神戸総合運動公園

公園(兵庫)
11 /02 2014
DSC_1084.jpg DSC_1080_201411021922584a1.jpg

神戸市須磨区にある神戸総合運動公園へ行って来ました!

ここは、1985年に開かれたユニバーシアード夏季大会や、
神戸グリーンエキスポ(植物博覧会)の開催のために建設された運動公園です。
特に交通面が抜群で、市営地下鉄の「総合運動公園駅」は園内敷地にあり、
車の場合は駐車場が園内数カ所に約1700台分あります。(1日1回:500円)


DSC_1082.jpg DSC_1076.jpg

広大な自然に恵まれ季節の花々に彩られた園内には、各種スポーツ施設をはじめ
子どもたちが喜ぶ遊具類もあり、一大レクリエーションゾーンとして、スポーツや行楽・
遠足などにも利用されており、散歩&散策にもってこいの大型公園となっています。


DSC_1087.jpg DSC_1041_201411021932078b2.jpg
DSC_1113_20141102195320baa.jpg DSC_1120.jpg

それでは公園内の主な施設を順にご紹介していきます!
スポーツ施設では、プロ野球も開催される野球場「ほっともっとフィールド神戸」、
陸上競技場の「ユニバー記念競技場」、ドーム型体育館「グリーンアリーナ神戸」
など、どれもプロスポーツや国際競技が開催される本格的な施設です。
なんと駅のすぐ目の前が野球場! これは甲子園球場より駅に近いですね~


DSC_1072_20141102200712a72.jpg DSC_1068_20141102200713324.jpg
DSC_1071_20141102200711631.jpg DSC_1067_2014110220071217c.jpg

コスモスの丘は、ユニバー記念競技場の南斜面に広がる4,000m2の広大な丘で、
丘の上からは明石海峡大橋も見ることができます。
毎年、3月には5万本の菜の花畑となり、また9月下旬~10月下旬には10万本の
コスモスが丘一面に咲き誇ります。秋シーズンには是非おでかけしてみましょう。


DSC_1042_20141102202229395.jpg DSC_1048_201411022022292a9.jpg
DSC_1050_201411022022280d9.jpg DSC_1052.jpg

コスモスの丘に隣接する子供の遊び場「冒険のくに」では、
緑に囲まれた長い滑り台やネットのぼりでつながった上下の広場に、
健康遊具や子供たちが体いっぱい使って遊べる遊具があります。
上の広場にある遊具はどれも小型で幼児向けのものばかりです。


DSC_1053.jpg DSC_1054_201411022023359d7.jpg
DSC_1055.jpg DSC_1057.jpg

上の広場と下の広場をつなぐロングスライダーです。
ローラー式ではないのでスピード感やスリル感はイマイチですが、
距離があって緑の中を滑っていくので子供達は大喜びしてました。


DSC_1045_201411022024429e9.jpg DSC_1064.jpg
DSC_1059.jpg DSC_1062_20141102202439488.jpg

一部には大人も出来る健康遊具が設置されています。
スライダーを滑り降りた所にある下の広場にも遊具が設置されていて、
砂場や上の広場とつながるジャングルネット登りも人気でした。


DSC_1106.jpg DSC_1093_20141102204112425.jpg
DSC_1104.jpg DSC_1091.jpg

公園中心に位置する緑の中の遊び場「自然のくに」では、
展望台や山の斜面を利用した長い滑り台があり、こちらも子供達に大人気!
高低差のあるロングスライダーは長短2本あって、ローラー式ではありませんが
途中に段差があって、スピードの勢いで体が浮くスリル感が味わえますよ~


DSC_1101_20141102204424c3b.jpg DSC_1100_20141102204423062.jpg
DSC_1098.jpg DSC_1102.jpg

この自然のくにエリアには、他にも遊具広場があったり、
いろんな木にクイズが貼りつけてあり、案内所にある「探検クイズ」に
挑戦すれば、「自然のくに探検免許証」がもらえます!


DSC_1119_2014110221055709e.jpg DSC_1114.jpg
DSC_1110.jpg DSC_1103.jpg

グリーンアリーナ神戸の前ある「水のくに」では、
7~9月の間だけオープンしている「ちゃぷちゃぷ池」があります。
水深が浅いので小さなお子さんでも安心して楽しめる水遊びスポットです。
10月~6月でも池に水はありますが閉鎖されていて入ることは出来ません。

また、くつろぎやすい雰囲気だと好評の総合運動公園の案内所では、
スポーツや花と緑に関するイベント情報や 園芸に関する図書があります。
休憩スペースでは自販機がありお弁当を食べたりすることも出来ます。
園内各所にトイレや自販機が設置されていて設備面もいうことなしですね!



ここがオススメ!

 自然豊かで広大な運動公園! 子供の遊具も充実してます!

 公園内に駅があり駐車場台数も多い! アクセス面が便利!


ここはイマイチ!

 強いて言うなら滑り台がローラー式やったらもっと良かったな…



☆ 神戸総合運動公園 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸運動公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


六甲山カンツリーハウス

バーベキュー・キャンプ場
07 /06 2014
DSC_0278.jpg DSC_0438_2014070613572371a.jpg

神戸市灘区にある六甲山カンツリーハウスへ行って来ました!

ここは六甲山の木々と緑に囲まれた約20万平方mの広大なレジャー施設で、
園内にはバーベキュー場や魚釣り・ゴーカート・パターゴルフ・ペダルボート等の
遊び場が多数あり、広大な芝生広場ではスポーツを楽しんだり、ワンちゃんと
お散歩したりと家族みんなで思い思いの一日を満喫できます。


DSC_0396.jpg DSC_0395.jpg
DSC_0394.jpg DSC_0397.jpg

六甲山の自然の中で楽しめるバーベキュー場では、道具類のレンタルや
食材セットの販売もしているので手ぶらバーベキューが可能です!
もちろんコンロや食材を持ち込んでもOKです。コップや包丁やまな板などの
無料レンタル品も充実しているので、小物系の荷物が少なくて済みますよ~

屋根付きエリアをはじめ、なんと犬と一緒に楽しめるワンちゃんシートもありました。
その他にもピザ窯があるので、焼き立てのピザを食べることも出来ます!

バーベキュー場の利用は事前電話予約制になっているので、ご利用日の前日までに
予約しておきましよう。
→ バーベキュー場の料金など営業案内はこちら
→  [予約先電話番号] 078−891−0366


DSC_0383_20140706143431143.jpg DSC_0384.jpg
DSC_0391.jpg DSC_0424_20140706143526a51.jpg

魚釣りが出来る池では、釣りセット(竿、エサ、ビク)を1,000円で貸出していて
のんびりと釣りが楽しめます。コイも泳いでいますがこの竿と仕掛けでは
釣れないでしょうね(笑) うちの子は2時間くらいやって小魚2匹釣ってました…


DSC_0410_20140706143008cc6.jpg DSC_0414_20140706143005d48.jpg
DSC_0409_20140706143007f59.jpg DSC_0413.jpg

園内には遊具アトラクションもいくつかありました。
主に幼児向けのトランポリン・ファフアは10分間250円で楽しめます。


DSC_0417.jpg DSC_0418.jpg

ゴーカートは、土曜・日曜・祝日および夏休みシーズンのみ営業していて、
1周(2人乗り)650円となっています。


DSC_0401.jpg DSC_0408.jpg

ペダルボートは1台(2人乗り10分間)650円、
プラスチックのそりで滑る「わんぱくスキー」は1台(1人乗り15分間)600円です。
これ以外にも、パターゴルフ場があって、1コース 1,000円、2コース 1,500円、
3コース 2,000円となっています。

このように遊具アトラクションはそれぞれ1回利用ごとに料金がかかりますが、
何度も利用出来るフリーパスを2000円で販売しているので、たくさん遊ぶ人は
フリーパスにした方がお得ですね。


DSC_0403.jpg DSC_0407_20140706144234af1.jpg
DSC_0404.jpg DSC_0405.jpg

せせらぎの丘は、六甲山カンツリーハウスの大芝生の斜面をゆっくり流れる
せせらぎをイメージしていて、棚田の景観を思わせる池では水遊びが楽しめます。


DSC_0437.jpg DSC_0386.jpg
DSC_0421.jpg DSC_0420_20140706141539a3d.jpg

この六甲山カンツリーハウスは、やたらと芝生広場やリフトが多いなと思ったら
冬になると人工スキー場へと変わるんですね・・・
名称はお馴染みの「六甲山人工スキー場」から「六甲山スノーパーク」へと変更に
なったみたいです。 → 六甲山スノーパークの案内はこちら

リフトについては、スキーシーズン以外は観光リフトとして運行しています。
また、展望ペアリフトで眺望の素晴らしい六甲ガーデンテラスへ行き来することも
可能です。(入場無料) → 六甲ガーデンテラスの案内はこちら


DSC_0427_20140706144358a3a.jpg DSC_0428.jpg

園内は犬の入場も可能で、芝生広場を利用したドッグランも併設されています。
約2000平方mの芝生にトンネルやハードルなどのアジリティもあって、
リードを外したワンちゃんたちが嬉しそうに走り廻っていました!
ドッグランの入場は犬1匹1000円となっています。(ちょっと高いんちゃうかな?)


DSC_0387.jpg DSC_0430_20140706144021e2e.jpg
DSC_0435.jpg DSC_0432.jpg

山の丘陵を利用した約3,000㎡の園地に広がるバラの小径「ローズウオーク」では、
一般的なフォーマルガーデンとは違い周囲の景観にとけこむ様にバラを植栽し、
自然との調和を大切にした珍しい散策型デザインのローズガーデンで、
約90種類・約2000本もの色とりどりのバラが楽しめます!

こちらは、6月中旬~7月末までの初夏、9月中旬~10月中旬までの秋が見頃で
期間限定の開園となっています。


DSC_0412.jpg DSC_0402.jpg

最後に飲食系施設について、園内にはレストランが1箇所(土日祝と夏季のみ営業)
軽食やソフトクリームのある売店、エントランスにはおみやげショップがあります。
特に飲食に困りませんが、自販機が少ないので水筒など持参した方がいいでしょう。

六甲山カンツリーハウスへの入園料は、大人: 620円、小人(4歳~小学生) 310円
ワンちゃん1頭:100円で、駐車場は1回500円となっています。

また、近隣にある六甲山フィールドアスレチックとの共通入園券は、
大人:1,230円、小人(4歳~小学生):620円とお得な料金です。
フィールドアスレチックは徒歩で約3分くらいなので、是非セットで行ってみましょう!
→ 六甲山フィールドアスレチックの詳細はこちら
→ 関西おでかけナビ 六甲山フィールドアスレチック



ここがオススメ!

 六甲山の自然の中で手ぶらバーベキューが楽しめる!

 広大な園内に様々な遊具アトラクションがあります!

 フィールドアスレチックが近いのでセットで楽しみましょう!


ここはイマイチ!

× 遊具系の料金設定が高い… 全て利用するならフリーパスで!



☆ 六甲山カンツリーハウス ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 六甲カンツリーハウス 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 六甲山フィールドアスレチック 公式ホームページ
→ 関西おでかけナビ 六甲山フィールドアスレチック
→ 六甲山スノーパーク 公式ホームページ
→ 六甲山ガーデンテラス 公式ホームページ


須磨離宮公園

フィールドアスレチック
04 /29 2014
DSC_0009.jpg DSC_0097.jpg

神戸市須磨区にある須磨離宮公園へ行って来ました!

ここは、瀬戸内海を望む丘陵に広がる面積82ヘクタールの広大な都市公園で、
西洋式庭園を中心とする本園と植物園からなり、バラやあじさいなど
四季折々の花々が楽しめるほか、アスレチックや遊具広場も充実しており
子連れファミリーでおでかけするにはもってこいの公園となっています。

須磨離宮公園は神戸市立の公園ですが、有料で入園料が必要です。
しかし設備的にも美観的にも価値は十分にあるのでご安心を!

【入園料】15歳以上400円・小中学生200円
【駐車場】1回 500円


DSC_0017.jpg DSC_0014.jpg
DSC_0007.jpg DSC_0019.jpg

噴水広場のある宮殿を模した本園では、レストハウスから芝生広場に向かって、
メインフォールの滝、カスケードの流れ、キャナルのリズミカルな小噴水、
そして天高く噴き上がるダイナミックな大噴水と続き、まるで海へ注ぎ込む
ような水の流れは、離宮公園のテーマの一翼を担っています。
鮮やかな緑の芝生と真っ青な空と海、広場をとりまく濃緑と色とりどりの花々
に加え、夜間の噴水ライトアップ等が季節ごとの表情を作り出します。

【夜間ライトアップ日】4月29日~8月31日の土・日・祝日
【開園時間】9~17時 ※ライトアップ日は9~20時まで


DSC_0013.jpg DSC_0015.jpg

旧離宮の由緒ある歴史にちなみ、整形式庭園には王侯貴族のバラ園があります。
バラ園は噴水を中心軸にして、東西に対称形にほぼ同じ品種が植栽されており、
プリンセス・ミチコ、ダイアナ・プリンセス・オヴ・ウェールズ、プリンセス・
ドゥ・モナコなど、皇族や王族、芸術家などの名を冠した品種コレクションは、
貴人たちの人生に思いを馳せることができます。 春と秋には180種4,000株の
バラが開花し、色鮮やかな花色と豊かな香りを楽しめます!


DSC_0022.jpg DSC_0049.jpg
DSC_0050.jpg DSC_0053.jpg

子供が遊べる場所として、アスレチックと児童遊園があります。
本園内の子供の森エリアにあるのは、本格的なフィールドアスレチック!

この子供の森冒険コースは、緑豊かな中で体力作りをしながら、
森林や自然の雰囲気を肌で体感できるアスレチックです。
国際海洋都市・神戸らしく、海洋冒険物語の「宝島」がテーマで、
須磨海岸が一望できる須磨離宮公園の中心部の小高い森の中に、
距離約500m、木製遊具のポイント28基、所要時間40~50分のコースがあり
料金は別途不要なので、何回でも気の済むまで思い存分楽しめます!


DSC_0072.jpg DSC_0054.jpg
DSC_0067.jpg DSC_0068.jpg

対象は小学生以上ですが、大人でもいい汗をかきながら楽しめる
ポイントが盛りだくさんです。運動靴は必須ですね。


DSC_0063.jpg DSC_0073.jpg
DSC_0078.jpg DSC_0080.jpg

船出をして様々な試練や敵を乗り越えて、でも海賊につかまって、
宝さがしに出発して・・・と、ストーリーにちなんだ各遊具ポイントを
ひとつひとつクリアして行きます。


DSC_0081.jpg DSC_0082.jpg
DSC_0083.jpg DSC_0090.jpg

ついに宝箱を発見!! でも宝箱の中は空っぽ・・・
最後に、残った力を振り絞って、お宝を引っ張り上げてついにゴール!!
ってな感じになっています。
コースレイアウトは、スタートとゴールが近く一巡する形なので、
うちの子は3回もコースを廻ってアスレチックをやってました(笑)


DSC_0029.jpg DSC_0028.jpg

児童遊園では、スリル満点のジャンボ滑り台をはじめ
幼児でも楽しめるような遊具が何種類か設置されていました。

特にこのジャンボ滑り台は、途中が少し平らな2段階式になっていて
上から勢いよく滑り下りてくると、ここでお尻が浮くほど飛びます!
これがメッチャ怖いというか楽しいというか… 子供達は大喜び!


DSC_0026.jpg DSC_0025.jpg
DSC_0023.jpg DSC_0024.jpg

その他には、ブランコや飛行機の形をしたジャングルジムに砂場など、
他の公園でもよく見かけるような定番の遊具となっています。


DSC_0032.jpg DSC_0034.jpg
DSC_0035.jpg DSC_0044.jpg

本園エリアから連絡橋でつながる植物園エリアでは、
300種以上の樹木や草花が植えられていて、花の庭園や和庭園、
ぼたん・梅・あじさい園、もみじ道に鑑賞温室など見どころがあり
こちらも別途料金不要で自由に見学することができます!

約1300m2のこぢんまりした花の庭園は、シンメトリーな空間に
トピアリーを配置させた落ち着きのあるイタリア整形式の洋風庭園で、
バラやいろいろな宿根草・ハーブ・一年草の草花を用い、泉や壁泉、
そして芝生が調和した空間で、プライベートガーデンのようです。


DSC_0046.jpg DSC_0039.jpg
DSC_0040.jpg DSC_0043.jpg

約500m2の観賞温室では、一足早い季節が楽しめる花々を展示しています。
グリーンと生活の関わりを提案したり、和みの空間を演出するなど、
年に4~5回テーマに沿った模様替えをしています。また3月と11月の年2回、
ランの愛好家から約200点の出展をいただき、洋らん展を開催しています。


DSC_0045.jpg DSC_0047.jpg
DSC_0037.jpg DSC_0038.jpg

この植物園内にも、少しだけですが遊具と広場がありました。
その他にもちょっとした滝があったり、和庭園があったりと、
なんかゆっくり散歩していて癒される空間でしたね。
もう少し休憩用のベンチがあれば良かったのにな~と思いました!


DSC_0021.jpg DSC_0092.jpg
DSC_0003.jpg DSC_0002.jpg

広い公園内には、その他にもレストハウスやおべんとう広場、
海を望む潮見台や中門広場などの施設もあり、公園を全て見て廻って
ゆったり半日程度は十分に楽しめます。特にライトアップ実施日は、
美しいイルミネーションも一緒に楽しみましょう!



ここがオススメ!

 大噴水がある欧風庭園に、たくさんの花や緑が美しく癒される!

 子供が楽しく遊べるアスレチックコースや遊具類が充実!


ここはイマイチ!

× 市立の公園ですが入園は有料制です。基本的に17時で閉園します



☆ 神戸市立須磨離宮公園 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸市立須磨離宮公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


須磨浦山上遊園

展望台・夜景・風景
11 /30 2013
DSC_0659_201311301650578a6.jpg DSC_0720_201311301650584ed.jpg

神戸市須磨区にある須磨浦山上遊園へ行って来ました!

ここは、山と海と空に囲まれた海抜246mの鉢伏山から旗振山にかけて
山頂一帯に広がる須磨浦公園内の植物園・遊園地を含む緑ゆたかな公園です。
園内は四季折々に花が咲き、展望台からは洋々と広がる海や明石海峡大橋、
神戸の街並みを一望することができます。


DSC_0626_20131130202151224.jpg DSC_0648.jpg
DSC_0651_20131130202439413.jpg DSC_0654.jpg

まずは、山陽電車・須磨浦公園駅に接続した須磨浦ロープウェイで
山上方面へと登って行きます。ゴンドラは30人乗りで白いゴンドラが「うみひこ」、
赤いゴンドラが「やまひこ」の呼び名です。標高差180.51m、所要時間3分15秒で
窓からは海・山・空と神戸の街並みを見渡すことが出来て天気が良ければ爽快~!


DSC_0660.jpg DSC_0656_20131130212803a51.jpg

ロープウェイ山上駅とカーレーター駅の間にある東部展望台からの眺望です。
東は神戸市街、目の前には須磨海づり公園、西は明石海峡大橋が見えました。


DSC_0671.jpg DSC_0661.jpg
DSC_0670.jpg DSC_0666_2013113021373375d.jpg

続いては、カーレーターという山の斜面をベルトコンベアで人を運ぶゴンドラで
回転展望閣まで登って行きます。とにかく乗り心地の悪さで評判らしいですね(笑)
全長は91mあって、振動が凄いし乗っててなんか楽しかったです。


DSC_0672_2013113021482133b.jpg DSC_0674.jpg
DSC_0677_20131130214819118.jpg DSC_0680.jpg

回転展望閣の屋上展望台からの眺めは絶景! 神戸市街・大阪湾・関西空港、
神戸空港・明石海峡大橋など360度のパノラマ眺望が楽しめます。

須磨浦山上遊園と各乗り物の営業時間は、夏18時・春秋17時半・冬17時まで、
21時までのナイター営業は、8月の土日と盆休みと4月の一部土日のみしかなく
これだけ抜群の景色で夜景もさぞかし美しいと思いますが、ちょっと残念!


DSC_0683_201311302150053fe.jpg DSC_0682_20131130215154c52.jpg
DSC_0687.jpg DSC_0686_20131130215002189.jpg

また回転展望閣の3階では、ターンテーブルにより床が360度・所要約45分で
ゆっくりと回転していて、喫茶店で景色を見ながらお茶や軽食が楽しめます。
展望閣の3階喫茶「コスモス」の入場料は、大人100円・小人50円です。

2階はゲームコーナーになっていて、30年前に大流行のスペースインベーダーや
UFOキャッチャー・エアホッケーなど家族で楽しめるゲームも置いてありました。


DSC_0691.jpg DSC_0696.jpg
DSC_0760_2013113022090418d.jpg DSC_0755_20131130220829514.jpg

そして観光リフトは、回転展望閣(鉢伏山)と山上遊園(旗振山)を結んでいて
駅名の「せっつ」と「はりま」は旧国名から採っています。
両停留所を渡す橋を「両国橋」といい、その下は境川です。地上から高さ2m・
全長268mを秒速1mの約4分15秒かけてゆっくりとした速度で動くリフトに
乗っていると、まるで空中散歩をしている気分になります!


DSC_0730_20131130221947ca4.jpg DSC_0698.jpg
DSC_0706.jpg DSC_0707_201311302218403cd.jpg

観光リフトで「はりま」駅まで来ると、ようやく山上遊園エリアに到着です。

まず目に飛び込んで来るのはサイクルモノレール!
地上3~8mの高さに設置されたレールの上を2人乗り自転車で景色を眺めながら
自分のペースでペダルをこいで進みます。 ※料金は1人200円で現金払い


DSC_0731_20131130223209d1e.jpg DSC_0717_20131130223213485.jpg
DSC_0714.jpg DSC_0715_20131130223210e4d.jpg

そして次はミニカーランド! F1・アンパンマン・ドキンちゃん・キティちゃんの
ミニカー(バッテリーカー)と小さめの周回コースがあって自由に走れます!
※料金は1回200円で、ミニカーのコインBOXに直接投入

以上が須磨浦山上遊園にある有料アトラクション全てとなります・・・
えっ!? こんだけ?? 正直ビックリしましたね・・・
遊園地やと思って行ったら駄目です! 山上にある眺めの良い公園ですここは!(笑)


DSC_0733.jpg DSC_0736.jpg
DSC_0738.jpg DSC_0751_2013113022465829f.jpg

有料アトラクション以外には、海や港に関係した様々な遊具が設置されている
チビッコ広場があり、ここでは公園の遊具と同じで無料で遊ぶことが可能です。
場所が山の斜面なので、走り廻ったりすると少し危険なのでその辺はご注意を。


DSC_0718_201311302243338f6.jpg DSC_0719.jpg

日時計と青葉の笛広場という直径約17メートルのウッドデッキは、
兵庫産檜を使用し、素足にやさしく「日時計」と須磨にゆかりのある平敦盛に
ちなんだ「青葉の笛」の唱歌が流れます。こちらにも少し遊具がありました。


DSC_0739.jpg DSC_0742.jpg
DSC_0746_20131130225516a66.jpg DSC_0741_20131130225514ba6.jpg

ふんすいランドでは、噴水池を中心にイベントステージ・鳴滝ひろば・パラボラベンチ・
伝声管のほか、売店やバーベキューテラスなどがあります。
定期的に噴水し、階段部分にも水が流れていてちょっとした水遊びも可能です。
バーベキューテラスでは、手ぶらや食材持ち込みのバーベキューが楽しめます。
コースや料金面についてはこちらから


DSC_0650.jpg DSC_0689.jpg
DSC_0722_201311302102582ed.jpg DSC_0765.jpg

通常、山上遊園へは須磨浦ロープウェイ・カーレーター・観光リフトを乗り継いで
行くのですが、もし体力に自信があるか、ハイキング目的なら六甲全山縦走路という
周遊登山道も整備されているので歩いて行く方法もあります!

山上遊園への入園料は無料ですが、乗り物はそれぞれ以下の料金が必要です。
【ロープウェイ】 大人:片道350円・往復700円、小人:片道180円・往復350円
【カーレーター】 大人・小人ともに:片道200円・往復300円
【観光リフト】 大人・小人ともに:片道300円・往復600円

※ロープウェイ・カーレーター・展望閣・観光リフトの全て利用する方は、
150円お得な往復割引回遊券が販売されているのでそちらを購入しましょう。

また須磨浦公園駅周辺には、須磨海づり公園や須磨浦公園もあって
駐車場も共通なので、時間があればセットでおでかけするのもお勧めです!



ここがオススメ!

 山上からの眺めは抜群! 神戸市街や明石海峡大橋が見渡せる!

 ロープウェイ・カーレーター・観光リフトに乗るのがメインです

 バーベキューテラスがあって手ぶらバーベキューも楽しめる!


ここはイマイチ!

× 山上遊園という名がついてますが決して遊園地ではありません…

× 入園無料ですが、山上まで往復の乗り物にお金がかかります

× 夜景を楽しみたいがナイター営業は8月の休日と4月の一部だけ



☆ 須磨浦山上遊園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 須磨浦山上遊園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 須磨浦公園ホームページ
→ 須磨海づり公園ホームページ
→ 関西おでかけナビ 須磨浦公園
→ 関西おでかけナビ 須磨海づり公園

須磨浦公園

公園(兵庫)
11 /30 2013
DSC_0625_2013113014333498c.jpg

神戸市須磨区にある須磨浦公園へ行って来ました!

ここは、昭和10年に開園した神戸市営の公園で、
神戸市の鉢伏山・鉄拐山山麓の斜面や海岸沿いの松原から形成された
景勝地は、歴史的には源平の古戦場、一ノ谷の戦いの地としても知られ、
神戸市指定有形文化財の「敦盛塚」などの史跡があります。
また、与謝蕪村、松尾芭蕉、正岡子規、高浜虚子などの句碑も園内に設置され
サクラの名所として神戸市の「花の名所50選」にも選ばれています。


DSC_0627_20131130144622102.jpg DSC_0631_2013113014462589c.jpg
DSC_0644.jpg DSC_0629.jpg

須磨浦公園は山の麓と海岸沿いにあり横長の形状になっており、高低差があまりなく
歩きやすいです。主な景観構成としてクロマツとソメイヨシノが植栽されています。


DSC_0636.jpg DSC_0630.jpg
DSC_0635_20131130153501ef5.jpg DSC_0638_20131130153459404.jpg

子供の遊具広場には、海沿いの公園らしく船をモチーフにした遊具と、
滑り台とブランコに砂場と、何処にでもあるような遊具が設置されています。
対象は幼児くらいで、種類も少なく小学生以上にはたぶん物足りないでしょう。


DSC_0641.jpg DSC_0643_2013113015051271e.jpg

遊具広場の近くに「二の谷ロックガーデン」との立て看板がある岩場が
ありましたが、夏場とかには水が流れていて水遊びとか出来るのかな!? 
ちょっと何をする所なのか不明でしたが、なんか岩がゴツゴツ危険な感じが
するのか、誰も中へ立ち入って遊んではいませんでした… 

また、須磨浦公園とその周辺は、源平一ノ谷合戦場としても知られていて
園内の一角には、神戸市指定有形文化財でもある「敦盛塚」も見られ、
そのほかにもあちこちに記念碑や解説版があります。


DSC_0645_20131130150532843.jpg DSC_0626.jpg
DSCN2943.jpg DSC_0767.jpg

アクセス面は、山陽電車の須磨浦公園駅を降りるとすぐ目の前が公園の入口で、
乗換のロープウェイで山上へ昇ると須磨浦山上遊園に行くことが出来ます。
また国道2号線を挟んで目の前の海岸一帯は須磨海づり公園となっています。
この3施設共用の駐車場も駅前にあるので、電車・車どちらでも便利です!

須磨浦山上遊園についての記事はこちらから
須磨海づり公園についての記事はこちらから

須磨浦公園だけなら子供の遊べる遊具が少なく所要時間30分くらいなんで、
山上遊園や海づり公園へのおでかけのついでに寄ってみるといいと思いますね。



ここがオススメ!

 須磨浦公園駅の目の前が公園! 駐車場もあって便利です!

 山上遊園や海釣り公園へのおでかけとセットでどうぞ~


ここはイマイチ!

× 幼児向け遊具が少しあるけど、ここだけでは時間もたないでしょう



☆ 須磨浦公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 須磨浦公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 須磨浦山上遊園ホームページ
→ 須磨海づり公園ホームページ
→ 関西おでかけナビ 須磨浦山上遊園
→ 関西おでかけナビ 須磨海づり公園


こべっこランド (神戸市総合児童センター)

児童館
06 /29 2013
DSCN4855.jpg

神戸市中央区にある神戸市総合児童センター こべっこランドへ行って来ました!
ここは、様々な体験型の講座・イベントの実施や、発達がゆっくりな子どもへの
療育支援を通して、子どもたちが遊び・学び、心身ともに健やかに育つための
サポート、健全な遊び場の提供、交流機会づくりなどが目的で設立された
地上8階建の大型児童センターとなっています。なんと入館料は無料!!


DSCN4897.jpg DSCN4896.jpg

1~3階には児童に応じた個別指導や相談などを行う神戸市こども家庭センター
(神戸市児童相談所)が併設され、子どもの福祉向上を目的にしています。
こべっこランドは4~8階部分になっていて、エレベーターで各フロアに
上がって行きます。それでは館内の主な遊び場を紹介していきましょう。


DSCN4867.jpg DSCN4866.jpg
DSCN4872.jpg DSCN4863.jpg

5階のプレイルームでは、空中トンネルやゴンドラ、ローラーすべり台などの
大型遊具や、乳児向けのおもちゃなども設置しています。
スペース的に遊具の種類はそんなに多くはなく、休日はかなり混み合いますが
室内なので天候を気にせずに思いっきり遊ぶことが出来ますね。


DSCN4870.jpg DSCN4874.jpg
DSCN4879.jpg DSCN4875.jpg

同じく5階にあるコンピュータープレイルームと図書コーナーでは、
パソコンを使ってゲームやお絵かきを楽しんだり、絵本や児童書、
子育て関連の情報誌などをゆったりと自由に楽しめるスペースになっており、
ボランティアによる絵本の読み聞かせやパネルシアターや紙芝居、
毎週日曜日には、季節に応じたおりがみを折るイベントも開催されています。


DSCN4882.jpg DSCN4886.jpg
DSCN4892.jpg DSCN4902.jpg

6階の音楽スタジオでは、ドラムセットやマリンバ、エレクトーンなど
自由に楽器をならして体験することができるスペースになっています。
いろいろな本物の楽器にふれて、音や音楽を楽しめます。


DSCN4898.jpg DSCN4905.jpg

その他6階では、子どもも安心して利用できるアップダウン式の調理台がある
料理教室でおやつ・パン作りや簡単クッキングにチャレンジしたり、
造形スタジオで紙やいろいろな材料を使ってアイデアいっぱいの作品づくりが
楽したりと、作って体験するフロアとなっています。

7階には、音楽会、映画会、人形劇などいろいろな催しができる多目的ホールの
こべっこホールがあり、定期的にイベントを開催しています。


DSCN4908.jpg DSCN4911.jpg
DSCN4913.jpg DSCN4910.jpg

8階には、小学生を対象にしたトレーニング室があって
ボードトレーナーなどを使って、楽しみながら体力テストやトレーニングが
できるスペースになっています。

その他、11時~15時まで開放している「おべんとうひろば」では、
畳の上で、海や空を眺めながらくつろげるスペースになっていて、
お弁当を持ちこんで食べることが出来ます。飲料自販機も設置されていました。


ハーバーランド内にあるこべっこランドは、JR神戸駅から徒歩5分ほどで
アクセスが良く、周辺には様々な商業施設があるのでおでかけに便利です。
敷地内に駐車場はありませんが、近隣には有料駐車場が複数あります。

屋内型施設なんで天候や気温に関係なくいつでも楽しめますし、
なんといっても入館料が無料なのは嬉しいですね!



ここがオススメ!

 無料で遊べる屋内型施設! 雨の日のおでかけにも最適!

 館内には様々な遊び場があって、半日程度は充分楽しめます!

 ハーバーランド内に立地し周辺にも商業施設がたくさんあり!


ここはイマイチ!

× 各フロアともスペースが狭いので、休日はかなり混み合います

× 専用駐車場がなく、近隣駐車場の料金相場も高めですね



☆ 神戸市総合児童センター・こべっこランド ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ こべっこランド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


神戸市立青少年科学館

科学館
03 /10 2013
DSCN3597.jpg

神戸市ポートアイランドにある神戸市立青少年科学館へ行って来ました!

ここは、1981年開催の神戸ポートアイランド博覧会で出展された
「神戸館」と「神戸プラネタリウムシアター」を会期終了後に増改築し
展示物を整備して1984年に開館した天文科学館です。

館内は6つの展示室とプラネタリウム・天体観測室から構成されていて
各展示室は「力としくみの科学、物質とエネルギーの科学」「情報の科学」
「環境の科学」「都市の科学」「生命の科学」「創造性の科学」からなり
身近な科学のふしぎを楽しく探って様々な科学の現象を見て触れて
体験できる施設となっています。


DSCN3609.jpg DSCN3605.jpg
DSCN3614.jpg DSCN3657.jpg

それでは各フロアを順番にご紹介していきましょう。

第1展示室の「力としくみの科学」では、モノに働く力の仕組みを、
「物質とエネルギーの科学」では、様々なエネルギーを分かりやすく解説!
身体を使い体験を通して楽しく学べるフロアとなっています。

DSCN3611.jpg DSCN3610.jpg
DSCN3608.jpg DSCN3604.jpg

主な展示内容は、飛行機・自動車・新幹線やロボットの動く仕組みや
空気ロケット、ケミカルワークショップなどがありました。
ボタンやレバー・ハンドルを色々触って体験出来るので子供は喜びますね!


DSCN3622.jpg DSCN3627.jpg

第2展示室の「情報の科学」は、情報について理解出来るフロアで
人気のロボットがお話したり歌を歌いながら似顔絵を描いたりしてくれます。

DSCN3626.jpg DSCN3631.jpg
DSCN3625.jpg DSCN3638.jpg

主な展示内容は、ロボット神ちゃん・パラボラアンテナ・ライントレーサー
光ファイバーや電話の仕組み、視覚聴覚に関したものなどがありました。
こちらも触って体験するものが多く楽しめると思いますよ。


DSCN3655.jpg DSCN3656.jpg
DSCN3652.jpg DSCN3650.jpg

鉄道模型コーナーもありました。プラレールとは違いリアルです!
日本とドイツのパノラマ鉄道は、ボタンで実際に車両を走らせる事が可能!
乗り物好きなうちの子は興味深々で操作していました。


DSCN3645.jpg DSCN3648.jpg
DSCN3640.jpg DSCN3644.jpg

第3展示室は、私達が住む地球について考える「環境の科学」フロアで、
地球の誕生や太陽系の惑星について紹介しています。
主な展示内容は、大地球儀、振り子、気圏・水圏・地圏、自然環境などです。


DSCN3683.jpg DSCN3678.jpg
DSCN3679.jpg DSCN3681.jpg

第4展示室は、都市について色々な角度から見ていく「都市の科学」フロアで
主な展示内容は、神戸のまち、ポートライナー運転体験、自然災害シアター
人力発電、天然ガスなどについてとなっています。

DSCN3674.jpg DSCN3676.jpg

ここでは2つの人気アトラクションがあります。
月面でのジャンプを疑似体験して月と地球の違いを感じることが出来たり、
TVミニスタジオでは、クロマキーという映像技術を使い合成映像を体験出来ます。
バイクに乗っていろんな場所へ旅に出たり、魔法の布を使って姿を消したり、
様々な映像が楽しめます。アトラクションは1日3~4回しかやってないので
事前にタイムスケジュールをチェックしておきましょう!


DSCN3684.jpg DSCN3686.jpg
DSCN3687.jpg DSCN3685.jpg

また展示室ではないですが、通路にはクラシックカメラの展示がありました。
昔の珍しいカメラがたくさんあって好きな人は見応えあると思いますよ!?


DSCN3692.jpg DSCN3693.jpg
DSCN3694.jpg DSCN3696.jpg

第5展示室は、生命のすばらしさを理解する「生命の科学」フロアで
からだの中を通っていく人体トンネルや体力診断テストなどがありました。
人体トンネルは胃や腸の模型の中をくぐって行くのですが、
ちょっと生々しくリアルで少し気持ち悪かったですね(笑)

DSCN3699.jpg DSCN3698.jpg

体力診断テストでは、反復横跳び・垂直跳び・立位体前屈・握力
踏み台昇降運動の5つの種目を測定してくれます。(1日2回開催)
その他にも血圧測定機、電子顕微鏡室やキッズラボなどがありました。


DSCN3664.jpg DSCN3663.jpg
DSCN3669.jpg DSCN3662.jpg

第6展示室は、遊びを通して科学の不思議にふれる「創造性の科学」フロアで
おもちゃ感覚で遊べる様々な展示物がありました。
ハンググライダーに乗って、目の前に広がる迫力満点の映像で空の旅を楽しむ
アトラクションや、おもしろ実験広場も人気です。

DSCN3659.jpg DSCN3668.jpg

なんと幼児向けの遊具コーナー「あそびのひろば」もあります!
ほんとに広くて子供が触って楽しめる展示物が多く、しかも遊具広場もあって
暑い日や寒い日、雨の日のおでかけに迷ったら、この科学館はお勧めです!


DSCN3618.jpg DSCN3619.jpg

最後に、神戸で唯一の大型プラネタリウムは、星空を生解説しており
一般番組、こども番組、特別番組などオリジナル番組で投映しています。
土日祝は最終19時開始と遅くまでやっているので嬉しいですね。
番組内容は時期により変わりますので、詳しくは公式HPで確認下さい。
天体観測室では、日本最大級の25cm屈折望遠鏡で1日2回太陽の黒点と
プロミネンスを観察することが出来ます(雨・曇天時は中止)

私達は京阪神を中心に色々とおでかけをしていて科学館も8ヶ所目ですが、
ここの科学館が一番良かったです! とにかく広くて展示物が多い!
閉館時間は平日こそ16時半までと早いですが、土日祝は19時までなので
夕方の空いた頃からゆっくりと展示を廻ることも可能です。

入館料は、大人600円・小人300円
プラネタリウムセットで、大人1000円・小人500円
(※15時30分以降は割引になり、大人700円・小人350円)

アクセスは、ポートライナーの「南公園(IKEA前)駅」から徒歩約3分、
車の場合は敷地内に専用駐車場が無いので、近隣のコインパーキングに
止めるしかなく、この点はマイナスポイントですかね!?



ここがオススメ!

 触れて体験出来る展示物が多い! 子供はきっと喜びます!

 土日祝は19時まで! ぜひプラネタリウムとセットでどうぞ!

 屋内施設なので、雨の日・寒い日・暑い日でも快適に遊べます!


ここはイマイチ!

× 駐車場がありません… 近隣のコインパーキングを探しましょう

 アトラクションなどイベント類は1日数回しかやってません



☆ 神戸市立青少年科学館 ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸市立青少年科学館 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


キリンビアパーク神戸

工場見学
12 /09 2012
DSCN3229.jpg DSCN3228.jpg

神戸市北区にあるキリンビアパーク神戸へ行って来ました!

ここはキリンビールのいわゆる工場見学スポットになっていて、
豊かな緑に囲まれたキリンビアパーク神戸では、ビールの原料をはじめ、
仕込工程、パッケージング工程など、ビール・発泡酒の製造方法や歴史を、
ツアーガイドの案内で工場内を巡って学んでいきます。

また、キリンビアパーク神戸では環境への取り組みにも力を入れ、
野性の動植物たちの一時的な避難場所となる「ビオトープ」を作っています。
カワバタモロコなど絶滅危惧種の保護・育成に取り組み、環境学習会や
ビオトープ観察会なども随時開催しています。


DSCN3170.jpg DSCN3224.jpg
DSCN3172.jpg DSCN3174.jpg

受付を済ませて2階へ上がると、大きな仕込釜が目立つ待合ロビーがあり、
天井に巨大な一番搾りロゴがある展示コーナーでは、キリンビールの歴史や
ご当地ビールの紹介、トリックアートなど見どころがたくさんありました。


DSCN3176.jpg DSCN3183.jpg
DSCN3179.jpg DSCN3182.jpg

それでは、工場見学ブルワリーツアーについてご紹介します。
見学所要時間は約60分(製造工程の案内40分・試飲20分)で、
1日6回ツアーが行われています。全て事前予約制になっているので
インターネットか電話で予約しておきましょう。
インターネット予約はこちらから

最初に、環境にも配慮した最新設備を誇る神戸工場について説明があり、
こだわりのビールが出来るまでの製造工程を順番に学んでいきます。
原料となっている麦やホップは実際に手に取って触ることも出来ますよ。


DSCN3187.jpg DSCN3185.jpg
DSCN3188.jpg DSCN3198.jpg

仕込み・発酵・貯蔵の工程は、マルチ画面のビアシアターにて
映像での説明を受けます。貯蔵タンクの大きさを体験出来る模型や
ラベルの歴史などの展示コーナーもありました。


DSCN3189.jpg DSCN3197.jpg
DSCN3195.jpg DSCN3206.jpg

私達が訪れたのは土曜日で、製造ラインは完全に止まっていました…
実際の製造シーンを見ることは出来ませんでしたが、なかなかの規模ですね~
他の工場見学では、製造ラインのカメラ撮影は機密等の関係でNGの所が
ほとんどですが、ここではカメラ撮影の規制なく大丈夫でした~!


DSCN3204.jpg DSCN3208.jpg
DSCN3207.jpg DSCN3209.jpg

缶・ビン・樽詰め・出荷の工程をスクリーン映像で見たあとに、
昔より軽くなったビール瓶や缶の省資源化などキリンビールの取り組みや
新製品などの説明を受けて、一通りの見学ツアーは終了です。


DSCN3212.jpg DSCN3217.jpg
DSCN3218.jpg DSCN3216.jpg

そして最後には、みなさんお待ちかねの出来たてビールの試飲!!
試飲時間は20分で、ラガービール、一番搾りの樽詰め生をはじめ
ノンアルコールのキリンフリー、キリンレモンなどのソフトドリンク類が
1人3杯まで楽しめます。しかも1人に1つおつまみ付き!

一番搾り・・・ほんまめちゃ旨い!! これが私の素直な感想(笑)


DSCN3219.jpg DSCN3220.jpg

試飲だけじゃ物足りない方や、お腹が減っている方も大丈夫!

隣接する「丘の上のビアレストラン」では、
樽生ビールにぴったりな地元食材を利用した味わいグルメが楽しめます。
キッズメニューやバイキング付きのランチメニューもありました。
工場見学の後は、ここでゆっくりとくつろぐことが出来ますよ。


DSCN3169.jpg DSCN3222.jpg

おみやげコーナーでは、キリンラガービールのオリジナルグッズをはじめ
工場限定のおみやげ物が数多く揃っています。見てるだけでも楽しいです。


DSCN3230.jpg DSCN3226.jpg

アクセス方法について、自家用車の場合は神戸三田ICから約4分となります。
電車で行く場合は、最寄駅の三田駅から無料送迎バスが出ているので便利です。
1時間~1時間半に1本の運行なので、乗り遅れには注意しましょう。

日本初の缶型バスである「ラガーバス」は、なんかテンションあがりますね!
これからビール工場でおいしいビール飲むでぇ~って気分になります(笑)



ここがオススメ!

 キリンビールの製造工程や歴史を学び、ビールも試飲出来る!

 ビアレストランがあって工場見学の後はゆっくりくつろげる!

 三田駅と工場を無料のラガーバスが往復送迎していて便利!


ここはイマイチ!

× 土日祝は製造ラインが止まっており、映像での工程案内です



☆ キリンビアパーク神戸 ☆

アクセス・詳しい見学案内は、以下のホームページでご確認下さい。
→ キリンビアパーク神戸 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


須磨海づり公園

魚釣り
11 /13 2012
DSCN2986.jpg DSCN2965.jpg

神戸市須磨区にある神戸市立須磨海づり公園へ行って来ました!

ここは、1976年に日本初の公立釣り公園として開園して以来、
一年を通して多くの釣り人で賑わう西日本屈指の人気釣り場で、
施設全体が大きな漁礁になっています。

この釣り場の特長は、何と言っても潮通しの良さにあり、
急潮流で名高い明石海峡に隣接していて秋には青物の回遊も頻繁です。
沖合いに突き出た釣台からは船釣り感覚で釣りを楽しめます!

投げ釣りではシロギスやカレイの他、カサゴやアイナメ、ソイ、クロダイが狙え、
サビキ釣りでは、アジやサバ、イワシの他、ツバスやメバルも狙えます。
それ以外にも橋脚沿いの落とし込み釣りや、シラサエビを用いたウキの流し釣りが
人気があり、様々な魚種をお好みの釣りスタイルで楽しむことが可能です。


DSCN2978.jpg DSCN2979.jpg
DSCN2973.jpg DSCN2954.jpg

金属製の固定釣り桟橋が沖へと伸びている釣り場は、
第1釣り台と呼ばれる240mからなる渡り桟橋の一部と、
第2釣り台と呼ばれる400m沖に位置するコの字型桟橋(100m×3)からの
竿出しがメインとなっており、水深は渡り桟橋の第1釣り台で約6m、
最も沖合に出ている第2釣り台で約15メートルとなっています。


DSCN2961.jpg DSCN2966.jpg
DSCN2953.jpg DSCN2955.jpg

その他の釣り座としては、第2釣り台に隣接する第3釣り台(長さ約100m)と
第4釣り台(マダイ専用釣り堀で別料金)があります。
こちらの釣り台エリアには一部約80センチの柵が設置してあるので、
子連れでも安心して釣りを楽しむことが出来ます。

マダイの釣り堀では、釣り料や貸竿・仕掛け・エサの料金が無料となっており
気軽に大物釣りの醍醐味が味わえます! マダイのサイズは約1.0~1.2kgです。
但し、釣り上げたマダイは1尾1,800円程度でお買い上げになるので注意(笑)


DSCN2991.jpg DSCN2980.jpg

少し気になったのが、釣り場が金網状になっているので
エサ付けなどで竿を上げている時に釣針がここへ引っ掛かってしまう点が
マイナスポイントかな!? ほんとよく引っ掛かって難儀しました…


DSCN2964.jpg DSCN2967.jpg
DSCN2968.jpg DSCN2969.jpg

第2釣り台にある管理棟にある売店では、各種釣具・エサの販売、貸竿(500円~)も
あるので手ぶらで行っても大丈夫! 軽食堂や・自販機・トイレも完備されており
この辺の設備充実度は、有料釣り施設の良いところですね。


DSCN2962.jpg DSCN2959.jpg
DSCN3002.jpg DSCN3004.jpg

沖合にある釣り場からの景色もなかなかです!
明石海峡大橋や淡路島、対岸にある神戸の街並みも広く見渡せます。
また、照明設備があるので夏場などは20時まで夜釣りが楽しめます!


DSCN2941.jpg DSCN2944.jpg
DSCN2947.jpg DSCN2945.jpg

料金面は、釣り料が4時間まで、大人(16歳以上)1,200円・小人(6~15歳)700円
4時間以上の割増料金は、1時間あたり大人300円・小人170円となっています。
※釣りをしない人(見学のみ)の入園料は、大人200円・小人100円です。

家族みんなで釣りを楽しむとなると料金が高くつくと思いますが、
売店やトイレなど設備が整っていてしかも安全に釣りを楽しめるので
まぁこの料金設定は仕方ないでしょう…
子供用のライフジャケットの無料貸し出しもやっているので安心ですね!

営業時間は、朝6時~夜20時の間で時期により閉園時間が変わるので、
詳しくは公式ホームページでご確認下さい。

アクセス面は、阪神・山陽電車の須磨浦公園駅下車すぐのところにあり
電車でもすぐ行ける釣り場としてとても便利ですし、
車の場合も、釣り場の向かいにある須磨浦公園の駐車場が利用できます。
駐車料は最初の1時間:400円、以後1時間毎:200円です。



ここがオススメ!

 沖合に突き出した独特の釣り場で、施設全体が大きな漁礁です!

 季節により様々な魚種が釣れる! 釣り方もいろいろ楽しめる!

 手ぶらでも大丈夫! 売店や自販機・トイレなど設備面が充実!


ここはイマイチ!

× やはり料金が少し高いですね。 4時間超えるとさらに割増料加算

× 釣り場の足元が金網状になっていて、釣り針がよく引っ掛かります



☆ 神戸市立須磨海づり公園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は以下のホームページでご確認ください
→ 神戸市立須磨・平磯海づり公園ホームページ
→ 須磨海づり公園 最新釣果情報
→ 海釣り公園.com 須磨海づり公園ページ
→ Google Mapで場所を確認する

せっかくなんで釣りのついでに須磨浦公園で遊んで行くのもいいですね。
駐車場前にあるロープウェイで登れば山上遊園地もありますよ~ ぜひ!
→ 須磨浦公園の詳細はこちらから
→ 須磨山上遊園の詳細はこちらから


六甲山牧場

動物園・牧場
11 /03 2012
DSCN2845.jpg DSCN2846.jpg

神戸市灘区にある神戸市立六甲山牧場へ行って来ました!

ここは、人と動物と自然とのふれあいをテーマにした六甲山上の高原牧場で、
総面積126ヘクタールの内、23ヘクタールを観光用に一般開放しています。
赤レンガのサイロが立つ放牧場で、羊がのんびり草をはむ牧歌的な光景は
スイスの山岳酪農を連想させ、ウシ・ウマ・ポニー・ヒツジ・ヤギ・などの
動物たちと直接触れ合えることが出来て、子供は大喜び間違いなしです。

牧場への入口は南北に2つのゲートがあり、それぞれ駐車場もあります。
今回私達は北ゲートから入場したので、北から順にご紹介していきましょう。


DSCN2842.jpg DSCN2848.jpg
DSCN2851.jpg DSCN2860.jpg

北駐車場付近には、まずバーベキューが出来るレストハウスがあって、
レストランや、搾りたての牛乳やおみやげを販売している売店がありました。
ここはゲート外にあるのですが、チケットがあれば再入場が可能なので
自由に行き来して食事を楽しむことが出来るので安心です。

北ゲートから入場するとすぐに、放し飼いのヒツジがお出迎え!
自由に触れ合えることが出来ます。もちろん人慣れしていて噛んだりしません。
あひる池では、アヒルとアイガモがいて、アニマルベンダーで売っている餌を
自由に与えることが出来ます。(餌は1つ100円)


DSCN2858.jpg DSCN2936.jpg
DSCN2855.jpg DSCN2938.jpg

木曽馬舎では、愛想がよくておとなしい雄の木曽馬1頭がいます。
ポニーまたは在来馬の乗馬体験では、引き馬でリンクを一周出来ます。
※ポニーは4歳~小学生対象:1回300円 (午前のみ)
※在来馬は大人まで対象:1回500円 (午後のみ)

ヤギふれあいの丘でも、アニマルベンダーで売っている餌を人懐こいヤギへ
自由に与えることが出来ます。(餌は1つ100円)


DSCN2861.jpg DSCN2863.jpg
DSCN2883.jpg DSCN2882.jpg

その他には、ミニブタ・乳牛・牧羊犬・アンゴラウサギなどの動物がいます。
ここの牛から搾った牛乳は、売店やレストハウスで飲むことが出来ますし、
後で紹介する神戸チーズ作りにも使われているそうです。
私達が行った時には、ブタとホルスタインの赤ちゃんがいてメチャ可愛かった~


DSCN2866.jpg DSCN2872.jpg

広い六甲山牧場には、散策ウォーキングコースも設けられています。

ちょっとした展望スポットになっているポイントが3つあり、
標高694mのグリーンポイント、標高706mのシルバーポイント、
そして一番高いところにある標高722mのゴールデンポイントを目指して、
アップダウンのある坂道をウォーキングしていい汗かきましょう!


DSCN2874.jpg DSCN2875.jpg
DSCN2888.jpg DSCN2890.jpg

標高722mのゴールデンポイントはこんな感じ↑です。
山の斜面を一直線に駆け上がって最短距離で登って行ってもいいし、
距離は長いが整備された歩道をゆっくり時間かけて登ってもよいし、
展望台についた時は達成感がありました。景色もなかなかええ感じ~!


DSCN2925.jpg DSCN2912.jpg
DSCN2929.jpg DSCN2927.jpg

続いて、南ゲート側にある各施設のご紹介です。

六甲山Q・B・Bチーズ館では、チーズの栄養や歴史、豆知識、世界のチーズ料理、
その他様々なチーズ情報をパネルやサンプルを使ってわかりやすく展示して、
チーズを使った料理が楽しめる「レストラン神戸チーズ」も併設されています。

また、乳製品(チーズ・バター・アイスクリーム)や食肉製品(ソーセージ)の
製造体験ができるキッチン、羊毛クラフト(毛糸手紡ぎ・フェルト・マスコット)や
陶芸・竹細工・木工ができる作業体験室などある「まきば夢工房」もありました。
こちらの各体験は基本的に予約制なので、事前に電話予約を入れましょう。


DSCN2932.jpg DSCN2935.jpg
DSCN2934.jpg DSCN2931.jpg

神戸チーズ(カマンベールチーズ)がどのようにして作られるのか?
牧場で搾られた新鮮な牛乳を3週間以上かけて熟成させ製造している
その製造工程を全国で初めて通路から実際に見学することが出来ます。

そして、入場者のほとんど全員が買ってた!?くらい人気やったのが
カマンベールチーズ入りのソフトクリーム。これは美味い! お勧めします!


DSCN2923.jpg DSCN2915.jpg
DSCN2919.jpg DSCN2921.jpg

牧場なのに子供には嬉しい遊具広場も少しだけですがありました!
ちびっこ丸太村という名称で、木製のアスレチック複合遊具がいくつかあり
小学生低学年くらいまでの子供なら楽しく遊べるエリアだと思います。



DSCN2894.jpg DSCN2895.jpg
DSCN2910.jpg DSCN2893.jpg

天候の悪い日以外は、牧場内をヒツジが自由に歩き回っています。
どの子も人慣れしていて、体を触ったりしても大人しいので安心ですね。
但し、フンが牧場のあちこちに散乱していて間違いなく踏むことになります(笑)

羊の追い込みショーでは、ニュージーランドからやって来た牧羊犬「グレン」と、
六甲山牧場生まれの牧羊犬「ルーシー」が羊を柵に追い込んでいく様子が見れます。
土日祝のみ11:30~と13:30~の計2回(雨天・悪天候時中止)


DSCN2892.jpg DSCN2905.jpg
DSCN2901.jpg DSCN2900.jpg

動物ふれあい広場では、ヒツジに餌を与えることが出来ます。
ここにもアニマルベンダーがあり餌が100円で販売されていて、
餌を買った瞬間、ヒツジたちに囲まれておねだりされてエライことに…
うちの子は牧場の中でここが一番楽しかったと言っていました。

ただ檻の中の動物を見て廻る動物園とは違い、動物と直接触れ合えるのは
子供はもちろんのこと大人でも十分に楽しめる牧場施設ですね!


六甲山牧場の入場料は、大人500円・小・中学生200円で、
車の場合は、駐車場料金:1日500円となっています。

公共交通機関でのアクセス方法は、
六甲ケーブル山上駅・摩耶ビューライン星の駅よりシャトルバスのほか、
4~11月の土日祝と夏休み期間は阪急六甲駅より直行バスが出ています。



ここがオススメ!

 放し飼いで自由に歩き回るヒツジやヤギとの触れ合いは楽しい!

 広大な敷地を散策しながらウォーキングが出来ていい汗かきます!

 チーズ工場見学やさまざまな体験イベントを開催しています!


ここはイマイチ!

× 牧場内は動物たちのフンだらけで必ず踏んでしまいます…

× 体験教室やイベントはほとんどが事前予約制になっています



☆ 神戸市立六甲山牧場 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 六甲山牧場 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


須磨海浜水族園

水族館
09 /28 2012
DSCN2378.jpg DSCN2379.jpg

神戸市須磨区にある神戸市立須磨海浜水族園へ行って来ました!

ここは、1957年に神戸市立須磨水族館として開園した歴史ある施設で、
1987年には現在の建物施設が開業し同時に現在の名称になりました。
館内には約600種1万3000点の水生生物を飼育展示していて見どころ満載!

水中トンネルから世界最大級の淡水魚ピラルクが見られる「アマゾン館」、
2009年秋に屋外のふれあい広場にオープンした「アザラシ・ペンギン館」など
8つの展示館が点在しています。その他にもイルカライブ、さかなライブ、
ラッコのエサやり体験など見どころがいっぱいです。


DSCN2380.jpg DSCN2381.jpg
DSCN2383.jpg DSCN2390.jpg

エントランスホール正面には世界初の波の大水槽「Wave Tank」があり、
間口25m/水量1200tの大水槽のなかで、サメやエイ、迫力あるシロワニ、
群れて行動するアジやイワシなどをより自然のままに見せています。


DSCN2391.jpg DSCN2402.jpg
DSCN2410.jpg DSCN2409.jpg

大水槽のある本館には、他にも様々な水槽展示があります。

群れで行動する魚・毒やトゲで身を守る魚・周りの環境に合わせ
カムフラージュする魚・共生する魚などの生きざまを見れる水槽、
色とりどりのサンゴ、カブトガニやオウムガイ、世界最大のカニである
タカアシガニ、ミズクラゲなどの無脊椎動物水槽がありました。


DSCN2417.jpg DSCN2425.jpg
DSCN2420.jpg DSCN2434.jpg

レクチャールームでは、スタッフによるイベントが開催されていて、
水族園や魚について楽しく学ぶことが出来たり、
ヒトデやナマコなど身近な海の生き物を実際に触れるタッチプールや、
屋上広場では、サメの仲間や大きなカメに触れることも出来ます。


DSCN2428.jpg DSCN2427.jpg

同じく屋上広場にあるドクターフィッシュのコーナーでは、
水の中に手を入れた瞬間に大量に魚が張り付いてきて、
古くなった角質をツンツンとついばんで食べてくれます。

子供はもちろんのこと、ここでは大人も結構楽しんでましたよ~


DSCN2437.jpg DSCN2442.jpg
DSCN2444.jpg DSCN2438.jpg

その他、各パビリオンについて簡単にご紹介です。

アマゾン館は、人と自然の共生をテーマにしていて、
世界最大級の淡水魚ピラルクをはじめとした巨大魚水槽や、
南国ならではのカラフルな体色をした鳥やカエルなど爬虫類、
日本初チューブ型水中トンネルではアマゾン川の中に入った気分で
魚達を見ることが出来ます。


DSCN2483.jpg DSCN2489.jpg
DSCN2484.jpg DSCN2486.jpg

魚系の展示パビリオンでは、繁殖・日本産希少淡水魚・進化などをテーマに
世界の淡水魚達を集めて展示している「世界のさかな館」、
テッポウウオやデンキウナギピラニアが実際に餌を食べる様子を
解説を交えながら見ることが出来る「さかなライブ劇場」があります。


DSCN2494.jpg DSCN2496.jpg

ラッコ館では、水深3.5mの水槽で毛づくろいや眠っているラッコの
可愛い仕草を見れます。1日3回ある餌やりの実演ではスタッフの解説を
聞きながら、餌を食べる様子などを見ることが出来ます。

アザラシ・ペンギン館では、人気のゴマフアザラシとマゼランペンギンを
展示しています。ペンギンへの餌やり体験もやっていました。


DSCN2447.jpg DSCN2460.jpg
DSCN2454.jpg DSCN2474.jpg

そして、水族園といえばイルカショー!

イルカライブ館では、1日数回迫力あるショーをやっています。
前列はお決まりの水しぶきがかかるので、注意しましょうw
ショープールは水深3.5m、水量690tで、1700名収容です。
ショー以外の時間でも、イルカ達がゆったりと泳ぐ様子が見れます。

また別途有料ですが、イルカにタッチ出来るイベントもやっていて、
長~い行列が出来ていてとても人気がありました。


DSCN2461.jpg DSCN2463.jpg
DSCN2467.jpg DSCN2464.jpg

何故か、水族園にミニ遊園地(プレイランド)がありました!

王子動物園にも同じようなミニ遊園地の施設がありますが、
神戸市立の特長かなぁ!? 子連れにはありがたいですね~

メリーゴーランド、ウォーターショット、アクアロールなど、
遊具はわずか7種類で、対象もほとんどが幼児向けなので、
小学生以上には内容が物足りでしょう。どれも1回300円です。


DSCN2476.jpg DSCN2432.jpg

須磨海浜水族園に行ってみて、いわゆる水族「館」ではなく、
水族「園」という名称を使っているのか、よく分かりました。
広い敷地にいろんな展示館が点在していて、しかも遊園地まであり、
レストランや売店、自販機の設備も充実しているので飲食面もOK!
子連れ家族でおでかけするにはとても良い所です。

入園料は、大人1,300円、高校生800円、小中学生500円、幼児無料。
駐車場は最初の1時間が400円、以後1時間毎200円となっています。
電車でのアクセスは、JR須磨海浜公園駅から徒歩5分と便利です。

また、水族園の目の前には須磨海浜公園があって、
須磨海水浴場の砂浜や遊具広場などがあるので是非寄ってみましょう!
→ 須磨海浜公園(須磨海水浴場)のレポートはこちら



ここがオススメ!

 広い敷地にいろんな展示館があって遊園地まであり!

 ただ見るだけでなく、触れてみたり餌やりなども体験出来ます!

 大型駐車場完備、JR須磨海浜公園駅からも近くアクセス良し!


ここはイマイチ!

× どれも水槽が小さめで人が多い休日はゆっくり見れません…

× 展示館が点在して全天候型ではないので雨の日は傘が必要!



☆ 神戸市立須磨海浜水族園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページご確認ください
→ 須磨海浜水族園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 須磨海浜公園 ホームページ
→ 須磨観光協会 須磨海水浴場ホームページ
→ 関西おでかけナビ 須磨海浜公園(須磨海水浴場)


須磨海浜公園 (須磨海水浴場)

海水浴場
09 /24 2012
DSCN2503.jpg DSCN2505.jpg

神戸市須磨区にある須磨海浜公園へ行って来ました!

ここは、須磨海水浴場、須磨海浜水族園、球技場、ヨットハーバーなど
多様な施設がある海浜公園で、特に須磨海水浴場は阪神間から一番近い
海水浴場として、夏季には海の家が立ち並び多くの海水浴客が訪れます。

長さ約1800m、幅約50~150mの広く白い砂浜と青い松林は
兵庫風景100選、日本の白砂青松100選、日本の渚100選にも指定され、
明石海峡大橋や淡路島も見渡せる風光明媚な公園です。


DSCN2373.jpg DSCN2504.jpg
DSCN2506.jpg DSCN2371.jpg

国道2号線に隣接し、JRの須磨駅を降りるとそこが海水浴場という
交通の便の良さから、神戸や大阪方面からも数多くの海水浴客が訪れ、
海水浴シーズンは毎年100万人を超える人でにぎわいます。

今回私達が行ったのは9月だったので、その時に撮った写真では
夏の海水浴シーズンの雰囲気が伝わらなくてどうもスミマセン・・・


DSCN2367.jpg DSCN2502.jpg

海岸の北側にある松林には遊歩道・散策路が整備されていて、
犬の散歩やジョギングをする人々もたくさん見かけました。

また、須磨海浜水族園もこの公園内にあって賑わっています。
敷地内に駐車場が完備されているので、電車でも車でも便利です。
→ 須磨海浜水族園のレポートについてはこちらから


DSCN2374.jpg DSCN2375.jpg
DSCN2501.jpg DSCN2377.jpg

ちょっとだけですが、子供の遊具広場もありました。

小さめのブランコと滑り台、はしごが付いたテトラポット、
うんていのような健康器具!?みたいなのが設置されています。
遊具が少ないので時間は持ちませんが、水族園のすぐ横にあるので
幼児連れなら帰りにちょっと寄ってみるといいでしょう。

基本的に海岸&砂浜がメインの公園なので、
夏の海水浴シーズン以外は特に何をするでもない感じになりますが、
水族園の帰りに少し散歩して海を眺めて帰ってはいかがでしょうか~

もちろん、夏シーズンは白い砂浜で海水浴を思いっきり楽しめます!!



ここがオススメ!

 阪神地区で一番近い海水浴場! アクセスも良いです!

 せっかく行くなら須磨海浜水族園とセットで楽しもう!


ここはイマイチ!

× 公園は砂浜と松林がメインで、遊具は気持ち程度あるだけ…

× 残念ながら公園内は砂浜も含めて全面バーベキュー禁止!



☆ 須磨海浜公園 (須磨海水浴場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 須磨海浜公園 ホームページ
→ 須磨観光協会 須磨海水浴場ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 須磨海浜水族園 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 須磨海浜水族園


神戸空港ターミナル 展望デッキ

展望台・夜景・風景
09 /24 2012
DSCN2512.jpg

神戸市中央区にある神戸空港・展望デッキへ行って来ました!

ここは、ポートアイランド沖南側の人工島に建設された海上空港で、
愛称は「マリンエア」。神戸市が運営する市営空港でもあります。

空港へのアクセスは、三ノ宮からポートライナーで約18分、
車の場合は、駐車場が目の前にあり1時間150円(1日上限1500円)と良心的!


DSCN2547.jpg DSCN2514.jpg
DSCN2543.jpg DSCN2542.jpg

さすがに地方空港なので、ターミナルビルもこじんまりしていますが
レストランなどの飲食店や売店もあるので、休憩や食事には困りません。

1~2階は発着&到着ロビーで、3階が飲食店街とガラス張りのスカイコート、
屋上は、展望デッキと展望レストランになっています。


DSCN2518.jpg DSCN2523.jpg
DSCN2533.jpg DSCN2536.jpg

屋上階の展望デッキは、北を向けば神戸の市街地を一望でき、
南を向けば、迫力ある飛行機の離発着と壮大な景色が楽しめます!

滑走路の奥に広がる海も眺める事ができるので、時間によっては飛行機、
航空関係車両、行き交う船と一度に様々な乗物見学を楽しめます。

ただし、滑走路側には大きな柵がしてあるので、視界的には少し残念…
飛行機を見ることだけで言えば3階のスカイコート(室内)の方が
よく見えるかもしれません。


DSCN2520.jpg DSCN2522.jpg
DSCN2538.jpg DSCN2527.jpg

現在、神戸空港には全日空とスカイマークの計8路線が就航しています。

関空や伊丹みたいにたくさんの飛行機が離発着する訳でもないので、
時間帯によっては飛行機が全然見れないのでフライト時刻は要チェック!
お昼12時~14時頃と、夜19時半~21時半頃が比較的に離発着が多いです。


DSCN2545.jpg DSCN2544.jpg
DSCN2546.jpg DSCN2541.jpg

また、ここの展望デッキは夜の23時までイルミネーションを実施しており
神戸の新たな夜景スポットとなっています。

今回私たちは、夕方から日没の時間帯に行ったので、
昼間の雰囲気と夜の雰囲気を両方見たけど、やはり夜の方が断然お勧めですね!

神戸市街地の夜景は少し距離感がありますが、また一味違う景観が楽しめます。



ここがオススメ!

 三ノ宮方面からアクセス良し。駐車場も安いので気軽に行けます!

 飛行機と神戸市街地の景色が同時に楽しめる! 特に夜景がお勧め!


ここはイマイチ!

× なんせ離発着の本数が少ない! しかも全日空とスカイマークのみ…

× 休憩ベンチの数が少な過ぎ。大きな柵があって開放感も低い



☆ 神戸空港ターミナル 展望デッキ ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 神戸空港ターミナル ホームページ
→ 神戸市 神戸空港ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


神戸どうぶつ王国 (旧:神戸花鳥園)

自然・環境・植物・昆虫・鳥
07 /02 2012
運営者変更のため2014年7月に名称が「神戸どうぶつ王国」になりました。
訪問レポートは2012年の「神戸花鳥園」運営当時のものです。


DSCN0870.jpg DSCN0810.jpg

神戸市中央区ポートアイランドにある神戸花鳥園へ行って来ました!

ここは、花と鳥とのふれあいを基本とした全天候型テーマパークで、
多数の展示植物が配置された温室などで数多くの鳥が放し飼いになっており、
直接触れあったり餌を与えたりすることができます。

今回私達が訪れた日は、あいにくの雨でしたが、駐車場が入口の前にあり
園内も一切傘いらずなので快適に楽しむことが出来ました。

それでは順に園内をご紹介します!


DSCN0784.jpg DSCN0785.jpg

駐車場側入口の長屋門では、フクロウやミミズクの展示があります。
どれも動かずじっといていたので、剥製かな?って思いましたが、
よく見ると全部ちゃんと生きていました(笑)


DSCN0787.jpg DSCN0788.jpg
DSCN0858.jpg DSCN0862.jpg

ペンギン池とオシドリ池では、人懐こくて可愛いオシドリやコイに
エサをあげることが出来るので子供に大人気でした!

オシドリは人慣れしていて、手のひらにエサを乗せてると直接食べに来ます。
くちばしがあたっても全然痛くないので子供でも安心ですよ。


DSCN0795.jpg DSCN0794.jpg
DSCN0820.jpg DSCN0819.jpg

ご紹介した長屋門からペンギン・オシドリ池を抜けてガラスハウス内に入ると、
大輪の花が頭上から垂れ下がって咲いている空間が目の前に開けます。

頭上を埋めている花の大半は球根ベゴニアで、満開の花の下にあるテーブルで
休憩したり食事を楽しむことが出来ます。バイキングレストランや喫茶もありました。

北ロビーでも同様に花の展示があり、私達が行った時はアジサイ展を開催していて、
花鳥園オリジナル品種のアジサイを多数展示しておりメチャ綺麗~!!


DSCN0798.jpg DSCN0799.jpg
DSCN0800.jpg DSCN0797.jpg

バードショーでは、ショー鷹がお客様の頭上ぎりぎりを高速で駆け抜ける!
迫力のシーンをうまく写真に収めることが出来なくて残念でしたがww

その他、フクロウ・オオハシ・ペンギンなど楽しい仲間もショーに出てきますし
合間には、いろいろなその鳥たちに関する話もいろいろ聞けて楽しいですね。

バードショーは1日3回(①11:00~ ②13:30~ ③15:00~) 開催しています。


DSCN0807.jpg DSCN0850.jpg
DSCN0817.jpg DSCN0854.jpg

ショー後のふれあいタイムでは、フクロウを腕にのせて記念写真を撮ったり、
オオハシエリアでは、フルーツの入ったカップを持って腕を伸ばすと、
オオハシやエボシドリが飛んできて腕にとまってエサを食べてくれたりと、
大人も子供もみんな可愛い鳥たちとのふれあいを楽しんでいました!

フクロウのふれあいが1回300円、オオハシのエサが1カップ100円です。


DSCN0829.jpg DSCN0822.jpg

色とりどりの熱帯スイレンが広がる大きな池では、様々な熱帯魚が泳いでいて
こちらでもエサをあげることが出来ます。(1カップ100円)
スイレン以外にも大きな葉を持つオオオニバスや、パピルス、ミズカンナなど
広い池のそこかしこに植えられていて見応えがありました。

ふれあいフィッシュコーナーでは、手足を水槽の中に入れてじっとしていると、
ヒトの古くなった角質を食べる習性のある魚が、手足をきれいにしてくれます。


DSCN0844.jpg DSCN0848.jpg

中庭池と呼ばれている広大な池では、池の上空にはネットが張られていて、
様々な種類の鳥が放し飼いにされています。

毎日夕方には「カモと鯉の夕ごはん係体験」を実施しており、
この日最後のごはんやりを体験できるコーナーです。テレビでも紹介された、
水鳥と鯉たちが入り乱れての迫力の食事シーンを体験出来ます。


ここ神戸花鳥園では、「花の中で鳥と遊ぶ」をテーマにしていて
特にいろんな鳥とのふれあいが出来る点は面白いです。

入場料は大人1500円・小学生700円・幼児以下無料となっていおり、
その他、ふれあい料金や、エサ代(1カップ100円)で、なんやかんや入場料以外にも
出費がかさむのでその辺は予定しときましょう。

うちの子は、いろんな鳥にエサをあげたり、腕にオオハシを乗せたりしたのが
とても楽しかったと喜んでいました!



ここがオススメ!

 いろんな鳥にエサをあげたり、ふれあい体験が出来る!

 きれいな花や緑がたくさんあって癒されます!

 全天候型なので、雨の日のおでかけ先としても最適です!


ここはイマイチ!

× バードショーがいまいち期待外れかな… 時間もなんか短かいし…

 エサ代やふれあい料金など入場料以外にも出費がかさみます



☆ 神戸どうぶつ王国 (旧:神戸花鳥園) ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 神戸どうぶつ王国 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

運営者変更のため2014年7月に名称が「神戸どうぶつ王国」になりました。
訪問レポートは2012年の「神戸花鳥園」運営当時のものです。



舞子公園 (舞子海上プロムナード・橋の科学館・孫文記念館)

展望台・夜景・風景
05 /03 2012
DSCN0133.jpg

神戸市垂水区にある舞子公園に行って来ました!

この公園は、世界一の吊り橋である明石海峡大橋の添架施設として
開設された舞子海上プロムナードや、架橋技術が学べる橋の科学館、
中国革命家孫文に関連する資料展示している孫文記念館などがある
兵庫県立の都市公園となっています。


DSCN0129.jpg DSCN0123.jpg
DSCN0118.jpg DSCN0116.jpg

公園といっても子供の遊具類があるような公園ではなく、
明石海峡大橋と海の眺めを楽しむことがメインとなりますが、
芝生広場があるのでそこではボール遊びなどをすることが出来ます。

私達が訪れた日はあいにくの天気でしたが、気候の良い晴れの日なら
明石海峡大橋を望む景色が抜群やしとても気持ちが良いと思いますよ~!

それでは、舞子公園内にある施設を順番にご紹介していきます。


<舞子海上プロムナード>

DSCN0175.jpg DSCN0181.jpg
DSCN0165.jpg DSCN0169.jpg

舞子海上プロムナードは、世界一のつり橋「明石海峡大橋」の
神戸市側に添加施設として同時施工され1998年4月5日に開設されました。

海上から約47m、陸地から約150m、明石海峡へ突出した延長約317mの
回遊式遊歩道になっていて、特に丸木橋から47m下の明石海峡は迫力満点!

足元がガラス張りになっていて海が見えてとてもスリルがありますし、
行き交う船を橋上から眺められたりも出来ます。


DSCN0153.jpg DSCN0159.jpg
DSCN0155.jpg DSCN0164.jpg

明石海峡を吹き抜ける風と一体になれる展望広場や展望ラウンジ、
美しい景色を観ながらくつろげる海上レストランなどの設備があります。

こちらの舞子海上プロムナードの入場料は、大人240円(土日祝は300円)で
中学生以下はなんと無料! これは行く価値がありますね!


<橋の科学館>

DSCN0127.jpg DSCN0137.jpg DSCN0136.jpg DSCN0138.jpg

橋の科学館は、架橋として世界一を誇る明石海峡大橋を主体に
本州四国連絡橋の建設に使われた、世界最高水準の架橋技術を一堂に集め、
人々の知的向上心を高める学習の場として、また架橋技術の広報の場として
本州四国連絡橋公団が設置したサイエンスミュージアムです。


DSCN0139.jpg DSCN0141.jpg
DSCN0140.jpg DSCN0143.jpg

パネルや実物模型、映像を駆使しての技術紹介、長さ40mの風洞模型、
さらには日本および海外の架橋プロジェクト構想など、
また3D立体映像による明石海峡大橋などの建設記録の上映など
海洋架橋技術の数々を余すところなく体験することができます。

所要時間は30分くらいですが、入館料は大人300円・小中学生150円なんで
ついでに行っときましょう! 無料のくつろぎスペースもありましたよ~


<孫文記念館・旧木下家住宅・旧武藤山治邸>

DSCN0119.jpg DSCN0189.jpg

最後に、公園内にある3つの文化財のご紹介です。

ノスタルジックな面影を漂わす3階建ての八角堂がシンボルの移情閣は、
大正4年に神戸の貿易商・呉錦堂が建てた別荘で、
かつてここを訪れた中国革命家の孫文に関連する資料を展示しています。

旧木下家住宅は、阪神・淡路大震災以後、姿を消しつつある阪神間の
和風住宅のなかで、創建時の屋敷構えをほぼ完全に残す貴重な建物として、
平成13年12月に国の登録有形文化財に登録されました。

旧武藤山治邸は、鐘紡の中興の祖と言われ、衆議院議員として活躍した
武藤山治(1867年―1934年)が、明治40年に舞子海岸に建てた住宅です。
明治期の往年の別荘文化、西洋館の生活様式を
ありのままに知ることができる舞子公園の新たな名所として誕生しました。

入館料は、孫文記念館が大人300円・小人150円、
旧木下家住宅と旧武藤山治邸が大人100円・小人無料となっています。



ここがオススメ!

 明石海峡大橋の真下にある景色抜群の美しい公園!

 海上47mの丸木橋や遊歩道はスリルがあります!

 JR舞子駅の前にあって便利! 駐車場も1時間200円で安い!


ここはイマイチ!

× 子供が遊べるような遊具類は一切ありません

 科学館や文化財は大人向けな感じなんで子供は楽しめるかな?



ここ舞子公園は国道2号線沿いにあるので、通りかかったついでにでも
ふら~っと休憩がてら寄ってみるのもいいと思いますね。
駐車場は1時間200円なんで安いです。

電車の場合でも、JR舞子駅の目の前が舞子公園になっていて
徒歩5分ほどで各施設に到着するのでとても便利ですね。

特に、舞子海上プロムナードは是非とも行ってみる事をお勧めします!



☆ 舞子公園 (舞子海上プロムナード・橋の科学館・孫文記念館) ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 県立舞子公園 ホームページ
→ 橋の科学館 ホームページ
→ 孫文記念館 (移情閣) ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


平磯海づり公園

魚釣り
05 /01 2012
DSCN0112.jpg

神戸市垂水区にある「平磯海づり公園」へ行ってきました!

ここは淡路島や明石海峡大橋を眺めながらゆったりと釣りが楽しめる
神戸市立の海釣り公園となっています。

釣り場は東西1400mもありますが、柵があるので子供と一緒でも安心!


DSCN0105.jpg DSCN0107.jpg
DSCN0110.jpg DSCN0111.jpg

入場料は4時間で大人1000円(5歳以下無料)+車1台500円と有料ですが、
その分、綺麗なトイレや売店・自販機・ゴミ箱などの設備が整っており
駐車場の目の前が釣り場なので、荷物の運搬も楽チンでとても便利です。

売店で釣具やエサは売っていますが、公園入り口のすぐ近く(国道2号沿い)にも
釣り具店フィッシングマックスがあります。

私達はサビキでアジをメインに釣りましたが、他にもチヌ・グレ・サバ・イワシ
タチウオ・スズキ・カレイ・アオリイカ・メバル・サヨリなどが釣れるみたいです。

詳しくは公式HPで確認してみて下さいね!
ちなみに近辺の無料スポットと釣れる魚は同じです・・・


平磯5 平磯6

そしてなんと言っても、淡路島と明石海峡大橋を望む景色が最高!
昼間と夕方・日没後と同じ場所でも違う風景が楽しめて良い雰囲気です。

大阪湾周辺には無料の釣りスポットはたくさんありますが、
安全面と設備面を重視されるならオススメな釣りスポットでしょう。
手ぶらでいっても貸し竿(有料)のサービスもあります。

他にも野外バーベキュー場もあるので、家族みんなで一日遊べますよ!

また近くには、同じ系列の須磨海づり公園があり、
沖合い400mにある釣台では施設全体が巨大な魚礁となっているため、
様々な種類の魚が集まってきます。お好きな方でどうぞ~!



ここがオススメ!

 淡路島と明石海峡大橋を見ながらゆったりと釣りが楽しめる!

 駐車場が目の前! トイレ・売店・自販機・ゴミ箱など設備良し!

 釣り場にはしっかりと柵があるので安全! 子供と一緒でも安心!


ここはイマイチ!

× 営業時間が夕方(17~19時)までなので夜釣りは出来ない!

× 軽食コーナーに期待しないで! 食料は持参がオススメです!

× 4時間越えると別料金! 家族で丸1日過ごすと意外と出費!?



☆ 平磯海づり公園 ☆

アクセス・詳しい営業時間は、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸市立 須磨・平磯海づり公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


神戸海洋博物館 カワサキワールド

博物館・記念館
04 /04 2012
P1030349.jpg P1030352.jpg

神戸市中央区のメリケンパークにある神戸海洋博物館と、
併設されているカワサキワールドへ行って来ました!

ここは「海・船・港」をテーマとする博物館で、海事博物館としては
世界有数の規模であり、1987年に神戸港開港120年を記念して開館。

波または帆船の帆をイメージさせる独特な外観の屋上構造物は
白色のフレームで出来ており、夜間は青系の光でライトアップされ
神戸港のシンボルの一つとして親しまれています。

またカワサキワールドは、川崎重工業が神戸海洋博物館内に設置した
企業ミュージアムとなります。

神戸海洋博物館とカワサキワールドの入館はセットになっていて、
入館料は大人500円、小人(小中学生)250円なのでお得ですね!


<神戸海洋博物館>

P1030433.jpg P1030422.jpg

まずは、神戸海洋博物館から順にご紹介します。

1階の展示テーマは「現代から未来の神戸港」で、
船の仕組みやクルーズ客船の魅力について紹介するコーナーと
神戸港の施設や役割などについて紹介するコーナーがあります。


P1030414.jpg P1030417.jpg
P1030418.jpg P1030420.jpg

神戸開港を祝したイギリス軍艦ロドニー号の1/8模型をはじめ、
多くの船舶模型やジオラマ模型、映像、グラフィックの展示や、
船のメカニズムコーナーでは、推進方法の原理などを模型で
分かり易く紹介してたり、実物の航海計器も多く展示されています。

また、現代船の操舵室を体験できるブースでは、
神戸港に入港しようとする操蛇室が再現されています。


P1030423.jpg P1030426.jpg
P1030424.jpg P1030431.jpg

2階の展示テーマは「歴史から見た神戸港」で、
瀬戸内海の要衝として栄えた神戸港の歴史を紹介するコーナー。

奈良時代から江戸時代、明治時代から現代までと時代とともに
移り変わる神戸港と街の様子を、船具や船帳の実物をはじめ
ジオラマ模型や船舶模型、映像資料などで展示紹介しています。


<カワサキワールド>

P1030354.jpg P1030355.jpg
P1030360.jpg P1030357.jpg

続いてカワサキワールドのご紹介です。

まずはウエルカムゲートをくぐると、川崎重工の創業者である川崎正蔵と
松方幸次郎を紹介するコーナーと、豊富な写真と製品模型で造船業から
総合重工業へと発展した歴史を紹介するヒストリーコーナーがあります。


P1030365.jpg P1030364.jpg
P1030363.jpg P1030368.jpg

モーターサイクルギャラリーでは、歴代のモーターサイクルを実物で紹介!
バイク好きにはたまらない感じの往年の旧車やレース車を数多く展示。

実際に触ったり乗ったり出来る展示バイクも何台かあって、
子供たちをバイクにまたがらせて記念撮影も可能な人気コーナーでした。


P1030383.jpg P1030378.jpg
P1030376.jpg P1030397.jpg

そして、陸のゾーン・海のゾーン・空のゾーンとテーマごとの展示では、
客室や運転席にも入れる0系新幹線の実物車両や、大型ヘリコプターなど
子供が喜びそうなものがたくさんありましたよ~


P1030406.jpg P1030399.jpg
P1030393.jpg P1030405.jpg

赤い大きな船舶模型の中は3面マルチスクリーンになっていて、
船舶の進水式や新幹線ができるまでの様子を映像で紹介しています。

HOゲージサイズの鉄道模型コーナーでは、
新幹線をはじめ様々な車両を操作して走らせることが出来ます。
車載カメラの映像を見ながら実際に運転しているような気分になり
こちらは子供に大人気のコーナーで順番待ちは確実でしょう…

その他、地球環境コーナーや産業用ロボットのコーナーなど
川崎重工業が手掛ける多くの製品や技術の紹介展示がありました。


ここがオススメ!

 海洋博物館とカワサキワールドとセットで入館料がお得!

 特に乗り物好きな子供には喜ぶ展示がたくさんあります!

 完全屋内施設なんで天候に関係なく雨の日でも大丈夫!


ここはイマイチ!

× 電車の場合、最寄駅の元町駅から徒歩15分程度かかります

× メリケンパーク内の駐車場は台数少なく休日満車確実です


また、メリケンパーク内には、神戸ポートタワーも目の前にあって、
神戸海洋博物館&カワサキワールドと神戸ポートタワーをセットにした
お得な共通入館券も発売しています。(大人800円、小人400円)

せっかくなんで神戸ポートタワーも是非一緒に行ってみましょう!
→ 神戸ポートタワーの体験レポート記事はこちらをクリック



☆ 神戸海洋博物館 カワサキワールド ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸海洋博物館 公式ホームページ
→ カワサキワールド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 神戸ポートタワー 公式ホームページ
→ 関西おでかけナビ 神戸ポートタワー(メリケンパーク)


布引の滝

04 /03 2012
P1030453.jpg

兵庫県神戸市にある布引の滝へ行って来ました!

布引の滝とは神戸市中央区を流れる布引渓流にある4つの滝の総称で
上流から雄滝、夫婦滝、鼓ケ滝、雌滝で形成されています。


P1030461.jpg P1030440.jpg
P1030446.jpg P1030448.jpg

ここ布引渓流は、JR新神戸駅から徒歩で気軽に行ける散策コースで、
最初の滝である雌滝まで約5分、一番上流にある雄滝でも15分程度で到着!
但し、足場が悪く坂道がきつい所もあるので運動靴は必須ですね。


P1030441.jpg P1030444.jpg

雌滝(めんたき)は高さ19メートルで、水はサラサラゆっくり流れていました。

布引の滝が白く見えるのは、乙姫様の着る衣が水にさらされているからだと
考えられ、多くの和歌にこのことが詠まれています。


P1030452.jpg P1030455.jpg

雄滝(おんたき)は高さ43メートルで、水は6段に折れながら滝壷に落ちており、
段ごとに水がえぐった穴が開いています。

布引の滝には乙姫様が住んでいて、龍神となって海へ出かけ、
多くの船を守ったという言い伝えがあるそうです。

また、日本の滝百選にも選ばれ、日光華厳の滝や紀州那智の滝とともに
日本三大神滝の一つとしても布引の滝は有名です。

滝の流れのすぐ近くまで行ける訳ではなく、ただ遠目に見るだけなので
迫力不足なのが残念でしたが、行き帰りの登山道はいい運動になりました。


P1030460.jpg P1030458.jpg

雄滝の近くには、茶屋があり自販機や軽食などがありました。
休憩や食事をしながら滝を見下ろすことが出来ます。

今回私たちは時間の都合で滝だけ見て引き返しましたが
布引の滝から登山道を10分ほど登って行くと、
布引展望台や見晴らし展望台があり、そしてさらに奥に進むと
布引ハーブ園という所もあるので、時間があれば行ってみて下さいね。

車の場合は、新神戸駅前のコインパーキングを利用しましょう。



ここがオススメ!

 新神戸駅から徒歩5~15分で滝に到着! 気軽に行けます

 日光華厳の滝や紀州那智の滝とともに日本三大神滝の一つ!


ここはイマイチ!

× 遠目にしか滝を見れないので迫力はありません・・・

× 登山道は幅が狭く急な坂や階段もあるので子供連れは注意を!



☆ 布引の滝 ☆

アクセス・詳しい観光案内は、以下のホームページでご確認下さい。
→ 神戸市ホームページ 布引の滝
→ 神戸布引ハーブ園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


フルーツ・フラワーパーク

味覚狩り・農業公園
10 /16 2011
P1020337.jpg P1020363.jpg

神戸市北区にある神戸市立フルーツ・フラワーパークに行って来ました!

100haの敷地内には、味覚狩りが楽しめる果樹園、1500名収容のバーベキュー場
ホテル施設や有馬温泉と同じ泉質の天然温泉9種類の湯が楽しめるバーデハウス、
夏のプール、モンキーズ劇場、遊園地、ゴーカート、パターゴルフなどがあり、
家族みんなで楽しめる「花と果実のテーマパーク」となっています!


P1020369.jpg P1020433.jpg
P1020421.jpg P1020368.jpg

オランダ国立美術館を模した建物など、中世ヨーロッパを想わせるイメージで、
美しい花が咲く庭も綺麗で、なんかリゾート地に来たような気分ですね。

園内中心部には、噴水があるルネサンス広場、プールやモンキーズ劇場、
飲食店をはじめ、ホテルや温泉施設などが立ち並んでいます。


P1020432.jpg P1020423.jpg

神戸モンキーズ劇場では、テレビにも出演している芸達者なおサルさん達の
約40分間にわたるショーを楽しむことが出来ます。(観覧料金別途必要)

また、夏場には中央広場にプールプラザがオープン!
このプールはとても広く開放感に溢れ、まるで外国のリゾート地にいるような
気分を味わうことが出来ます。深さ60cmの子供用プールもあり監視員もいるので、
大人も子供も安心してプール遊びを楽しめます。


P1020417.jpg P1020418.jpg

約1500名収容可能な、全天候対応型のバーベキュー場では、
神戸で最も有名な肉問屋として知られる「森谷商店」の直営店で
良質なお肉・バーベキュー食材ををリーズナブルに買うことが出来ます。

飲食物の持ち込みは禁止なので、全て売店で買うことになりますが、
手ぶらで気軽にバーベキューを楽しむことが出来るのはお勧めですよ!


P1020409.jpg P1020391.jpg
P1020389.jpg P1020404.jpg

ここフルーツフラワーパークへ行く人の多くは果物狩りが目的でしょう!
もぎたての果実をその場で美味しく頂くことが出来るのはやっぱり魅力です。

果樹園では、8月から10月のシーズン中に
桃、なし、ぶどう、リンゴの4種類の果物を採ることが出来ますよ~

今回私たち訪れた10月初旬には、りんご狩りをやっていました。
入場料金(りんごは大人600円・小人400円)を払えば敷地内で食べ放題!

しかし、さすがの私でもりんご2玉も食べれば腹いっぱいになりました…

ちなみに、桃・ナシ・ブドウの入場料は、大人1000円・小人600円となり、
食べ切れなかった果実の持ち帰りやお土産は別料金がかかります。

フルーツ狩りの開園・営業状況は、ホームページで確認して下さいね。
フルーツ狩りのご案内


P1020375.jpg P1020435.jpg
P1020410.jpg P1020341.jpg

無料で遊べるローラースライダーと複合型遊具も設置されています。
広場ではキャッチボールやバトミントンをしている家族が多くいました。

また、1人300円で広い園内を周遊するチューチュートレインでは、
フルーツ・フラワーエンジェルによる普段聞くことのできない園内情報や、
きれいな花、特徴ある建物などの素晴らしい風景を感じられるコース設定です。

このトレインは園内の移動目的ではなく周遊目的で1時間に1本運行しています。


P1020430.jpg P1020412.jpg

園内のアミューズメント施設としてパターゴルフ場とゴーカートがあり、
イン/アウト全18ホールからなる本格的パターゴルフは、
コース両サイドをガードしてあるので、初心者でも無理なく楽しめます。
(料金:9ホール 400円 18ホール 700円)


P1020405.jpg P1020406.jpg

ゴーカートは、160ccの2人乗りで一周1.2kmのコースは関西最大級を誇り
フルーツガーデンからそよ風とともに香る果実の甘い香りも爽やかです。

真ん中にレールがあって、ハンドル操作を自由に出来ないのは残念でしたが、
スピード感があってなかなか楽しかったです。但しちょっと料金高いかな…
(乗車料金:一周1,000円(2人乗り))


P1020342.jpg P1020345.jpg
P1020347.jpg P1020352.jpg

最後に、入園ゲート横にある遊園地「神戸おとぎの国」のご紹介ですが、
テーマは「おとぎの国で夢いっぱいの休日を!」ということで、
まるで絵本の世界のようにかわいい乗り物がいっぱいです。

緑豊かな神戸の山々を一望できるフルーツ観覧車をはじめ、
スリル満点のジェットコースター、ツインドラゴンなど、
子供から大人まで楽しめるアトラクションがたくさんあって楽しめます。


P1020340.jpg P1020353.jpg
P1020358.jpg P1020351.jpg

神戸おとぎの国のアトラクションは全部で10種類!

遊園地としてはだいぶ小さめですが、メインであるフルーツフラワーパークの
おまけでこれだけのアトラクションがあれば充分楽しめると思いますよ~

乗り物料金は、それぞれ200円~400円でお得な回数券も販売しています。
他にも、ゲームコーナー、小さな子供向けの幼児用遊具もありました。


これだけ設備が充実して家族で楽しめるフルーツフラワーパークの入園料は
なんと! 大人500円、小人(小中学生)250円で、駐車場は無料です。

園内には有馬温泉の金泉同様の泉質鉄分を多く含む源泉掛け流し温泉があり
お帰りの際には、温泉で一日遊んだ汗と疲れを洗い流して行くのもアリですね~



ここがオススメ!

 もぎたての果実をその場で美味しく頂ける!

 遊園地やゴーカートなど子供が遊べる設備がいっぱい!

 手ぶらバーベキューや天然温泉もあって一日中楽しめます!


ここはイマイチ!

× 入場料以外になんやかんや追加で払うので出費が多いかも!?

× 各種の果物狩り開園時期がめちゃ短いので事前に確認要です



☆ フルーツ・フラワーパーク ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい。
→ 神戸市立フルーツ・フラワーパーク
→ Google Mapで場所を確認する


摩耶山 掬星台 (まやさん きくせいだい)

展望台・夜景・風景
10 /13 2011
P1020327.jpg

神戸市灘区にある摩耶山・掬星台の展望台へ行って来ました!

ここから眺めるパノラマ夜景は日本三大夜景に数えられ、
夜空の星はもちろんのこと、眼下に広がる神戸の街が美しく輝き、
見事な神戸1000万ドルの夜景を見ることができます。


P1020301.jpg P1020303.jpg

掬星台は標高約700mにあり、神戸市内のみならず大阪や関西国際空港、
西は明石方面まで一望できます。

掬星台という名は、先人が満天の星空があまりにも美しく、
「手を伸ばせば星が掬(すく)えるようだ」 と言ったことが由来だそうです。

六甲山系の夜景・展望スポットは、六甲山上の六甲山天覧台も有名ですが
目の前に広がる夜景の見え方・ダイナミック感はこちらの方が断然キレイですね。


P1020312.jpg P1020304.jpg
P1020322.jpg P1020316.jpg

展望スペースも六甲山天覧台より広いのでゆっくりと景色を堪能出来ます。
トイレや自販機が近くにあり、設備面も最低限整っていて長時間でも安心でしょう。


P1020334.jpg P1020325.jpg

2005年には展望台がリニューアルされ「きらきら小径」という遊歩道が出来ました。

写真がうまく撮れなかったので伝わりにくいですが、
青く輝く蛍石が埋め込まれた美しい遊歩道になっていて、
目の前に広がるパノラマ夜景と合わさって幻想的でとても綺麗ですよ。


P1020332.jpg P1020329.jpg

公共交通機関でのアクセスは、摩耶ロープウェー星の駅が掬星台に直結してます。

星の駅と虹の駅間はロープウェー、虹の駅と摩耶ケーブル駅間はケーブルカーで
乗り継いで行きます。運賃は往復で大人1500円(小人750円)かかります。

始発駅の摩耶ケーブル駅へは阪急六甲駅や三宮・新神戸駅から巡回しているバスを
利用することになるので、公共交通機関で行くには少し不便に感じるかな!?

下りの最終発が土日祝日20:50、平日17:30ですので、ロープウェーを利用して
夜景を見に行くには土日祝しかないですね。

車でのアクセスですが、掬星台まで車で乗り入れることは出来ないので
徒歩10分程の所にある「天上寺前駐車場」を利用するしかないです。
料金は、時間制でなく1日 500円/1回となりますので高くはないです。

私たちは今までに3回ここへ行ったのですが、超人気展望スポットのため
夜はいつも駐車場待ちの長い渋滞が出来ていますので覚悟が必要でしょう。

アクセスは多少不便ですが、この美しい夜景はわざわざでも見に行く価値あり!



ここがオススメ!

 日本三大夜景に数えられる関西屈指の夜景スポットは必見!

 展望スペースが広くてゆったりと展望を楽しめます!

 トイレ・自販機・ベンチなど最低限の設備は整ってます!


ここはイマイチ!

× 最寄の天上寺前駐車場から山道を徒歩10分ほどかかります

× ロープウェー駅直結ですが、電車との接続が無く少し不便ですね

× 特に土日祝はいつも駐車場待ちの大渋滞が発生。覚悟しましょう



☆ 摩耶山・掬星台 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は以下のホームページでご確認ください
ロープウェー・ケーブルカーの詳細 「六甲・まや空中散歩」
パノラマ夜景.com 摩耶山 掬星台

Google Mapで掬星台の場所を確認する
Google Mapで天上寺前駐車場の場所を確認する


六甲山天覧台 ・ 鉢巻展望台

展望台・夜景・風景
07 /20 2011
P1010397.jpg

兵庫県六甲山上にある六甲山天覧台に行って来ました!

ここは六甲ケーブルの山上駅に隣接し、六甲山・摩耶山の
三大夜景スポットとして人気で、日本夜景遺産にも選定されています。

昭和天皇がここから神戸1000万ドルの夜景をご覧になられたことを
記念して「天覧台」と名付けられ、神戸市内はもちろん、大阪平野部から
和歌山方面まで景色が一望でき、夜には1000万ドルの夜景が輝きます!


P1010384.jpg P1010386.jpg

写真がイマイチで申し訳ないですが、実際に夜景を目の当たりにすると
それはそれは美しく見とれてしまいますね~

昼間もまた違った雰囲気での絶景が広がりますが、
せっかく行くならやっぱり夜景の方をお勧めします!!


P1010395.jpg P1010393.jpg

展望台スペースとしてはそれ程広くはないのですが、
時間に関係なく終日無料で観賞できますし、ベンチやトイレ・売店や
無料駐車場など最低限の設備も一応整っていました。

夜はカップルばかりで子連れ家族では少々浮いた感じになりますが
子供にとってもこの絶景はいい思い出になることでしょう。


P1010399.jpg P1010398.jpg

アクセス方法は、六甲ケーブルの山上駅に隣接しているので車がなくてもOK!

車で行く場合は、無料駐車場があるのでこれは助かります。
但し、駐車可能台数がそう多くはないので溢れた車はみんな路駐してました。
まぁまさかこんな場所で駐禁なんかやってないと思いますがww

六甲山の夜景を見に行くなら、まずはここの六甲山天覧台で間違いなしです!

六甲ケーブル下へのアクセスはバスのみになります。
阪神御影駅~JR六甲道駅~阪急六甲駅経由のバスが本数多く出ているので
こちらを利用しましょう。

六甲山天覧台の場所を地図で確認する

六甲ケーブル 営業案内



<鉢巻展望台>

P1010401.jpg

次に、鉢巻展望台ですが、ここは表六甲ドライブウェイに併設されており、
六甲山の中腹に位置する展望スポットになります。

ここへは車で行くしかないですが、麻耶山の掬星台や六甲山の天覧台よりも
標高が低いため、気象条件に恵まれていなくても大パノラマが鑑賞できます。


P1010403.jpg P1010405.jpg

展望台からの夜景は、大阪・六甲アイランド方面が中心になりますが、
六甲アイランド、ポートアイランドの埠頭も近く、神戸市内の夜景が間近に見え、
臨場感はここでも抜群でしたよ!  (こちらも写真がイマイチでスミマセン…)


P1010406.jpg P1010409.jpg

トイレや売店など設備はありませんが、ここも常に賑わっている眺望スポットです。
ドライブの途中に気軽に寄れて休憩場所のような感じになっていますね。

鉢巻展望台の場所を地図で確認する



他にも六甲山系の夜景スポットしては、日本三大夜景に数えられる
摩耶山掬星台(まやさん きくせいだい)が超有名です。

摩耶山頂のロープウェー駅に隣接し、車でなくてもアクセス可能。

夜景の素晴らしさはこちらも凄いしメッチャ綺麗やと思いますので、
ぜひこちらも行ってみて下さい!



ここがオススメ!

 関西の夜景スポットと言えば六甲山! 1000万ドルの夜景は美しい!

 観覧無料、駐車場無料、24時間いつでも景色を楽しめます!

 天覧台はケーブルカー駅からすぐ。設備面も最低限あります!


ここはイマイチ!

× 当たり前ですが、天気が悪ければせっかくの絶景も台無しです

× 六甲ケーブル下までの交通機関がバスのみで少し不便かな



<六甲山天覧台・鉢巻展望台>

ケーブルカーの営業案内など詳細は、以下の公式ホームページでご確認下さい。
六甲ケーブル ホームページ
六甲山ポータルサイト ROKKOSAN.COM


グリコピア神戸

工場見学
07 /10 2010
P6130570.jpg

神戸市西区にあるグリコピア神戸へ行って来ました!

ここは、いわゆる江崎グリコの工場見学が出来る施設で、
子供たちが、お菓子や食文化について楽しく学べることが出来ます。

関西にある工場見学施設の中でも、家族連れには人気があって
予約電話を入れた時にはすでに10日後まで埋まってましたね…

お菓子の工場に行くと聞いただけでうちの子はテンションあがってました(笑)


P6130549.jpg P6130550.jpg
P6130547.jpg P6130551.jpg

まず最初に係員からグリコの歩みや歴代広告タレントなどの変遷などの説明があり、
展示物を見て回わります。私的にはグリコのおまけの歴史が興味がありました。

コインを入れると白黒映画が流れてキャラメルが出てくる
昭和6年製の発声映写装置つき自動販売機の実演もあります。


P6130577.jpg

この後、グリコの代表的なお菓子である「ポッキー」と「プリッツ」の生産ラインを
見学が出来るのですが、撮影が禁止されており写真がありません・・・

なので、パンフレットに載っていたイメージ写真をアップしておきます。

原料の混合から、仕上げ・包装まで100mにわたる生産ラインを一通り見学します。
いつも食べているお菓子を作っているのを見て、うちの子も目を輝かせていました!


P6130555.jpg P6130560.jpg
P6130559.jpg P6130557.jpg

工場ラインを一通り見て廻ったら、次は体験ゾーンに移ります。

こちらでは、チョコレートに関する知識が学べるチョコレートハウスや
ビスケットハウス、アイスクリームハウスなどそれぞれのお菓子がどうやって
出来るのかを学べる展示物がありました。こちらは説明無しで自由見学となります。


P6130554.jpg P6130561.jpg

チョコレートの原料となるカカオ豆を実際に触ることが出来ます。
実物を乾燥させてあるやつですが… 体験といってもこれくらいですかね!?

その後は、最新のCG技術を駆使した3Dシアターでオリジナルアニメを見ます。
特製メガネをかけて観る飛び出す映像の迫力にビックリ! 

内容はグリコ製品とは関係なくて、まぼろしのお菓子を求めて冒険にでるという
オリジナルファンタジーです。私にはよくストーリーが分かりませんでしたが…


P6130563.jpg P6130564.jpg

3D映画の後は歴代グリコのおまけ2600点の展示やご当地商品などの
展示物を見て廻って全ての見学は終了です。所要時間は1時間くらいかな?

やはり私はグリコのおまけの展示物を見て歴史を感じるのが興味がありました。
うちの子に聞いてみると、生産ラインを観たのが一番楽しかったみたいです!


P6130565.jpg P6130566.jpg

最後に、休憩コーナーがあって売店にはグリコ製品がたくさん並んでおり
お土産用や好きなお菓子を買って自由に食べることが出来ます・・・!?

んっ!? えっ!? 試食とかないの?????

これが私の正直な感想です(笑)

ビール工場見学の時なんかは、出来たてのビールが試飲出来たのに~~!?

お菓子工場でいろんなお菓子をいっぱい食べれるもんやと勘違いしていた息子に
せがまれて仕方なく、ポッキーなど何個かお菓子を買って食べました。


P6130572.jpg P6130574.jpg

食べ終わって帰る時、見学者全員にプリッツやキャラメルのお土産を頂きました。

いやいや、全ての見学が終わって休憩コーナーに着いた時に渡してよ・・・
と思ったのは私だけでしょうか? しかも袋も無くそのまま箱のまま渡されて・・・

今回は電車とバスを使ってグリコピアに行ったのですが、
財布とカメラが入るくらいの小さなポーチしか持ってなかったので
プリッツとキャラメルを裸でそのまま持って帰るハメになりました。

グリコさんの参加者に対する気遣いの無さには正直がっかりしましたね。

グリコピアに行く際に公共交通機関で行かれる際には、
おみやげのお菓子が入るような大きさの袋やカバンは持参しておきましょう!


とはいえ、うちの子供にとってはとても楽しくて満足だったみたいです。

小学生以下の子供参加者全員に、今回チョコレートが出来るまでを学んだ証として
「チョコレート博士認定証」というカードがプレゼントされました。

まぁ、お菓子工場だということであれこれと期待し過ぎずに、
あくまでも一企業の施設を見学しに行ったと思えば良しっていう感じでしょうか!?



ここがオススメ!

 グリコの歴史やチョコレートが出来るまでの流れがよく分かる!

 プリッツやポッキーが出来るまでの製造工程が目の前で見れます!

 3Dシアターをはじめ子供が楽しめるように工夫されています!


ここはイマイチ!

× 送迎バスすらなく最寄駅の西神中央駅から市営バスかタクシーを利用

× 試食のサービスはありません。売店で各自購入する有料販売のみです!

× おみやげ頂けるのはありがたいが、せめて製品を裸で渡さんといて!



最寄駅である神戸市営地下鉄の西神中央駅からは、
市営バスで約10分程度、タクシーで5分程度かかります。

車で行く場合は、敷地内に無料駐車場が完備されていますのでご安心を。

大人はイマイチでしたが、子供にとっては楽しめる工場見学スポットですね!!
無料で楽しめるということを考えれば行ってみる価値はあると思います。

完全電話予約制の人気スポットになりますので、ご予約はお早めに!



☆ グリコピア神戸 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ グリコピア神戸 工場見学案内ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


王子動物園

動物園・牧場
04 /02 2009
P3310197.jpg P3310198.jpg

神戸市灘区にある王子動物園に行って来ました!

ここは、パンダをはじめ約140種・約800点もの世界の動物たちがいて
動物科学資料館や、小さいながら遊園地もある神戸市立の動物園です。

現在パンダが見れるのは白浜アドベンチャーワールド
ここ王子動物園だけですし、希少動物のコアラもいますので、

日本国内でパンダとコアラが同時に見れる動物園は、
なんと、王子動物園だけ!! これは行く価値ありでしょう!


P3310211.jpg P3310209.jpg

ジャイアントパンダは2頭ですが、オリの中ではなく野外にいるので
笹を食べているシーンなどが開放的に間近で見ることができます。

やはりメインの動物なので、最前列は取り合いで人気がありました!

コアラはコアラ舎という建物の室内にいました。
ガラス越しに見るだけなのでちょっと残念かな!?


P3310219.jpg P3310233.jpg

定番のゾウやトラ・ライオンなどの猛獣系、キリン・カバなどの草食系
フラミンゴ・フクロウなどの鳥類、ゴリラ・チンパンジーなどのサル系、
アシカやペンギンなど、数多くの動物がところ狭しと展示されています。

動物の見せ方は、ほとんどがオリにいるのを覗き込んだり、遠目に見るという
昔ながらの動物園スタイルなので、動物を身近に感じるとまでは行かないかも…


P3310220.jpg P3310208.jpg
P3310237.jpg P3310217.jpg

民間の動物園や水族館のようなショーやイベントも特にないのは仕方ないですが
同じ公立の動物園でいえば、大阪の天王寺動物園の方がサバンナゾーンなどを
新設したりして、見せ方はここより一歩進化していってるように思います。

でも子供からすれば、「いろんな動物をいっぱい見た!」という満足感はあり!
うちの子供はとても喜んでいましたよ。 大人とは視点が違いますね(笑)


P3310221.jpg P3310223.jpg

園内で唯一、動物と直接触れ合えるのが「動物とこどもの国」というコーナー。

ここにはコアラ舎、リスと小鳥の森、ふれあい広場があります。
リスと小鳥の森は放し飼いされている大きなカゴの中を通り抜けることができて、
運よくリスが近くにいれば触ることも可能みたいですよ~


P3310230.jpg P3310229.jpg

ふれあい広場では、ヤギ・ヒツジ・アヒルなどが放し飼いされていて、
ウサギやモルモットは抱っこしたり触ったりできます!

但し、長~い行列に並ぶ覚悟がいりますけど・・・

私たちが訪れたのは春休みだったので、ありえへん程の順番待ちでした。


P3310239.jpg P3310214.jpg

そして、動物エリア以上に??人気があったのは遊園地コーナー!

ちょっと昭和の香りが漂っている古い遊具設備が多くて、敷地も狭いけど
子ども達にとってはどれも楽しそうなモノがたくさんありました。


P3310200.jpg P3310202.jpg
P3310204.jpg P3310247.jpg

観覧車や飛行機、メリーゴーランド、汽車など乗り物系ばかりですが、
ほとんどが1回100~300円なので気軽に遊ばせることができます。

どちらかというと幼稚園児や小学生前半くらいの子供向けでしょう。

スリル系や危険なものは無かったので、その辺は安心ですね!


P3310241.jpg P3310248.jpg

いろいろ乗った感想としては・・・ どれも乗車時間が短い!!

子供も不完全燃焼気味な乗車時間の短さなので、次はこれ乗りたい!
次はこれ乗る!! ってなんやかんやお金が飛んでいきました(笑)

う~ん これは動物園側の作戦なんでしょうか??


食堂や売店もこの遊園地コーナーにあり、値段もそんな高くなかったです。



ここがオススメ!

 パンダとコアラが同時に見れるのは日本でここだけ!

 遊園地もあって子供さんはめっちゃ楽しいでしょう!

 入場料が安い! 大人600円で、小学生以下はなんと無料!


ここはイマイチ!

× 昔ながらの動物園スタイル! ただ見るだけって感じです…

× 動物と触れ合える場所が1箇所だけで休日は長蛇の列!

× 遊園地の乗り物がどれも乗車時間短すぎて不完全燃焼!



まぁ、公立の動物園なんで多くを求めるのは無理でしょうが、

この入場料の安さで、パンダをはじめ数多くの動物を見ることができて
遊園地まであると考えると、家族でのおでかけ先としてお勧めですね!


車の場合、駐車台数が少なめで、休日はすぐに満車になります!
(駐車料金は1時間200~300円くらいなのでとても安いです)

阪急・王子公園駅が目の前にありますし、JR・灘駅からも徒歩5分なので
できれば公共交通機関で行く方が無難だと思います。


一通り動物を見て周り、遊園地で遊んで、たぶん3~4時間くらいかな?

天気の良い日にお弁当を持って、是非おでかけしてみましょう!



☆ 王子動物園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 神戸市立王子動物園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

神戸ポートタワー (メリケンパーク)

展望台・夜景・風景
02 /21 2009
P2080088b.jpg

神戸市中央区のメリケンパークにある神戸ポートタワーへ行って来ました!

神戸ポートタワーは世界最初のパイプ構造の観光タワーということで
このユニークな形は、建築学会など多くの賞を受賞しているそうです。

ミナト神戸のシンボルとして、ウォーターフロントのメリケンパークと良く
マッチしていてメッチャお洒落な感じや~ (通天閣とは全然違う・・・)


P2080061.jpg P2080068.jpg
P2080069.jpg P2080062.jpg

エレベータで展望台に昇ってみると、絶景が目の前に広がる!!

メリケンパークはもちろん、対岸のハーバーランドやポートアイランド、
六甲山の裾に広がる神戸の街並み、神戸空港や遠くには淡路島など、
港町・神戸の景色が360度の大パノラマで見渡せます!

天気の良い昼間でも景色は最高でしたが、夜景はもっと凄いやろな~


P2080065.jpg P2080071.jpg

展望フロアが思った以上に狭いので、人が多いとゆったりと落ち着いて
景色を見ることが出来なかったのがちょっと残念ですが、
この絶景を見れるだけでも行く価値は大いにありでしょう!

写真はありませんが、床が約20分で一回転し、神戸の街並みや
海を眺めながら、お茶やお酒を飲むことが出来る回転喫茶室もあったので、
ここならゆったりと景色を堪能出来ますね~ 但し値段は高めです。

おみやげ屋さんには、神戸に関連したグッズなどが並んでいました。


P2080083.jpg P2080056.jpg
P2080077.jpg P2080084.jpg

そしてポートタワーが建っているメリケンパークですが、
海に囲まれていて、他に高い建物も少なく広々としていて爽快です!

メリケンパーク内には、神戸港の歴史が学べる「神戸海洋博物館」と
川崎重工の歴史が学べる「カワサキワールド」というのがあります。

こちらでは、カワサキ製の歴代バイクや、0系新幹線などが展示されているので、
男の子ならきっと喜ぶと思います。是非ここにも行って見て下さいね!


P2080089.jpg P2080080.jpg

パーク内には子供向けの遊具が無いのですが、復元帆船の「サンタマリア」をはじめ
超伝導電磁推進船「ヤマト1」やテクノスーパーライナー「疾風」などの船が
展示されており、広場もあって走りまわれるので子供も十分に楽しめます!


P2080059.jpg P2080091.jpg

せっかく海へ来たなら、神戸港や明石海峡を観光できるクルーズ船はいかが?

「ルミナス神戸」や「かもめりあ」などが出ていますし、対岸のハーバーランドからは
有名な「コンチェルト」も出ているので、余裕があれば優雅にクルーズもいいかも~



ここがオススメ!

 ポートタワーは港町・神戸が360度見渡せて絶景です!

 せっかく行くならカワサキワールドと海洋博物館もセットで!

 元町やハーバーランドのモザイクも近くて一日楽しめます!


ここはイマイチ!

× 展望フロアが狭いので、休日など人が多いと落ち着きません!

 遊具が無いので、無料エリアだけなら時間が持たないかも・・・

 海洋博物館・カワサキワールドは17時で閉館(入場16時半まで)



駐車場は、メリケンパーク内にありますが休日は満車確実です。
駐車場待ちでしばらく時間かかる可能性もあるので注意!
(料金は30分200円)

電車の場合は、最寄駅の元町から徒歩で15分程度かかります。


ポートタワーの入場料金は大人500円ですが、公式ホームページから
割引チケットが入手できますので、事前にプリントアウトしておきましょう!

また、ポートタワーと神戸海洋博物館とカワサキワールドとの共通券も販売しており
大人800円、小中学生400円とお得に! 幼稚園児までは全て入場無料でOK!


出来れば先にメリケンパークや神戸海洋博物館とカワサキワールドで遊んでおいて
夕方頃からポートタワーに昇って、神戸の夜景を楽しむというのもアリですね!



☆ 神戸ポートタワー (メリケンパーク) ☆

詳しい営業案内やアクセスは以下のリンクページでご確認下さい
→ 神戸ポートタワー 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 神戸海洋博物館 公式ホームページ
→ カワサキワールド 公式ホームページ
→ 関西おでかけナビ(神戸海洋博物館・カワサキワールド)


有馬わんわんランド

動物園・牧場
01 /08 2007
<有馬わんわんランドは、2008年8月31日に閉園しました>

わんわん1

神戸・有馬温泉にある「有馬わんわんランド」に行ってきました!

世界のわんちゃん達が大集合している犬のテーマパークです。
もちろん可愛いわんちゃん達に直接ふれあえるので犬好きにはたまらない~

愛犬と一緒に入場可能なので、犬を飼っている人は是非ご一緒に!
リードを外して、芝生広場で思いっきり遊ばしてあげることが出来ます。

わんわん2 わんわん3
 
そして嬉しいことに、約100匹の中から気に入った犬をレンタルする事もOK!
かわいい犬と一緒に園内を自由に散歩することが出来ますよ!
犬を飼っていない人は、ぜひレンタルしてみましょう。


わんわん4 わんわん5
 
敷地面積が広いので、土日祝日でも比較的空いており、のびのびと遊べます。


わんわん6 わんわん7
 
(左)ふれあい広場                   (右)わんわんレース会場


ふれあい広場内には愛嬌のある犬達がたくさんおり、自由にふれあえます。
噛み付いたりする凶暴な犬はいないのでご安心を・・・小さな子供でもOK!

わんわんレースは1日に数回行われるメインイベントで、
6頭の犬が競ってゴールをめざす光景は、まさに迫力満点です!!

他には、芝生広場を一周する「わんわんトレイン」や「ミニ遊園地」などもありました。
小さなお子様なら喜びそうです! (うちの息子は喜んでました・・・)


ここがオススメ!

 愛犬と一緒に入場可能! 犬を飼ってなくてもレンタル可能!

 敷地が広く土日祝でも比較的空いており、のびのび遊べる!

 有馬温泉街から近いので、旅行・日帰り入浴のついでに行ける!


ここはイマイチ!

× 土日祝の入場料大人1500円?? 平日は1000円なのに・・・

 犬好きの人以外は短時間で飽きるかも!? 犬以外の遊び場少なし!

 車持ってなければ不便でしょう! 有馬温泉駅からは少し遠いです。


食事はレストラン(ドッグカフェ)があるので大丈夫! メニューも豊富です。

周辺道路や駐車場の案内で「有馬わんだガーデン」という記載がありますが、
現在は「有馬わんわんランド」に名称が変更になったみたいです。



☆ 有馬わんわんランド ☆

<有馬わんわんランドは、2008年8月31日に閉園しました>


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!