姫路セントラルパーク (遊園地ゾーン)

テーマパーク・遊園地
05 /03 2013
DSCN4246.jpg

兵庫県姫路市にある姫路セントラルパークへ行って来ました!

ここはサファリパーク形式の動物園と遊園地が融合した娯楽施設で
略称は「姫セン」と呼ばれ、関西人にはTVCMでもお馴染みですね。
今回の記事では遊園地ゾーンについてご紹介します。
サファリゾーンついての記事はこちらから


DSCN4242.jpg DSCN4247.jpg
DSCN4281.jpg DSCN4303.jpg

園内には合計38つのアトラクションをはじめ、夏季限定のプールエリア、
冬季限定のアイスパーク、レストランや売店・バーベキューテラスなどの
施設も充実しており、サファリも合わせて家族で一日中遊ぶ事が出来ます!


DSCN4294.jpg DSCN4296.jpg
DSCN4297.jpg DSCN4299.jpg

まずは、スリル系アトラクションのスリルライドは9種類あって
その中でもGのかかり方が全国で5本の指に入るディアブロが人気なのと
今や日本に3ヵ所しかないフリーフォールは地上約35mの地点から垂直落下!
これは完全に大人向けですね… 私は怖くてよう乗りませんが(汗)


DSCN4311.jpg DSCN4312.jpg
DSCN4260.jpg DSCN4318.jpg

全長1078m・最高速度65km/h・地上15mの高さまで上って、
セントラルパークの見事な景観を一望しながら遊園地内から園外を走り抜く
本格派ジェットコースターや、自然の山の中を高さ26mからダイブして
最高時速75kmで壮大な自然の中を駆け抜けるループ&スクリューコースターの
ハリケーンもスリル満点でした! こちらは子供でも乗れると思います。


DSCN4289.jpg DSCN4256.jpg
DSCN4291.jpg DSCN4287.jpg

その他、空に向かって高速でグルグル回り続ける大回転モンスターのヘリオス、
海賊船が豪快な荒波を突き進んで行くかのようなグレートポセイドンなど
子供でも楽しめるスリルライドがたくさんあって、うち子は何回も何回も
繰り返して乗りまくっていました。子供のフリーパスチケットは必須ですよ!


DSCN4271.jpg DSCN4252.jpg
DSCN4254.jpg DSCN4269.jpg

キッズアトラクションでは、ゆったり気球に乗って飛んで回るアルバトロス、
大きな耳を羽ばたかせゾウさんが空高く飛ぶパオパオ、メリーゴーランドなど
幼児くらいでも楽しめる乗り物も充実しています。定番の大観覧車もあり!


DSCN4262.jpg DSCN4258.jpg
DSCN4273.jpg DSCN4301.jpg

ファミリーアトラクションとカート&トレインでは、
ゴーカートや機関車レッツ号に様々なバッテリーカーやコンボイ、
2人乗りのエンジン付き円形ボートのバンパーボートなどの乗り物系に
氷点下30℃を体験できる南極物語、宝探しのトレジャーハンターや迷路など
親子で一緒に楽しめるようなアトラクションも数多くありました。


DSCN4276.jpg DSCN4248.jpg

パットゴルフは12歳以下の子供だけでの利用は出来ないといことで
大人が必ず付き添いをしなければならず、一緒にプレーをしなくても
見てるだけで500円支払わされるハメに…ほんまなんでやねん!?

姫路セントラルパークの入園料は、大人3100円・小学生1900円・幼児1200円で、
この金額でサファリと遊園地にどちらも入園可能となります。
※ 駐車料金は1000円。サファリバスを利用する場合は1人800円が必要
遊園地のフリーパスはプラス大人2,800円・小学生2600円・幼児1,200円で、
フリーパスは腕にはめて使いまわしは出来ないタイプになっています。

この遊園地だけでも半日は充分遊べるのでないでしょうか~
サファリも合わせると1日ずっと楽しめるので、家族連れのおでかけにお勧め!
営業時間は時期や曜日によって変わるので、事前にチェックしときましょう!



ここがオススメ!

 大人も子供も楽しめるスリル系アトラクションが充実!

 サファリと合わせて家族みんなで一日中楽しめます!


ここはイマイチ!

× 入園料やフリーパス料金を考えると出費は覚悟ですね…

× 遊園地とサファリの行き来は徒歩不可。車かサファリバスで移動



☆ 姫路セントラルパーク(遊園地ゾーン) ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 姫路セントラルパーク 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

サファリゾーンの体験レポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 姫路セントラルパーク(サファリゾーン)


姫路セントラルパーク (サファリゾーン)

動物園・牧場
05 /03 2013
DSCN4137.jpg

兵庫県姫路市にある姫路セントラルパークへ行って来ました!

ここはサファリパーク形式の動物園と遊園地が融合した娯楽施設で
略称は「姫セン」と呼ばれ、関西人にはTVCMでもお馴染みですね。
今回の記事ではサファリ動物園ゾーンについてご紹介します。
遊園地ゾーンについての記事はこちらから


DSCN4139.jpg DSCN4158.jpg
DSCN4243.jpg DSCN4184.jpg

姫センの最大の特長である「ドライブスルーサファリ」は、
なんと! マイカーでそのままサファリ内を見学することが可能!
自然に近い状態で放たれている肉食動物や草食動物を車窓から間近に
観察すること出来ます。料金ゲートでGPS内蔵の案内ラジオを貸与され
自分が現在走っている所に合わせて動物たちの詳しい説明をしてくれます。

マイカー以外にも猛獣サファリバスが運行されているので、
公共交通機関で来園してもちゃんとサファリを見学出来るのでご安心を!


DSCN4147.jpg DSCN4140.jpg
DSCN4146.jpg DSCN4151.jpg

まず最初に通るのは猛獣ゾーンで、チーター・ライオン・トラのセクションに
分かれています。今回は遠くの方で寝ている状態だったので残念でしたが
もし近くで見れたらきっと迫力あるでしょうね~


DSCN4157.jpg DSCN4163.jpg
DSCN4173.jpg DSCN4168.jpg

次に草食Aセクションでは、アミメキリン・シロオリックス・ダチョウ・
シタツンガ・アキシスジカ・チャップマンシマウマ・ローンアンテロープなど
草食Bセクションでは、ヒマラヤタール・バーバリーシープ・ムフロン・
ブラックバックなど、あまり聞き慣れないような動物も見ることが出来ます。


DSCN4177.jpg DSCN4180.jpg
DSCN4174.jpg DSCN4183.jpg

草食Cセクションでは、アメリカバイソン・ラマ・オグロヌー・
アメリカバク・カバ、それにシマウマセクションのシマウマ、
大型草食ゾーンではアフリカゾウ・ミナミシロサイ・フタコブラクダなど
車窓から多くの動物たちを見ることが出来ます。子供も大人も楽しい!


DSCN4214.jpg DSCN4219.jpg
DSCN4216.jpg DSCN4217.jpg

続いて、歩きながら廻れるウォーキングサファリ「野生の国」ですが
ゲートをくぐってまず最初にモンキーマウンテンがありました。
ここではニホンザルの群れがいて、ボス猿など生態を見れて面白いです。


DSCN4237.jpg DSCN4235.jpg

すぐ横のベアバレーでは、日本で最大の陸上動物であるエゾヒグマがいました。


DSCN4220.jpg DSCN4221.jpg
DSCN4222.jpg DSCN4223.jpg

フライングゲージでは、インコやオシドリ・フラミンゴなど多くの鳥類、
かわいいカピバラやミーアキャットにキツネサルなどの動物もいました。


DSCN4225.jpg DSCN4227.jpg
DSCN4230.jpg DSCN4232.jpg

カンガルー・アフリカン広場では、カンガルーをはじめワラビーや
ケープペンギンもいました。カンガルーの子供はメチャ可愛かったです!
アフリカゾウはドライブスルーサファリからも見れますが、
こちらでは柵越しでゾウに餌をあげたり、もっと間近で見ることが出来ます。


DSCN4238.jpg DSCN4240.jpg
DSCN4178.jpg DSCN4176.jpg

そしてもうひとつのサファリ見学方法であるスカイサファリ!
サファリゾーン山頂『ふれあいの国』駅から山麓『野生の国』駅までをつなぐ
ロープウェーが無料運行していて、サファリを上空から見ることが出来ますよ~ 


DSCN4196.jpg DSCN4203.jpg
DSCN4211.jpg DSCN4204.jpg

最後にウォーキングサファリ「ふれあいの国」についてですが、
こちらでは動物たちと直接触ったりエサをあげたりと子供に大人気です!
自動販売機が設置されているので自由にエサを与えることが出来ます。


DSCN4191.jpg DSCN4197.jpg
DSCN4209.jpg DSCN4199.jpg

ポニーの乗馬体験、ミニブタ・ヒツジ・ヤギなどへエサやり体験、
大型犬・小型犬とのふれあいコーナーなどがありました。

このサファリパークだけでも所要時間2~3時間程はかかるでしょうか。
遊園地も合わせると1日中遊べるので、家族連れのおでかけにお勧めですね!

入園料は、大人3100円・小学生1900円・幼児1200円で、
この金額でサファリと遊園地にどちらも入園可能となります。
※ 遊園地のアトラクション利用料金やフリーパスは別途必要
※ 駐車料金は1000円。サファリバスを利用する場合は1人800円が必要
家族連れだとそれなりの金額になりますがそれ以上の価値はあると思います!



ここがオススメ!

 なんといってもマイカーでまわれるドライブスルーサファリ!

 ウォーキングサファリやふれあいコーナーもあって充実!

 遊園地エリアも合わせると家族で一日中楽しめます!


ここはイマイチ!

× 入園料や遊園地アトラクションを考えると出費は覚悟ですね…

× サファリと遊園地への行き来は徒歩で不可。車移動になります



☆ 姫路セントラルパーク (サファリゾーン) ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 姫路セントラルパーク 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

遊園地ゾーンの体験レポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 姫路セントラルパーク(遊園地ゾーン)



姫路城 (大天守修理見学施設・天空の白鷺)

お城・寺院・神社
05 /02 2013
<大天守修理見学施設・天空の白鷺は、2014年1月15日で閉館しました>
※ レポート内容は訪問当時のものです。

DSCN4031.jpg

兵庫県姫路市にある姫路城へ行って来ました!

この姫路城は別名を白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)ともいい、
江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存していて
建築物は国宝や重要文化財、城跡は国の特別史跡に指定されているほか
ユネスコの世界遺産に登録されています。


DSCN4027.jpg DSCN4029.jpg
DSCN4028.jpg DSCN4097.jpg

姫路城を中心として整備された姫路公園内には、動物園・好古園・美術館、
県立歴史博物館・日本城郭研究センターなどの教養施設があります。
また、城の玄関口に大手前公園・家老屋敷跡公園・シロトピア記念公園、
東には東御屋敷跡公園、城見台公園と姫路公園内にも通称名で呼ばれている
各公園があって市民はもとより観光客の憩いの場として利用されています。


DSCN4098.jpg DSCN4099.jpg

現在は2009年から5年間の予定で大天守の白漆喰の塗り替え・瓦の葺き替え・
耐震補強を重点とした大規模な補修工事が進められているので
大天守は完全に工事用の素屋根で覆われて外からは見ることが出来ません。
捉え方によってはこんな姫路城の様子は今しか見れない!ので貴重ですね~


DSCN4133.jpg DSCN4134.jpg
DSCN4132.jpg DSCN4131.jpg

姫路城内の見学は有料となっていて、入場料は大人400円・小人100円
後から記述する修理見学施設はプラス大人200円・小人100円となっています。
城内に入ると天守群を中心に槍・門・土塀などの建造物や石垣・掘などの
土木建築物が良好に保存され美的完成度が高いのがよく分かります。


<大天守修理見学施設・天空の白鷺は、2014年1月15日で閉館しました>

DSCN4129.jpg

この姫路城大天守修理見学施設は「天空の白鷺」と呼ばれ、
現在は修理工事の完成が近づいた姫路城大天守の外観を間近で見学でき
これまでの修理工事の様子は常時放映しているダイジェスト映像や
展示パネル等で見ることが出来ます。


DSCN4101.jpg DSCN4102.jpg

私達が行ったのはGWということで入場するまで1時間近く並びました。
定員10名のエレベーターが2基しかなくその順番待ちで長蛇の列…
特に休日は混雑するので、ネットで事前予約しておくと並ばずスムーズに
見学出来るらしいです。これは是非前もって予約して行きましょう!

1階のウェイティングゾーンでは、見学前のガイダンスとして
今回の姫路城の修理の歴史や概要を紹介しており、モニター上映やイラストを用いて
壁面修理・屋根修理・構造補強について解説しています。


DSCN4103.jpg DSCN4110.jpg
DSCN4109.jpg DSCN4106.jpg

エレベーターで最上階8階へと昇ると、屋根修理の見学フロアになっていて
姫路城の瓦・屋根の展示や現在の保存修理の作業状況を紹介しています。

DSCN4104.jpg DSCN4105.jpg

展望窓からは、目の前の姫路公園をはじめ姫路市内の町並みが一望出来ます!


DSCN4117.jpg DSCN4114.jpg
DSCN4115.jpg DSCN4118.jpg

7階フロアは壁面修理の見学フロアになっていて、
姫路城の漆喰壁の展示や、現在の保存修理作業状況を紹介しています。
お城の外観をこんな至近距離で見ることもまぁないんで貴重な体験ですね~


DSCN4121.jpg DSCN4119.jpg
DSCN4122.jpg DSCN4124.jpg

8階と7階を見学するとまたエレベーターで1階へと降りていきます。
最後に1階ホールでは、今回の保存修理に関する模型解説・素屋根で大天守を
覆うプロセスなど姫路城の修理についてを紹介しています。

DSCN4125.jpg DSCN4126.jpg

40分の1サイズの模型はリアルで見入ってしましましたね。
見学内容としては以上となりますが、休日なのかもう作業は終了した後なのか
実際に作業員が目の前で修理作業をしている様子を見るわけでもなく
1時間も並んでこれだけ!?って少し思いましたが(笑)
それでもお城をまた違った形で見ることが出来て良かったです!

また同じ姫路公園内には姫路市立動物園があり入園料も激安なんで
子供連れの方はセットで行ってみるといいと思います。
関西おでかけナビ 姫路市立動物園



ここがオススメ!

 国宝で世界遺産にも登録されている姫路城! 一見の価値あり!

 まさしく期間限定で大天守の修理や最上層を間近に見れます!

 公園内に動物園もあるので子供連れでも楽しめます!


ここはイマイチ!

× 特に休日は見学施設のエレベーター待ちで長蛇の列に…

× 完全に素屋根で覆われているので外から大天守は全く見えません



☆ 姫路城 ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 姫路城 公式ホームページ(姫路城大図鑑
→ Google Mapで場所を確認する

→ 姫路市・姫路公園 ホームページ
→ 姫路市立動物園 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 姫路市立動物園

姫路市立動物園

動物園・牧場
04 /29 2013
DSCN4041.jpg

兵庫県姫路市にある姫路市立動物園へ行って来ました!

ここは、世界遺産・姫路城の三の丸広場に隣接する動物園で、
ゾウやキリンなど大型動物をはじめ約110種・約370点の動物が飼育され
ふれあい広場やミニ牧場、ミニ遊園地などがある本格的な動物園です。


DSCN4088.jpg DSCN4048.jpg
DSCN4063.jpg DSCN4057.jpg

園内に入ると姫路城の内掘が歴史と風情を感じさせ緑豊かな別世界が広がります。
敷地面積はそれほど広くなく、見学所要時間は1時間ほどでしょう。
入園料は大人200円・小人30円と激安! 城見学のついでにも気軽に行けます!


DSCN4064.jpg DSCN4073.jpg
DSCN4072.jpg DSCN4094.jpg

昭和26年開園で歴史ある動物園ですが、動物の見せ方は昔のスタイルのままです。
ほとんどは檻の中にいる動物を柵越しに見るだけなんで面白さには欠けますね。


DSCN4045.jpg DSCN4068.jpg
DSCN4056.jpg DSCN4096.jpg

園内にはゾウ・キリン・カバ・クマ・サルなど約40種約150点のほ乳類、
フラミンゴ・フクロウ・ワシ・キジ・インコなど約70種200点以上の鳥類、
ヘビやワニなど6種15点のは虫類が飼育展示されています。


DSCN4055.jpg DSCN4059.jpg

ペンギンやオタリアなどもいますが、特にショーとかあるわけでもなく
ただ泳いでるのをじっと見てるだけ~(笑)
イベント的なものでいうと、ゾウ舎で毎日朝昼夕の3回、飼育係がゾウの姫子の
調教・健康チェックを行い食事シーンも見ることが出来ます。


DSCN4078.jpg DSCN4084.jpg
DSCN4085.jpg DSCN4087.jpg

ふれあい広場では、10時半~11時半と13時半~14時半の1日2回
モルモット・ブタ・ヒツジなどの動物たちと直接ふれあうことが出来ます。
はく製展示室では、主に園内で亡くなった飼育動物70点余りのはく製及び
骨格標本を常設展示しています。


DSCN4054.jpg DSCN4079.jpg
DSCN4082.jpg DSCN4081.jpg

子供向けのミニ遊園地にはどこか懐かしい10種類以上の遊戯施設があり、
飛行機・汽車・観覧車・モノレール・チェーンタワー・ティーカップ・
バッテリーカー・エアードームなど1回:100~150円で遊ぶことが出来ます。
ほとんど幼児向けなんで小学生以上には物足りないかも知れませんが…

ここ姫路市立動物園は姫路城に近く所要時間も1時間ほどなんで
子供連れの皆さんはぜひお城見学とセットで行ってみましょう!



ここがオススメ!

 姫路城のある姫路公園内にあってお城見学とセットで楽しめる!

 入園料が大人200円・小人30円とめちゃ安い!


ここはイマイチ!

× 動物の見せ方が昔の動物園スタイル。面白味には欠けますね

 敷地面積が狭いのでそんなに多くの動物たちはいません



☆ 姫路市立動物園 ☆

アクセス・詳しい営業案内などは、以下のホームページでご確認ください
→ 姫路市・姫路市立動物園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 姫路市・姫路城ホームページ
→ 姫路城大天守修理見学施設・天空の白鷺ホームページ
→ 関西おでかけナビ 姫路城(天空の白鷺)


播磨中央公園

公園(兵庫)
11 /23 2012
DSCN3139.jpg DSCN3009.jpg

兵庫県加東市にある兵庫県立播磨中央公園へ行って来ました!

ここは、中国自動車道の滝野社ICから西へ約3kmの所にひらかれた
都市公園で、大小の池が散在する自然豊かな五峰山山麓の丘陵地帯に広がり
自然を残しつつ新たに桜や紅葉など花木や草花が植栽されていて、
四季を通じて花と自然を楽しむことが出来るよう整備されています。


DSCN3110.jpg DSCN3077.jpg

私達が訪れた11月下旬は、ちょうど木々が紅葉してめちゃ美しかったです。

自然以外にも野球場・テニスコート等の運動施設、サイクルランド、四季の庭、
遊具のある子どもの森・子どもの小川等の各種施設が整っていて
文化・スポーツ・レクリエーションにと多くの人々に親しまれています。
とにかく広大な敷地なので、1日中楽しむことが出来る公園ですね。


DSCN3093.jpg DSCN3080.jpg
DSCN3088.jpg DSCN3083.jpg

それでは公園内の設備を順番にご紹介していきます。

「さいくるらんど」では、おもしろ自転車やバッテリーカーに乗れる
サイクル広場と、サイクリングコース、インラインスケート場があります。
ここには、おもしろ自転車:55種140台、インラインスケート:187台
バッテリーカー:10台があり、面積9,000m²の広場で自由に走り廻れます。

料金は、30分につき大人500円・小人250円が基本となっていますが、
2人利用で割引になる大人ペア・小人ペア・親子ペア券も販売されています。
インラインスケートは1時間につきレンタル700円・持ち込み500円です。


DSCN3103.jpg DSCN3094.jpg

サイクリングコースは、起伏にとんだ1周3kmと1,5kmの2コースがあり
マウンテンバイクなどで走ると気分爽快でとてもいい運動になります。
子供用の自転車もあるので、家族みんなでサイクリングを楽しめますよ!
料金は、40分につき大人300円・小人150円です。

おもしろ自転車に乗れたり、サイクリングコースがあるのは
ちょうど大阪にある関西サイクルスポーツセンターと同じような感じですね~


DSCN3026.jpg DSCN3027.jpg
DSCN3049.jpg DSCN3039.jpg

子どもの森ゾーンは、芝生広場のある「空の国」、緑の遊び場「夢の国」、
ワクワク遊具がいっぱいの「冒険の国」の3つに分かれています。

冒険の国には、木製とロープで編んだ遊具を組み合わせた「風のとりで」など
アスレチック要素のある面白そうな遊具がたくさん設置されていました。


DSCN3046.jpg DSCN3030.jpg
DSCN3032.jpg DSCN3051.jpg

約70mにわたり丸太をうねらせた「波打ち丸太」、
丸太の橋わたりなどを組み込んだロープのトンネル「ドラゴンロード」、
森の中を滑っていく「ローラーすべり台」も冒険の国にある遊具です。


DSCN3060.jpg DSCN3061.jpg
DSCN3021.jpg DSCN3016.jpg

その他、夢の国や空の国にも遊び場がたくさんあって、
長い距離でスリルのある3種類のターザンロープや、長いブランコ、
ネット吊り橋、芝生広場など、子供が十分に楽しめる設備となっています。


DSCN3068.jpg DSCN3112.jpg
DSCN3070.jpg DSCN3072.jpg

中央広場ゾーンは、芝生広場や小川など自然の地形を活かした広場です。
夏季シーズンに水遊びも楽しめる「子どもの小川」では、
毎年3月下旬から11月下旬まで長さ160m・深さ5~15cmの
小川に水が流れていて、子供達に人気があるスポットとなっています。

そして何故かポツンと蒸気機関車(C56)が展示されていますが、
周りは柵で囲われているので触ったり乗ったりは出来ません…


DSCN3127.jpg DSCN3132.jpg
DSCN3133.jpg DSCN3137.jpg

豊かな自然を満喫できる播磨中央公園の中でも、
季節の花々をゆっくりと楽しむことができるのがフラワーゾーンです。
ここは桜の園・四季の庭・バラ園など一年を通じて花と緑と触れ合えます。

バラ園は面積約1.5haで、中央の噴水を囲むようにバラが植えられています。
バラ以外の草花やグランドカバーが足下に植えられ、またツル科の植物によって
バラ園に立体感を与えるように工夫されています。


DSCN3121.jpg DSCN3116.jpg
DSCN3123.jpg DSCN3125.jpg

約17haの変化に富んだ自然地形を生かした四季の庭では、
全体が1つの遠風景となるように工夫されガーデンは9つのエリアに分かれており
600種12万本に及ぶ木々や草花が楽しめます。
また、ルネッサンス時代を思わせる庭園には、お洒落な展望塔がそびえ立っていて
北播磨の平野や加古川の流れを望む事が出来ます。

私達は時間の都合で行けてませんが、自然散策ゾーンというところに
全長7.8kmのハイキングコースがあるのでのんびり散歩を楽しめます。
途中には滝野のまちが一望できる展望台もあるみたいですよ~

また、播磨中央公園からすぐ近くに「滝野温泉ぽかぽ」という露天風呂が
充実した温泉施設があるので、公園の帰りに行ってみてはいかがでしょうか?



ここがオススメ!

 自然豊かなで広大な公園! 季節の花々や樹林を一年中楽しめる!

 子供の遊び場が充実! 遊具が豊富でサイクルランドもあります!

 駐車場が6カ所あり便利! しかも全て駐車料金は無料です!


ここはイマイチ!

× 敷地が広いのに飲食系設備が不足してますね。自販機も少ない…

× おもしろ自転車の種類と台数が少ない。時間&料金設定が微妙!?



☆ 兵庫県立播磨中央公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認ください
→ はりちゅう 播磨中央公園公式ホームページ
→ 滝野温泉ぽかぽ 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


明石公園

お城・寺院・神社
10 /11 2012
DSCN2638.jpg DSCN2612.jpg

兵庫県明石市にある県立明石公園へ行って来ました!

ここは、明石城跡を整備した歴史公園で、園内には櫓や堀・石垣といった
城跡をはじめ、各種スポーツ施設や図書館などの施設が点在しています。
場所はJR明石駅のすぐ目の前にあってアクセスは抜群です!


DSCN2642.jpg DSCN2611.jpg
DSCN2608.jpg DSCN2610.jpg

本丸と北側の桜堀周辺は都市緑化植物園区域とされ樹木が生い茂り、
芝生広場や子供の遊具広場、桜堀の北西には広大な剛ノ池が広がります。

自然豊かな明石公園は、平成元年に「日本の都市公園100選の地」、
平成2年には、全国「さくら名所100選の地」にも選ばれています。
また、平成16年には宮本武蔵作とされる日本庭園が整備・公開されました。


DSCN2615.jpg DSCN2635.jpg

旧明石藩の政庁と藩主の居所が置かれた明石城は、別名「喜春城」「錦江城」
とも呼ばれ、徳川家康の曾孫で明石、三木、加古、加東の四郡10万石を領した
小笠原忠真が将軍家と姫路藩本多家の強い支援をうけて築いた城です。

明治7年の廃城令により廃城となりましたが、現在でも2つの櫓が残っていて
写真左の「巽櫓」は、本丸の南東端に築かれた三層の櫓で、桁行き9.09m、
梁間7.27m、高さ12.19mの隅櫓で、妻部を東西に置く入り母屋造りです。

写真右の「坤櫓」は、天守閣が造られなかった明石城では最大規模をもつ櫓で
天守台のすぐ南にあり、天守閣に変わる役割を果たしたそうです。


DSCN2621.jpg DSCN2619.jpg

2つの櫓の間には、ちょっとした木製の展望スペースが設置されていて
明石公園内から明石市街、遠くには明石海峡大橋までの眺望が楽しめます。


DSCN2644.jpg DSCN2627.jpg
DSCN2626.jpg DSCN2636.jpg

そして、気になる子供が楽しめる遊具エリアですが、
正面入り口や城跡から近いところに芝生広場やこども広場があって、
回転式遊具やスプリング遊具など、幼児及び低学年向けの遊具が揃います。

写真にはありませんが公園北東部にあるこどもの村というエリアにも
木製遊具や長い滑り台、ブランコ、大きな砂場など遊べる所があったり
公園の中で一番大きい剛ノ池では、手こぎボートやサイクルボートに
乗ることも出来ます(ローボート30分600円、サイクルボート20分600円)

その他にも野球場・陸上競技場・テニスコートなどのスポーツ施設や
庭園、図書館などの施設もあり、明石市民に親しまれている公園ですね。

車の駐車場は、公園内に2か所あって微妙に料金形態が異なります。
園内中央部のP2駐車場が、30分未満は無料・5時間まで500円
正面入口付近のP1駐車場が、1時間30分まで400円・4時間まで500円


また、近くには明石市立天文科学館もあるのでセットでぜひぞうぞ~!
ともに明石駅から徒歩圏内で、3~4時間程度あれば両方行けると思います。
→ 明石市立天文科学館のレポートはこちらから



ここがオススメ!

 明石駅前にあってアクセスは抜群です!

 広大で緑豊かな公園! 散策や散歩するにも気持ちいい!

 近くにある天文科学館とセットで半日くらいは楽しめます!


ここはイマイチ!

× 明石城といっても天守閣は無く、小さな櫓だけあるのみ…

 2つの子供エリアともに遊具が少し物足りないかなぁ!?



☆ 明石公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 明石公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 明石市立天文科学館


明石市立天文科学館

科学館
10 /10 2012
DSCN2553.jpg

兵庫県明石市にある明石市立天文科学館へ行って来ました!

ここは、昭和35年に開館した現存する天文科学館の中では日本で最初に
竣工された科学館で、東経135度・日本標準時子午線の真上に建っています。
館内には、時間や時計に関する展示、天文学に関する展示、プラネタリウム、
明石海峡大橋が一望出きる展望室などの施設があります。
科学館という名称ですが、どちらかといえば博物館といった感じですかね!?

それでは順番に展示フロアをご紹介していきます!


DSCN2603.jpg DSCN2602.jpg

まずはエントランス外側に「漏刻」という器具が設置されています。

天文科学館が開館したのは1960年6月10日の「時の記念日」で、
時の記念日は、天智天皇が671年6月10日に人々に時を知らせたことに由来し、
これがわが国最初の時報で、このときに使われたのが漏刻です。
漏刻は、中国で発明され日本に伝わった水時計の一種ということです。

ここはちょうど東経135度子午線上にあって、足元にもラインが引いてあるので、
私達も含め、ここのライン上に立って記念撮影する人が多かったですww


DSCN2554.jpg DSCN2555.jpg
DSCN2592.jpg DSCN2594.jpg

1階エントランスロビーの床には、陶板に焼き付けた北半球の星座図と、
壁には“宇宙と時、そしてそれらのテーマを結びつける子午線”を表した
オブジェが設置され、来館者の気分を盛り上げています。


DSCN2588.jpg DSCN2556.jpg
DSCN2557.jpg DSCN2589.jpg

2階のプラネタリウムドームでは、来館者に肉声で語りかけながら投影する
対面解説プログラムを開館以来の基本として、新たに導入した補助投影機とともに、
最新の天文画像情報も用いながらも親しみやすく最先端の内容を紹介しています。

投影時間は約50分間、平日4回と土日祝5回の投影スケジュールで、
番組プログラムは1~2ヵ月周期ごとに新しく変わっていきます。


DSCN2559.jpg DSCN2560.jpg
DSCN2558.jpg DSCN2561.jpg

3階展示室では、「時と宇宙の博物館」として、
子午線・天文・天体観測・暦と時をテーマに展開しています。

子午線のまち・明石を知る展示ゾーンでは、明石が子午線のまちと呼ばれる
理由をわかりやすく学ぶことができます。
時のギャラリーでは、人間と時との関わりについて学べるゾーンです。
暦の歴史や時計の歴史が分かる様々な展示物がありました。


DSCN2563.jpg DSCN2564.jpg
DSCN2566.jpg DSCN2567.jpg

同じく3階展示室の天文ギャラリーでは、太陽系、銀河系・宇宙、宇宙開発の
3つのコーナーで、天文・宇宙について学べるゾーンです。

太陽系の惑星の姿やさまざまな太陽の姿、太陽系惑星の公転周期などの説明、
銀河系の構造や太陽系の位置が理解できる美しい銀河模型の展示、
鉄隕石・石鉄隕石など4種類の隕石を展示していて実際に触ったりも出来ます。

その他にも、恒星の一生や宇宙開発の歴史を紹介するコーナーや
天体の観測・発見、観測機器の発達など、天体観測の歴史について学べる
観測資料室や、定期的に展示物が入れ替わる特別展示室もありました。


DSCN2571.jpg DSCN2587.jpg
DSCN2569.jpg DSCN2572.jpg

4階には、日時計広場とキッズルームがあります。
日時計広場は明石海峡を望む景色の良い屋外空間で、自分の影で時間が分かる
人間日時計や、いろいろな形の日時計で時間を知ることができます。

屋内にあるキッズルームは少し狭いですが、惑星をモチーフにしたクッションや
ボールをちりばめたボールプールや幼児用絵本などの書棚も設置しています。


DSCN2578.jpg DSCN2579.jpg
DSCN2575.jpg DSCN2586.jpg

最後に13階と14階にある展望室では、360度の大パノラマ眺望が楽しめます。
展示フロアは4階までで、そこから13・14階の展望室へは高塔内のらせん階段か
エレベータで上がって行きます。ちなみに階段はかなりしんどいですわ・・・

世界一長い吊り橋の明石海峡大橋をはじめ、淡路島、播磨灘とそこに浮かぶ島々、
明石の町並み、六甲山系の山々などの景色を見ることができます。
14階には少しだけですが椅子があり、13階には有料の双眼鏡が設置されています。

科学博物館があっておまけに展望台もありと、一粒で二度おいしい感じですね!


入館料は大人700円・中高生400円・小人300円となっています。
他の科学館ではプラネタリウムは別途料金というのが多いですが、
こちらでは入館料だけでプラネタリウムの観覧も可能です。

アクセスについては、JR明石駅から徒歩約15分・山陽電車の人丸駅から徒歩3分
車の場合は、駐車料金が2時間まで200円と安めの設定でした。
所要時間はプラネタリウムも含めても、たぶん2時間以内でいけるでしょう。

また、明石駅前には城跡や遊具エリアもある広大な明石公園があるので、
セットで行ってみるのもお勧めです!
→ 明石公園のレポートはこちらから



ここがオススメ!

 科学博物館にプラネタリウム、しかも眺望の良い展望台まであり!

 入館料も駐車料金も良心的!


ここはイマイチ!

× 展示物がただ見るだけのもが多くて子供はすぐ飽きるかも

 JR明石駅からは徒歩15分ほどかかります



☆ 明石市立天文科学館 ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 明石市立天文科学館 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 明石公園


赤穂海浜公園 (赤穂わくわくランド)

テーマパーク・遊園地
11 /08 2010
P1000153.jpg P1000162.jpg

兵庫県赤穂市にある赤穂海浜公園に行って来ました!

この公園は瀬戸内海に面していて、対岸には家島群島や小豆島を望み
あの赤穂の塩で有名な塩田跡に造られた県立の都市公園です。

園内の敷地はとても広大で、遊園地やオートキャンプ場・海洋科学館などの
施設があって、公園の遊具類も充実しているので一日楽しめます。


P1000163.jpg P1000169.jpg

遠浅で美しい砂浜が広がるビーチでは、季節により潮干狩りや海水浴も楽しめて
園内にある大きな池でスワンボートやカヌーなどに乗ることが出来ます。

ヤシの木のような樹木もあり南国の雰囲気が漂っているので爽快でした!


P1000187.jpg

まずは、公園内にある「わんぱくキッズエリア」のご紹介です。
ここはアスレチックがコンセプトになっていて、様々な遊具が設置されています。


P1000194.jpg P1000190.jpg

こちらでまず目に引くのは大型の難破船!
息子はこの船を見つけると大喜びで一目散に走って消えていきました(笑)
中には滑り台やアスレチックなどがあって子供たちはみんな楽しそうでしたね~

船の周りには砂丘をイメージした大きな砂場や、水遊びが出来る池もありました。


P1000176.jpg P1000181.jpg
P1000173.jpg P1000185.jpg

その他の遊具はジャングルジムやローラー滑り台などの定番遊具から
幼児から小学生くらいまで楽しく遊べるアスレチック遊具が充実しています。
ほとんど木製なので、怪我の心配とかは大丈夫だと思います!


P1000300.jpg P1000299.jpg

また、赤穂の塩づくりを体験できる海洋博物館や
製塩作業所の展示なども見学出来ます。

遊具以外にも芝生広場があったり豊かな自然がいっぱいあるので、
広い公園内をブラブラと散歩してみるのもお勧めですね!


P1000198.jpg

続いて遊園地エリアになる「赤穂わくわくランド」のご紹介です。

なんと入場料無料!! 遊園地エリアは入場料がいると思ってましたが
それぞれの乗り物や遊具に乗る時だけ料金がいる仕組みで、
のりもの券は100円券11枚が1000円で販売(100円単位で購入も可)


P1000225.jpg P1000202.jpg
P1000218.jpg P1000203.jpg

乗り物はほとんど幼児向けのものが多く、スリルがある乗り物はないですね…
小学生の高学年くらいの子になると、たぶん物足りないでしょう。

でもゴーカートは大人でも楽しかった! これくらいかな私が乗ったのは(笑)


P1000205.jpg P1000212.jpg

こちらは、変わり種自転車に乗れるコーナー
二人乗りのバギーのような自転車など面白い形の自転車がたくさんあって
時間制(20分)で乗り放題です。幼児でも乗れます!


P1000215.jpg P1000251.jpg

その他、迷路・トランポリン・サイクルモノレール・パターゴルフなどがあります。
キャラクターや動物系のバッテリーカーはチケットではなくコイン式でした。

迷路では、全てのチェックポイントでスタンプを押してゴールすると、
もれなくオモチャがもらえます。息子はヘリコプターをもらって大喜び~!


P1000237.jpg P1000239.jpg

高さ50メートルの大観覧車に乗ってみると、瀬戸内海や小豆島が見渡せます。
凄く爽快な景色が堪能できますので、これは是非乗って帰りましょう!


P1000258.jpg

わくわくランド内には動物と触れ合えるコーナーもありました。
ここにはイヌ、ネコ、ウサギ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、アヒル、カモ、ワラビーなど
約20種類150匹の動物たちがいて、大人も子供も一緒に動物たちと触れ合えます。


P1000271.jpg P1000273.jpg
P1000276.jpg P1000283.jpg

人間慣れした愛嬌のあるヤギやブタなどに餌をあげることが出来ます。
餌を持っていると動物たちが何匹もしつこくまとわりついてきました(笑)

その他、ポニーの乗馬体験や犬やうさぎとのふれあいコーナーなどがあります。
息子はここでヤギに餌をあげたことが一番の思い出やったみたいですね。


ここがオススメ!

 瀬戸内海が目の前に広がる自然豊かな公園! 爽快で気持ちが良い!

 入場無料の遊園地施設やアスレチックなど子供が楽しめる施設が充実!

 動物と触れ合えるコーナーでは愛嬌のある可愛い動物たちがいっぱい!


ここはイマイチ!

× わくわくランドの乗り物はほとんどが幼児向けで物足りないかも?

× 乗り放題パスなどのサービスがないので意外と出費しますね・・・

× サービスコーナーで売ってる食事がひどいなぁ。高いしマズイ!


わくわくランドの全ての遊具やコーナーを利用すると、
1人につき3000~4000円くらいの出費となります。
金額だけで言えば普通の遊園地並みですが、なんせ遊具が幼児向けばかりなんで
なんか高いようなイメージになってしまいましたね。

付き添いの大人も同額のチケットが必要なところもあるので、
子供が2人とか3人いたら、なかなか高額な出費となりそう・・・

また、売店で売っている食事関係ははっきりいってマズイです。
しかも量も少なく高いので、出来れば弁当などを持ち込みした方が良いです。

まぁしかし、食事以外はほんと朝から夕方まで一日楽しく遊ぶことが出来て満足!
幼児のお子様がいる家族にはおススメのお出かけスポットといえます!



☆ 赤穂海浜公園 (赤穂わくわくランド)☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい。
→ 赤穂海浜公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

日帰りバーベキューはオートキャンプ場のデイキャンプを利用すれば可能!
詳しくはこちらから→ 赤穂海浜公園オートキャンプ場 ホームページ




東条湖おもちゃ王国

テーマパーク・遊園地
02 /27 2008


兵庫県加東市にある東条湖おもちゃ王国へ行って来ました!

ここは「見て、触れて、体験できる」おもちゃのテーマパークです。

どちらかというと、小学生低学年くらいまでの子供をターゲットにしてる
感じがします。実際に訪れてた家族もほとんど乳幼児が中心です。

息子がまだ生後10ヶ月くらいの時に一度行った事があるのですが、
その時はおもちゃで少し遊ぶだけで、乗り物には全く乗ってません…
今回は3歳になってるので、乗り物メインでおもちゃ王国を一日中満喫!


P2050269.jpg

入口から歩いて始めに目にした光景↑
おもちゃ王国のキャラクター!?のショーをやってましたが人がまばら…

私達が訪れたのは2月の平日ということもあり入場者がすごく少なく、
どの乗り物も並ばずにすぐ乗れました! というより乗り場に行ったら、
動かしてくれたという感じです。ほとんど乗り物は貸切状態です(笑)
人込みが嫌いな私達夫婦にとっては最高の状態!!


P2050270.jpg P2050273.jpg

乗り物は幼児が安心して楽しめそうなゆっくり動くものが多いです。
トーマスの機関車に1回乗るとトーマスカードが1枚もらえるので、
うちの息子は狂ったように何回も乗ってカードを貯めてました(笑)


P2050283.jpg P2050286.jpg P2050266_01.jpg

ゴーカート系は2つあり、キッズドリフトレーシングというのが面白いです。
滑りながらコーナーを曲がってまさしくドリフトが楽しめますよ~(低速ですけど)

その他メリーゴーランドやティーカップ、観覧車にジェットコースター・回転飛行機など
定番な乗り物はちゃんとあります! どれもそんなに恐くなく大人は不完全燃焼!?

P2050308.jpg P2050314_01.jpg

うちの息子は車や鉄道系ばっかりで、あまり「スリルもの」に乗りたがらなかったので、
全部は体験してません・・・ 詳しくは公式HPでどんなんか確認して下さいね!


P2050296.jpg P2050297.jpg
P2050298.jpg P2050299.jpg

観覧車から見た園内全景です↑
こじんまりしてますが、乗り物は合計38箇所もあるので一日中楽しめますよ!



P2050305.jpg P2050306.jpg

続いて雨の日でもOK!な、おもちゃ系パビリオンの体験レポートです!

おもちゃ王国というくらいなんで、こちらの施設も満足いくほど充実しています。

トミカ&プラレール・リカちゃん・シルバニアファミリーなど人気のおもちゃに、
ダイヤブロックにママごとや知能玩具など考えて遊べるおもちゃもあり
ここだけでも子供さんは丸一日飽きずに遊べそうだと思います!

それぞれが独立した建物(コーナー)になっているので、広々としています。
一番安い入場券のみで一日遊べるので、雨の日のおでかけにもオススメ!!


P2050327.jpg P2050324.jpg

ままごとコーナーは女の子に大人気! 家事のおもちゃがたくさんありました!
ブロックコーナーでは皆思い思いに創造しながら謎の物体を組み立ててました(笑)


P2050319.jpg P2050321.jpg

トミカコーナーではミニカーやトミカタウンなどがたくさんおいてあり自由に遊べます。
プラレールはレールを自分で組み立てて車両を走らせることが出来ますよ!


ここがオススメ!

 雨の日でもOKのおもちゃパビリオンが充実!

 乳幼児でも楽しめる乗り物がメインで安心して遊べます!

 フリーパスチケットの使いまわしが出来て安上がり!
   大人1人分だけフリーパスにしとけば、夫婦交代で子供と乗れます。


ここはイマイチ!

 乗り物はほとんど小さな子供向けなんで大人は不完全燃焼です…

 平日に行くと入場者が少な過ぎて盛り上がりに欠けます。
   食事系の売店などは最初から完全に閉まってました!

× 閉園時間が早い! 通常は17時で冬季は16時半で終わり。
   しかも閉園30分前くらいから一斉に片付けをしだす職員達…


フリーパスの使いまわしですが、どこの係員も普通に公認してました。
腕輪のような取り外しが出来ないタイプではなく紙のチケットを
係員に見せるだけです。私達は夫婦交代で乗ったりしましたよ~

乗り物には乗らず、おもちゃパビリオンだけなら入場券だけでOK!

入場券・フリーパスともに公式HPで割引券を発行しており、
プリンターで印刷したものを窓口で提出しましょう!!

小学校低学年くらいまでのお子様ならオススメのテーマパークです!
今度のおでかけに是非行ってみて下さいね~


☆ 東条湖おもちゃ王国 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 東条湖おもちゃ王国 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


北播磨余暇村公園

公園(兵庫)
05 /05 2007
播磨1

兵庫県多可郡にある北播磨余暇村公園へ行って来ました!

ここは県立の都市公園で敷地面積がとても広く、遊具がたくさんある
「冒険の広場」と、バラやしょうぶなどを観察できる「鑑賞ゾーン」、
コテージなどがある「いこいの森」の3つにエリアに分かれています。


播磨2 播磨3

ここへ行ったお目当ては、全長253mもある「妙見スカイローラー」という
ジャンボローラー滑り台です とにかくスリルがあって面白い!!
 
GWだったので、かなりの行列が出来てましたが、大人も子供もみんな
大喜びで滑っていました。ローラー式なので無料貸し出しのミニ・ビート板か
ダンボールなどを敷いて滑りましょう! 無いとおしりがメチャ痛いですよ~

 
播磨4 播磨5

スカイローラー以外にも回廊式コンビネーション遊具や、幼児用のブランコ・
シーソーなどの遊具が充実していて、お子様は大喜び間違い無しでしょう!
 

播磨6 播磨7

他にも、芝生広場でボール遊びやバトミントンをしたり、かけっこしたり、
「子どもの小川」という水深2~3cmの川で水遊びしたりと1日中遊べます!


播磨8 播磨9

この公園はとにかく緑豊かで空気がおいしいなぁ~というのが印象です。

冒険の広場から離れると、とても気持ちの良い風景が広がるので、
ゆっくりと植物を観察しながら散歩してみるのもいいと思います。

とにかくあのスカイローラーは、一度滑るとやみつきになりますね。
今度のおでかけに是非行ってみてはいかがでしょうか??



ここがオススメ!

 なんといっても全長263mの妙見スカイローラー! 楽しい!

 遊び場がたくさんあり、お子様は大喜び間違いなしでしょう!

 入場料・駐車場無料! トイレ・売店などの施設も充実!


ここはイマイチ!

× 日祝などの休日はスカイローラーに長蛇の列・・・

× スカイローラー乗り口は山の上なので行くのに疲れる。

 公共交通機関で行くには不便過ぎて実質的に無理!
   車で行くしかないです。 中国道・滝野社ICから約30分。



☆ 北播磨余暇村公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 多可郡・北播磨余暇村公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する