和歌山マリーナシティ 海釣り公園

魚釣り
12 /02 2016
IMG_1806_201611141457376ba.jpg IMG_1839_201611141457367ec.jpg

和歌山市にある和歌山マリーナシティ・海釣り公園へ行って来ました!

この施設には、「海洋釣り堀」と「釣り公園」の2つの釣りスポットがあり、
初心者からベテランまで、また家族みんなで釣りを楽しむことが出来ます。


IMG_1821.jpg

海洋釣り堀では、釣り台が全長440m(水深6m)で、収容人数は220人、
タイやハマチ、カンパチなど釣り応えのある大型活魚を常時放流しています。

もちろん釣れた魚は全て持ち帰り可能ですし、もし釣れない場合でも、
1日入場でタイ2尾、半日入場でタイ1尾の保証があります。

入場料は、1日入場(7時半~15時)で 大人:10,300円、小学生:6,200円
半日入場(10時半~15時)で 大人:7,200円、小学生:4,100円
釣竿をレンタルされる場合は、仕掛け+1本の替え針付きで1本1,500円


IMG_1819.jpg

そして釣り上げた魚は、敷地内にある喫茶ボルドゥにて
お刺身や三枚下しに捌いてくれるサービス(有料)も行ってます。
「さばくのが苦手」という方でも安心ですね。
お魚の調理を気にすることなく、思う存分釣りを満喫することが出来ます。



IMG_1816.jpg IMG_1817.jpg
IMG_1813.jpg IMG_1815.jpg

釣り公園は全長570m(水深5~7m)の防波堤を利用した「釣り護岸」で、
豊かな天然魚の宝庫である和歌浦に連なる波止釣りスポットで、
季節によってカレイ・チヌ・アジ・サバ・キス・ガシラ・ベラ・カワハギなどが釣れます。

園内は安全柵の採用やライフジャケットの貸出(無料)など安全上の対策も万全で、
初心者の方や小さなお子様も安心して釣りをお楽しみいただけます。

営業時間は、11〜3月:午前7時~午後5時  4〜10月:午前6時~午後6時

入園料は、大人:800円、小学生:500円
釣竿をレンタルされる場合は、サビキ仕掛け付きで1本1,500円


IMG_1810.jpg IMG_1833.jpg

私たちはサビキ釣りをしましたが、2~3時間で小アジを中心に
100匹以上も釣れる入れ食い状態で、子供は大喜びしていました(笑)


IMG_1818.jpg IMG_1820.jpg

そして有料釣り公園のメリットは何といっても、トイレや手洗い場が完備!
その他にも釣り具やエサの売店、飲料自販機や軽食の販売があるので
長時間滞在でも安心して釣りが可能です。

また、駐車場もすぐ目の前にあるので、荷物の運搬が楽ですね。
駐車料金は1回1,000円となっています。


その他、和歌山マリーナシティには、ポルトヨーロッパや黒潮市場、
日帰り温泉などがある複合テーマパークとなっており、
なんと釣り公園やポルトヨーロッパでは、ペット(小型犬)の同伴入場が可能!
愛犬家にとっても嬉しいレジャー施設ですね。

詳しくは別記事をご覧ください。
→ 関西おでかけナビ 「和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ」



ここがオススメ!

 有料施設なので設備面が充実! 安心して釣りが出来る

 結構みなさん釣れていましたよ! 子供が喜びますね~

 釣り以外にもマリーナシティは一日中家族で楽しめます!



☆ 和歌山マリーナシティ 海釣り公園 ☆

アクセス方法、詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 和歌山マリーナシティ海釣り公園・海洋釣り堀 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 和歌山マリーナシティ 公式ホームページ
→ ポルトヨーロッパ 紹介ページ
→ 黒潮市場 紹介ページ
→ 関西おでかけナビ 「和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ」


和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ

テーマパーク・遊園地
11 /06 2016
IMG_1806.jpg IMG_1849.jpg

和歌山市にある和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパへ行って来ました!

ここは和歌山市毛見沖に作られた人工島にあるリゾート施設で、
1994年世界リゾート博覧会に合わせて建設されました。

島ではアミューズメントパークのポルトヨーロッパが人気ですが、
他にもホテルや黒潮市場、紀州黒潮温泉、海釣り公園等の施設があり、
和歌山の美しい海を味わいながら楽しめるリゾート施設になっています。


IMG_1846.jpg IMG_1847.jpg
IMG_1845.jpg IMG_1843.jpg

メインとなるポルトヨーロッパは、地中海をイメージした西洋を感じさせる建物や
潮の香りがする海がリゾート地の雰囲気を醸し出しています。

なんとポルトヨーロッパの入園料は無料! 
そしてここは全国のテーマパークや遊園地では珍しいペット同伴入園が可能!
家族で気軽に行けて、愛犬家にとっても嬉しいおでかけ施設ですね。


IMG_1840.jpg IMG_1841.jpg
IMG_1854.jpg IMG_1842.jpg

遊園地ゾーンは主に幼児から小学低学年の小さなお子様向けとなっており
乗り物・ショーイベントなど20を超えるアトラクションがありますが、
これはもちろん有料で、アトラクションフリーパスの料金は、
中学生以上の大人が2,700円、3歳以上の子供が2,300円となります。


IMG_1858.jpg IMG_1855.jpg

スリル・絶叫系というアトラクションはなく、小さな子供が安心して遊べますが
小学生でも高学年になってくるとたぶん物足りなさを感じると思います…
アトラクション数もそんな多くないので、フリーパス購入は迷うかも!?


無題 IMG_1853.jpg

園内の運河にはなんとイルカが泳いでいました。
イルカたちが時にかわいく、時にダイナミックにパフォーマンス!
毎日1~2回 ドルフィンパフォーマンスが開催されています。
こちらのショーは観覧無料です。

その他、巨大迷路や宝探し、鉄道模型フェスティバルなど様々なイベントや
動物とのふれあいコーナーがありました。 
このイベント系はアトラクションフリーパスは使えず別途料金となります。


IMG_1859.jpg IMG_1848.jpg
IMG_1850.jpg IMG_1839.jpg

ポルトヨーロッパ以外の施設ですが、
お食事が出来るまぐろのテーマパーク黒潮市場、
目の前に絶景の眺望が広がる天然の紀州黒潮温泉、
地元和歌山の生産農家から届いた新鮮な果物や野菜などが買える
紀ノ国フルーツ村、手ぶらで安全に釣りが楽しめる海釣り公園など
和歌山マリーナシティは家族で一日遊んで楽しめるリゾートアイランドです!

海釣り公園については、別記事でご紹介していますので
こちらからご確認ください。
関西おでかけナビ 和歌山マリーナシティ 海釣り公園


ここがオススメ!

 遊園地・市場・食事・釣り・温泉と家族で一日楽しめます!

 ポルトヨーロッパは入園無料! ペット同伴可能!


ここはイマイチ!

× アトラクションがしょぼ過ぎでフリーパスにするのは悩む…



☆ 和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ ☆

詳しい営業案内・施設情報、アクセス方法は以下のホームページでご確認ください
→ 和歌山マリーナシティ 公式ホームページ
→ ポルトヨーロッパ 紹介ページ
→ 黒潮市場 紹介ページ
→ 海釣り公園 紹介ページ
→ 関西おでかけナビ 和歌山マリーナシティ 海釣り公園
→ 紀ノ国フルーツ村 紹介ページ


びわ湖バレイ (グリーンシーズン)

展望台・夜景・風景
11 /03 2015
IMG_8640.jpg

滋賀県大津市にある「びわ湖バレイ」へ行って来ました!

ここは、琵琶湖西岸にそびえる比良山系にある都市近郊型スキー場で、
京阪神からも近く、高速1本・京都東ICから約40分とアクセスも抜群!
六甲山と並んで、関西から気軽に行けるスキー場として人気です。


DSC_0054_2015110213374280f.jpg DSC_0169_2015110213374153f.jpg

スキーオフシーズンの春から秋にかけては、グリーシーズンとして営業しており
日本一の高速ロープウェイ、日本一の琵琶湖の絶景、絶景レストラン、
四季を彩る花や恋人の聖地、話題のジップラインアドベンチャーを始め
子供達が楽しめる手作りの遊具がたくさん設置された展望観光スポットになります。

今回はグリーンシーズンの「びわ湖バレイ」についてご紹介していきます。


DSC_0057_20151102133955209.jpg DSC_0174_2015110213420051b.jpg
DSC_0177.jpg DSC_0064_20151102134159550.jpg

ここのロープウェイは日本一の速さを誇り、標高1,100mの山頂まで4分で到着!
360度ガラス張りのキャビンからは、眼下の琵琶湖をはじめ京都市内や
大阪のビル群まで雄大な眺望がパノラマで楽しめます。
全長1,783m/高低差782.23m/秒速12m/乗車定員121名

そして愛犬家には嬉しいことに、グリーンシーズン(4月~11月)は
犬をケージやキャリーバッグなどに入れて一緒に乗車することが可能!
山上で愛犬と共にお散歩が出来るのはいいですね~


DSC_0059_20151102151036841.jpg DSC_0123_201511021510383e9.jpg
DSC_0120.jpg DSC_0076_20151102151037f31.jpg

ロープウェイ山頂駅を降りると、すぐに琵琶湖の大パノラマを望めて
広大な芝生広場も爽快で、来て良かった!ってすぐに実感すると思います。
(もちろん天気が晴れてたらですけどww)


DSC_0095_20151102151514b78.jpg DSC_0173_20151102154230a4e.jpg
DSC_0071.jpg DSC_0082_20151102151512db1.jpg

びわ湖バレイの山頂では様々な遊具やアクティビティがたくさんあって
絶景と絶叫を楽しめるアトラクション系や、無料のハンドメイド遊具など、
子供はもちろん家族みんなで楽しめる遊びの設備が充実しています。


DSC_0136_20151102154236b61.jpg DSC_0166_20151102154234800.jpg

驚異の天空アスレチック「スカイウォーカー」は、森中に張り巡らした
ワイヤーを滑車を使って飛びまくる話題のジップライン・アドベンチャー!
小鳥さえずる森の中、地上数メートルの樹上を様々なトラップをクリアしながら
木から木へ歩いて進む絶景・絶叫アドベンチャーです。

標高1,100mはアスレチックで関西最高峰!
充実のチャレンジコース、ご家族で楽しめるファミリーコースがあり、
全部で4コース18アイテムというクラス最高レベルの充実レイアウトで楽めます。
※ 料金は、チャレンジコース(初・中・上級);2,600円 ファミリーコース;1,600円


DSC_0105_20151102152210e13.jpg DSC_0102.jpg
DSC_0099.jpg DSC_0091_201511021522075f0.jpg

サマーランドでは、そり滑りやアクアボート、ザリガニ釣り等が楽しめます。
笹平遊びの広場では、山の斜面を活かしたコロコロバッティングやゴルフ、
懐かしい竹馬や輪投げ、ミニマウンテンバイクのオフロードコース、
50mもあるカベ横歩きなど、とにかくたくさんの遊具類があって飽きません。


DSC_0111.jpg DSC_0112.jpg
DSC_0109_201511021525041d3.jpg DSC_0126_201511021525023d9.jpg

そして琵琶湖を絶景を見下ろせるブランコはめっちゃ爽快!
ここは大人にも人気で結構お父さんお母さんやカップルが乗ってました。
同じく絶景を見ながら楽しめる大すべり台がありましたが
今回訪問時(2015年9月)は改修中で使用不可でした。これも気持ち良さそう!

この笹平遊びの広場やサマーランド、スカイウォーカーなどのアトラクションは、
10月末や11月上旬には営業を終了するので、この時期に訪れる際には
公式ホームページ上営業期間を事前チェックしといて下さい。 


DSC_0085_20151102151719a67.jpg DSC_0084_20151102151718eca.jpg

なんと、ワンちゃんのためにドッグランまでありました!
今回私達は、愛犬トイプードルを一緒に山頂まで連れて行きましたが、
リードを外して自由に走り廻れることが出来てとても喜んでいました。


DSC_0077.jpg DSC_0140.jpg
DSC_0075.jpg DSC_0138.jpg

ロープウェイの山頂駅から、さらに打見ペアリフトとホーライペアリフトの
2本を乗り継ぐと、蓬莱山頂まで行くことが出来ます。
徒歩でも蓬莱山頂へ行けますがメッチャしんどいのでリフトがお勧めですね…
※ リフトは片道300円(大人・小人とも)で、1日券は1,000円(大人) 800円(小人)


DSC_0143_201511021536338ac.jpg DSC_0149_2015110215462492e.jpg
IMG_8610.jpg IMG_8633.jpg

蓬莱山の標高は1,174mで、山頂まで登るとさらに景色が良くなります!
もちろん冬はスキー場になるということで、木など眺望を遮るものは無いし
一面が芝生だらけなので、ほんまに気持ちの良い絶景が眼下に広がります。
せっかくびわ湖バレイに来たのなら、ここまでは絶対に登ってみましょう!


DSC_0170_20151102133744b26.jpg DSC_0103_20151102154232a68.jpg

飲食関係は、琵琶湖の絶景を見ながら食事ができるレストランやカフェがあり、
レストランはバイキングスタイルで、約30種類のメニューがあります。
スカイカフェでは麺・丼ものや軽食が中心、土日限定でOPENする展望カフェは
山頂のオープンカフェとしても大人気です。
その他に飲料自販機が設置されていますが、場所柄もあってちょっと高いww


びわ湖バレイと言えば、スキー場というイメージだったので
雪が無いシーズンはただの野原で何も無いと勝手に想像していましたが、
琵琶湖を見渡す景色は良いし、子供の遊具がたくさん設置してあるので、
観光スポットして子連れ家族でも行っても十分に楽しめます!

また、冬季営業に関しての詳細情報は、
ウィンターシーズン用のホームページでご確認下さい
→ びわ湖バレイ 公式ホームページ (ウィンターシーズン)



ここがオススメ!

 とにかく絶景! 琵琶湖がパノラマで見渡せます

 子供が楽しめる遊具類がたくさんあって喜ぶでしょう!

 犬も一緒にロープウェイへ乗車可能! ドッグランも有り


ここはイマイチ!

× ベンチなど座る所が少ないです。レジャーシートはお忘れなく!

× 飲食関係はやはり割高ですね。出来れば弁当&水筒持参で!



☆ びわ湖バレイ ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページをご確認下さい
→ びわ湖バレイ 公式ホームページ (グリーンシーズン)
→ びわ湖バレイ 公式ホームページ (ウィンターシーズン)
→ びわ湖バレイ 公式Facebook
→ Google Mapで場所を確認する


尼崎スポーツの森(アマラーゴ)/尼崎の森中央緑地

屋外プール
06 /02 2015
IMG_6768.jpg IMG_6763.jpg

兵庫県尼崎市にある「尼崎の森中央緑地」へ行って来ました!

ここには、かつて工場群がありましたが、バブル以降の不景気などで撤退したため
その跡地を兵庫県が買い取って、北側部分を、「尼崎スポーツの森」として
平成18年にオープンさせ、残りの南部分はまだ未完成な所が多いですが
生物多様性を最大限に尊重した県立公園として現在も整備を進めています。


<尼崎スポーツの森>
IMG_6782.jpg IMG_6766.jpg

メイン施設となる「尼崎スポーツの森」エリアは、
この1カ所で様々なスポーツが楽しめる西日本で最も大きな複合スポーツ施設
となっており、気軽に健康増進の役に立てるスポーツアイテムが満載です!

「フィットネスクラブ」 や「プール」 はもちろん、今大人気の「フットサル」 や
気軽に楽しめる 「グラウンド・ゴルフ」、ファミリーやカップル・友達同士で 楽しめる
「ウォーターパーク・アマラーゴ」 などの各スポーツ施設の他にも、
憩いのスペースとなる施設や多目的広場などもあります。
またメインプール棟は冬季期間になると「アイススケート場」へと変わります。


IMG_6770.jpg IMG_6772.jpg

フットサルコートは、ブラジルのパルメイラスと提携して10年になる
「セレゾン・プロジェクト」直営で、ケガや足腰の負担を心配せずに、
もっとフットサルを楽しんで欲しいと誕生した最新型の人工芝を採用!
クラブハウスや、広い観覧スタンドもあって本格的な設備となっています。
→ フットサルコートの詳細はこちら


IMG_6776.jpg IMG_6781.jpg

「グラウンド・ゴルフガーデン」は、16面ある天然芝のグラウンド・ゴルフ場で、
パターゴルフのような感覚でルールも簡単なので、小さいお子さんから高齢者まで
みんなが気軽に楽しめるゴルフゲームです。
→ グランドゴルフの料金等詳細はこちら

また、「森のこども広場」は、森の中にある秘密基地のような非日常的な円形空間に
浮遊感を高めるネット遊具や、ビニールボールを敷き詰めた遊びを活性化する
アイテムを配置し、子供達が自由な発想で遊ぶことができる空間です。
こちらは小学3年生以下限定の遊び場となり、料金は1人200円(2時間)です。


<ウォーターパーク・アマラーゴ>
IMG_6767.jpg IMG_6773.jpg
IMG_6775.jpg IMG_6774.jpg

そして、夏季シーズン限定でオープンするウォーターパーク「アマラーゴ」ですが、
ネーミング由来は、「尼崎」の「アマ」にイタリア語で泉の意味の「ラ-ゴ」を合わせて
「みんなが集まる尼崎の泉」という意味だそうです。


IMG_6785.jpg IMG_6787.jpg

専用の大型チューブに乗って滑り降りるスライダー「リバーライド」と
約9m以上の高低差を描きながら滑降するスライダー「ボディスライダー」の
2本のウォータースライダー、また子供達が楽しめる遊具プール、
波の出る造波プール、造波プールと一体式の流水プールなど、
子供から大人まで楽しめるアイテムが満載です!

アマラーゴの入園料は、大人1300円・小学生700円・中高生800円
高齢者(65歳以上)800円・未就学児は無料となっています。
→ アマラーゴの詳しい営業案内はこちら


<尼崎の森 中央緑地>
IMG_6749.jpg IMG_6750.jpg
IMG_6751.jpg IMG_6761.jpg

現在、整備が進められている途中の「尼崎の森中央緑地」は、
「地域を育てる森づくり」を基本理念に掲げ、海に面した立地を生かし、
失われた自然環境を回復・育成するとともに、大阪湾臨海部と内陸部の
自然環境を結びつける結節点とし、大阪湾ベイエリアでの自然環境の
広域拠点となることを目標にしています。


IMG_6752.jpg IMG_6755.jpg
IMG_6757.jpg IMG_6758.jpg

尼崎の森中央緑地は3つの森で構成され、
それぞれの森には各ゾーンにあった施設・設備の整備が行われています。

①散策やレクリエーション等ができる開放的で明るい疎林ゾーン
  ・センターエリア ・スポーツ健康エリア →スポーツの森
②適切な維持管理により四季折々の自然が楽しめる落葉広葉樹林ゾーン
  ・県民の森 ・水辺の散策路(ジョギングコースなど)
③地域の原生的自然である照葉樹林ゾーン
  ・自然の森エリア ・海辺エリア

現在はまだまだ整備中なので、ただ芝生があるだけのような感じ・・・
スポーツの森エリア以外には子供が楽しめるような遊具とかはありません。


IMG_6790.jpg IMG_6791.jpg
IMG_6793.jpg IMG_6794.jpg

「はじまりの森」は、中央緑地で最初に森づくりが始まったところで、
平成18年に最初に苗木が植えられたところでもあります。
約30haの土地に今後植える予定の色々なタイプの森を揃えた
いわば「森の見本園」みたいな感じですね!


IMG_6796.jpg IMG_6795.jpg

「苗木を育てる工場」では、中央緑地で植える苗木を「タネ」から育てています。
タネには形や性質など大切な情報が詰まっていて、タネから育てることによって
その土地によくあった丈夫な森に育つそうです。こだわってますね~


IMG_6765.jpg IMG_6748.jpg

最後にアクセス面について、立地的には駅から遠い場所にありますが
JR立花駅や阪神甲子園駅から無料のシャトルバスが出ていますし
阪神出屋敷駅からは阪神バスが運行しています。

駐車場は合計1,000台も用意されていて料金は無料となっているので、
時間を気にせずに楽しむことが出来ます。

緑地部分はまだ整備途中ですが、特に夏季シーズンのプール遊びや、
グランドゴルフ・アイススケートなどが楽しめる「スポーツの森」はオススメです!



ここがオススメ!

 スリル満点のスライダーと6種の波があるプールで子供大喜び!

 アイススケート・グランドゴルフ・フットサルなども楽しめます!

 駐車場が無料なので時間を気にせずに遊べます


ここはイマイチ!

× 公園緑地部分には遊具類が一切なく残念ですね・・・

× 中央緑地はまだ整備途中なのでただ芝生があるだけです



☆ 尼崎スポーツの森(アマラーゴ)/尼崎の森中央緑地 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内等は以下のホームページでご確認下さい
→ 尼崎スポーツの森 公式ホームページ
→ 兵庫県/尼崎の森中央緑地 案内ページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 なるかわ園地

ハイキング・登山
05 /12 2015
DSC_0356_20150428134531458.jpg DSC_0364.jpg

大阪府東大阪市にある「府民の森なるかわ園地」へ行って来ました!

ここは、生駒山系の西斜面に続く広大な自然公園で、
暗峠の下から鳴川峠を越えて約160haにも及ぶ広大な園地には、
ハイキングや散策が楽しめる何本もの遊歩道が整備されています。

最高地点にある「ぼくらの広場」からは、大阪平野から大阪湾、六甲の山並み、
遠くには淡路島、南を向けば遥か葛城山・金剛山までの自然の大パノラマを
楽しむことができます。また、ツツジ園の見頃には多くの人で賑わいます。


DSC_0346.jpg DSC_0347.jpg
DSC_0348.jpg DSC_0344.jpg

ハイキングの起点となる「らくらくセンターハウス」は、
らくらく登山道の入口ゲートにあり、園地内の情報が得られるほか、
工作イベントなどが行われています。

また無料駐車場が完備(普通車:55台、障害者用:15台)されているので
ここからハイキングをスタートさせるのが便利です。
但し利用時間は、3~11月が9:00~17:00、12~2月が9:30~16:00までで
時間外は完全閉鎖となりますので、帰り時間には余裕を持って行きましょう。


DSC_0395_201504281400124df.jpg DSC_0390.jpg
DSC_0349_20150428135900484.jpg DSC_0392.jpg

らくらく登山道(全長2,700m)は、無料駐車場のある「らくらくセンターハウス」から
「せせらぎ広場」を経由して神津嶽ふれあい広場にいたるまでの登山道で、
なるかわ園地から他の中部園地(みずのみ、ぬかた、くさか)へのアクセスも可能!

自然とふれあいながら、誰もがゆったりとハイキングができるよう、
勾配を緩やかに(8%以下)、道幅もたっぷり取っているので
大人も子供も、車椅子やベビーカーでも、気軽に山登りを体験できます!


DSC_0359_20150428140248a04.jpg DSC_0357.jpg
DSC_0354.jpg DSC_0353_20150428140247c63.jpg

また、らくらく登山道以外にも、いくつもの登山道ルートがあります。
こちらは普通の山道となって、アップダウンが激しかったり足場が悪かったりと
子供には不向きですが、本格的なハイキングを楽しみたい方にはお勧めでしょう。


DSC_0383_201504281404335ff.jpg DSC_0345.jpg
DSC_0388.jpg DSC_0389.jpg

雄大な展望を楽しみ、一休みしながらハイキングが楽しめるように、
らくらく登山道の途中には展望休憩所があちこちにあります。
「みはらし休憩所」や「ふれあい広場」など至る所で休憩や遠望を楽しめる
スポットが点在しています。


DSC_0363.jpg DSC_0366.jpg
DSC_0367.jpg DSC_0370_201504281406061df.jpg

らくらく登山道から通常の登山コースへ入って山頂にある「ぼくらの広場」では
大阪平野から大阪湾、六甲山、淡路島などが大パノラマで楽しめます!!
園地最高地点から見える大阪平野の絶景眺望は素晴らしいの一言!! 


DSC_0373_20150428140732125.jpg DSC_0371_20150428140734e3e.jpg
DSC_0372.jpg DSC_0368.jpg

ぼくらの広場にはベンチや芝生広場もあるので、休憩スポットとして
シートを広げてお弁当を食べたり、お昼寝するにも最適ですね。


DSC_0375_20150428141027b19.jpg DSC_0380_20150428141027b7c.jpg
DSC_0381.jpg DSC_0382_20150428141025161.jpg

森のレストハウスは、山頂付近の「ぼくらの広場」に隣接している休憩所で、
テラスでお弁当を食べたり登山者のくつろぎスペースとなっています。


DSC_0376.jpg DSC_0377.jpg
DSC_0378_20150428141121a72.jpg DSC_0379.jpg

ハウス内では生駒山の四季折々の自然をパネル展示していたり、
園内の情報発信をしています。是非立ち寄ってみましょう。


この府民の森なるかわ園地は、他の中部園地(みずのみ、ぬかた、くさか)と
生駒山の西斜面側で隣接しており、続けて行ってみるのもいいですね!
大阪近郊でアクセス良く、気軽にハイキング&登山が楽しめるスポットでしょう。


ここがオススメ!

 ハイキングに最適! らくらく登山道コースも有り

 展望台から見える大阪平野の眺めは最高!


ここはイマイチ!

× らくらく登山道以外は足場が悪く子供には不向きかも?

× 駐車場が17時で完全閉鎖! 帰り時間は余裕を持って!



☆ 大阪府民の森 なるかわ園地 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府民の森 なるかわ園地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


あわじ花さじき

自然・環境・植物・昆虫・鳥
04 /14 2015
IMG_6212.jpg

兵庫県淡路市にある「あわじ花さじき」へ行って来ました!

ここは、花の島にふさわしい花の名所として平成10年4月に開園した県立公園で、
淡路島北側丘陵にある標高298~235mの海へ向かってなだらかに広がる高原に
一面の花畑が広がっています。面積は約15haで甲子園球場約4倍の敷地!

明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、季節により変わる花々が
夢の世界に誘います。眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる極上の見物席として
『あわじ花さじき』と命名されました。


IMG_6214.jpg DSC_0113.jpg
DSC_0110.jpg DSC_0109_2015041414194266e.jpg

私達が訪れたのは4月上旬の春シーズンで、広大な花畑エリアに広がっていた
大面積の「菜の花」がメッチャ綺麗でした~ 感動モノですねこれは! 
その他にも、ムラサキハナナ・リナリアの花畑が広がっていて黄色と紫色の色彩が
春を彩っています。また、4月下旬には愛らしいアイスランドポピーが満開となります。

7月~8月中旬にかけては、クレオメ・ひまわり・キバナコスモスが夏を彩って、
クレオメの花畑は西日本では珍しく、高原ならではの涼感が味わえる花です。    
また、8月中旬より晩秋までサルビアやブルーサルビアが見頃となります。

10月より11月初旬までは、大面積のコスモス畑が秋を彩ります。
黄色いコスモスやサルビアと合わせて色鮮やかな花畑を楽しめて、
11月中旬から2月までは、ストックの大花壇が「暖」を演出します。

→ 季節ごとの花カレンダーはこちら


DSC_0100.jpg DSC_0098.jpg
DSC_0103.jpg DSC_0101.jpg

あわじ花さじきのメイン花壇である「天空の花園」では、
その年々のテーマに合わせたデザインで草花を使った花絵を描く企画花壇です。
隣接する展望デッキより背景に広がるお花畑とあわせて楽しめます。

もうひとつの花壇エリアである「歓びの庭」では、
一年草から花灌木まで様々な品種が植栽された庭園ゾーンになっています。
一年草のエリアは、『歓びの瞳』を表現した瞳の形をした花壇と、
延長100mのボーダー花壇、花が上からふりそそぐ『花のカスケード』で
構成されています。花灌木のエリアは、カラーリーフなど、
新しく開発された品種の灌木を楽しめるゾーンです。


DSC_0122.jpg DSC_0117.jpg
DSC_0123_20150414142438f8e.jpg DSC_0118.jpg

地上から約10mの高さにあり、360度の展望が楽しめる木製の展望デッキからは、
花畑や花壇が一望できるのはもちろん、遠くは大阪湾までの眺望が広がります。
近くには牛の放牧地があったりして、全体的にのどかな雰囲気ですね。

公園といっても遊び場や遊具類は全くなく、売店やトイレ施設があるだけですが
この綺麗なお花畑と花壇は必見ですね~ ほんま癒されますよ!
入園料も駐車場も無料なので、淡路島観光の際は是非立ち寄ってみましょう!



ここがオススメ!

 広大なお花畑と花壇はほんまに綺麗です! これは必見!

 入園料も駐車場も無料です。淡路島ドライブコースに最適!


ここはイマイチ!

× 草花のみ! 他で特に遊ぶような場所は何もありません…



☆ 兵庫県立あわじ花さじき ☆

アクセス方法・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ あわじ花さじき 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


県立淡路島公園

公園(兵庫)
04 /11 2015
P1020197.jpg P1020241.jpg

兵庫県淡路市にある県立淡路島公園へ行って来ました!

この公園は、高速道路の淡路サービスエリアから直接アクセスも可能で、
一通り歩くと約5kmもある淡路島北部丘陵地に広がるスケールの大きな公園。

遊具や芝生広場がある「交流ゾーン」、大阪湾から明石海峡大橋のパノラマを
一望することができる展望広場や自然豊かな森林遊歩道がある「森のゾーン」、
食事やショッピング、庭園散策が楽しめる「ハイウェイオアシスゾーン」など
多彩な楽しみ方が盛りだくさんで、家族揃っての時間を存分に満喫出来ますね。


P1020202.jpg

広すぎる公園内を全てを見て廻るのは今回時間的に無理だったので、
遊具や水遊び場がある「交流ゾーン」を中心にご紹介したいと思います。


P1020205.jpg P1020225.jpg
P1020235.jpg P1020230.jpg

「木の遊び場」には、自然の木を使ったアスレチック遊具がたくさんあり
本格的なアスレチック遊具から小さな子供も安心して遊べる遊具も充実して、
家族みんなで楽しめます。息子も汗を流しながらチャレンジしてました。


P1020236.jpg P1020220.jpg
P1020214.jpg P1020222.jpg

ローラー滑り台は大小2つあって、全長66mの急流スライダーは迫力満点!

私も体験してみたのですが、備え付けの敷きマットで滑ってみると
ジェットコースターに乗ったかのようにスピードが出まくりやし
高速でカーブを曲がったり高低差もあって正直ちょっと怖かった…
子供はもちろん大人でもはまって何回も乗っている人を見かけました(笑)
やはりここが一番人気の遊び場になっているようですね。


P1020208.jpg P1020213.jpg

小さなお子様は、ちょっと短めで全長20~42mの海峡スライダーで楽しめます。
こちらもローラー式なんで、敷きマットで滑るとスリルあってめちゃ面白い!


P1020243.jpg P1020244.jpg
P1020245.jpg P1020262.jpg

夏シーズンはここが一番人気になるであろう「水の遊び場」
水鉄砲や水上アスレチック遊具が設置されていて楽しそう~
乳幼児のお子さんでも水深が浅いので安心して水遊びが出来ます。


P1020251.jpg P1020248.jpg

水が流れるせせらぎ階段を登って行くと、上の方には噴水があったりして
とにかくめっちゃ広~い水遊びスペースとなっています。
ベンチがいくつか設置されていますし、敷き物があれば芝生などで
休憩場所を確保出来ます。但し日陰になるところは無かったような?


P1020273.jpg P1020274.jpg
P1020279.jpg P1020275.jpg

「石の遊び場」には大きな石の砦がありました。
探検隊気分で砦の中から進んで上に登っていくことが出来ます。
上から眺める景色もなかなかオススメですよ~
砦の上は、足場も悪いし安全柵とか無いので気を付けて登りましょう!


P1020253.jpg P1020254.jpg
P1020198.jpg P1020199.jpg

交流ゾーンには、ビックリするほど「大きな芝生広場」があります。
走り回ったりボール遊びしたり存分に出来ますし、
シートを敷いてお弁当食べたり昼寝したりしても気持ち良さそう!
その他にも、芝生のスペースは公園内のあちこちにありました。


P1020269.jpg P1020266.jpg

公園内の昭和池に架かる国登録有形文化財の塩屋橋は、
大正7年6月に洲本川に架設された県下最古の鋼鉄橋です。

また現存する唯一のポニートラスト橋であったことから、
昭和61年に淡路島公園に移設され保存され平成14年に国の登録文化財となり
日本の近代土木遺産として恒久的に保存されることとなりました。


IMG_6209.jpg IMG_6211.jpg
IMG_6206.jpg IMG_6207.jpg

そして「淡路ハイウェイオアシス」ゾーンでは、
明石海峡を望む花と緑あふれる大きなアトリウム空間が気持ちいいオアシス館や
淡路島最大級の品揃えを誇る物産展のほか、地域の食材を使用したレストランや
鮨処などの施設も充実していて、淡路島の新しいランドマークにもなっています!


この自然豊かで広大な淡路島公園は、一年中花と緑に囲まれています。
交流ゾーン以外にも「花めぐり散策コース」や「森のゾーン」「ハイウェイオアシス」など
四季を感じながらゆっくり時間をかけて散歩してみるのもお勧めです!
公園内を全て廻り、遊具でしっかり遊ぶとなると丸一日コースになるでしょう。
たっぷりと時間をとって行きたい公園ですね!



ここがオススメ!

 ビックリするほど広大な公園! 全て廻るのに1日コース!

 遊具が充実! ローラースライダーにアスレチックが楽しい!

 せせらぎ・遊具付きの水遊び場は、夏の遊び場として最適!


ここはイマイチ!

× 淡路SAのハイウェイオアシスから遊具エリアに行くには遠すぎ!

× 広い公園なんでせめて飲料自販機の数はもう少し増やして欲しい



駐車場は園内にたくさん散らばってあるので、目的地に近い場所を
選ぶことが出来ます。交流ゾーンに近いのはC・D・F駐車場あたりです。
駐車料金は、ハイウェイオアシスに近いA駐車場のみ有料ですが、
他の駐車場は無料なんで、事前に場所をチェックしておきましょう。

ちなみにハイウェイオアシスから交流ゾーンの遊具や水遊びエリアへは
徒歩30分くらいかかるらしいので、淡路島公園が目的なら高速を降りて
最寄りの駐車場に止めた方が便利です。

また、すぐ近くには淡路島国営明石海峡公園があって、
こちらも広大な敷地に美しい花や自然豊かで遊び場も充実しています。
時間に余裕があったら是非一緒に行ってみて下さいね~
→ 国営明石海峡公園・淡路夢舞台のおでかけレポートはこちら


☆ 県立淡路島公園 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 兵庫県立淡路島公園 ホームページ
→ 淡路ハイウェイオアシス ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


初回訪問:2011年10月
記事更新:2015年4月 (ハイウェイオアシス追加)

神戸総合運動公園

公園(兵庫)
11 /02 2014
DSC_1084.jpg DSC_1080_201411021922584a1.jpg

神戸市須磨区にある神戸総合運動公園へ行って来ました!

ここは、1985年に開かれたユニバーシアード夏季大会や、
神戸グリーンエキスポ(植物博覧会)の開催のために建設された運動公園です。
特に交通面が抜群で、市営地下鉄の「総合運動公園駅」は園内敷地にあり、
車の場合は駐車場が園内数カ所に約1700台分あります。(1日1回:500円)


DSC_1082.jpg DSC_1076.jpg

広大な自然に恵まれ季節の花々に彩られた園内には、各種スポーツ施設をはじめ
子どもたちが喜ぶ遊具類もあり、一大レクリエーションゾーンとして、スポーツや行楽・
遠足などにも利用されており、散歩&散策にもってこいの大型公園となっています。


DSC_1087.jpg DSC_1041_201411021932078b2.jpg
DSC_1113_20141102195320baa.jpg DSC_1120.jpg

それでは公園内の主な施設を順にご紹介していきます!
スポーツ施設では、プロ野球も開催される野球場「ほっともっとフィールド神戸」、
陸上競技場の「ユニバー記念競技場」、ドーム型体育館「グリーンアリーナ神戸」
など、どれもプロスポーツや国際競技が開催される本格的な施設です。
なんと駅のすぐ目の前が野球場! これは甲子園球場より駅に近いですね~


DSC_1072_20141102200712a72.jpg DSC_1068_20141102200713324.jpg
DSC_1071_20141102200711631.jpg DSC_1067_2014110220071217c.jpg

コスモスの丘は、ユニバー記念競技場の南斜面に広がる4,000m2の広大な丘で、
丘の上からは明石海峡大橋も見ることができます。
毎年、3月には5万本の菜の花畑となり、また9月下旬~10月下旬には10万本の
コスモスが丘一面に咲き誇ります。秋シーズンには是非おでかけしてみましょう。


DSC_1042_20141102202229395.jpg DSC_1048_201411022022292a9.jpg
DSC_1050_201411022022280d9.jpg DSC_1052.jpg

コスモスの丘に隣接する子供の遊び場「冒険のくに」では、
緑に囲まれた長い滑り台やネットのぼりでつながった上下の広場に、
健康遊具や子供たちが体いっぱい使って遊べる遊具があります。
上の広場にある遊具はどれも小型で幼児向けのものばかりです。


DSC_1053.jpg DSC_1054_201411022023359d7.jpg
DSC_1055.jpg DSC_1057.jpg

上の広場と下の広場をつなぐロングスライダーです。
ローラー式ではないのでスピード感やスリル感はイマイチですが、
距離があって緑の中を滑っていくので子供達は大喜びしてました。


DSC_1045_201411022024429e9.jpg DSC_1064.jpg
DSC_1059.jpg DSC_1062_20141102202439488.jpg

一部には大人も出来る健康遊具が設置されています。
スライダーを滑り降りた所にある下の広場にも遊具が設置されていて、
砂場や上の広場とつながるジャングルネット登りも人気でした。


DSC_1106.jpg DSC_1093_20141102204112425.jpg
DSC_1104.jpg DSC_1091.jpg

公園中心に位置する緑の中の遊び場「自然のくに」では、
展望台や山の斜面を利用した長い滑り台があり、こちらも子供達に大人気!
高低差のあるロングスライダーは長短2本あって、ローラー式ではありませんが
途中に段差があって、スピードの勢いで体が浮くスリル感が味わえますよ~


DSC_1101_20141102204424c3b.jpg DSC_1100_20141102204423062.jpg
DSC_1098.jpg DSC_1102.jpg

この自然のくにエリアには、他にも遊具広場があったり、
いろんな木にクイズが貼りつけてあり、案内所にある「探検クイズ」に
挑戦すれば、「自然のくに探検免許証」がもらえます!


DSC_1119_2014110221055709e.jpg DSC_1114.jpg
DSC_1110.jpg DSC_1103.jpg

グリーンアリーナ神戸の前ある「水のくに」では、
7~9月の間だけオープンしている「ちゃぷちゃぷ池」があります。
水深が浅いので小さなお子さんでも安心して楽しめる水遊びスポットです。
10月~6月でも池に水はありますが閉鎖されていて入ることは出来ません。

また、くつろぎやすい雰囲気だと好評の総合運動公園の案内所では、
スポーツや花と緑に関するイベント情報や 園芸に関する図書があります。
休憩スペースでは自販機がありお弁当を食べたりすることも出来ます。
園内各所にトイレや自販機が設置されていて設備面もいうことなしですね!



ここがオススメ!

 自然豊かで広大な運動公園! 子供の遊具も充実してます!

 公園内に駅があり駐車場台数も多い! アクセス面が便利!


ここはイマイチ!

 強いて言うなら滑り台がローラー式やったらもっと良かったな…



☆ 神戸総合運動公園 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 神戸運動公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


箕面公園 (箕面の滝)

10 /26 2014
DSC_1022.jpg

大阪府箕面市にある箕面公園と箕面の滝に行ってきました!

箕面公園は関西でも有名な紅葉の名所であり、秋には特に多くの人で賑わい
年間200万人以上の観光客が訪れるそうです。

箕面公園といえば紅葉とともに「滝」と「ニホンサル」も有名ですが、
特に、高さ33メートルから凄い音を響かせて落下する滝は大迫力!
箕面大滝とも呼ばれ日本の滝百選の一つに選定されています。


CA370089.jpg DSC_1027.jpg
DSC_1028.jpg DSC_1030_2014102616153149e.jpg

滝の眼の前にはベンチスペースがあるので、座ってゆっくりと滝が見れます。
本当は入って良いのかどうか知りませんが、滝から少し離れたところでは
水遊びをしている家族連れが多くいました。夏は気持ち良さそうですね。


DSC_1029.jpg CA370091.jpg
1_201410261622440a0.jpg 2_2014102616224323d.jpg

また滝の前に売店が数店舗あり、飲料自販機やトイレなどの設備も整ってます。
箕面公園のもみじは特に有名で、もみじの天ぷらはここの名物にもなっています。
もみじ天ぷらをかじって甘酒でも飲みながら雄大な滝見物もいいかも~


CA370094.jpg CA370097.jpg

そして箕面公園名物のニホンサルですが、はっきり言って超凶暴!!
完全に人間慣れしているので人を見て逃げるどころか、
虎視眈々とエサを狙っているので、絶対に食べ物を見せてはダメです。
間違っても滝でお弁当とか食べないように~ 速攻奪われます!!
現にお弁当を奪われた人を間近で見ました(笑)

車で来る方は、途中の道路にもサルが平気で出没してくるので、
運転にはくれぐれも気をつけましょう!


CA370102.jpg CA370101.jpg

アクセス面は車の場合、滝から徒歩10分くらいの所に無料駐車場があります。
しかし駐車可能台数が少なめで、休日はすぐに満車になって行列が出来ていますが
滝しかない所なんで回転は良いので、しばらく待っていたら駐車出来るでしょう。


CA370085.jpg DSC_1032.jpg
DSC_1035_20141026163305cfa.jpg DSC_1034_20141026163306271.jpg

電車の場合は、阪急箕面駅から滝まで徒歩50分くらいかかりますが
おみやげ屋さんや箕面の自然を散策しながら滝道を歩くのも健康的ですよね。
滝まで続く山道は舗装整備されいるのでベビーカーでも大丈夫そうです。


DSC_0966.jpg DSC_0996.jpg

また、阪急箕面駅から箕面滝までの道中には、箕面公園昆虫館があって、
昆虫に関する基礎知識や、箕面の森に生息する昆虫について紹介しているので
ぜひとも立ち寄ってみましょう。入館料は大人270円で中学生以下無料、
さらにJAF会員なら会員証提示で大人190円になります。
昆虫館は別記事でレポートしていますので、お出かけの際には参考にして下さい。
→ 関西おでかけナビ 箕面公園昆虫館


ここがオススメ!

 迫力ある滝! マイナスイオン浴びまくりです

 四季の自然が楽しめる! 特に紅葉は見応えあり!

 近くに無料駐車場があります!


ここはイマイチ!

 山の自然のみ! 子供の遊具等はありません

× サルが人慣れしてて凶暴! 食料は隠しておきましょう

× 休日や行楽シーズンは無料駐車場がすぐに満車!
   出来れば健康的に公共交通機関&徒歩で行きましょう



☆ 箕面公園 (箕面の滝) ☆

アクセス方法、詳しい営業案内は以下のホームページでご確認下さい
→ 箕面公園 公式サイト
→ Google Mapで場所を確認する

→ 大阪府・箕面公園昆虫館 紹介ページ
→ 関西おでかけナビ 箕面公園昆虫館


初回訪問:2008年6月
記事更新:2014年10月

服部緑地 (こどもの楽園・バーベキュー場)

公園(大阪)
06 /04 2014
DSC_0195.jpg DSC_0123.jpg

大阪府豊中市にある服部緑地へ行って来ました!

ここは大阪府営の公園で、面積は約126.3ヘクタールと甲子園球場33個分
という広大な敷地を有し、緑地内には緑豊かな自然のほか、子供の遊具広場が
充実し、博物館・乗馬・プール・バーベキュー場など様々な施設が点在していて
大阪北部を代表するような広大で設備充実の公園となっています。


DSC_0154.jpg DSC_0121.jpg
DSC_0125.jpg DSC_0127.jpg

また、服部緑地の園内のほぼ全域が風致地区に指定されており、
日本の都市公園100選や日本の歴史公園100選にも選出されています。
ほんとに広大な敷地なので、場所によって様々な景色や風景があって
ゆっくり散歩したりランニングをするにも楽しい公園だと思いますね。
ファミリーでおでかけしても一日中楽しく遊べますよ~!


DSC_0137.jpg DSC_0139.jpg
DSC_0141.jpg DSC_0151.jpg

服部緑地の中央にある円形花壇と広場は、昭和34年に皇太子殿下御成婚を
記念して整備されました。「仔牛と女」など4基の彫刻や梅塚古墳がありますし
梅林もあって、綺麗な花々と木々の緑が楽しめるエリアとなっています。


DSC_0142.jpg DSC_0145.jpg
DSC_0143.jpg DSC_0146.jpg

季節によって見れる花も変化しますが、ちょうど私達が訪れた5月中旬では
綺麗なバラがたくさん咲いていて、美しい景色が広がっていました。

もっと植物を楽しみたい!って方は、園内南東部に「都市緑化植物園」があり
四季の変化に富んだ美しい風景があふれているので、是非行ってみて下さい。
→ 都市緑化植物園の営業案内はこちら


次に、子供が楽しめる遊具エリアのご紹介ですが、園内に3カ所あります。

DSC_0179.jpg DSC_0182.jpg
DSC_0183.jpg DSC_0180.jpg

一番広くて遊具類が充実しているのが「こどもの楽園」というエリアで
長さ20mのローラースライダーがある大型複合遊具は大人気!


DSC_0192.jpg DSC_0188.jpg
DSC_0187.jpg DSC_0191.jpg

それ以外にも、タコをモチーフにしたすべり台や、ターザンロープ・定番のブランコ・
砂場、健康遊具などあって、休日ともなるといつも家族連れで賑わっています。
車の場合、こどもの楽園へは御堂筋側ではなく神崎刀根山線側にある
第2駐車場の方が近くて便利です。


DSC_0131.jpg DSC_0135.jpg
DSC_0133.jpg DSC_0136.jpg

園内の真ん中付近にある「谷あいの原っぱ」では、
ドングリなどの樹木に囲まれた奥行きのある原っぱが広がり、
主に低学年児童向けの複合遊具があります。
このエリアでは、持ち込みバーベキューが可能となっています。


inariyama2.jpg park7.jpg

園内北東端で新御堂筋に近い「いなり山児童遊戯場」では
別名 「ガリバー公園」の名で親しまれていて、背後に広がる竹林
「いなり山」は、21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれた
千里丘陵の竹林の一部となっています。
こちらの遊具も、他でよく見る児童向け複合遊具が設置されています。

他の遊び場としては、持ち込みバーベキューが可能で、霧の噴水とそこから
流れる小川が子供達に人気でのびやかな芝生の丘が心地よい「ちかくの森」や、
西中央広場の北側に広がる「集いの原っぱ」というのがあって、
広い芝生の上で思いっきり走り廻ったりボール遊びなどが楽しめます!


DSC_0171.jpg DSC_0174.jpg
DSC_0172.jpg DSC_0173.jpg

バーベキューに関しては、先ほどご紹介した「谷あいの原っぱ」と
「集いの原っぱ」が、バーベキュー可能エリアとして自由にコンロ等を
持ち込み使用可能となっていますが、別に有料のバーベキュー施設もあります。

ここの有料バーベキュー広場では、手ぶらでもOKで食材や飲料や道具類など
全て揃っています。事前予約制となっているので混み合う休日は早めの予約を!
→ バーベキュー広場の営業案内・予約はこちらから


その他にも、服部緑地内にある他の施設について簡単にご紹介。

DSC_0166.jpg DSC_0162.jpg

服部緑地乗馬センターでは、大阪で乗馬が楽しめる数少ない場所のひとつで
さっそうと走る馬を眺めたり、体験乗馬をすることも出来ます。
→ 服部緑地乗馬センターの営業案内はこちら


DSC_0168.jpg DSC_0169.jpg

日本民家集落博物館では、岐阜県大野郡白川村の合掌造りの民家をはじめ、
岩手県南部の曲家、奄美大島の高倉など、日本各地の代表的な民家を移築
復元した珍しい野外博物館となっています。
→ 日本民家集落博物館の営業案内はこちら


P7240615s_201406051725289e8.jpg P7240614s_201406051725289fc.jpg

服部緑地ウォーターランドは、緑に囲まれたリゾート感いっぱいの広大なプールで、
スライダープール・なぎさプール・幼児用プール・クネクネ曲がり1周250mもある
流水プールがあって、子供はもちろん大人でも十分に楽しめます。
→ 服部緑地ウォーターランドの営業案内はこちら


DSC_0128.jpg DSC_0176_2014060517460073f.jpg

飲食系については、軽食やを販売していて無料休憩所もあるレストハウス、
園内数カ所に売店・飲料自販機がありますが、広大な敷地の割には少ないかな?
出来れば飲食物は持参した方がいいかも知れません。

アクセスについては、北大阪急行・緑地公園駅を下車して目の前が公園です。
車の場合は駐車場が園内に4ヶ所と、土日祝など繁忙期には運動グランドを
臨時駐車場にして対応しているので、何処も満車で止めれないということは
たぶん無いと思いますが、特に第1と第2駐車場は混むと予想されます。
料金は、普通車:1時間まで420円、以降1時間ごとに100円加算、
6時間超えて24時間までが1,030円となっています。



ここがオススメ!

 子供が楽しめる遊具類が多く満足度が高い! 芝生広場もあります!

 自然豊かで施設充実の多目的公園!大人も子供も犬も皆楽しめる!

 バーベキュー可能! 手ぶらで楽しめる有料施設も有り!


ここはイマイチ!

× 売店など飲食系施設が内容ともに少し寂しい… 食料は持参かな

× シーズン中の休日はかなり混み合います。便利な駐車場はすぐ満車



☆ 服部緑地 (こどもの楽園・バーベキュー場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 服部緑地ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 都市緑化植物園 ホームページ
→ バーベキュー広場 “バーベック マルシェ” ホームページ
→ 服部緑地乗馬センター ホームページ
→ 日本民家集落博物館 ホームページ
→ 服部緑地ウォーターランド ホームページ
→ 関西おでかけナビ 「服部緑地ウォーターランド」 体験レポート


初回訪問:2007年6月
記事更新:2014年6月

寝屋川公園

公園(大阪)
03 /15 2014
P1030151.jpg P1030106.jpg

大阪府寝屋川市にある寝屋川公園へ行って来ました!

ここは、生駒山麓の豊かな緑に囲まれた総合運動公園で、
ソフトボール広場2面、テニスコート15面、陸上競技場、
野球場などが揃っていて多彩なスポーツが楽しめます。

最近では南地区の開発が進み、広大な敷地の公園内には
子供向けの遊具や体力作りを目的とした15基のトリムコースがあり
主に運動やスポーツを目的とした公園になっています。


P1030105.jpg P1030107.jpg
P1030153.jpg P1030155.jpg

公園が計画されている区域内には、竹林や水田、畑地など、
起伏に富んだ地形がそのままに残されているところが多く、
寝屋古墳と呼ばれる古墳時代後期の遺跡もありました。
園内には坂道や階段が多いので、散歩だけでもいい運動になります。


P1030126.jpg P1030125.jpg
P1030121.jpg P1030114.jpg

トリムコースでは、15基の遊具を使って約200種類の運動が出来ます。
スポーツストリートとしてレイアウトされ、エアロビクス効果もある
フィットネスコースとなっています。完全に大人向けなんで、
幼児や小学生低学年くらいの子供の遊び場としては不向きですね。


P1030163.jpg P1030162.jpg

広大な芝生広場では、周囲を緑に囲まれフラットな芝生地となっているので、
思いっきり走り回ったり、ボール遊びやバトミントンなどが出来ます。
また、この芝生広場に限ってバーベキューをすることが可能です。
近くに水場となるトイレや、炭捨て場など最低限の設備がありました。


DSC_1225.jpg DSC_1236.jpg
DSC_1227.jpg DSC_1238.jpg

南地区には、子供向けの遊具と芝生広場やアスファルトの多目的広場に
ちょっとした丘などがあって、子連れファミリーの遊び場となっています。
まだまだ開発中で整備もこれからのような雰囲気でした。


DSC_1230.jpg DSC_1229.jpg
DSC_1231.jpg DSC_1234.jpg

現在はこの広さでたったこれだけなん?という遊具の種類ですが、
これも今後もっと増えていくと面白い公園になると思います!


P1030139.jpg P1030128.jpg
P1030141.jpg P1030120.jpg

その他、直径20mもの噴水がある中央広場や、長さ約35mある月観橋など
園内には様々な風景があって面白いですし、ところどころ綺麗な花が
咲いているので散歩していて楽しめます。

噴水は4月~9月の土日祝(夏休みは毎日)11時から16時まで運転しています。
私たちが訪れたのは3月だったので写真に撮れませんでしたが、
子供たちの夏場の水遊び場としても人気があるみたいです。

これだけ広大な公園で遊具の少なさは残念ですが、
あくまでもスポーツや運動を目的とした総合運動公園といった感じですね。



ここがオススメ!

 スポーツや運動施設が充実。緑豊かで花も咲いています!

 起伏に富んだ地形に様々な風景があり散歩が楽しめます!

 広大な芝生広場では持ち込みバーベキューも可能!


ここはイマイチ!

× 子供向けの遊具類が少なくちょっと残念…

× バーベキューが出来る芝生広場から駐車場まで遠いです



☆ 寝屋川公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページをご確認下さい
→ 大阪府公園協会 寝屋川公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


初回訪問:2012年3月
記事更新:2014年3月 南地区追加

大浜公園

公園(大阪)
12 /08 2013
DSC_0786.jpg

大阪府堺市堺区にある大浜公園へ行って来ました!

ここは、明治12年(1879年)に開園した堺市営で最も古い公園です。
明治36年には大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会の会場となり、
堺水族館が設置され世界に誇る東洋一の水族館とはやされました。
他にも公会堂・潮湯・海水浴場・料理旅館や土産物屋などが軒を連ね
当時は堺のレジャー地として賑わっていました。


DSC_0788.jpg DSC_0804.jpg
DSC_0785_201312081547332ec.jpg DSC_0774.jpg

しかし白砂青松の美しい海岸線も、臨海工業地帯の埋め立て造成に伴い
その面影をなくしました。現在は16haの敷地に野球場・プール・体育館、
相撲場・サル島・蘇鉄山(一等三角点のある日本で一番低い山)などがあり、
気軽に利用できる地域公園となっています。


DSC_0780.jpg DSC_0781.jpg

園内の木々は少なめな感じなので、広々とスッキリとした印象があります。
ひょうたん池の周辺にはたくさんの松の木が植樹されていますが、
臨海地区にあって海風のせいか斜めになっているので面白い風景でした。


DSC_0783.jpg DSC_0810.jpg
DSC_0812.jpg DSC_0784_20131208163942873.jpg

蘇鉄山の標高6.96メートルの所には地図作成の基準点となる一等三角点があり
現在一等三角点の設置されている山としては日本一低い山となっています。

他にも映画「南極物語」の主人公となった「タロ」や「ジロ」らの霊を慰める
樺太犬慰霊像や、戦前にラジオ普及の為に公園などに設置されたラジオ塔、
明治10年に建築された現存する木造洋式燈台としてはわが国で最も古いものの
一つとして、国の史跡に指定されてる旧堺燈台など、公園内には様々な見どころが
あってプラプラと散歩するのにもちょうどいいですね!


DSC_0789.jpg DSC_0791.jpg
DSC_0793.jpg DSC_0795.jpg

かつての堺水族館の施設がそのまま残った猿飼育舎では、
約50匹のアカゲザルが飼育されています。見物人のエサやりが影響して
猿が肥満化しその問題を改善する為に2009年に猿山から完全に檻で覆われた
獣舎に建て替えられました。その結果、檻の網目が細かくて中が見にくいかも…


DSC_0798.jpg DSC_0807_20131208155704aee.jpg
DSC_0801.jpg DSC_0799.jpg

子供の遊具広場には、他でもよく見るプラスチック樹脂製の滑り台付き
複合遊具やブランコ・砂場などあって広々とした遊び場となっています。
まぁ遊具をお目当てに行くような公園ではないですが、幼稚園児くらい
までならそれなりに楽しめると思いますよ!


DSC_0797.jpg DSC_0773.jpg

他にも大きなグラウンドや芝生広場もあってボール遊び等も出来ます。
公園全体が開放的な雰囲気で、特に天気が良い日は気持ち良い~!


DSC_0802.jpg DSC_0778.jpg

夏シーズンの7月1日から9月1日までは、大浜公園プールが営業していて、
25mプール2面・25m変形プール・幼児用プールがあります。
営業時間は、午前9時30分~午後5時45分 (入場は午後5時まで)
料金は、大人300円・小人(小中学生)100円です。


DSC_0771_20131208155148cc3.jpg DSC_0772_2013120815514752f.jpg

その他の施設として、古くから学生相撲の発祥の地とされている大浜相撲場、
柔道場・剣道場・トレーニング室がある大浜体育館など、市民の体育・スポーツ、
レクリエーションの振興を図り、健康や体力の増進に資する場所となっています。

アクセスは、電車の場合は南海本線の堺駅より徒歩にて西へ800m、
車の場合は敷地内に駐車場が2カ所完備されています。
料金は、2時間まで200円(以降1時間毎に100円、1日最大600円)



ここがオススメ!

 臨海地区にある広々とした開放的な公園!

 サル山や旧灯台など見どころも多い! 散歩にもお勧め!
 

ここはイマイチ!

× 遊具広場に特徴はありません。何処にでもある幼児用遊具です

× 売店や飲料自販機は見かけませんでした。飲食物は持参で!



☆ 大浜公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 堺市・大浜公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


須磨浦公園

公園(兵庫)
11 /30 2013
DSC_0625_2013113014333498c.jpg

神戸市須磨区にある須磨浦公園へ行って来ました!

ここは、昭和10年に開園した神戸市営の公園で、
神戸市の鉢伏山・鉄拐山山麓の斜面や海岸沿いの松原から形成された
景勝地は、歴史的には源平の古戦場、一ノ谷の戦いの地としても知られ、
神戸市指定有形文化財の「敦盛塚」などの史跡があります。
また、与謝蕪村、松尾芭蕉、正岡子規、高浜虚子などの句碑も園内に設置され
サクラの名所として神戸市の「花の名所50選」にも選ばれています。


DSC_0627_20131130144622102.jpg DSC_0631_2013113014462589c.jpg
DSC_0644.jpg DSC_0629.jpg

須磨浦公園は山の麓と海岸沿いにあり横長の形状になっており、高低差があまりなく
歩きやすいです。主な景観構成としてクロマツとソメイヨシノが植栽されています。


DSC_0636.jpg DSC_0630.jpg
DSC_0635_20131130153501ef5.jpg DSC_0638_20131130153459404.jpg

子供の遊具広場には、海沿いの公園らしく船をモチーフにした遊具と、
滑り台とブランコに砂場と、何処にでもあるような遊具が設置されています。
対象は幼児くらいで、種類も少なく小学生以上にはたぶん物足りないでしょう。


DSC_0641.jpg DSC_0643_2013113015051271e.jpg

遊具広場の近くに「二の谷ロックガーデン」との立て看板がある岩場が
ありましたが、夏場とかには水が流れていて水遊びとか出来るのかな!? 
ちょっと何をする所なのか不明でしたが、なんか岩がゴツゴツ危険な感じが
するのか、誰も中へ立ち入って遊んではいませんでした… 

また、須磨浦公園とその周辺は、源平一ノ谷合戦場としても知られていて
園内の一角には、神戸市指定有形文化財でもある「敦盛塚」も見られ、
そのほかにもあちこちに記念碑や解説版があります。


DSC_0645_20131130150532843.jpg DSC_0626.jpg
DSCN2943.jpg DSC_0767.jpg

アクセス面は、山陽電車の須磨浦公園駅を降りるとすぐ目の前が公園の入口で、
乗換のロープウェイで山上へ昇ると須磨浦山上遊園に行くことが出来ます。
また国道2号線を挟んで目の前の海岸一帯は須磨海づり公園となっています。
この3施設共用の駐車場も駅前にあるので、電車・車どちらでも便利です!

須磨浦山上遊園についての記事はこちらから
須磨海づり公園についての記事はこちらから

須磨浦公園だけなら子供の遊べる遊具が少なく所要時間30分くらいなんで、
山上遊園や海づり公園へのおでかけのついでに寄ってみるといいと思いますね。



ここがオススメ!

 須磨浦公園駅の目の前が公園! 駐車場もあって便利です!

 山上遊園や海釣り公園へのおでかけとセットでどうぞ~


ここはイマイチ!

× 幼児向け遊具が少しあるけど、ここだけでは時間もたないでしょう



☆ 須磨浦公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 須磨浦公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 須磨浦山上遊園ホームページ
→ 須磨海づり公園ホームページ
→ 関西おでかけナビ 須磨浦山上遊園
→ 関西おでかけナビ 須磨海づり公園


西武庫公園

公園(兵庫)
10 /20 2013
sjyhj (4) gdf.jpg

兵庫県尼崎市にある西武庫公園へ行って来ました!

ここは平成24年4月に兵庫県から移譲された尼崎市立の都市公園で、
以前は交通公園としての機能がありましたが、現在はリニューアルされて
多目的な公園として生まれ変わっています。


wefwdf (3) ghbds (1)
zDgh (1) hwj (1)

今でも交通公園としての名残りがあり、擬似道路や踏切・交通標識が
そのままの形で設置されていますが、信号機は全て消えています。
昔はここで子供たちの為に交通安全教室などが行われていたのでしょうね。


gtukj (1) hha (2)
wefwdf (4) wefwdf (1)

遊具類も交通に関係する汽車や船をモチーフにしたものがあり
子供達に人気でした。ただし大型の複合遊具は無くてどの遊具も小さめです。


__ 4 sjyhj (1)
__ 3 sjyhj (2)

幼児向けに新設された滑り台などコンビネーション遊具やスイング遊具
などがありました。こちらも小さめなので少し物足りない感じかな!?
それでも遊具の種類や数は多いので、移動しながら色々と遊べそうですね。


gss.jpg hha (1)
hwj (4) dds.jpg

園内には池やせせらぎの小川があるので、夏場には水遊びが出来そうです。
春にはたくさんの桜が咲き、バラやサツキ・花しょうぶなどが咲くので
四季折々の自然が楽しめ、夏にはホタルも楽しむことが出来るそうですよ。


ff.jpg hf.jpg
gf.jpg __ 1

その他の施設としては分区園というのがあり、花と緑のまちづくりの一環として
余暇時間を利用し緑豊かで美しい花づくりを通じて自然に親しみ、生活に潤いと
楽しさをもたらすために設置された「貸し花壇」です。
1区画10平方メートルの花壇が50区画あり、誰でも自由に入ることができます。

最後にアクセス面ですが、駐車場は敷地内にあってとても便利!
(料金は1時間以内なら無料、1時間以上6時間未満は500円)
公共交通機関の場合は、駅が近くに無いので尼崎市営バスの利用となります。
まぁわざわざバスを使って遠方から出向く程ではないでしょうが、
尼崎市近辺の幼児連れの方ならお勧めの公園でしょう!



ここがオススメ!

 交通公園の名残りがあり、幼児向けの遊具が数多くあります!

 敷地内に駐車場があり便利! 1時間以内なら駐車料金無料です


ここはイマイチ!

× 遊具がどれも小さく小学生以上ならたぶん物足りないでしょう

× 電車&バスを利用してわざわざ遠方から行く程ではないかも!?



☆ 西武庫公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 尼崎市ホームページ 西武庫公園のご案内
→ 尼崎市施設MAP 西武庫公園
→ Google Mapで場所を確認する


川湯野営場 木魂の里 (川湯温泉キャンプ場)

バーベキュー・キャンプ場
09 /28 2013
DSC_0517.jpg DSC_0510.jpg

和歌山県田辺市本宮町にある川湯野営場・木魂の里に行って来ました!

ここは、川原を掘ると温泉が湧き出ることで有名な川湯温泉に位置した
キャンプ場で、芝生のテント専用サイトと河原を利用したオートサイトがあり
バーベキューやキャンプ、温泉掘りや川遊びに釣りも楽しむことが可能!

利用用金は、大人(中学生以上)1人1日:800円・子供1人1日:400円
駐車料金が、車1台:700円 バイク1台:200円となっています。


DSC_0512.jpg DSC_0511.jpg
DSC_0514.jpg DSC_0513.jpg

テントサイトは、川畔の平坦な芝地エリアに約50張ほど設置可能で、
管理棟や売店から近く炊事場や水洗トイレもあって便利です。
ただし車は駐車場に止めるのでテントに横付けすることは出来ません。
芝生ということでテントで寝る際は快適に過ごせそうですね。


DSC_0519.jpg DSC_0500.jpg
DSC_0530.jpg DSC_0529.jpg

砂利地のオートキャンプエリアでは、約200張ほど設置可能で
車をテントに横付け出来るので荷物の搬出入など何かと便利です。
川が目の前にあるので、子連れで川遊びするならこちらがべストでしょう。

私達はこちらのエリアでキャンプしましたが、テントを設置する際は
下にクッション材などを敷かないと石で体が痛くとても寝れませんね。
こちらにも炊事場やゴミ捨て場があって便利です。
ただしトイレは簡易型の汲取り式で、臭いや虫で少し気持ち悪かったです…


DSC_0502.jpg DSC_0503.jpg
DSC_0505.jpg DSC_0501.jpg

キャンプ場のすぐ目の前を流れる大塔川はとても水が綺麗でした。
普段は水深も浅く流れも緩やかなので、子供の川遊びには最適です。
小魚が泳いでいたので、網で捕まえたり釣りを楽しむことも出来ます。


DSC_0509.jpg DSC_0515.jpg

設備面は有料施設なのでひと通り揃っていました。
先ほどご紹介した炊事場やゴミ捨て場にトイレが完備されている他に
飲料の自販機や、薪や炭などを販売している売店もあります。

お風呂に関しては、徒歩10分ほどの所に川湯温泉の公衆浴場があって便利!
湯船が1つで狭いですが、汗を流してゆっくり温泉に浸かれるので
是非行ってみて下さい。入浴料は大人250円・小人130円と安いです。
※シャンプー類などの備え付けはないので、持参か受付で購入しましょう。
→ 川湯温泉公衆浴場の詳細はこちら


DSC_0540.jpg DSC_0541.jpg
DSC_0534.jpg DSC_0536.jpg

そして川湯温泉と言えばこれ!
川底から絶えず湧き出す70度以上の源泉に川の水が混ざり合い、
程良い温泉が出来上がります。これがなかなか面白かったw

川原を掘って石で囲み自分だけの温泉を作ることが出来るので
私達は温泉を掘る気満々でスコップやら道具を準備してましたが
既に皆さんが掘った跡がいっぱいで、そのまま温泉に入れましたw
ぜひ水着を持参して川湯温泉を堪能して下さいね~!!
キャンプ場からは徒歩5分ほどの場所で、無料駐車場もあります。

夏は川遊びで冷えた体を温め、冬は風物詩と呼ばれ親しまれる
広大な大露天風呂「仙人風呂」が12月~2月まで利用可能です。
→ 川湯温泉・仙人風呂の詳細はこちら



ここがオススメ!

 キャンプはもちろん温泉掘りや川遊びに釣りも楽しめる!

 有料施設なんで最低限の設備あり。近くに公衆浴場もあり!


ここはイマイチ!

× 最寄りの南紀田辺ICから約65km。アクセスには時間がかかる…



☆ 川湯野営場 木魂の里 (川湯温泉キャンプ場) ☆

アクセス・詳しい営業案内については、以下のホームページでご確認下さい
→ 道の駅 奥熊野古道ほんぐう 川湯野営場・木魂の里ページ
→ 熊野本宮観光協会 川湯温泉ページ
→ Google Mapで場所を確認する

靭公園

公園(大阪)
08 /18 2013
030.jpg 019.jpg

大阪市西区にある靭(うつぼ)公園へ行って来ました!

ここは、花と緑にあふれた都会のオアシス・ビジネス街の憩いの場として
またスポーツの場として幅広く利用されている公園です。
敷地は四つ橋筋からなにわ筋を越えてあみだ池筋に至るまで
総面積約9.7ha,東西約800m,南北約150mと東西に細長く、
中央を南北に通るなにわ筋によって東園と西園に分かれています。


tjjtjt.jpg bdgsd.jpg
kyky.jpg fdhdfhjfd.jpg

東園には、噴水やせせらぎがあるバラ園・ケヤキ並木に遊具広場があり
まずは2006年にリニューアルされたバラ園からご紹介していきます。

バラ園は、2006年アジアで初めての開催となる「世界バラ会議」に向けて
再整備されました。 ゆるやかに起伏する地形を生かして、東から西に向かって
山・里山・田園・街・海へと広がる「大阪のマチ構造」を表現しています。
これと一体化させる形で、日本を含むアジアの野生バラから現在のモダンローズに
いたるまでを「バラの歴史の流れ」として、面積約9,000㎡に160品種約3400株の
バラを植栽しています。都心にこんな美しい風景はまさに都会のオアシス!!


ntdhjdtjdt.jpg fdbh.jpg

私が訪れた真夏でも様々なバラが咲いていて、写真を何枚か撮ってみましたが、
やはり春や秋のバラ開花シーズンの方がより撮影し応えがあると思います!


jmkgmjkfgt.jpg tjtt.jpg
tjktjktmjk.jpg jtjjtt.jpg

海の景にあたる噴水エリアでは、夏に多くの子供たちが水遊びをしていて
とても気持ち良さそうでした。噴水付近は芝生も広がっているので
水遊びついでにシートを広げてお弁当を食べるのもいいと思いますよ~
もちろん夏以外でもこの噴水とせせらぎの風景はとても綺麗で癒されます。


kytkt.jpg sgsehg.jpg
etrjer.jpg yjtjet.jpg

そして東園のケヤキ並木エリアでは、四季折々に装いをかえて都心の公園とは
思えないほど閑静なたたずまいです。日陰も多くて散歩にも最適ですね。


jtjte.jpg ewgg.jpg
hdrh.jpg rhrhre.jpg

東園の遊具エリアですが、幼児向けの小さな滑り台付き遊具やブランコ、
砂場があるのみで小学生以上の子供には完全に物足りないですね。
子供の遊具を期待して行くような公園ではなく、どちらかいうと大人向けな
都会のオアシスっていう感じの公園でしょう。


jndftj.jpg dfhbs.jpg

西園には、国際的に主流となっている全天候ハードコートを採用した
スタンドに5,000人収容のセンターコート、500人収容のサブコートを含む
全16面で16面ものテニスコートを有して国際大会にも利用できる
靱テニスセンターがあります。また東園にもアンツーカーコートが4面あり
個人はもちろん、国際試合をはじめ公式大会等にも利用されています。


fghg.jpg jdrtjn.jpg
cfgdg.jpg jndfj.jpg

西園のほとんどはテニス施設ですが、あみだ池筋側が少し公園部分になっていて
サルすべりの森というエリアと健康遊具が設置されている遊戯広場があります。
まぁここは子供が楽しく遊べるような場所ではないかな!?


sdvdg.jpg turtyktru.jpg

靭公園に隣接している施設としては、大阪科学技術館があります。
最新の科学技術を展示していて、私たちの暮らしの中に生かされているエネルギー、
エレクトロニクス・バイオテクノロジー・地球環境など、さまざまな分野の
最新の科学技術をクイズやゲーム・マルチメディアで楽しく学べます。
入館無料なんで子連れの方はぜひ靭公園とセットで行ってみましょう!
→ 大阪科学技術館 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 大阪科学技術館

また公園周辺にはお洒落なカフェや雑貨店などたくさんあって、
公園に直結しているテラス付きのカフェもありました~ 

アクセス面については、地下鉄の本町駅や阿波座駅から徒歩5~10分ほど、
車の場合は公園の地下が駐車場になっていて、駐車料金は200円/30分
上限料金は平日:1,500円・土日祝:1,000円となっています。



ここがオススメ!

 リニューアルしたバラ園エリアはまさに都会のオアシス!

 夏場は噴水やせせらぎで水遊びが楽しめます!

 隣接している大阪科学技術館とともに無料で楽しめる!


ここはイマイチ!

× 子供の遊具類は少しだけ。どちらかいえば大人の公園です



☆ 靭公園(うつぼこうえん) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪市の花とみどり総合情報サイト・靭公園ページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 大阪科学技術館 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 大阪科学技術館


ふれあい緑地 (服部ビオパーク)

公園(大阪)
07 /07 2013
ふれあい1

豊中市服部西町にある「ふれあい緑地」に行ってきました!

ここは、大阪国際空港周辺地域における航空機の騒音、排気ガス等を
軽減緩和のため、50.0haの緑化計画の内13.5haが一般市民も利用できるように
公園として整備される計画になっていて現在も整備拡大中となっています。

たぶん、ほとんど地元周辺の人しか知らない公園だと思いますが
駐車場もあるし、遠方からもチラホラと家族連れが遊びに来ているそうです。
ちょうど大阪空港に着陸する飛行機が真上を通るので迫力があります!

 
DSCN4937.jpg DSCN4927.jpg
DSCN4928.jpg DSCN4935.jpg

現在のふれあい緑地には、温水プール・バラ園・芝生広場・遊戯広場・
テニスコートと駐車場等が整備されています。

その中にある服部ビオパークでは、子どもたちが楽しめる遊具広場になっており、
花壇が整備されていて、とても綺麗な花が色々と咲いていました。


DSCN4931.jpg DSCN4929.jpg
DSCN4933.jpg DSCN4930.jpg

服部ビオパークに設置されている遊具は、大型のローラースライダーや
石の滑り台をはじめ、子どもが喜びそうな遊具類が充実しているので
何時間も遊んでいられそうな感じですね。休憩用のベンチもいくつかあります。


DSCN4920.jpg DSCN4919.jpg
DSCN4921.jpg DSCN4924.jpg

そしてもう一カ所、ふれあい緑地内に遊具広場がありました。
ここには飛行機をイメージした複合遊具と、大きなグランドがあって
服部ビオパークからもすぐ近くなので併用して遊ぶことが出来ます。


ふれあい4 ふれあい5 PA080402.jpg DSCN4925.jpg

その他、ふれあい緑地部分には大きな芝生広場があり、ボール遊びにもってこい!
吊り輪や平均台などの運動器具も多数設置してありました。
ジョギングしたり犬の散歩をする人達も多く、地元の人の憩いの場ですね~

アクセスは、阪急服部駅から徒歩15分くらいかかると思いますが、
駐車場が3カ所あるので、車で行く方が便利でしょう。
駐車料金は最初の30分は無料で、以降は30分ごとに100円と安いです。



ここがオススメ!

 遊具充実! ジャンボ滑り台がメチャ楽しい!

 最近出来た公園なので、全体的にとても綺麗!

 着陸寸前の飛行機が真上を通り、音と共に大迫力!


ここはイマイチ!

× 駅から少し遠いので車で行った方が良いです

× 広大な敷地内にトイレが1カ所。ちょっと不便ですね



☆ふれあい緑地 (服部ビオパーク)☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 豊中市 ふれあい緑地 ホームページ
→ 服部ビオパーク ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



初回訪問:2008年10月
記事更新:2013年7月

石川河川公園 (駒ヶ谷地区・パークゴルフ場)

公園(大阪)
06 /15 2013
DSCN4792.jpg DSCN4825.jpg

大阪府羽曳野市にある石川河川公園・駒ヶ谷地区へ行って来ました!

ここは、金剛山系と泉北の丘陵地に挟まれた南河内エリアを流れる
一級河川「石川」の河川敷に沿って作られた細長い公園で、
藤井寺市や富田林市など1町4市にまたがる広大な公園となっています。
それぞれのエリアには、趣向を凝らしたモニュメントがあったり、
川本来の姿のままに川の流れが残されていたり、花と緑あふれる広場が
設けられていたりと、バラエティに富んだ趣向が楽しむことが出来ます。

他の地区についてのレポート記事はこちらから
→ 関西おでかけナビ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)


DSCN4823.jpg DSCN4798.jpg
DSCN4822.jpg DSCN4793.jpg

今回私達が訪れたのは、公園中部にある駒ヶ谷地区というエリアで、
小高い丘から望む緑豊かな空間には、子供の遊具広場やバーベキュー広場、
パークゴルフ場など家族みんなで楽しめる設備が充実しています。

アクセス面では、近鉄南大阪線の駒ヶ谷駅から徒歩5分以内で到着し、
車の場合も敷地内に駐車場が完備されているのでとても便利です!
(駐車場は土日祝のみ有料:1回600円)


DSCN4803.jpg DSCN4807.jpg
DSCN4818.jpg DSCN4819.jpg

まずは遊具広場ですが、幼児から小学生まで楽しく遊そうな遊具がたくさん!
滑り台をはじめトランポリンやジャングルジム・ネット登りなど
広い敷地にそれぞれ間隔を十分に空けて設置されているので安全ですね。


DSCN4801.jpg DSCN4815.jpg
DSCN4814.jpg DSCN4817.jpg

乳幼児用の独立したスペースには、砂場や専用の遊具も設置されています。
その他にもターザンロープやブランコや回転サークルなどがありました。
規模の大きい複合遊具こそありませんが、それなりに楽しめると思います。


DSCN4797.jpg DSCN4796.jpg
DSCN4794.jpg DSCN4795.jpg

そしてここでは、決められたスペースで自由にバーベキューをすることが可能!
特に専用の設備があるわけではありませんが、水が使えるトイレがあり
炭捨て場と飲料自販機はあるので助かりますし、駐車場からも近くて便利です。
目の前には芝生広場やグランドもあって思いっきり走り廻れますよ~


DSCN4838.jpg DSCN4827.jpg

続いて公園前の古市スポーツ広場にあるパークゴルフ場のご紹介です。
パークゴルフとは、クラブ1本とボール1個があれば子供からお年寄りまで、
三世代一緒に楽しめるゴルフスポーツで、河川敷の平坦な18ホールを廻ります。


DSCN4836.jpg DSCN4835.jpg
DSCN4829.jpg DSCN4832.jpg

ルールはゴルフとほとんど同じで、ボールは通常のゴルフボールより大きい
木製のボールを使いクラブの打面も広いので、初心者でも十分楽しめます。
よくあるパターゴルフよりもコースが全然広いし気持ち良い汗かきますよ~

利用料金は、平日500円/土日祝600円(1人1ラウンド)で、
パークゴルフ専用クラブのレンタル料が別途200円かかります。
※小学生未満の方はプレー及びコース内に入ることも不可なのでご注意を。


DSCN4845.jpg DSCN4846.jpg
DSCN4841.jpg DSCN4842.jpg

また、最寄りの駒ヶ谷駅前には「駒ヶ谷駅西側公園」という小さな公園があり
ちょっとした遊具や農園があるので、時間があれば立ち寄ってみましょう。
時期によっては色々と農業関係のイベントもやっているそうです。

石川河川公園はとても広範囲にわたる公園となっていますが、
ここの駒ヶ谷地区が遊具や駐車場など設備面が一番充実しています。
川遊びなど自然とのふれあいを楽しみたい場合は、他の地区もお勧め!
詳しくは以下のリンク先ホームページでご確認下さい。



ここがオススメ!

 駅前にあって駐車場も完備でとても便利な場所です!

 遊具ありでバーベキューやパークゴルフも楽しめます!


ここはイマイチ!

× 日陰になる所がほとんど無し。熱中症や紫外線には注意

× 夏場でも17時で駐車場完全閉鎖! 気をつけましょう



☆ 石川河川公園(駒ヶ谷地区・パークゴルフ場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 石川河川公園ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 石川河川公園ホームページ
→ 羽曳野市 駒ヶ谷駅西側公園ウェブサイト
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)


石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区)

公園(大阪)
06 /02 2013
DSCN4772.jpg DSCN4776.jpg

大阪府藤井寺市にある石川河川公園・星の広場地区へ行って来ました!

ここは、金剛山系と泉北の丘陵地に挟まれた南河内エリアを流れる
一級河川「石川」の河川敷に沿って作られた細長い公園で、
羽曳野市や柏原市など1町4市にまたがる広大な公園となっています。
それぞれのエリアには、趣向を凝らしたモニュメントがあったり、
川本来の姿のままに川の流れが残されていたり、花と緑あふれる広場が
設けられていたりと、バラエティに富んだ趣向が楽しむことが出来ます。


DSCN4791.jpg DSCN4790.jpg
DSCN4787.jpg DSCN4786.jpg

今回私達が訪れたのは、公園北部にある「星の広場」と呼ばれる地区で、
太陽系の惑星が描かれて宇宙をモチーフにした惑星広場があり
ピカピカ光るガラスタイルの遊歩道「天の川園路」には北半球で見られる
星座が描かれていて、宇宙的な広がりを感じさせる広場となっています。


DSCN4777.jpg DSCN4779.jpg
DSCN4780.jpg DSCN4774.jpg

河川敷には駐車場スペースが完備されており、土日祝・GW・お盆など
休日は無料で駐車することが出来るので、川遊びに魚釣りやバーベキューを
するのにとても便利です! トイレも簡易型ですが設置されていました。
ただし日陰になるような所が無いので、夏場は帽子や日傘・パラソルなど
持参した方がよいと思いますね。


DSCN4782.jpg DSCN4783.jpg

川の水位は低く普段の流れが穏やかので、川遊びにも適しています。
水は綺麗!とは言えませんが、足を付けて遊ぶくらいなら十分でしょう。

実は私も子供の頃によくここで川遊びをした思い出があります!
大阪市内に住んでいたのですが、家に車が無いので電車で来れて
駅からすぐ近いこの石川は、家族の定番川遊びスポットでした。

この藤井寺・星の広場地区のアクセスについては、
近鉄の道明寺駅から300mほどで、車が無くてもとても便利な場所です。
車の場合は、先ほど記述したとおり休日は河川敷内に駐車可能で
それ以外の時期は近隣のコインパーキング等を探すことになります。

また、この石川河川公園には地区ごとに様々な施設があるので、
詳しくは公式ホームページなどでチェックしてみて下さい。
→ 石川河川公園 全体マップはこちら



ここがオススメ!

 電車でも行ける川遊びスポット! 近鉄道明寺駅からすぐ近く!

 河川敷に駐車場があるので便利! バーベキューにも最適!


ここはイマイチ!

× 川の水は決っして綺麗とは言えませんね…

× 日陰になるような所が無いので夏場は注意しましょう!



☆ 石川河川公園 (藤井寺・星の広場地区) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府公園協会 石川河川公園ホームページ
→ いこいこ!大阪の公園 石川河川公園ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 ほしだ園地

ハイキング・登山
05 /24 2013
DSCN4493.jpg

大阪府交野市にある大阪府民の森・ほしだ園地へ行って来ました!

ここは金剛生駒紀泉国定公園内にある大阪府民の森の中のひとつで、
園内には様々なハイキングコースがあり、天孫降臨伝説のある哮が峰をはじめ
多くの巨石が散在し、森林浴やバードウォッチングも楽しめます。


DSCN4495.jpg DSCN4499.jpg
DSCN4502.jpg DSCN4501.jpg

ほしだ園地の側を流れている天野川は普段の水深が浅く流れが穏やかで
駐車場からすぐ近くに川遊びが出来るスポットがありました。
そしてここから全長約200m・最大地上高10mある森林鉄道風の木製歩道橋で
河原を眼下に見ながら園地内へと入って行きます。


DSCN4514.jpg DSCN4516.jpg

まず到着するのはピトンの小屋という案内管理棟になり、
ほしだ園地の自然やハイキングルート等について展示や紹介をしています。
飲料などの自販機やトイレもあって行き帰りの休憩スポットですね。


DSCN4508.jpg DSCN4506.jpg
DSCN4509.jpg DSCN4510.jpg

なんと! 高さ16.5mの巨大なクライミングウォールがありました。
平成9年の秋季なみはや国体でも使用された人工壁で、ホールドを使った
クライミングウォールは正面壁・左右両側面壁の3面がある本格施設です。
施設利用にあたっては講習会を受講し受講済証の交付を受けた方がいる
2名以上のグループでのご利用となり、料金は大人500円・中高生200円です。

ただし、初心者でも体験できるクライミングゾーン施設もあるのでご安心を!
こちらは無料で誰でも体験することが出来ますし十分楽しいですよ~
園地内には他に遊具系の設備は一切ないので子供が遊べる所はここのみです。


DSCN4518.jpg DSCN4522.jpg
DSCN4553.jpg DSCN4551.jpg

園地内のハイキングコースをゆっくりと歩いて来ましたが、
アップダウンが適度にあり運動不足の私にとっては良い運動になりました。
しかし、今回訪れたのは5月中旬でしたが園内に毛虫が大量発生しており
木から糸を垂らしてたくさんの毛虫が歩道にもウジャウジャ浮いていて
油断すると顔や体に毛虫が付いてしまう状態… かなり気持ち悪かったです。
5月くらいに訪問するなら注意した方がいいでしょう…


DSCN4525.jpg DSCN4531.jpg
DSCN4542.jpg DSCN4539.jpg

そしてハイキングコースを進んで行くと、ほしだ園地のシンボルでもある
「星のブランコ」という人道大吊橋があります。
延長280m・最高地上高50mあり国内最大級の木床板人道吊り橋だそうです。
橋からは市街地まで大パノラマが遥か眼下に楽しめ、
また春の新緑や秋の紅葉を楽しみながらの空中散歩はスリル満点です!


DSCN4547.jpg DSCN4548.jpg
DSCN4545.jpg DSCN4549.jpg

吊り橋や園地内から市街地まで見渡せる展望スポットからの眺めです。
ベンチもいくつかありますし休憩場所としても最適ですね~
やまびこ広場というところにトイレはありますが園地内の管理棟以外に
飲料自販機とか設備がないので、水筒など持参した方が良いでしょう。


アクセスについては、京阪電車の私市駅からハイキングコースを徒歩約40分、
土日祝は私市駅からバスも出ていますが本数が少ないので注意が必要です。
自家用車の場合は駐車場が園地入口にあって1時間毎200円となっています。

このほしだ園地は子供の遊具が無いので小さな子供連れには不向きですが
日頃の運動不足を解消するためのハイキング目的ならアリやと思います!



ここがオススメ!

 星のブランコでの空中散歩は一見の価値あり!

 適度なアップダウンのハイキングコースでいい運動に!


ここはイマイチ!

× 子供の遊具類はありません。子連れには不向きかな!?

× 時期を誤ると大量発生した毛虫の中をかき分けて歩くことに…



☆ 大阪府民の森・ほしだ園地 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 大阪府民の森 ほしだ園地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


瀬戸大橋記念公園 (瀬戸大橋記念館・瀬戸大橋タワー)

博物館・記念館
05 /13 2013
DSCN4387.jpg DSCN4417.jpg

香川県坂出市にある瀬戸大橋記念公園へ行って来ました!
関西地区ではありませんが、番外編として今回ご紹介します。

ここは、瀬戸大橋の完成を記念して1988年に開催された瀬戸大橋博覧会の
会場跡地を整備した面積10.2haの海浜公園で、園内には水の回廊や芝生広場・
浜栗林・遊具広場や、瀬戸大橋記念館・瀬戸大橋タワーなどの施設、
そして、道の駅として無料駐車場施設も完備されています。


DSCN4477.jpg DSCN4384.jpg
DSCN4393.jpg DSCN4395.jpg

まずは、瀬戸大橋を見渡せて緑の空間が大きく広がる芝生広場ですが、
家族連れや遠足などのレクリェーション活動やグラウンドゴルフなどの
スポーツにも利用することができます。

また、公園入口から瀬戸大橋記念館へと続くプロムナードである水の回廊は
瀬戸大橋の吊橋や斜張橋を象った噴水と、瀬戸内海に浮かぶ島々を敷石等を
用いて描いた舗装で作られており、とてもいい雰囲気ですね。


DSCN4397.jpg DSCN4390.jpg
DSCN4391.jpg DSCN4403.jpg

こども広場では、船をイメージした「ふねまるちゃん」と、
橋をイメージした「おおはしくん」の2つの大型遊具が設置されていて
ちょっとしたアスレチック要素があって子供なら楽しく遊べそうです。


DSCN4473.jpg DSCN4461.jpg
DSCN4411.jpg DSCN4476.jpg

浜栗林は、広さ約2,800m2の「甲之池」を中心に、高さ15m・直径60mの巨大な
石組彫刻「鬼屏風」や、幅50m・落差3mの「くぐり滝」、瀬戸大橋の守り神と
なることを願い、架橋の橋脚となった島々をはじめ瀬戸内海周辺の石を集め、
積み重ね彫刻を加えて制作された「どだま獅子」など見どころが盛りだくさん!


DSCN4462.jpg DSCN4464.jpg

イベントやコンサートなどで使用されるマリンドームですが、
普段は解放されていて休憩場所として自由に出入り出来ました。
高さ15m・直径約50m・座席数1,231あって国内最大級の木製ドームだそうです。


DSCN4472.jpg DSCN4469.jpg
DSCN4468.jpg DSCN4466.jpg

展示広場には、瀬戸大橋のメインケーブルや、瀬戸大橋の架橋工事で
実際に使用された巨大な機械などを展示しています。
(アンカーボルト、リーカス、クリッパー固定ピン、灯浮標、メインケーブル、
キャットウォーク、ハンガーロープ引込装置、鉄道縦桁)


<瀬戸大橋記念館>

DSCN4406.jpg DSCN4414.jpg

続いて、公園内にある瀬戸大橋記念館についてですが、
ここは世界最大級の道路鉄道併用橋である瀬戸大橋完成を記念して整備され、
瀬戸大橋完成の過程や架橋工事・架橋技術を映像や模型などで紹介しています。


DSCN4419.jpg DSCN4421.jpg

エントランスホールでは、6面大型マルチ映像と地形模型で、交通・経済・文化の
大動脈である瀬戸大橋の壮大な姿を紹介しています。
併設されているミュージアムショップでは、瀬戸大橋や香川県にちなんだ
おみやげなどが多数販売されていました。


DSCN4424.jpg DSCN4425.jpg
DSCN4426.jpg DSCN4427.jpg

人々の悲願、瀬戸大橋への道のりでは、
瀬戸大橋の着想から120年余。最初に塩飽諸島の島伝いに橋を架けることを
大久保諶之丞が提唱し瀬戸大橋が実現するまでの長い道のりの中にあった
様々な出来事を紹介しています。


DSCN4428.jpg DSCN4431.jpg
DSCN4432.jpg DSCN4433.jpg

瀬戸大橋架橋の驚くべきテクノロジーとドラマでは、
巨大さと精密機械のような精巧さをあわせ持つ橋の姿は瀬戸内の美しい
自然景観と見事に調和しており、多くの人々の知恵と情熱と努力により
完成しました。瀬戸大橋の9年半に及ぶ架橋工事の全貌や架橋技術の粋を、
動く模型や映像などにより分かりやすく紹介しています。


DSCN4437.jpg DSCN4434.jpg
DSCN4443.jpg DSCN4446.jpg

橋を渡っていこう瀬戸大橋と島巡り・世界の橋を知ろうでは、
瀬戸大橋を渡りながら島々の観光もできる疑似体験コーナーや
Q&Aコーナーなど、遊び心を盛り込んだ展示により楽しみながら
情報を得ることができます。

その他にもブリッジシアターでは、瀬戸大橋の雄大な美しさと人々の
ふれあいや交流などを通して人・物・情報の架け橋として活躍する
瀬戸大橋を描いた映像を上映しており、まるで空を飛んでいるような
大型全天周映像・マルチオーディオシステムの臨場感あふれる大迫力
音響効果で異次元の瀬戸大橋を体験することができます。


DSCN4447.jpg DSCN4452.jpg
DSCN4449.jpg DSCN4455.jpg

最後に、屋上にある展望台からの瀬戸大橋や公園内の眺めです。
屋根付きでベンチがありますし、無料で使える望遠鏡もありました。
屋上展望台はライトアップされた瀬戸大橋や瀬戸大橋記念公園を一望できる
夜景の名所としても知られています。ここからの景色はめっちゃ最高!
絶好の記念写真撮影ポイントですね!

ここ瀬戸大橋記念館はなんと入館料が無料! ぜひ公園とセットでどうぞ~


<瀬戸大橋タワー>

DSCN4399.jpg DSCN4458.jpg
DSCN4457.jpg DSCN4459.jpg

続いて、瀬戸大橋タワーのご紹介です。
このタワーは瀬戸大橋の開通を記念して1988年に瀬戸大橋博覧会が
岡山と香川で開催され、その香川県側の会場となった坂出市番の洲の一角に
アミューズメント施設として瀬戸大橋タワーが建設されました。
会期終了後の博覧会跡地は瀬戸大橋記念公園として再整備され、
瀬戸大橋タワーは恒久施設として現在でも運営されています。

こちらの利用料金は、大人800円・小人500円となっていて、
高さ108m、360度の景色を眺められる回転式展望塔は、
展望室部分が回転しながら昇降するタイプのものでは世界一の高さ!
キャビンに乗っている時間は約10分で、最高地点108mで3回転して下降します。
座っているだけで360度の景色を眺めることができ、東には瀬戸大橋、五色台、
西には本島など瀬戸内海の島々、南には讃岐山脈、北には瀬戸大橋、与島、
岩黒島、櫃石島、鷲羽山などを見ることができますよ~


ということで公園と記念館とタワーと3点セットで所要時間は2時間くらいかな?
私達は四国旅行中にふら~っと立ち寄ったのですが、瀬戸大橋のことや魅力が
良く分かりました。電車など公共交通機関でのアクセスは不便な場所ですが、
道の駅としての機能もありますし、ドライブスポットとしてお勧めですね!



ここがオススメ!

 瀬戸大橋が見渡せる開放的な海浜公園! 気持ちいい!

 記念館は入館無料です! 駐車料金も無料!


ここはイマイチ!

× アクセス方法は車しかありませんね。バスは本数少ない



☆ 瀬戸大橋記念公園 (瀬戸大橋記念館・瀬戸大橋タワー) ☆

アクセス・詳しい案内については、以下のホームページでご確認ください
→ 瀬戸大橋記念公園 公式ホームページ
→ 瀬戸大橋記念館 案内ページ
→ 瀬戸大橋タワー 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 くろんど園地

ハイキング・登山
04 /28 2013
DSCN4024.jpg DSCN3996.jpg

大阪府交野市にある大阪府民の森くろんど園地へ行って来ました!

ここは京阪私市駅から奈良県のくろんど池に至るハイキングコースの
終点近くにある自然豊かで静かな森林公園です。
園内には、アスレチック遊具や芝生広場、本格的なキャンプ場施設や、
四季折々の花や自然が楽しめバラエティに富んだハイキングコースがあり、
年間を通じてハイカーや家族連れやで賑わっています。


DSCN3977.jpg DSCN4018.jpg
DSCN4010.jpg DSCN3979.jpg

本格的なハイキングを楽しみたいならここはお勧めでしょう!
ほんとに山の大自然の中に入り込んだ感じでアップダウンも激しく
日頃運動不足気味の私には息が切れてかなりキツかったです(笑)
ハイキングコースは舗装されていない山道がほとんどで、
小さな子供連れには不向きです。足元が悪いので運動靴は必須ですね。


DSCN3981.jpg DSCN3982.jpg
DSCN3983.jpg DSCN3984.jpg

コース途中にある展望台からの眺めです。山の中なんで景色はいまいち…
それでもヘロヘロになりながら歩いて来たんでとても気持ちが良かったです。


DSCN4000.jpg DSCN4001.jpg

駐車場からおよそ1時間くらい歩いてようやく休憩所に到着!
ここではテーブルやベンチが備え付けてあり飲料自販機もありました。
近くのすいれん池ではスイレンが赤やピンク色の花を咲かせていて
池の中には浮見堂があり、山の中を歩いた疲れを癒してくれます。
大きなコイも何匹か泳いでいましたよ~


DSCN4002.jpg DSCN4003.jpg

休憩所を出て子供の遊び場である草原広場を目指して歩いて行くと、
いきなり岩登り!? しかもここを登らんと先には行けんし!?
これは乳幼児連れはかなり辛いですね~
岩を登ってしばらく歩くと面積2,000m2の芝生広場が広がります!


DSCN4004.jpg DSCN4007.jpg
DSCN4008.jpg DSCN4005.jpg

草原広場の真ん中の丘には、丸太わたりや穴くぐりなどいくつもの難関を
越えて進む迷路、舟の形をしたわんぱく砦やつり橋があるクロスタワーなど
丸太でできた海賊船を思わせるアスレチック遊具があります。
1時間以上かけて山道を歩いてきて、遊具はこれだけしか無かったので
ちょっと拍子抜けかな? またここから1時間かけて駐車場まで戻ることに…


DSCN3992.jpg DSCN3993.jpg
DSCN3988.jpg DSCN4022.jpg

また、くろんど園地には本格的なキャンプ場とバーベキュー広場があります。
夏の期間はテントが常設され初心者でも手軽にキャンプが楽しめます。
駐車場からキャンプ場までは少し距離があるので、荷物運搬用に手押し車も完備!


DSCN3986.jpg DSCN4019.jpg
DSCN3985.jpg DSCN3987.jpg

バーべキュー広場では一年を通じて家族やグループで利用できる設備があり、
炊事用具や食器セットの貸出しや薪や炭も販売していて便利です。
キャンプ場の炊事棟を含む全ての施設は事前に電話予約制となっています。
→ キャンプとバーベキューに関してのご利用案内はこちら

最後にアクセス方法ですが、公共交通機関の場合は京阪電車の私市駅から
ハイキングコースを徒歩約50~60分ほどで園地に到着します。
車の場合は無料駐車場が50台ありますがナビにはうまく表示されないようです。
しかも車が1台ギリギリしか通れない細い道を走るので運転には注意しましょう。

とにかく、ここはハイキング目的かキャンプ場目的で割り切って行く公園ですね!



ここがオススメ!

 園内に8つのハイキングコースあり! いい汗かきましょう!

 キャンプ場完備! 自然の中で日帰りバーベキューも楽しめる!


ここはイマイチ!

× 舗装された道が少なく小さな子供連れには向きませんね

× 遊具がしょぼい。あんだけ歩いて行ってこれかいな!?



☆ 大阪府民の森 くろんど園地 ☆

アクセス方法、詳しい公園案内は以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府民の森 くろんど園地 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


府民の森 緑の文化園むろいけ園地

ハイキング・登山
04 /20 2013
DSCN3961.jpg

大阪府四条畷市にある緑の文化園むろいけ園地へ行って来ました!

ここは金剛生駒紀泉国定公園内にある「大阪府民の森」の中のひとつで、
スポーツ・宿泊・研修施設が連なる緑の文化園に隣接し、
敷地内の水辺自然園では、水辺の生物を観察したり池を眺めながら
気軽に散策が出来る手すり付きの遊歩道やハイキングが楽しめる登山道、
さまざまな子供向け遊具がある森の宝島などが整備されています。


DSCN3946.jpg DSCN3940.jpg
DSCN3944.jpg DSCN3942.jpg

まずは子供が楽しめる「森の宝島」ですが、緑の文化園エリアにあって
山の斜面を利用した木製アスレチックやターザンロープなどの遊具類や
芝生広場、吊橋などが整備されています。
木製アスレチックは長さ80m! 山の斜面で高低差もありスリル満点!!


DSCN3949.jpg DSCN3947.jpg
DSCN3950.jpg DSCN3954.jpg

距離は短いが滑るスピードが早くてこちらもスリル満点のジャンボ滑り台や
森の汽車などの幼児向けの遊具もあって休日は家族連れで賑わっています。
遊具広場はそんなに広い敷地ではなく、坂道になっているところも多いので
走ってこけてしまったりすると少々危険ですしその辺は注意が必要でしょう。


DSCN3953.jpg DSCN3952.jpg
DSCN3932.jpg DSCN3933.jpg

その他にはボール遊びやお弁当を食べるのに最適な芝生広場や、
自販機があって休憩も出来る森の丸太小屋がありました。

こちらの緑の文化園エリアには、テニスコートや野球場などのスポーツ施設に
レクレーションから研修まで出来る宿泊飲食施設なども整備されていて
自然の中でリフレッシュしてみんなが楽しめる設備となっています。


DSCN3964.jpg DSCN3962.jpg

森の宝島から水辺自然園エリアや駐車場へとつながる吊り橋は、
短いですが自然の中にあって雰囲気がとてもいい感じですね。


DSCN3965.jpg DSCN3966.jpg
DSCN3967.jpg DSCN3968.jpg

続いて、遊歩道が整備されている水辺自然園エリアですが、
まずは入口ゲートをくぐると「森の工作館」という施設があり、
一年を通じてむろいけ園地の自然に関する様々な情報を発信しています。
併せて自然の素材を使った工作などの創作活動、自然素材での工作や
陶芸教室・オカリナ製作など土日祝に個人用各種講座を行っています。


DSCN3937.jpg DSCN3969.jpg
DSCN3971.jpg DSCN3975.jpg

水辺自然園には2つの遊歩道が整備されていて、湖面に映えるモチツツジや
紅葉期のカエデ類が絶景のファミリートレールは1.6kmの遊歩道になっており
坂道に手すりを設けて勾配を緩くしたり、段差をなくしたりする工夫がしてあり、
ベビーカーや車イスの人、お年寄りも安心して歩けるようになっています。

また、外回りのネイチャートレールは3.2kmあって所要時間も1時間以上!
湿生花園ではサワギキョウやカキツバタ・オニヤンマなどが観察でき、
オオルリやカワセミなど様々な野鳥、冬季にはシギ、チドリ、オシドリなど
冬鳥の飛来が見られます。ハイキングを楽しみたい方はこちらがお勧め!

むろいけ園地へのアクセスは、基本的に車のみとなりますが、
JR学研都市線の四条畷駅よりハイキングコースを徒歩約60分かけて
行くことも出来ます。駐車場は無料ですが17時(冬季16時)には閉門するので
時間には余裕をもって楽しみましょう。



ここがオススメ!

 自然豊かでハイキングに最適。整備された遊歩道も有り!

 木製アスレチックやジャンボ滑り台の遊具も有ります!

 入園無料で駐車場も無料!


ここはイマイチ!

× 遊具広場は狭くて山の斜面にあるので注意が必要でしょう



☆ 大阪府民の森 緑の文化園むろいけ園地 ☆

アクセス方法、詳しい公園案内は以下のホームページでご確認ください
→ 大阪府民の森 むろいけ園地 ホームページ
→ 緑の文化園 ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



有馬富士公園 (あそびの王国)

公園(兵庫)
03 /09 2013
DSCN3581.jpg DSCN3541.jpg

兵庫県三田市にある県立有馬富士公園に行って来ました!

ここは平成13年に開園した兵庫県内最大の都市公園で、
豊かな自然を活かし「自然休養型の文化公園」を基本テーマとして
開園以降も順次整備が進んでいる広域都市公園となっています。


富士2 富士3
DSCN3593.jpg DSCN3594.jpg

広大な公園は、有馬富士の頂上広場を中心としたシンボルゾーンと
草木や花、野鳥などの生態を観察できる出会いのゾーンに分かれています。
園内を散歩しながら一周すると1時間以上かかる程の敷地面積です。

棚田、鳥の道、林・水辺・草地の各生態園など自然体験や生き物の観察に
最適な施設や、日本の伝統的な住まいや暮らしを伝承するかやぶき民家があり、
また、地域の自然や生き物の生態を楽しく学ぶことができる自然学習センターや
各種発表会やコンサートができるホール・会議室を備えたパークセンターなど
様々な施設が充実していました。


DSCN3547.jpg DSCN3561.jpg
DSCN3548.jpg DSCN3556.jpg

今回は、カミナリ鬼の子供の物語をテーマにした『あそびの王国』と呼ばれる
広~い子供向けの遊具広場を中心にご紹介していきます。

「あそびの王国」は平成17年に開園した三田の民話に基づいた創作遊具施設で、
何処でもあるような一般的な遊具とは一味違って、鬼のテーマに基づいた
見慣れない独特の遊具類がたくさんあってとても面白く子供は喜ぶでしょう。
メインシンボルの鬼ヶ富士では、階段で上に登ると鬼の頭や顔の部分で遊べて
展望も出来ます。急勾配のジャンボ滑り台はとてもスリルあり!


DSCN3577.jpg DSCN3546.jpg
DSCN3545.jpg DSCN3544.jpg

カミナリの砦では、雲の上で雷の子が遊んでいるイメージで、
カミナリ様の太鼓?のような音の出る楽器や鐘、光の反射板や
雲をモチーフにしたフワフワ遊具などがあって、
ここのエリアでは特に小さな子供さんが楽しめるところになります。


DSCN3559.jpg DSCN3549.jpg
DSCN3550.jpg 富士7

鬼の食卓では、ひとつの大きな御膳にあるお椀など食器をモチーフにした遊具や、
お皿の上にあるお魚の中をくぐったりと変わった遊具類があります。


DSCN3565.jpg 富士8
DSCN3568.jpg DSCN3571.jpg

みんなの村では、砂場やジャングルジム・滑り台、迷路がありました。
迷路は大人がやっても意外に面白かったです(笑)

その他にも、秘密の谷という緩やかな斜面に囲まれた遊び場もあって、 
子供連れにはかなりお勧めの公園だと思いますよ!

 

DSCN3582.jpg DSCN3583.jpg
DSCN3590.jpg DSCN3591.jpg

また、「キッピー山のラボ」の愛称で親しまれている自然学習センターでは
子どもたちのための体験型自然学習施設になっていて、三田の自然をテーマに、
見る、聞く、触るなど、五感を使って感じることのできる展示があります。
入館無料で駐車場から近いので、帰りにでも寄ってみてはいかがでしょうか!?



ここがオススメ!

 広大で緑豊かな公園。散策や犬の散歩にももってこい!

 鬼をテーマにした子供心をくすぐるユニークな遊具がいっぱい!  

 駐車場無料! トイレや自販機などの設備も整っています。


ここはイマイチ!

 公園内や周りにお店は何もないです。飲食料は持参しましょう!

× 残念ながら公園内でバーベキューは全面禁止です

× 17時で駐車場が閉まります。 敷地が広いので気をつけて!




☆ 有馬富士公園 (あそびの王国) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 有馬富士公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


初回訪問:2007年2月 記事更新:2013年3月

二色の浜公園・海浜緑地 (二色の浜海水浴場)

海水浴場
01 /26 2013
DSCN3410.jpg DSCN3399.jpg

大阪府貝塚市にある二色の浜公園へ行って来ました!

ここは、海水浴の楽しめる海浜公園として昭和26年に誕生した府営公園で、
潮騒と豊かな緑に囲まれた空間では、海水浴や水上オートバイなどの
海浜レジャーから、バーベキュー施設、テニスや野球などのスポーツ施設
子供の遊具広場があり、大人も子供も幅広く楽しめる公園となっています。


DSCN3397.jpg DSCN3404.jpg
DSCN3406.jpg DSCN3402.jpg

公園のメインとなる二色の浜海水浴場は、長さ1000m、奥行200mあり、
シーズン中には、海の家・屋台村・シャワー・更衣室・トイレなどの設備が
充実していて、アクセスも大阪市内から電車・車ともに1時間という近さ!
大阪府内の人気ビーチとして夏シーズン中は多くの海水浴客で賑わいます。
また、4月~6月はじめ頃には潮干狩りも楽しむことが出来ますよ!


DSCN3405.jpg DSCN3409.jpg
DSCN3417.jpg DSCN3415.jpg

砂浜中央部分には、帆船マストのモニュメントが目印のレストハウスがあり
食堂や喫茶室、休憩所などあって公園のランドマーク的な存在です。
また、公園内の指定区域では持ち込みバーベキューをすることが可能で、
炭入れや洗い場の設備が何カ所か設置されています。


DSCN3395.jpg DSCN3433.jpg

ちょうど位置的に阪神高速・湾岸線の真下に公園が広がっているので
高架が屋根の役割を果たして日陰にもなり夏にはありがたいですね。


DSCN3413.jpg DSCN3386.jpg
DSCN3389.jpg DSCN3390.jpg

二色の浜公園には子供の遊具広場が3カ所もあって充実しています。
中央児童遊戯場では、クジラやサザエの滑り台など海をイメージした遊具や
砂場や幼児用の遊具もあって多くの子供達で賑わっていました。


DSCN3422.jpg DSCN3424.jpg
DSCN3430.jpg DSCN3426.jpg

公園の南側に位置する松風広場ゾーンは、クロ松と白い砂浜のコントラストが美しく、
海風にさらされて松の木が傾いて斜めに生えているのが特徴です。
ここには松風児童遊戯場があり、ジャングルジムやシーソー、スイングボール
ローラー滑り台などの遊具があります。


DSCN3457.jpg DSCN3449.jpg
DSCN3451.jpg DSCN3452.jpg

続いて公園の北側に位置する脇浜児童遊戯場には、
別名「カニ公園」ということでカニをモチーフにした遊具や、
船の形の大きなジャングルジム、ターザンロープなどがあります。


DSCN3441.jpg DSCN3446.jpg
DSCN3460.jpg DSCN3461.jpg

船をモチーフにした遊具の中は、アスレチックの要素があって
滑り台やミニロッククライミングなどがある複合遊具となっています。


DSCN3443.jpg DSCN3458.jpg
DSCN3445.jpg DSCN3447.jpg

複合遊具以外にも定番のブランコにターザンロープや芝生広場がありました。
潮騒の森ゾーンでは花見の丘など一年を通して季節の草花が楽しめます。


DSCN3407.jpg DSCN3396.jpg
DSCN3436.jpg DSCN3434.jpg

その他には、球技広場、テニスコート、野球場などが整備されており
海水浴にスポーツに遊具類と設備的には素晴らしい公園となっていますね。
公園内を歩いていると景色が様々に変わってとても楽しかったです!

アクセスについて、電車では南海の二色浜駅から徒歩10分くらい、
車の場合は、それぞれの目的地によって駐車場が4カ所あります。
駐車料金は1日1回600円と良心的価格で長時間利用ならお得です。

また徒歩では少し距離がありますが、二色の浜海浜緑地というエリアでは
水上オートバイなどが楽しめるマリンレジャーの拠点があり、
多目的広場や本格的なバーベキュー施設も備えています。
バーベキューだけが目的なら設備が整っているこちらがお勧めでしょう。
食材だけ持ち込みすればOKなので楽チンです!



ここがオススメ!

 さすが大阪の人気ビーチ! バーベキューも出来て設備充実!

 広大な公園には様々な景色があります。散歩にもお勧め!

 子供の遊具も充実しているので家族で楽しく遊べます!


ここはイマイチ!

× それぞれの遊具広場が離れ過ぎていて移動でかなり歩きます

× 中央ゾーン以外には休憩ベンチや自販機がほとんどありません

× やはり海水浴シーズンは駐車場が即満車確実でしょう



☆ 二色の浜公園・海浜緑地(二色の浜海水浴場)☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 二色の浜公園管理事務所ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する



芥川緑地 ・ぷーるぴあ

屋外プール
01 /18 2013
DSCN3382.jpg DSCN3383.jpg

大阪府高槻市にある芥川緑地へ行って来ました!

ここは、芥川の中流域の名勝「摂津峡」と連続しており、
住宅地と芥川に挟まれた都市近郊に残された貴重な自然緑地です。
人・自然・歴史との出会いをテーマに、高槻の都市シンボル芥川の
中核的施設として整備され、敷地内には資料館やプールも併設されています。


DSCN3364.jpg DSCN3369.jpg
DSCN3371.jpg DSCN3375.jpg

芥川緑地部分の主な施設は、出会いの池広場、水上ステージ、ゴロッパ広場、
エントランス広場、ポケットパーク、テニスコート2面、ゲートボール場、
屋外トイレ2か所、バーベキュー用の洗い場などがあります。
残念ながら子供向けの遊具類はなく、フィットネス遊具が数点あるのみです。


DSCN3366.jpg DSCN3362.jpg
DSCN3360.jpg DSCN3368.jpg

バーベキューが出来る芝生広場は、芥川の川辺に隣接していて、
夏シーズンには川遊びや虫取りとバーベキューを一緒に楽しめます。
広場には洗い場とゴミ捨て場、バーベキュー用が出来るレンガ造りの設備が
ひとつだけありますが、コンロは道具類は持ち込みが必要でしょう。

駐車場料金は1時間100円で、1日の上限も400円とメチャ安い!
公共交通機関の場合は、高槻駅からバスで15分ほどかかります。


DSCN3377.jpg DSCN3379.jpg
DSCN3373.jpg DSCN3384.jpg

続いて、芥川緑地内にあるプール施設である芥川緑地プール(ぷーるぴあ)は、
水と緑のふれあいをコンセプトとした高槻市唯一のレジャープールです。

主な施設は、流水プール、25mプール、造波プール、幼児プール、小児プール、
ウォータースライダー2基、ジャグジー2か所があります。
高低差のある地形を生かし斜面に設置されているウォータースライダーは
大阪府下の公営施設最長の160m、高さ18.5mもありスリル満点!!

料金は、3時間制で大人1000円・小中学生500円・幼児300円
3時間を超えると別途延長料金が必要です。う~んちょっと高めですね…
営業期間は7月~9月で、詳細については以下のホームページでご確認下さい。
高槻市立芥川緑地プール(ぷーるぴあ)公式ホームページ


DSCN3359.jpg DSCN3342.jpg

また、同じく芥川緑地内にある芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)は、
高槻市の自然を紹介する資料館で、淡水魚水族館、鳥・哺乳類・昆虫類などを
紹介しています。入場は無料です。詳しくは以下のレポート記事をご覧下さい。
関西おでかけナビ 芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)


今回私達が訪れたのは1月で、芥川緑地の魅力をあまり体感出来ていませんが、
特に夏シーズンなら川遊びやプールにバーベキューと一日楽しめるスポットですね!



ここがオススメ!

 夏シーズンには川遊びとバーベキューが一緒に楽しめる!

 全長160mのスライダーがあるプールや、入場無料の資料館もあり!

 駐車料金も安い! 1時間100円で1日上限400円!


ここはイマイチ!

× 残念ながら子供向けの遊具類は一切ありません

× ぷーるぴあは3時間制で料金も高い! さらに延長は追加料金必要…



☆ 芥川緑地 (あくあぴあ芥川・ぷーるぴあ) ☆

アクセス方法・詳しい施設案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 高槻市・芥川緑地ホームページ
→ 芥川緑地プール(ぷーるぴあ)公式ホームページ
→ 高槻市・芥川緑地資料館(あくあぴあ芥川)ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 芥川緑地・ぷーるぴあ


播磨中央公園

公園(兵庫)
11 /23 2012
DSCN3139.jpg DSCN3009.jpg

兵庫県加東市にある兵庫県立播磨中央公園へ行って来ました!

ここは、中国自動車道の滝野社ICから西へ約3kmの所にひらかれた
都市公園で、大小の池が散在する自然豊かな五峰山山麓の丘陵地帯に広がり
自然を残しつつ新たに桜や紅葉など花木や草花が植栽されていて、
四季を通じて花と自然を楽しむことが出来るよう整備されています。


DSCN3110.jpg DSCN3077.jpg

私達が訪れた11月下旬は、ちょうど木々が紅葉してめちゃ美しかったです。

自然以外にも野球場・テニスコート等の運動施設、サイクルランド、四季の庭、
遊具のある子どもの森・子どもの小川等の各種施設が整っていて
文化・スポーツ・レクリエーションにと多くの人々に親しまれています。
とにかく広大な敷地なので、1日中楽しむことが出来る公園ですね。


DSCN3093.jpg DSCN3080.jpg
DSCN3088.jpg DSCN3083.jpg

それでは公園内の設備を順番にご紹介していきます。

「さいくるらんど」では、おもしろ自転車やバッテリーカーに乗れる
サイクル広場と、サイクリングコース、インラインスケート場があります。
ここには、おもしろ自転車:55種140台、インラインスケート:187台
バッテリーカー:10台があり、面積9,000m²の広場で自由に走り廻れます。

料金は、30分につき大人500円・小人250円が基本となっていますが、
2人利用で割引になる大人ペア・小人ペア・親子ペア券も販売されています。
インラインスケートは1時間につきレンタル700円・持ち込み500円です。


DSCN3103.jpg DSCN3094.jpg

サイクリングコースは、起伏にとんだ1周3kmと1,5kmの2コースがあり
マウンテンバイクなどで走ると気分爽快でとてもいい運動になります。
子供用の自転車もあるので、家族みんなでサイクリングを楽しめますよ!
料金は、40分につき大人300円・小人150円です。

おもしろ自転車に乗れたり、サイクリングコースがあるのは
ちょうど大阪にある関西サイクルスポーツセンターと同じような感じですね~


DSCN3026.jpg DSCN3027.jpg
DSCN3049.jpg DSCN3039.jpg

子どもの森ゾーンは、芝生広場のある「空の国」、緑の遊び場「夢の国」、
ワクワク遊具がいっぱいの「冒険の国」の3つに分かれています。

冒険の国には、木製とロープで編んだ遊具を組み合わせた「風のとりで」など
アスレチック要素のある面白そうな遊具がたくさん設置されていました。


DSCN3046.jpg DSCN3030.jpg
DSCN3032.jpg DSCN3051.jpg

約70mにわたり丸太をうねらせた「波打ち丸太」、
丸太の橋わたりなどを組み込んだロープのトンネル「ドラゴンロード」、
森の中を滑っていく「ローラーすべり台」も冒険の国にある遊具です。


DSCN3060.jpg DSCN3061.jpg
DSCN3021.jpg DSCN3016.jpg

その他、夢の国や空の国にも遊び場がたくさんあって、
長い距離でスリルのある3種類のターザンロープや、長いブランコ、
ネット吊り橋、芝生広場など、子供が十分に楽しめる設備となっています。


DSCN3068.jpg DSCN3112.jpg
DSCN3070.jpg DSCN3072.jpg

中央広場ゾーンは、芝生広場や小川など自然の地形を活かした広場です。
夏季シーズンに水遊びも楽しめる「子どもの小川」では、
毎年3月下旬から11月下旬まで長さ160m・深さ5~15cmの
小川に水が流れていて、子供達に人気があるスポットとなっています。

そして何故かポツンと蒸気機関車(C56)が展示されていますが、
周りは柵で囲われているので触ったり乗ったりは出来ません…


DSCN3127.jpg DSCN3132.jpg
DSCN3133.jpg DSCN3137.jpg

豊かな自然を満喫できる播磨中央公園の中でも、
季節の花々をゆっくりと楽しむことができるのがフラワーゾーンです。
ここは桜の園・四季の庭・バラ園など一年を通じて花と緑と触れ合えます。

バラ園は面積約1.5haで、中央の噴水を囲むようにバラが植えられています。
バラ以外の草花やグランドカバーが足下に植えられ、またツル科の植物によって
バラ園に立体感を与えるように工夫されています。


DSCN3121.jpg DSCN3116.jpg
DSCN3123.jpg DSCN3125.jpg

約17haの変化に富んだ自然地形を生かした四季の庭では、
全体が1つの遠風景となるように工夫されガーデンは9つのエリアに分かれており
600種12万本に及ぶ木々や草花が楽しめます。
また、ルネッサンス時代を思わせる庭園には、お洒落な展望塔がそびえ立っていて
北播磨の平野や加古川の流れを望む事が出来ます。

私達は時間の都合で行けてませんが、自然散策ゾーンというところに
全長7.8kmのハイキングコースがあるのでのんびり散歩を楽しめます。
途中には滝野のまちが一望できる展望台もあるみたいですよ~

また、播磨中央公園からすぐ近くに「滝野温泉ぽかぽ」という露天風呂が
充実した温泉施設があるので、公園の帰りに行ってみてはいかがでしょうか?



ここがオススメ!

 自然豊かなで広大な公園! 季節の花々や樹林を一年中楽しめる!

 子供の遊び場が充実! 遊具が豊富でサイクルランドもあります!

 駐車場が6カ所あり便利! しかも全て駐車料金は無料です!


ここはイマイチ!

× 敷地が広いのに飲食系設備が不足してますね。自販機も少ない…

× おもしろ自転車の種類と台数が少ない。時間&料金設定が微妙!?



☆ 兵庫県立播磨中央公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内については、以下のホームページでご確認ください
→ はりちゅう 播磨中央公園公式ホームページ
→ 滝野温泉ぽかぽ 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


けいはんな記念公園

公園(京都)
10 /22 2012
DSCN2784.jpg DSCN2803.jpg

京都府相楽郡精華町にある「けいはんな記念公園」へ行って来ました!

ここは、関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)建設を記念し、
また平安京遷都1200年を記念事業の一つとして、平成7年4月に開園しました。
正式名称は「京都府立関西文化学術研究都市記念公園」といいますが、
愛称は「けいはんな記念公園」と呼ばれています。

けいはんな学研都市の理念である「自然との調和」をテーマに設計された
24.1haにもなる広大な公園には、自然保全区域と交流施設区域とに
大きく分けられており、自然保全区域はもともとあった自然林や永谷池を活かし
自然を楽しめる区域であり、交流自然区域は人々の交流を目的に芝生広場・
遊具広場・谷あい・日本庭園(水景園)などが設置されています。


DSCN2831.jpg DSCN2812.jpg
DSCN2802.jpg DSCN2824.jpg

公園内のほとんどは有料区域(入園料 大人200円・小中学生100円)となっていて、
四季折々の風景が楽しめる現代の回遊式日本庭園の水景園では、
回遊しながら自然と人が織りなす空間を様々な距離・角度で楽しめるのが特徴です。
水面上約10mに架かる観月橋(全長123m、幅4m)からは庭園内を一望出来ます!


DSCN2818.jpg DSCN2819.jpg
DSCN2823.jpg DSCN2805.jpg

棚田状の水盤が永谷池と下の池を水の景色として繋ぐ水景棚では、
飛び石を利用して渡ることもできるので面白いですね。
水田が日本の原風景の美しさを演出する里棚田や、美しい紅葉谷、
また、岡山県犬島産の御影石を使用した高さ6~7m、重さ20~70tの巨石、
約500個からなる延長150mの壮大な空間の巨石群などが水景園の見所でしょう。


DSCN2826.jpg DSCN2806.jpg
DSCN2809.jpg DSCN2814.jpg

水上舞台では、100円でコイの餌を無人販売しているので、
池に泳ぐめちゃくちゃでかいコイに餌やりをすることも出来ます。
餌を投げ入れた時のコイの反応が凄いので、子供は喜ぶと思いますよ~ 
水景園の中心にある交流施設である観月楼では、コンサートや各種イベントなど
幅広く利用され、またトイレや自販機もあるので休憩スポットにもなりますね。

その他、豊かな自然が感じられる里山林の森である「芽ぶきの森」では、
永谷池を囲む里山林での散策が楽しめ、春のツツジや夏の木漏れ日、秋の紅葉、
冬の水鳥など、四季折々の自然が満喫できます(一周約1.2km、徒歩約30分)


DSCN2799.jpg DSCN2797.jpg
DSCN2798.jpg DSCN2796.jpg

こちらからは入園無料のエリアのご紹介です。

里山の風情を再現した「谷あい」エリアでは、小川や竹林・梅林などがあり、
竹林の中を園路とせせらぎが通り抜けます。竹の風情と葉擦れの音、
水の音に包まれた心落ち着く場で日本の原風景として心が和む雰囲気です。
せせらぎでは、夏場の水遊びにも最適です! カエル・ザリガニ・メダカなど
自然の生き物もたくさんいるので、子供達の遊び場として楽しめると思います。


DSCN2786.jpg DSCN2788.jpg

日本の風景にマッチした棚田状の広場では、棚田を模したデザインの4面の大きな
芝生広場が段々に連なっていて、子供向けの遊具広場もあり多くの方で賑わいます。
特に桜が美しくて春には300本の桜の木が一面に咲き誇ります。


DSCN2768.jpg DSCN2769.jpg
DSCN2772.jpg DSCN2776.jpg

遊具広場には、大型複合遊具、ターザンロープ、ブランコ、スプリング遊具があり
ほとんどが木製でアスレチック要素もあり安全に楽しく遊ぶことが出来ます。
滑り台が小さくて1つしかなく、うちの子はちょっと不満みたいでしたし、
これだけ広い敷地なんで、もっと色んな遊具があってもいいのになぁ…!?


DSCN2771.jpg DSCN2790.jpg
DSCN2800.jpg DSCN2801.jpg

遊具広場とは別に、先ほど紹介した水景園の入口近くの広場では、
竹馬や縄跳び、バトミントンなどの遊び道具の無料貸し出しをやっているので
こちらでも楽しく遊ぶことが出来ます。竹馬なんて久しぶりに見たw


アクセス方法については、車で行く方が便利で良いでしょう。
駐車場は1日1回400円で、遊具広場にも近いところにあります。
公共交通機関の場合は、JR祝園駅、近鉄新祝園駅よりバスで約8分、
近鉄学研奈良登美ヶ丘駅よりバスで約15分となっています。

こちらの公園は、日本の文化や自然をテーマに設計されているので、
四季折々の自然を楽しみながら散策するのがメインの楽しみ方になります!



ここがオススメ!

 水景園をはじめ日本の文化や四季折々の自然や景色を楽しめます!

 木製の複合遊具や芝生広場、せせらぎなど子供の遊び場も充実!


ここはイマイチ!

× これだけ広い敷地があるので、もう少し遊具が充実してればなぁ…

× ほとんどが有料エリア。入園料は安いけど・・・なぜに!?



☆ けいはんな記念公園 ☆

アクセス方法・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ けいはんな記念公園 公式ホームページ
→ 京都府ホームページ けいはんな記念公園
→ Google Mapで場所の確認をする


明石公園

お城・寺院・神社
10 /11 2012
DSCN2638.jpg DSCN2612.jpg

兵庫県明石市にある県立明石公園へ行って来ました!

ここは、明石城跡を整備した歴史公園で、園内には櫓や堀・石垣といった
城跡をはじめ、各種スポーツ施設や図書館などの施設が点在しています。
場所はJR明石駅のすぐ目の前にあってアクセスは抜群です!


DSCN2642.jpg DSCN2611.jpg
DSCN2608.jpg DSCN2610.jpg

本丸と北側の桜堀周辺は都市緑化植物園区域とされ樹木が生い茂り、
芝生広場や子供の遊具広場、桜堀の北西には広大な剛ノ池が広がります。

自然豊かな明石公園は、平成元年に「日本の都市公園100選の地」、
平成2年には、全国「さくら名所100選の地」にも選ばれています。
また、平成16年には宮本武蔵作とされる日本庭園が整備・公開されました。


DSCN2615.jpg DSCN2635.jpg

旧明石藩の政庁と藩主の居所が置かれた明石城は、別名「喜春城」「錦江城」
とも呼ばれ、徳川家康の曾孫で明石、三木、加古、加東の四郡10万石を領した
小笠原忠真が将軍家と姫路藩本多家の強い支援をうけて築いた城です。

明治7年の廃城令により廃城となりましたが、現在でも2つの櫓が残っていて
写真左の「巽櫓」は、本丸の南東端に築かれた三層の櫓で、桁行き9.09m、
梁間7.27m、高さ12.19mの隅櫓で、妻部を東西に置く入り母屋造りです。

写真右の「坤櫓」は、天守閣が造られなかった明石城では最大規模をもつ櫓で
天守台のすぐ南にあり、天守閣に変わる役割を果たしたそうです。


DSCN2621.jpg DSCN2619.jpg

2つの櫓の間には、ちょっとした木製の展望スペースが設置されていて
明石公園内から明石市街、遠くには明石海峡大橋までの眺望が楽しめます。


DSCN2644.jpg DSCN2627.jpg
DSCN2626.jpg DSCN2636.jpg

そして、気になる子供が楽しめる遊具エリアですが、
正面入り口や城跡から近いところに芝生広場やこども広場があって、
回転式遊具やスプリング遊具など、幼児及び低学年向けの遊具が揃います。

写真にはありませんが公園北東部にあるこどもの村というエリアにも
木製遊具や長い滑り台、ブランコ、大きな砂場など遊べる所があったり
公園の中で一番大きい剛ノ池では、手こぎボートやサイクルボートに
乗ることも出来ます(ローボート30分600円、サイクルボート20分600円)

その他にも野球場・陸上競技場・テニスコートなどのスポーツ施設や
庭園、図書館などの施設もあり、明石市民に親しまれている公園ですね。

車の駐車場は、公園内に2か所あって微妙に料金形態が異なります。
園内中央部のP2駐車場が、30分未満は無料・5時間まで500円
正面入口付近のP1駐車場が、1時間30分まで400円・4時間まで500円


また、近くには明石市立天文科学館もあるのでセットでぜひぞうぞ~!
ともに明石駅から徒歩圏内で、3~4時間程度あれば両方行けると思います。
→ 明石市立天文科学館のレポートはこちらから



ここがオススメ!

 明石駅前にあってアクセスは抜群です!

 広大で緑豊かな公園! 散策や散歩するにも気持ちいい!

 近くにある天文科学館とセットで半日くらいは楽しめます!


ここはイマイチ!

× 明石城といっても天守閣は無く、小さな櫓だけあるのみ…

 2つの子供エリアともに遊具が少し物足りないかなぁ!?



☆ 明石公園 ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 明石公園 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 関西おでかけナビ 明石市立天文科学館


須磨海浜公園 (須磨海水浴場)

海水浴場
09 /24 2012
DSCN2503.jpg DSCN2505.jpg

神戸市須磨区にある須磨海浜公園へ行って来ました!

ここは、須磨海水浴場、須磨海浜水族園、球技場、ヨットハーバーなど
多様な施設がある海浜公園で、特に須磨海水浴場は阪神間から一番近い
海水浴場として、夏季には海の家が立ち並び多くの海水浴客が訪れます。

長さ約1800m、幅約50~150mの広く白い砂浜と青い松林は
兵庫風景100選、日本の白砂青松100選、日本の渚100選にも指定され、
明石海峡大橋や淡路島も見渡せる風光明媚な公園です。


DSCN2373.jpg DSCN2504.jpg
DSCN2506.jpg DSCN2371.jpg

国道2号線に隣接し、JRの須磨駅を降りるとそこが海水浴場という
交通の便の良さから、神戸や大阪方面からも数多くの海水浴客が訪れ、
海水浴シーズンは毎年100万人を超える人でにぎわいます。

今回私達が行ったのは9月だったので、その時に撮った写真では
夏の海水浴シーズンの雰囲気が伝わらなくてどうもスミマセン・・・


DSCN2367.jpg DSCN2502.jpg

海岸の北側にある松林には遊歩道・散策路が整備されていて、
犬の散歩やジョギングをする人々もたくさん見かけました。

また、須磨海浜水族園もこの公園内にあって賑わっています。
敷地内に駐車場が完備されているので、電車でも車でも便利です。
→ 須磨海浜水族園のレポートについてはこちらから


DSCN2374.jpg DSCN2375.jpg
DSCN2501.jpg DSCN2377.jpg

ちょっとだけですが、子供の遊具広場もありました。

小さめのブランコと滑り台、はしごが付いたテトラポット、
うんていのような健康器具!?みたいなのが設置されています。
遊具が少ないので時間は持ちませんが、水族園のすぐ横にあるので
幼児連れなら帰りにちょっと寄ってみるといいでしょう。

基本的に海岸&砂浜がメインの公園なので、
夏の海水浴シーズン以外は特に何をするでもない感じになりますが、
水族園の帰りに少し散歩して海を眺めて帰ってはいかがでしょうか~

もちろん、夏シーズンは白い砂浜で海水浴を思いっきり楽しめます!!



ここがオススメ!

 阪神地区で一番近い海水浴場! アクセスも良いです!

 せっかく行くなら須磨海浜水族園とセットで楽しもう!


ここはイマイチ!

× 公園は砂浜と松林がメインで、遊具は気持ち程度あるだけ…

× 残念ながら公園内は砂浜も含めて全面バーベキュー禁止!



☆ 須磨海浜公園 (須磨海水浴場) ☆

アクセス・詳しい公園案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 須磨海浜公園 ホームページ
→ 須磨観光協会 須磨海水浴場ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する

→ 須磨海浜水族園 ホームページ
→ 関西おでかけナビ 須磨海浜水族園


虎兄貴

息子と一緒におでかけした
関西の遊び場を本音で体験レポート!

あくまでも個人的主観に基づきます
ので、その辺はご理解お願いします。

レポート内の情報が変更されている
場合がありますので、リンクしてます
公式HPで最終確認して下さいね!

当サイトはリンクフリーです。
バナーは自由にお持ち帰り下さい。
          ↓↓
     関西おでかけナビ

相互リンク・お問合せ等はこちら
 → 管理人 メールフォーム

       フォローしてね!
 よかったらフォローしてください

     
   1クリックお願いします!