玄武洞公園

自然・環境・植物・昆虫・鳥
12 /24 2012
DSCN3268.jpg DSCN3303.jpg

兵庫県豊岡市にある玄武洞公園へ行って来ました!

ここは、豊岡市の円山川東岸にある洞窟・絶壁で、
玄武洞は160万年前に起こった火山活動でマグマが山頂から流れ出し
冷え固まる時に、規則正しいきれいな割れ目をつくりだしたもので、
国の天然記念物に指定されています。

現在では、青龍洞・白虎洞・南朱雀洞・北朱雀洞の洞窟と
玄武洞ミュージアムと合わせ、玄武洞公園として整備されており
城崎温泉からも近い観光スポットとして親しまれています。


DSCN3271.jpg DSCN3272.jpg

玄武洞公園の中心にある「玄武洞」は、採石場として人工的に作られた洞穴と
掘り残された柱との対比がダイナミックな景観を見せています。

玄武洞の名前は、この地を訪れた江戸時代後期の儒学者・柴野栗山が
この洞の岩石が作り出す節理の形や断面の模様などから、
中国の妖獣「玄武」を連想し「玄武洞」と命名したのが由来です。


DSCN3270.jpg DSCN3277.jpg
DSCN3295.jpg DSCN3297.jpg

公園内には5つの「洞」があり、なだらかで長い石段が続く山道を
散歩感覚で巡って行きます。全て見て廻る所要時間は30分程度でしょう。
途中で円山川を望む休憩スポットもありました。


DSCN3284.jpg DSCN3281.jpg

玄武洞とともに天然記念物に指定されている「青龍洞」は、
岩石に見られる規則正しい割れ目の節理が柱のようになった
柱状節理が美しく、玄武洞の中では最も長い節理が見られます。
洞の高さは33m、巾40mで石柱は中央に向かって傾斜しており、
長い節理は1個で15mに及ぶものもあります。


DSCN3289.jpg DSCN3286.jpg

「白虎洞」では、水平方向に伸びた柱状節理の断面を間近に見る事が出来ます。
傾斜をした地形の上に流れて固まったためか、出来る時の地すべりか、
地震によって移動したためだともいわれています。


DSCN3292.jpg DSCN3296.jpg

玄武洞以外の4つの洞の名前は、天の四方を守る4つの神の名前を取って
付けられたもので、この「北朱雀洞」は羽をひろげた朱雀の姿に似ている
ことから名付けられています。


DSCN3291.jpg DSCN3290.jpg

「南朱雀洞」は、全てが小さいけれどよくまとまっている洞です。
玄武洞はみな、洞を大きく眺めると全体として球状の形になっており、
ここから一番最後の熱が抜け出したと考えられています。


DSCN3298.jpg DSCN3300.jpg
DSCN3299.jpg DSCN3301.jpg

公園入口前には、玄武洞ミュージアムという博物館があります。
玄武洞の石に残る南を向く磁性が、地球のしくみを私たちに教えてくれる事を
紹介するとともに、宝石・鉱物・奇石・化石など大自然の驚異が尽きることなく
集められています。地球をつくる鉱物が結晶して神秘な世界を作り出すことや、
生物の誕生と進化についてもご覧いただける「世界の石の花・華の博物館」です。

入館料は、大人(中学生以上):600円 小人(幼稚園以上):300円です。
1階部分の売店では、様々な鉱物グッズや豊岡カバンのおみやげが置いてあり
こちらは入場無料となっています。


玄武洞公園への公共交通機関アクセスについては、
JR玄武洞駅からゆったりと円山川を渡る渡し船で行く方法(片道大人300円)と、
JR城崎温泉駅から出ているシャトルバスで行く方法があります。
シャトルバスは土日祝限定で午前中のみ6便(3往復)運行しています。

JRやバスの本数が少なく時間も限られているので、
都合が合わない場合はタクシーで行くしかないです。私達が乗ったタクシーでは
城崎温泉駅から10分程度で、運賃は1800円くらいでした。

自家用車の場合は、公園前に無料駐車場があります。

城崎温泉から近いので温泉旅行のついでに是非寄ってみましょう!



ここがオススメ!

 玄武洞と青龍洞は国の天然記念物! 見応えがあります

 城崎温泉から車で10分程度。城崎観光のついでにどうぞ!


ここはイマイチ!

× 公共交通機関でのアクセスは不便! 車かタクシーが無難です

 子供が遊ぶような所は無く、見学所要時間は30分くらいです



☆ 玄武洞公園 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 城崎温泉公式サイト 玄武洞ページ
→ 玄武洞ミュージアム ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


城崎マリンワールド

水族館
03 /21 2009
P3180136.jpg

兵庫県豊岡市にある城崎マリンワールドに行ってきました!

城崎温泉の近くにある、いわゆる水族館ですが、
ここのコンセプトは「水族館以上、であること」ということで
ただ単に水槽の中を泳ぐ魚たちを見るだけではなく
アトラクションや体験に力を入れているので、めっちゃ楽しめて良い所です!


P3180141.jpg P3180140.jpg
P3180175.jpg P3180174.jpg

入場するとすぐにある「シーズー」というエリアには地元の円山川や
日和山海岸の生き物を中心に大きな水槽等で生態を再現しています。

ここで飼育されている特別天然記念物のオオサンショウウオが、
日本動物園水族館協会に加盟している園館の中で一番大きなサイズらしいです。
なんと!体長143cm、まだまだ大きくなりそうなので是非見てみましょう。

ここのエリアに関しては、よくある水族館の風景といった感じですかね~


P3180171.jpg P3180166.jpg

セイウチに会えるのは近畿地方ではここだけだそうです。
とにかく大きさにはビックリしました・・・これは必見ですね~

隣にはアザラシもいますが、どれもみんなとても愛嬌があって可愛いです。
水槽越しでも一緒に遊ぶことが出来て人懐っこい感じがめっちゃ癒されました!


P3180145.jpg P3180142.jpg
P3180146.jpg P3180150.jpg

水槽のコーナーは少しだけで、あとは様々なショーや体験が出来るエリアになります。

600kgの巨体であるトドが高さ7mの岩からダイビングするのは大迫力!

私たちの目の前を可愛いペンギンたちがヨチヨチと散歩するショーでは、
散歩したいペンギンだけが気ままにお出かけするみたいですよ!

うちの息子はこれが一番興奮して喜んでいましたね~


P3180161.jpg P3180155.jpg
P3180156.jpg P3180159.jpg

次に「ダイブ」というエリアには、様々な体験が出来るコーナーがあります。

有料オプションになる「ダイブアドベンチャー」では、(写真左上)
日和山海岸の自然を360度の映像と音響を融合させて
ダイビングの感覚を服のままで体験出来るという最新のアトラクション!

「ロックフィールド」は、日和山海岸の磯場を再現した潮だまり。
潮の干満が起きる岩場で、ヒトデやウニなどに触れることができる体験スペース。

百聞よりも一見よりも、実際に触れてみること。そうすればきっと海の生き物たちに
ついて何か発見できますよ! でかいタコにも触れました(笑) 


P3180165.jpg P3180158.jpg

これもオプションで別料金になりますが、イルカと触れ合えるドルフィンタッチや
イルカのトレーナーを体験したり、一緒に泳いだりエサをあげたりも出来ます。

イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムは5000円もするので値段が微妙ですが、
是非とも体験してみたい!! ちなみにドルフィンタッチなら500円でOK!


P3180182.jpg P3180183.jpg

そして、定番のイルカ・アシカ・ペンギンのショーがある「シーランドスタジアム」
ここは他の水族館施設とだいたい同じようなショー内容でした。

希望者はショーに一緒に参加することが出来るので、ぜひ手を挙げてみては??


P3180176.jpg P3180177.jpg

いろいろな体験が出来るということで「アジ釣り」のコーナーもあります!?

まさか水族館に来て釣りが出来るとは・・・しかも即天ぷらに!!

釣ったアジは「アジバー」というそのままな名前の所で天ぷらにしてくれます。
加工料は1匹30~50円。サオと餌は630円になります。

まぁ私は可愛い海の生き物をたくさん見た後なので釣りは遠慮しましたが(笑)


P3180149.jpg P3180178.jpg

ここ城崎マリンワールドは、日和山海岸に面しているので景色が最高!

館内からマリンビューという観光クルーザーが出ていて、
日和山海岸のダイナミックな景色を眺める船旅も体験出来ます。

その他設備として、レストランや軽食系の売店、おみやげ屋なども充実。

館内を全て見て周るのにおそらく半日は十分にかかりますので、
おでかけの際は、出来る限り時間に余裕を持って行きましょうね!



ここがオススメ!

 ただの水族館じゃない! いろんな体験コーナーが充実!

 アトラクションの数も多くて大人も子供も楽しめます!

 屋内施設なので雨の日でもOK! 城崎温泉からも近い!


ここはイマイチ!

× 大型水槽など泳ぐ魚系の設備は他の水族館より劣ります

 オプション料金の設定がちょっと高いような気がする!?



入場料は大人2,310円、小中学生 1,150円、幼児 570円 で2歳までは無料。
休館日はなく年中無休で9時~17時まで営業しています。

ただ見るだけの水族館ではなく、様々な体験が出来て楽しめるので、
城崎温泉方面へおでかけの際には必ずここもセットで行ってみましょう!



☆ 城崎マリンワールド ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 城崎マリンワールド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


コウノトリの郷公園

動物園・牧場
03 /20 2009
P3180117.jpg

兵庫県豊岡市にあるコウノトリの郷公園に行ってきました!

国の天然記念物に指定されているコウノトリが日本の空から消えて
30年以上が経過し、絶滅寸前のなか最後の生息地となった豊岡地方で
人工飼育を開始し保護・繁殖に努めながら、野生化の可能性をも含めた
新たな視点に立って、人とコウノトリの共生できる環境と学習の場を提供
することを目的として整備された施設です。


P3180128.jpg P3180130.jpg

毎年のように繁殖に成功して、広大な敷地には約100羽ほどのコウノトリが
いるそうですが、残念ながら公園内のほとんどは非公開ゾーンとなっており、
実際にコウノトリを繁殖させているエリアは見ることができません・・・


P3180119.jpg P3180120.jpg
P3180121.jpg P3180122.jpg

正面入口すぐのところに「コウノトリ文化館」という屋内展示施設があり、
ここの中にある展示資料や剥製でコウノトリについて学ぶという感じになります。

といっても展示品が少なく、たぶん10分~15分もあれば全て見終わるでしょう。

コウノトリの郷公園もコウノトリ文化館もどちらも入場無料ですが、
協力金という名目で100円を募金する箱が入口に置いてありました。
(強制ではありませんが、ぜひ募金しましょう!)


P3180129.jpg P3180124.jpg

せっかく来たからには剥製ではなくて本物のコウノトリを見たい!ということで
コウノトリ文化館を出たところには少しだけ公開ゲージのエリアがあります。

間近とはいきませんが、生きたコウノトリも一応見ることが出来ますよ~!

しかし遠目にしか見れないので、よう分からん!? 残念・・・


コウノトリ以外には、自然観察路というのがあり、季節の植物や昆虫や生き物を
観察しながら散歩することも出来ます。



ここがオススメ! 

 とりあえず、天然記念物を見た!という満足感はあるかな!?

 入場無料なので、城崎方面へ行く際はついでに寄ってみましょう!

 自然がいっぱいで散歩道もあり、展望台からの眺めは癒されます


ここはイマイチ! 

× ほとんどが非公開エリア! コウノトリは間近で見れません!

× 遊び場も無く1時間も滞在すれば飽きると思います 

× 飲み物の自動販売機がどこを探してもありませんでした・・・



まぁ、このコウノトリの郷公園だけを目的に行くようなところではありませんね~

場所的には城崎温泉や出石そばを食べに行くついでに立ち寄るといった感じかな?
入場は無料なんで、時間に余裕があれば行ってみてもいいと思います!



☆ コウノトリの郷公園 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 兵庫県立コウノトリの郷公園 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!