岸和田だんじり会館

DSC_0350_20160723152730d4a.jpg DSC_0351.jpg

大阪府岸和田市にある「岸和田だんじり会館」へ行って来ました!

ここは、現存する最古の岸和田型だんじりや木彫、岸和田各町の法被展示
大迫力の大型マルチビジョンでの祭礼映像、体験コーナーなど
岸和田だんじり祭りのすべてが分かる博物館です。


DSC_0360.jpg DSC_0358_201607241550178cf.jpg

岸和田だんじり祭りは、江戸時代中期にはじまりおよそ300年の歴史と
伝統を誇り、この地で生まれ育った庶民の手によって受け継がれ
育まれてきました。静と動が織りなすダイナミックな曳行は、
今や全国はおろか世界の祭りとしてその名を轟かすに至っています。


それでは各展示フロアのご紹介です。

DSC_0380_2016072415501469b.jpg DSC_0354_20160724155015a2a.jpg

2階 <イベント広場>
実物のだんじりと大型マルチビジョン映像で「岸和田だんじり祭」の
迫力をリアルに紹介していて、毎時15分、45分の30分間隔で上映。
毎年11月の日祝日には、その年の「だんじり祭ハイライト」を放映しています。


DSC_0378_20160724161335ed6.jpg DSC_0362_201607241613325cb.jpg
DSC_0364_20160724161334c33.jpg DSC_0361_20160724161331f41.jpg

2階 <紀州街道の町並み>
岸和田城城下町の古い町並みの再現や、現存する岸和田最古の
だんじりから、だんじり祭の原点に接することができます。


DSC_0372_20160724162946228.jpg DSC_0371_201607241629446ab.jpg
DSC_0367_20160724162943a9e.jpg DSC_0366_20160724162942d7b.jpg

3階 <ミニだんじりギャラリー>
だんじりのミニチュア「ミニだんじり」の製作に打ち込む
作者たちの活動を、紹介しています。


DSC_0388_20160724165216998.jpg DSC_0389_2016072416521486d.jpg

3階 <だんじり技と匠・映像ギャラリー>
約300年の歴史を持つだんじり祭りには、今日でも伝統芸能が
しっかりと息づいています。ここではだんじり大工と彫物師の匠を
紹介しています。


DSC_0392_201607241658298ef.jpg DSC_0393.jpg
DSC_0391_20160724165828550.jpg DSC_0394_201607241658278ea.jpg

3階 <だんじり今昔資料館>
各町のだんじり紹介パネルをはじめ、だんじりの変遷や歴史年表など
様々な資料・記録・文献が展示されています。


DSC_0374.jpg DSC_0386_201607241641418f9.jpg

4階 <だんじりの飾り・祭りのしくみ>
華やかなだんじりの飾りやだんじりの構造、大屋根のからくりなどの
展示に加えて、だんじり祭りを盛り上げる「ひと」のしくみを
わかりやすく紹介しています。


DSC_0383_20160724163813a61.jpg DSC_0384_201607241638085e8.jpg

4階 <はっぴと提灯>
祭り当日、子供から大人まで町ごとに趣向を凝らした揃いの法被姿で
だんじりを曳きます。館内には、祭りへの意気込みと町の誇りがあらわれた
全町の法被と提灯を展示しています。


DSC_0375_20160724170921878.jpg DSC_0377_20160724170922d6d.jpg

4階 <体験コーナー>
ここに来れば誰もが祭りの主人公。だんじりの大屋根に乗る体験や、
だんじり囃子の鳴り物体験などを通して、だんじり祭りを実感できます。
また、3Dだんじりビジョンでは、迫力満点の映像を楽しめます。


DSC_0396_2016072417134006f.jpg DSC_0395_20160724171341880.jpg

1階 <コミュニティホール>
ここでは、全国各地で行われている祭りのポスターや
岸和田だんじり祭りの写真や絵画が展示されています。
(コミュニティホールは入場無料)



【開館時間】
10:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝祭日の場合は開館)、12月29日~1月3日

【入場料】
大人600円/小人(小・中学生)300円

岸和田だんじり会館、岸和田城、きしわだ自然資料館に
入場可能な3巻共通券も発売されています。
3館共通券 大人700円 (発券日より1ヶ月有効)

100円プラスで3館共通券が買えるので、
近くの岸和田城や自然資料館へぜひセットで行ってみましょう!


ここがオススメ!

 岸和田だんじり祭りのすべてがここで学べます!

 プラス100円で3館共通券が購入出来て岸和田を満喫!



☆ 岸和田だんじり会館 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認ください
→ 岸和田だんじり会館 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


タグ : 大阪 大阪南部 雨の日OK!

岸和田城

DSC_0322_2016062115031635d.jpg

大阪府岸和田市にある岸和田城へ行って来ました!

この岸和田城は、いつ誰によって建てられたのか詳しいことが分かっておらず
伝承では、建武新政期に楠木正成の一族、和田高家が築いたといわれています。

天正13(1585)年、羽柴秀吉は紀州根来寺討滅後、伯父小出秀政を城主とし、
秀政によって城郭整備され、天守閣もこの時に築かれました。
小出秀政・吉政・吉英、松平(松井)康重・康映をへて寛永17(1640)年、
岡部宣勝が入城し、以後、明治維新まで岡部氏13代が岸和田藩を統治しました。


DSC_0328_201607231454510c8.jpg DSC_0347_20160723145449411.jpg
DSC_0344_20160723145447dd7.jpg DSC_0346_201607231525085e9.jpg

天守閣は文政10(1827)年に落雷で焼失、維新期には櫓・門など城郭施設を
自ら破壊したため、近世以前の構造物は堀と石垣以外には残存していません。


DSC_0329_20160723150430931.jpg DSC_0341.jpg
DSC_0343_20160723150434de7.jpg DSC_0342_20160723150433f84.jpg

現天守閣は、昭和29年に建造された3層3階の模擬天守です。
本来は5 層天守であったことが絵図などで確認されています。
城跡は昭和18年に大阪府指定史跡となりました。


DSC_0336.jpg DSC_0332_20160723150726f2a.jpg
DSC_0340.jpg DSC_0333_20160723150727cc3.jpg

【天守閣への入場について】

営業時間: 午前10時~午後5時(入場は午後4時まで)

休業日: 毎週月曜日 (月曜日が祝日・休日の場合は開場)
      年末年始(12月29日~1月3日)

入場料: 大人300円、中学生以下無料


DSC_0350_20160723152730d4a.jpg DSC_0358.jpg

<3館共通券> 大人 700円
岸和田城、岸和田だんじり会館、きしわだ自然資料館の3館に入場可能。

全国に知られている「岸和田だんじり祭」は江戸時代中期に始まり
300年の伝統を誇ります。岸和田だんじり会館はそんな祭の長い歴史や
迫力を目の当たりにできる施設です。ぜひセットで行ってみましょう!



ここがオススメ!

 大阪にあるお城は大阪城だけではありませんよ~

 入場料が安く子供は無料! だんじり会館とセットでどうぞ


ここはイマイチ!

× やはり天守閣の大きさは他の有名城に比べると見劣りします



☆ 岸和田城 ☆

アクセス・詳しい営業案内は、公式ホームページでご確認下さい
 岸和田市 岸和田城ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


タグ : 大阪 大阪南部

城山オレンヂ園

DSC_0309_20151122151410149.jpg

大阪府富田林市にある城山オレンヂ園に行って来ました!

ここは、知る人ぞ知る「パラダイス」としてよくテレビでも紹介されている観光農場で
みかん狩り・くりひろい・いも掘りの味覚狩りや収穫体験が出来る他に、
バーベキュー場や様々な面白い手作り遊具があって、家族みんなで楽しめます!


DSC_0314_20151122154028b13.jpg DSC_0304_20151122154028ef8.jpg

オーナーの「山のおやじ」が、山を開墾して造った観光農場は開園40周年を迎え、
ただ味覚狩りが出来るだけではなく、山のおやじ手作りのアトラクションが目当てで
賑わっているような感じですね。独特の雰囲気があってとても面白いところです。

入園料は、大人(中学生以上):400円 小人:200円 幼児:100円ですが、
収穫・味覚狩りとセットや、バーベキューセット料金もあるので、以下ご確認下さい。


DSC_0249_20151122153747b0a.jpg DSC_0300.jpg
DSC_0269_20151122153746aaf.jpg DSC_0287_20151122153746ef3.jpg

園内に入ると目に飛び込んでくるのが、至る所に設置してある看板やオブジェ!
どれも独特で面白い! 様々なTVメディアに取り上げられるのが分かりますね。


DSC_0246_20151122154402a37.jpg DSC_0240_20151122154401c2a.jpg
DSC_0239_2015112215435976e.jpg DSC_0237.jpg

この城山オレンヂ園で楽しめる収穫・味覚狩りは、以下の3つです。

【くり拾い】  期間:9月下旬~10月上旬
入園料込み
<大人> 500円(中学生以上)
<小人> 300円(小学生)
<幼児> 200円(3歳以上)
◎持ち帰りは別途 1カゴ500円

【いも掘り】  期間:9月下旬~11月
入園料 + <5株>1000 円

【みかん狩り】  期間:10月~12月上旬
入園料+みかん食べ放題
<大人> 850円(中学生以上)
<小人> 750円(小学生)
<幼児> 550円(3歳以上)

春や夏のシーズンは収穫・味覚狩りは出来ないので
園内で楽しめるのはバーベキューとアトラクションのみとなります。


DSC_0235_20151122154500a45.jpg DSC_0233_20151122154500b54.jpg
DSC_0244_2015112215445889c.jpg DSC_0234_20151122154459787.jpg

私達は今回「みかん狩り」目的で訪れました。
園内に生っているみかんは自由に収穫して食べることが出来ます。
時間制限も無く食べ放題なので、アトラクションで遊びながらノドが乾いたら
ジュース代わりにみかんを獲って食べるなんてこともOKですね。


DSC_0283_201511221640300de.jpg DSC_0281.jpg
DSC_0282_20151122163903e4f.jpg DSC_0279_20151122163950799.jpg

次に園内のアトラクションについてですが、基本的に全て「山のおやじ」の手作りで、
各アスレチック遊具は一般的によく見る種類ものばかりで目新しさはありません。
「恐怖のアスレチック」なるアトラクションは、高くて怖いとか、速くて怖いとかではなく、
いつ壊れるか分からん雰囲気が「恐怖の」ってことでしょうか・・・!?


DSC_0258_20151122164129904.jpg DSC_0298.jpg
DSC_0259.jpg DSC_0261_20151122164311e57.jpg

フライパンやナベをラケット代わりにする「おもしろピンポン台」は、
子供たちに大人気でした。その他にも遊具がたくさん設置されています。
また、「探検の森」という山の中を進んで昆虫を発見したり出来ると書いてある
山の入口がありましたが、なんか怖いので入るのをやめました・・・
カブトムシやクワガタがいてるそうなんで興味ある方はどうぞ(笑)


DSC_0266_20151122164309e68.jpg DSC_0278_201511221643095a0.jpg
DSC_0267_20151122164310c9a.jpg DSC_0260.jpg

「恐怖の土手すべり」をはじめ、すべり台関係もいくつかありました。
この土手すべりは段ボールとか敷いて滑らないとケツが相当痛いです。
ゴツゴツしてるしスピード出るので、ケガにはくれぐれも注意して下さいね~


DSC_0285_20151122164657c4a.jpg DSC_0286_2015112216465622c.jpg

山の急斜面を駈け上がったり、空中ブランコもメッチャ怖い…
看板に「落ちてもしらん」って書いてあるので覚悟してチャレンジして下さい!


DSC_0253_2015112216482643e.jpg DSC_0251_201511221650039b2.jpg
DSC_0271.jpg DSC_0252_201511221648250c3.jpg

そして園内で一番人気があったのが「ザリガニ釣り」と「釣り堀」です。
どちらも1人500円で2時間までという料金設定で、
釣れても魚やザリガニは持ち帰り出来ませんが、ザリガニ3匹以上釣ると
高級アイスクリームとの交換券がもらえます。
交換券を入口にある売店に持って行くと、ソフトクリームがもらえました。
どこが高級なんかはよう分かりませんでしたが美味しかったです!


DSC_0254_20151122165131117.jpg DSC_0268_2015112216513082d.jpg
DSC_0256_20151122165130c16.jpg DSC_0290_20151122165129fd5.jpg

バーベキューについては、基本的に「持ち込み」となります。
食材、飲み物、食器類は各自持参ですが、備品関係は無料貸出があります。
主な無料貸出備品は、網、鉄板、包丁、まな板、鍋、おたま、こて、おけ、飯盒です。
炭は1箱(3kg) 着火剤付 500円で販売していますが、持ち込み可能です。

3月~9月の持ち込みバーベキュー料金は、
大人(中学生以上):800円 小人:600円 幼児:400円

10月~12月上旬のみかん狩りシーズンは、
持ち込みバーベキューとみかん狩りセット料金で
大人(中学生以上):1200円 小人:1000円 幼児:700円

また、手ぶらでの「おまかせバーベキュープラン」もあります。
入園料込で、大人:2800円 みかん狩りセットは大人:3000円
3日前までの予約制で4人前から受付になり、子供料金の設定はありません。
内容は、肉・野菜・ごはんのセットで、飲み物は各自持参となります。


DSC_0308.jpg DSC_0311_20151122165314134.jpg
DSC_0303_2015112216534828f.jpg DSC_0306_2015112216531289e.jpg

売店や軽食コーナーもあるので、ちょっとした食事は出来ますが、
たぶん内容は満足出来る感じではないでしょう。
山の上にあって周りにはオレンヂ園以外に何もない所なので
バーベキューをしない方は、お弁当持参は必須やと思います!

駐車場については、園入口付近の駐車スペースが少ないので
休日は朝の開園からすぐ満車になると予想されます。
満車の場合は、500mほど離れた山の下にある駐車場にとめて
送迎バスや送迎軽トラで山の上まで送ってくれます。
軽トラの荷台は子供達に人気でした(笑) 

感想としては、城山オレンヂ園という名前のとおり、
みかん狩りシーズンに行くのがお勧めでしょう。
バーベキューとセットならさらに楽しめると思います!


ここがオススメ!

 富田林のパラダイス! オーナー手作りのアトラクションが面白い

 バーベキューをしながら、栗拾い・芋掘り・みかん狩りが楽しめる!


ここはイマイチ!

× 園内入口に近い駐車場はすぐ満車。しかも山道めっちゃ狭くて危険

× 春~夏シーズンはバーベキュー場と割り切れるならアリかも?



☆ 城山オレンヂ園 ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 城山オレンヂ園 公式ホームページ
→ 城山オレンヂ園 FaceBook
→ Google Mapで場所を確認する


タグ : 大阪 大阪南部 バーベキュー可能

奈良健康ランド

1_20151108154708979.jpg

奈良県天理市にある「奈良健康ランド」へ行って来ました!

ここは、天然温泉・岩盤浴をはじめ、屋内プール・キッズランド・アミューズメント、
レストラン・カラオケなどグルメ宴会など、設備面がかなり充実しているので、
家族で行って一日中みんなで楽しめる本格的な屋内レジャーランドです。

入館料は、大人1,500円、中高大学生1,000円、小人800円:(3歳~小学生)で
時期によっては大人の入館料が1000円になるキャンペーンもやってます。
※価格は税抜


2_20151108160337ce2.jpg 3.jpg
8_2015110816035895b.jpg 6.jpg

今回、私達の訪れたお目当ては、レジャープール!
屋内プールなので、季節や天候に関係なく遊ぶことが出来ます。
流水プール(全長124m)、ウォータースライダー(全長70m)、
子供プール(水深40cm)、温水ジャグジーがあって、水深も浅めなので
幼児でも十分に楽しめると思います。


5_20151108160340524.jpg 7_20151108160343338.jpg

このレジャープールは、入館料+1人500円で、何度でも再入場が出来るので
スパエリアやレストラン、アミューズメントなどの施設へ自由に行き来が可能です。
また、水着や浮き輪は有料のレンタルサービスがあるので、手ぶらでもOK!
タオル関係はスパエリアと共用で無料レンタルになります。


13.jpg 12.jpg
17.jpg 16.jpg

館内アミューズメント施設は、メダルゲームも楽しめるゲームコーナーと
カラオケBOXがあって、24時間いつでも遊ぶことが出来ます。
その他にもキッズコーナーや卓球コーナーが設置されてました。
温泉やプール以外にも、家族で一緒に遊べるところが充実ですね~


15.jpg

館内バイキングレストランにある特設ステージでは、
毎週土・日曜日に漫才・コント(1組)と吉本新喜劇が開催されています。
舞台との距離も近いので、もしかすると、参加出来るかも!?

【公演時間】 一部 12:00~  二部 18:00~
※ 観覧は無料ですが、入館料及び、食事料金は必要です


11.jpg 10.jpg

この吉本新喜劇が観覧出来るファミリーレストラン 『桃源郷』は、
洋食、中華、和食、お寿司、お子様メニューなど豊富に揃っています。
バイキングスタイルで収容人数はかなり多いと思いますが、
それでも土日など休日は大混雑で待ち時間が60分以上も当たり前な感じです。

【バイキング料金】 大人(中学生以上) ランチ:1780円 ディナー:2080円
             中人(9歳~):980円 小人(3歳~):580円

その他、炭火焼肉レストラン、角ハイボール麺酒場、和・洋室の宴会場があります。


normal.jpg 9.jpg

温泉については、地下800mより湧き出るナトリウム塩化物泉で、
大和温泉の名称があり、適応症として関節痛、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病等の
療養泉とも言われています。日本初となるナノ酸素水テラピー風呂をはじめとする
10種類のお風呂、露天風呂があってゆっくりとくつろぐことが出来ます。

岩盤浴エリアでは、種類が豊富で様々な温度帯のサウナがあって、
1人300円(中学生以上)で終日何度でも岩盤浴エリアに出入りが可能です。

バスタオル・フェイスタオルや館内着、シャンプーリンスやボディーソープ、
風呂上がりのアメニティ用品も充実しているので、手ぶらで行っても困ることはないでしょう。
 
その他にも、全280席のレストルームが完備され、休憩や仮眠もバッチリですね。
ほんと家族みんなで楽しめて、一日中ゆっくりと過ごすことが出来ると思います!



ここがオススメ!

 温泉はもちろん屋内プールやアミューズメントも充実!

 手ぶらOK! 必要なものは全て設置orレンタル出来ます

 土日はバイキングレストランで吉本新喜劇やってます!


ここはイマイチ!

× 休日のグルメエリアは大混雑! 1時間以上待つのも覚悟で



☆ 奈良健康ランド ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページでご確認下さい
→ 奈良健康ランド 公式ホームページ
→ Google Mapで場所を確認する


タグ : 奈良 雨の日OK!

びわ湖バレイ (グリーンシーズン)

IMG_8640.jpg

滋賀県大津市にある「びわ湖バレイ」へ行って来ました!

ここは、琵琶湖西岸にそびえる比良山系にある都市近郊型スキー場で、
京阪神からも近く、高速1本・京都東ICから約40分とアクセスも抜群!
六甲山と並んで、関西から気軽に行けるスキー場として人気です。


DSC_0054_2015110213374280f.jpg DSC_0169_2015110213374153f.jpg

スキーオフシーズンの春から秋にかけては、グリーシーズンとして営業しており
日本一の高速ロープウェイ、日本一の琵琶湖の絶景、絶景レストラン、
四季を彩る花や恋人の聖地、話題のジップラインアドベンチャーを始め
子供達が楽しめる手作りの遊具がたくさん設置された展望観光スポットになります。

今回はグリーンシーズンの「びわ湖バレイ」についてご紹介していきます。


DSC_0057_20151102133955209.jpg DSC_0174_2015110213420051b.jpg
DSC_0177.jpg DSC_0064_20151102134159550.jpg

ここのロープウェイは日本一の速さを誇り、標高1,100mの山頂まで4分で到着!
360度ガラス張りのキャビンからは、眼下の琵琶湖をはじめ京都市内や
大阪のビル群まで雄大な眺望がパノラマで楽しめます。
全長1,783m/高低差782.23m/秒速12m/乗車定員121名

そして愛犬家には嬉しいことに、グリーンシーズン(4月~11月)は
犬をケージやキャリーバッグなどに入れて一緒に乗車することが可能!
山上で愛犬と共にお散歩が出来るのはいいですね~


DSC_0059_20151102151036841.jpg DSC_0123_201511021510383e9.jpg
DSC_0120.jpg DSC_0076_20151102151037f31.jpg

ロープウェイ山頂駅を降りると、すぐに琵琶湖の大パノラマを望めて
広大な芝生広場も爽快で、来て良かった!ってすぐに実感すると思います。
(もちろん天気が晴れてたらですけどww)


DSC_0095_20151102151514b78.jpg DSC_0173_20151102154230a4e.jpg
DSC_0071.jpg DSC_0082_20151102151512db1.jpg

びわ湖バレイの山頂では様々な遊具やアクティビティがたくさんあって
絶景と絶叫を楽しめるアトラクション系や、無料のハンドメイド遊具など、
子供はもちろん家族みんなで楽しめる遊びの設備が充実しています。


DSC_0136_20151102154236b61.jpg DSC_0166_20151102154234800.jpg

驚異の天空アスレチック「スカイウォーカー」は、森中に張り巡らした
ワイヤーを滑車を使って飛びまくる話題のジップライン・アドベンチャー!
小鳥さえずる森の中、地上数メートルの樹上を様々なトラップをクリアしながら
木から木へ歩いて進む絶景・絶叫アドベンチャーです。

標高1,100mはアスレチックで関西最高峰!
充実のチャレンジコース、ご家族で楽しめるファミリーコースがあり、
全部で4コース18アイテムというクラス最高レベルの充実レイアウトで楽めます。
※ 料金は、チャレンジコース(初・中・上級);2,600円 ファミリーコース;1,600円


DSC_0105_20151102152210e13.jpg DSC_0102.jpg
DSC_0099.jpg DSC_0091_201511021522075f0.jpg

サマーランドでは、そり滑りやアクアボート、ザリガニ釣り等が楽しめます。
笹平遊びの広場では、山の斜面を活かしたコロコロバッティングやゴルフ、
懐かしい竹馬や輪投げ、ミニマウンテンバイクのオフロードコース、
50mもあるカベ横歩きなど、とにかくたくさんの遊具類があって飽きません。


DSC_0111.jpg DSC_0112.jpg
DSC_0109_201511021525041d3.jpg DSC_0126_201511021525023d9.jpg

そして琵琶湖を絶景を見下ろせるブランコはめっちゃ爽快!
ここは大人にも人気で結構お父さんお母さんやカップルが乗ってました。
同じく絶景を見ながら楽しめる大すべり台がありましたが
今回訪問時(2015年9月)は改修中で使用不可でした。これも気持ち良さそう!

この笹平遊びの広場やサマーランド、スカイウォーカーなどのアトラクションは、
10月末や11月上旬には営業を終了するので、この時期に訪れる際には
公式ホームページ上営業期間を事前チェックしといて下さい。 


DSC_0085_20151102151719a67.jpg DSC_0084_20151102151718eca.jpg

なんと、ワンちゃんのためにドッグランまでありました!
今回私達は、愛犬トイプードルを一緒に山頂まで連れて行きましたが、
リードを外して自由に走り廻れることが出来てとても喜んでいました。


DSC_0077.jpg DSC_0140.jpg
DSC_0075.jpg DSC_0138.jpg

ロープウェイの山頂駅から、さらに打見ペアリフトとホーライペアリフトの
2本を乗り継ぐと、蓬莱山頂まで行くことが出来ます。
徒歩でも蓬莱山頂へ行けますがメッチャしんどいのでリフトがお勧めですね…
※ リフトは片道300円(大人・小人とも)で、1日券は1,000円(大人) 800円(小人)


DSC_0143_201511021536338ac.jpg DSC_0149_2015110215462492e.jpg
IMG_8610.jpg IMG_8633.jpg

蓬莱山の標高は1,174mで、山頂まで登るとさらに景色が良くなります!
もちろん冬はスキー場になるということで、木など眺望を遮るものは無いし
一面が芝生だらけなので、ほんまに気持ちの良い絶景が眼下に広がります。
せっかくびわ湖バレイに来たのなら、ここまでは絶対に登ってみましょう!


DSC_0170_20151102133744b26.jpg DSC_0103_20151102154232a68.jpg

飲食関係は、琵琶湖の絶景を見ながら食事ができるレストランやカフェがあり、
レストランはバイキングスタイルで、約30種類のメニューがあります。
スカイカフェでは麺・丼ものや軽食が中心、土日限定でOPENする展望カフェは
山頂のオープンカフェとしても大人気です。
その他に飲料自販機が設置されていますが、場所柄もあってちょっと高いww


びわ湖バレイと言えば、スキー場というイメージだったので
雪が無いシーズンはただの野原で何も無いと勝手に想像していましたが、
琵琶湖を見渡す景色は良いし、子供の遊具がたくさん設置してあるので、
観光スポットして子連れ家族でも行っても十分に楽しめます!

また、冬季営業に関しての詳細情報は、
ウィンターシーズン用のホームページでご確認下さい
→ びわ湖バレイ 公式ホームページ (ウィンターシーズン)



ここがオススメ!

 とにかく絶景! 琵琶湖がパノラマで見渡せます

 子供が楽しめる遊具類がたくさんあって喜ぶでしょう!

 犬も一緒にロープウェイへ乗車可能! ドッグランも有り


ここはイマイチ!

× ベンチなど座る所が少ないです。レジャーシートはお忘れなく!

× 飲食関係はやはり割高ですね。出来れば弁当&水筒持参で!



☆ びわ湖バレイ ☆

アクセス方法・詳しい営業案内は、以下のホームページをご確認下さい
→ びわ湖バレイ 公式ホームページ (グリーンシーズン)
→ びわ湖バレイ 公式ホームページ (ウィンターシーズン)
→ びわ湖バレイ 公式Facebook
→ Google Mapで場所を確認する


タグ : 滋賀 入場無料 遊具あり ペット可