコロジーの学習できます。

写真には撮れませんでしたが、最新のCG技術と体感シュミレーターで
臨場感があふれる恐竜時代体験や、3Dの立体映画などがありました。

4Dライドマシーンは迫力満点! 時間が決まってるので要チェック!


P3180437.jpg P3180441.jpg

そして人間の視覚がいかに曖昧なのかを体験できる
ミステリーゾーンとトリックアートハウスというのが超面白い!!


P3180440.jpg P3180446.jpg
P3180442.jpg     P3180450.jpg      P3180438.jpg

人の視覚のイメージと重力の方向がアンバランスな空間で
平衡感覚を失った不思議な体験が出来るミステリーゾーンは
何回も転倒してしましました(笑) 私的にはこれが一番楽しかったです。

トリックアートハウスには視覚のトリックを利用した絵や写真が
たくさん展示してあり、自分のカメラで写真を撮って楽しめますよ!


P3180434.jpg P3180436.jpg

他に健康(エネルギッシュ)に関するゾーンでは、
アスレチック迷路や自分の体重分だけ水が出る噴水が面白いです。


P3180452.jpg P3180456.jpg

エネルギッシュの森は3月20日にオープンの屋外型健康アトラクション!
残念ながら私達が訪れたのは前日だったので体験していません・・・

また、気持ち良さそうな温泉掛け流しの足湯コーナーもありました。
床に足ツボを刺激する工夫がいろいろしてあるそうです。
これも雨の日だったのでやってませんでした・・・残念!



ここがオススメ!

 白浜旅行が雨の日ならここがメインの遊び場かな!?

 脳力エネルギーゾーンが意外と面白くて楽しめます!

 年々進化しているので昔行った人もまた行ってみましょう!


ここはイマイチ!

 遊び場と考えたら少しモノ足りないような気がします

× 3D立体映画は映像が雑で気分悪くて酔いそうでした

× 雨の日に行くと、アスレチックや足湯などが制限されます



だいだい全てを見て周るのに3時間くらいでしょうか?

雨の日なら白浜ではメインの遊び場になると思います。
もちろん晴れの日なら屋外部分でも遊べるので
アトラクションの幅が広がりますよ!! 

白良浜のすぐ近くにあるので、白浜観光の合間に
是非行ってみて下さいね~!



☆ 白浜エネルギーランド ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 白浜エネルギーランド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する